左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【今後も金利高注意】コロナはどこに消えた?経済指標が好調でユーロ高、金利高でグロース銘柄ボコボコ…【10月25日】

【今後も金利高注意】コロナはどこに消えた?経済指標が好調でユーロ高、金利高でグロース銘柄ボコボコ…【10月25日】
コロナウイルスはメチャクチャ拡大しているのに、先週金曜日に発表されたPMI(購買担当者景気指数)は予想以上に力強い内容でした。ユーロ高、欧州株高ですが、同時に中央銀行の低金利政策に疑義ということで金利が上昇し、グロース株がボコボコに売られました。まぁそれでもズーム(ZM)テスラ(TSLA)は他よりだいぶマシだとは思いますが…(´・ω・`(´・ω・`(´・ω・`)ジェットストリームショボーン


欧州(ドイツ)のPMIは製造業が強くてサービス業を補う格好、米国では製造業とサービス業がそれぞれかなり順調なペースで回復し、豪州ではサービス業の回復が製造業を支えるという格好ですね。英国はどっちも微妙、日本は…どうでも良いや・⌒ ヾ(*´ー`) ポイ

まぁ欧州の製造業が好調なのは中国経済が堅調なんでしょうね。しかも、米国の10月の経済活動の回復は20ヵ月ぶりの水準とされています。

ぐぬぬ…コロナはどこへ消えた!状態。これを受けてユーロドルは1ヵ月ぶりの水準まで上昇ヽ(`Д´)ノボッキアゲ!

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

さて、来週29日にはECB(欧州中央銀行)理事会が予定されていますから、ガイダンス(政策見通し)への影響を踏まえてのユーロ買い戻しもあるんでしょうね。まぁラガルドECB総裁が明確に緩和スタンスを貫けばユーロ安でしょうが、ブラフっぽさというか、具体性がないと、そこまで影響がない可能性も。

で、コロナが蔓延しまくる欧州におけるPMIの好調さを受けて、米長期金利(10年債利回り)が上昇しました。想定以上に経済が強い中、中央銀行の役割を担うFRB(米連邦準備制度理事会)が異次元の緩和政策、超低金利を続けるかに疑義といったところでしょうね。

米長期金利(日足):TradingView

金曜日の後半は景気刺激策、コロナ支援法案・第4弾の交渉不調を受けてやや米長期金利は低下しましたが、0.8%台を維持しています。まぁ米国は欧州と比べても経済活動の制限をしていませんから、そういう意味でも上昇圧力を受けやすくなっていますね。

米長期金利の上昇背景

コロナ禍でも欧州の経済が想定以上に強く、経済活動を制限してない米国はさらに強い可能性
経済が堅調で回復、インフレ期待の高まりはFRBの緩和継続姿勢、ゼロ金利政策の維持に疑義を生じさせる
コロナ支援法案(追加刺激法案)の合意期待
財政悪化懸念と大規模な財政政策による経済の加速期待も
バイデン大統領の勝利と民主党の上院過半数獲得への期待
政府支出の拡大、拡張財政の期待で財政悪化と経済の加速が織り込まれる
現状としてはこんな感じですね。端的には、想定よりも経済が強いのではないかということと、コロナ支援法案などを含め、大規模な財政刺激策が財政悪化と経済加速を生み出すことで、上昇圧力を受けています。また、米大統領選挙の結果、バイデン勝利も多少は織り込んでいるかもしれません。

ででで、何が言いたいのかというと、このまま経済指標の強い状態が続くのであれば、グロース銘柄は金利の上昇が上値を抑制する寒い状態が、しばらく続くかもしれません。

上記の記事で解説した通り、グロース、すなわち成長株というのは将来の利益を織り込んでいますので、金利の上昇に対しては非常に脆弱ですからね(´・ω(´・ω・(´・ω・`)・ω・`)ω・`)ショボレンジャー

まぁ目先は大統領選挙が大きなノイズですが、基本的にはトランプ、バイデンのどちらが勝っても株価は上がるように思います。トランプならトランプで今までの減税、FRBの緩和的政策が続くことが想定され、バイデンの場合は増税が懸念されていますが、今の路線であれば政府支出の拡大で相殺されるという見方でしょう。

もっとも、実際に大統領になると拡張財政的な政策はなりを潜め、財政規律を重視した政策が行われるというのはよく知られたことですが、それは来年1月20日の大統領就任を経てからの話ですので、トランプが不正選挙と騒いで結果をひっくり返そうという混乱がないのであれば、基本的にはどちらが勝ってもハネムーン・年末ラリーとなるでしょう。

