くりっく株365でゴールデンウィークに備えよう!メリット・デメリットを簡単解説【岡三オンライン証券】

来週からゴールデンウィーク(GW)だが、どん太に休みはなく労働労働の日々…そんな中でもFX以外に投資をしたいと思い、深夜でもトレードできるくりっく株365をやってみることに!

【オープン】岡三オンライン証券【くりっく株365】

どん太
ボスー、今年のGWは10連休ですけど、病院、役所、郵便局や銀行はやってるんですか?この機会に健康診断や所用を済ませたいんですけど…
ゆきママ
この新入社員、常識なさ過ぎィ!役所が休まないわけないだろ!銀行も郵便局(※)も休みだ!病院は流石に10日間休むところは少ないだろうが基本は休みだろ。

※ゆうぱっく・速達・書留は毎日配達、普通郵便は4月27日と5月2日の2日間のみ配達

どん太
みんな一斉に休みをとるから各地で大混雑しそうですね。病院大丈夫かなぁ…
ゆきママ
サービス業、特に飲食店は大変だろうな。経営者にしてみれば嬉しい悲鳴かもしれんが、現場の従業員は阿鼻叫喚の10日間になるぞ!あと、もちろん東京株式市場も休みだからな?

投資家にとっても気の休まらない10日間になるかもしれんな!最近はそうでもないが、祝日は海外勢の投機アタックで相場が大きく動くことが多いからな!

どん太
そこも心配です。10連休なんて記憶にないですからね。それで対策を考えてみたんですが、時間外でも取引できるように先物を始めようと思うんです!
ゆきママ
はぁ!?先物はプロが札束で殴り合ってる場所だぞ!?素人がいっても瞬殺されるのがオチだ!そもそも先物市場も休みだしな。
どん太
先物といっても、くりっく株365っていう先物の良いとこ取りしたサービスを見つけたんですよ!
ゆきママ
あー知ってるよ。昔私もやってたからな。でも、お前みたいな素人が戦える場所じゃないぞ!大人しくFXでコツコツ稼ぐんだ!
どん太
ボスは株のセンスないからそうなったんじゃないですか?僕はFXより株や指数取引のほうが向いていると思うんですよね!それに配当ももらえるので長期でも安心して投資できます!
ゆきママ
・・・(だめだこいつ…目が$になってやがる…)

上の画像は昨年のGW中の日経225の値動きですが、このように相場は日本が祝日でもしっかり動きます!現物株、先物は取引できず見ていることしかできませんが、くりっく株365なら祝日も取引可能なのでチャンスを逃さず取引できます!

くりっく株365はこんな人にオススメ!
日中は仕事や家事で相場が見れない人
ほぼ24時間トレードができる
日本が休み(祝日)の時もトレードしたい人
祝日でもトレードできるのでGWも安心
少ない資金で株価指数取引がしたい人
レバレッジを30倍程度かけられる

くりっく株365ってなに?特徴やメリットについて全力で解説してみる!

くりっく株365は東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引です。「日経225(日本)」「NYダウ(アメリカ)」「DAX(ドイツ)」「FTSE100(イギリス)」の4つの株価指数に投資することができます。

株価指数とは、取引所全体や特定の銘柄群の株価の動きを表すもの。日経225は、東証1部に上場している約2,000銘柄のうち225銘柄を対象にしていて、年に一度入れ替えが行われる。

また、証拠金取引とは、証拠金を証券会社などに預けることにより、実際の有価証券の受渡しなどは行わず、価格の変動などに応じて金銭の授受だけを行う取引のことです。

平日はほぼ24時間、さらに祝日も取引可能!

株式市場は平日の9:00〜15:00の6時間しか市場が開いていません。しかし、大きな動きがあるのは日本市場が開いている時間ではなく、海外市場の時間帯のことが多いです。

現物株などの個別株では、市場の開いていない時間帯、つまり18時間は何もすることができません。また、先物取引なら8:45〜15:15、16:30〜翌日5:30とカバーできる時間は大きく広がりますが、祝日は取引できません。


しかしながら、くりっく株365は日経225とNYダウなら8:30〜翌日6:00(※夏時間は翌日5:00)までぶっ通し、もちろん祝日も取引が可能なんです!日本の祝日の場合、海外勢の仕掛けが入りやすく大きく動くことも多々あります。そんな時でも対応できるのはメリットだと思います。

配当を受け取れる上に決済期限なし!

株式投資は配当が大きな魅力の1つですが、先物取引では受け取ることができません。その上、取引期限も概ね3ヵ月程度と決まっています。くりっく株365なら配当を毎月受け取ることができますし、取引期限もありません。したがって、長期投資にも向いているんです。


上記は日経225の2018年の配当実績です。くりっく株365で日経225を1枚買った場合、1年間で配当が40,834円でしたから、現在の証拠金基準額69,640円(4月24日現在)での購入想定なら利回りは59%になります!

なお、本来は買い手が金利相当額というものを支払わなければならない仕組みなのですが、日銀のマイナス金利政策によって現在は0円なので低金利の今が大チャンスと言えると思います。他にもイギリスのFTSE100の2018年の配当実績と最低証拠金での購入なら、60%という高利回りになります!

ゆきママ
「おい、どん太!調子に乗って利回りイ○ハヤみたいなこと言ってんじゃねーぞ!マイナス金利で低金利の今がチャンスとか…バカか!!(どんっ!)

NYダウを見ろ!去年パウエルが金利ジャンジャン上げたせいで日米金利差が拡大して金利相当額が配当を上回ってるじゃねーか!!!(どんどんどん!!!)


どん太
こっ…これは……すいませんでした……確かに2018年実績でNYダウは配当が56,692円に対し、金利相当額が61,425円で差し引き−4,733円のマイナスです…ダウ自体のパフォーマンスは高いですが…各国の金利にも気をつけなければいけないですね…
ゆきママ
まぁでも、先物がいくら配当落ちの分を調整しているって言っても、これだけ見ると先物やる意味ってなくね!?
どん太
流動性はまだまだ先物のほうが高いので、売買の成立しやすさでは軍配が上がるでしょう。しかし、今やくりっく株365は23万口座、685億円預かり資産がありますし、口座数も去年1年間で50%も伸びましたよ!
ゆきママ
手軽さもあるだろうし、配当も受け取れるからだろうが、証拠金7万のみじゃすぐにロスカットされるんじゃねーの?
どん太
そうですね。だから、レバレッジの利点と注意点も次でまとめます。

レバレッジを30倍ぐらいまでかけられる!もちろん注意も必要

取引単位は1枚で指数×100円となります。日経225なら価格が22,200円(4月24日現在)ですから、222万円ということになります。かなりの大金に思われるかもしれませんが、1枚あたりの証拠金基準額は69,640円(4月24日現在)で、実は約1/30のお金で日経225を1枚トレードすることができるんです!

ですが、30倍を超えるレバレッジをかけられるのは大きなメリットであると同時に、注意しなければいけない点が多々あります。

まず、証拠金取引には証拠金維持率というものが設定されていて、会社によって異なりますが、おおむね50%を下回ると強制的にポジションを決済(ロスカット)されてしまいます。証拠金基準額69,640円に対しての50%、つまり、口座残高が34,820円を下回るとそこで一旦取引終了となります。

ちなみに、ロスカット基準が証拠金維持率100%に設定されていた場合は、100%割れ、口座残高が69,640円を割り込んだ時点でロスカットされてしまいます。

これは入金した証拠金以上に損失が拡大することを防ぐためのルールです。ただし、相場の変動が急な場合、例えば、リーマンショック級の値動きがあったりすると、ロスカットが間に合わずに入金した以上に損失が拡大する可能性があるので注意が必要です。


当然ですが、レバレッジは少ない資金で大きなトレードができる反面、リスクは高まります。実質的には、お金を借りてトレードしているようなものですから、レバレッジはかけ過ぎないようにしてリスクコントロールしましょう。

どん太
日経225なら、少なくても20万円ぐらいは必要になりそうですね。配当の想定利回りはその分下がっちゃいますが…
ゆきママ
相場が逆行しても1,500円ぐらいまでは耐えられるからな。まぁ少額資金なら短期トレードが前提になるし、長期の場合は100万円以上とか、それなりの金額を用意すれば良いだけだろ。

利回り下がるっつっても20%もあったら神だからな!って、こういう利回り論はまんまイ○ハヤじゃねーか!!!

どん太
これで10連休も安心してでかけられますね!早速、申し込まなきゃ!
ゆきママ
間に合わねーよ!
どん太
・・・はい?
ゆきママ
即日開設もあるぐらい開設の速い岡三オンライン証券だが、GW中にくりっく株365は動いていても岡三オンライン証券の口座手続きは停止だ!そう書いてあるだろうが!!!


残念だったな!でも来年のGWには間に合うだろ!!!

どん太
・・・なんで教えてくれなかったんですか!儲け損なったらボスのせいですよ!
あるちゅう
知るかボケェ!こういう時のために口座はストックしておくもんなんだよ!まぁでも、岡三オンライン証券は最短即日開設だ!まだ2日あるから中の人を信じろ!緑のマイナンバー通知カードと免許証を用意しておけ!!!


それに儲ける儲けないとかw GW中仕事ないと思ったか!?残念!キャッシュレスウィークに対抗してゴールデンヘルウィーク開幕だ!

どん太
みなさんは僕の分まで連休を楽しんで下さい…
【オープン】岡三オンライン証券【くりっく株365】

くりっく株365のデメリットはスプレッドが広く取引コストが高い!

くりっく株365にもデメリットはあり、特にスプレッド(価格差)が広いため実質的な取引コストはかなり高いです。


上記の画像はクリック株365の各指数におけるASK(買値)とBID(売値)となります。日経225はASKが22,245円でBIDが22,236円となっており、価格差は9円となっています。

たった9円と思うかもしれませんが、くりっく株365は指数×100円で1枚ですから、実質的には900円が取引コストとなり、これに取引手数料(岡三オンライン証券は1枚あたり153円)が加わります。

ちなみに、いずれの4指数とも取引単位は共通で「株価指数の数値×100倍(円)」となりますから、NYダウやDAX、FTSE100が±10ポイント動けば、±1,000円の損益になります。

したがって、上記画像のタイミングで見ると、NYダウのスプレッドは9ポイントで900円の取引コスト、DAXは18ポイントで1,800円、FTSE100は25ポイントで2,500円です。

当然ですが、スプレッドはその時の状況によって変化します。乱高下で売り注文に傾き、流動性(取引のしやすさ)が低下した場合などは、大きく拡大することもあるので警戒が必要です。

まだまだ先物と比べるとユーザーが少なく、流動性・スプレッドが課題になりそうなので、もっと盛り上がってくれることを期待します。

くりっく株365のメリット・デメリット
■メリット
・ほぼ24時間・祝日でも取引可能
・配当を受け取れる
・決済期限なし
・30倍程度のレバレッジをかけられる
・売りからも取引できる

■デメリット
・スプレッドが広く取引コストは高い
・流動性の低下でスプレッドが拡大する可能性

くりっく株365は岡三オンライン証券で!ゆきそくでタイアップ実施中

くりっく株365は多くの会社で取り扱いがスタートしていますが、どうせならツールにこだわりたいです。なぜなら、実質的なコストを考えると各社の設定する取引手数料よりも、スプレッドの差が大きいからです。


そして、取引所がレートを配信するのでスプレッドの差はどの会社も同じ。なので、みんなの株式(みんかぶ)で2018年のネット証券ランキング取引ツール1位、2019年オリコン顧客満足度3部門で1位を獲得した岡三オンライン証券を選びました!

今なら5万円入金で3,000円がもらえる特別タイアップキャンペーンも、このブログ・ゆきそくで実施されていますから、ぜひご利用ください↓

タイアップキャンペーン概要と口座開設の手順
■キャンペーン内容
「タイアップキャンペーンページ」を経由し、新規口座開設後、5万円以上ご入金いただいたお客さまに、もれなく「現金3,000円」をプレゼントいたします。

■キャンペーン期間
口座開設申込期限:2019年6月28日(金)
口座開設完了期限:2019年7月31日(水)
入金期限:2019年7月31日(水)

■キャンペーン参加と口座開設の手順
Step1.まず、キャンペーンコードを発行します。発行フォームにメールアドレスを入力→送信でエントリー完了。

Step2.最初のページに戻り、口座開設する→メールアドレスを登録で口座開設のリンクが貼られたメールが送られてきます。

Step3.送られてきたメールアドレスのリンクから口座開設へ、氏名や住所、キャンペーンコードなどを入力すればOK!


※注意:メールアドレスが同じじゃないとキャンペーンが無効になる可能性があります

>>岡三オンライン証券の公式サイトへ(タイアップキャンペーン専用バナー)

どん太
ちなみに口座開設時に特定口座(源泉あり)を選ぶと初心者の方は楽です。源泉徴収ありだと、株取引に関しては証券会社が本人に代わって税金を納めてくれるから、確定申告の必要がなくなります。残念ながら、くりっく株365はCFDなので特定口座対象外ですが…

NISA口座に関しては原則1人1口座しか開けませんし、変更しようとしても1年に1回しかできないので、迷ったらなしで。NISA口座を比較しないで、岡三オンライン証券で良いなら開設するのもありですね。

ゆきママ
そんなことはどうでも良い!ってか、岡三オンライン証券のキャンペーン参加は少し面倒だな。ブラウザのクッキーの設定も有効にしておかないと対象にならないと注意書きであったぞ!確認しよう!(アフィッ!アフィッ!)

どん太
さすがボス…抜かりないですね…
ツールで選ぶなら!お得なタイアップキャンペーンも実施中!!↓

※トップ画像(Shutterstock.com)