ですが、そんな中、11月、12月の熱狂の中でグロース銘柄だけが伸び悩む可能性があるということですね。まぁこれまで伸び過ぎていた反動もあるでしょうが、イマイチな値動きでヤキモキする展開が続くかもしれません。

まぁそれはそれで買い場だと思いますけどね。テスラはともかくとして、ズームは12月3日の決算も強気で見ていますから、米長期金利の上昇で下がるなら買い増していって良いでしょう。

ただ、タイミング、買い増す量というのは、これまでの想定よりもゆっくり、少しずつの方がベターでしょうね。米長期金利次第ではありますが、しばらく日柄調整のようなヨコヨコ相場が続く可能性が高まっています。

ちなみに、今後については、やはりコロナの感染がもっともっと拡大し、ワクチンの開発が遅れ、経済指標がガタガタの方がグロース銘柄は伸びるともいますので、逆にその辺の材料が出てくればチャンスでしょう。

米長期金利の下落要因

欧州で猛威を振るうコロナがさらに拡大する
欧州では連日過去最多で死亡者数増加が続く!米国では23日の感染者数は過去最多!!もっともっと!!!
ワクチンの開発の遅れ
現在臨床試験中のワクチンが承認されない、あるいは効き目がイマイチなら…チャンス!
経済指標の悪化
7-9月が良いのはわかってるし、10月もまぁ…経済活動の制限が拡大した11月の指標が悪ければ!
こんな感じで、ここ1ヵ月ぐらいはグロース銘柄にとって試練の時かなと。ワクチンが成功して景気V字期待から金利が一時的に跳ね上がる可能性も否定できないですし…(´;ω;`)ブワッ

ですが、ある意味ではしっかり買うチャンスかと思います。なんだかんだ決算が良ければ上がるでしょうし、今までの金利が異常だっただけで、徐々に慣れていくというか、金利が落ち着けば見直しでしょうしね。ただし、繰り返しているように、これまでの想定よりゆっくりと、少なめでやるのが良いと思います。

あとは、再来週のFOMC(米連邦公開市場委員会)でパウエルFRB議長がどのような見解を示すかですね。コロナの感染拡大を懸念して慎重姿勢なら、金利の上昇に歯止めがかるかもしれません。


祈りましょう…(;人;)

\ゆきママも使ってる!ズームなどマイナー新興銘柄が1株単位で買えるIG証券↓↓↓/

【株の買い方について】IG証券はレバレッジをかけれるのもメリット

ゆきママは米株のトレードにIG証券を使っていますが、レバレッジをかけられるメリットがあるからですね。まぁメリットとデメリット、買い方のイメージについて簡単に解説しておきたいと思います(`・ω・´+)キリッ

ちなみに、ゆきママはとりあえず3割ぐらいの資金で買って、下がった時に3割の資金で買い増し、残りの4割は暴落用資金として余裕残しの投資法を推奨しています。

具体的には、100万円の資金があるとすれば、とりあえず買うのは30万円までですね。これはレバレッジをかけずにで、30ドルの株なら100株程度までのポジションにとどめるということですね。残り30万円は下がった時にコツコツ買う用の資金、残り40万円は温存です。

まぁこれぐらい慎重にやっていても、本当に暴落が来るとポジがパンパンになるか資金は足りなくなりがちなので、レバレッジをかけられるIGを使っている感じですね。もっとも、株の場合は2倍以上のレバレッジは危険なので、入金しているお金の2倍以上のポジションを立てないように、100万円口座にあるとすれば、200万円以上の株を買うと結構危険です。

ちな、ゆきママは合計で40万ドル(6,000万円)ぐらいの買いポジションを建てているのですが、これで大体1日4,000円以上コストになります。1日だと0.007%満たないコストですが、30日で0.2%ぐらいになってしまいますし、1年とかだと2%かかるので長期保有には向いていませんが、レバレッジがかけられる、言い値で気軽に売買できるのは大きいと考えてます。

CFDのメリット・デメリット

■メリット
・レバレッジがかけられる
・スピーディで簡単に売りからも入れる
・スプレッドが狭く取引コストも減にも
■デメリット
・長期保有には向いていない
配当を狙うために5年、10年先を見据えて買うのであれば、楽天証券やマネックス証券を活用すると良いでしょう。一方で、長くても数ヵ月レベル、2枚程度のレバレッジをかけて瞬発力を高めて値幅を取っていくなら、CFDが良いでしょう( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

ちなみに、弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
今後、治験失敗でバイオ株が全滅するような相場にも向いてるのだ!絶対に滑らないノースリッページ注文や購入額以上の損失が発生しないノックアウト・オプションもオススメなのだ!!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設手数料など無料▼
レバレッジをかけて短期勝負もできるIG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(Roman Samborskyi/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK