左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【株】ややリスクオンの値動き?引き続き原油とコロナという2大悪材料に警戒!【3月21日】

【株】ややリスクオンの値動き?引き続き原油とコロナという2大悪材料に警戒!【3月21日】
夕方ごろ起きたらダウが一段高となっていたので期待したのですが、その後は全戻しモード・・・まぁ週末、引け(NY市場はサマータイムなので日本時間午前5:00に取引終了)にかけての値動きは期待していたんですけどね。今は少なくとも20,500ドルぐらいは上回ってくれないと売りにくい(´・ω・`)ショボーン

まぁ株価指数CFDの場合は午前5時以降も取引できるため、引けにかけて大きく上がれば、その値動きを確認した上でショートして週末ギャンブルしようかなと。やや底をつけた雰囲気でリスクオフ後退といった値動きですが、まだまだ懸念材料はありますからね。

というわけで、今日も土日も来週も含めて注目される材料について簡単にまとめつつ、トレード戦略について解説していきたいと思います(`・ω・´+)キリッ


引き続き原油とコロナという2大悪材料が絡み合ってる点に警戒!

原油相場とコロナウイルス、この2つのどちらかが大きく改善すれば、相場は一旦底という見方で市場は落ち着いてくるかもしれません。とはいえ、コロナウイルスの見通しに関しては、まだまだ厳しががあるのが現状ですからね。

💰目先は1兆ドルの経済対策第3弾が成立するかどうか

まず、短期的なネタとして注目されるのが、先日トランプ政権がぶち上げた1兆ドル規模の経済対策で、このうち5,000億ドル程度が直接給付策、10万円程度の小切手を国民に給付するということです。

17日に構想をぶち上げてから、週内は与党共和党内での調整を行う見通しでしたが、ここにきて今日20日に民主党とも協議するとのことで、スピード成立の可能性も出てきました。この早さが米国ということで、今日、それから土日に成立の兆しとなれば、週明けはもしかすると大きな上昇、窓開けになる可能性がありますので、その辺も含めて見ておきましょう。

特に航空業界向けに500億ドルの支援も盛り込まれており、これが成立すれば、ボーイング(ティッカーシンボル:BA)などクソクソに下げている航空株は息を吹き返す可能性があります。

逆に民主党が株主を救うために税金を使うのかと、いかにもゴネそうなことを事前に言ってますから、これで法案が成立しない、あるいは航空業界向けの支援がカットされるみたいな話になれば、結構、株は死ぬと思いますw

しかも、この経済対策も短期的には消費を下支えし、一定レベルの効果はあるにせよ、持続的な効果はないですからね。結局はコロナ次第ということになるので、株価が上がるにせよ一時的な材料と見るのが妥当かと思います。成立すれば一時的に株価が上がる、もし不成立なら真っ逆さま、そういう材料ですね。

😷コロナウイルスのピークはまだ先、経済指標への影響もこれから

米国におけるコロナウイルスの罹患者のピークは最短で4月終わりから5月初めとされていますので、最短でも正常化するのは6月ぐらいでしょうか。最悪で7〜8月という見通しをトランプ大統領が出していたので、リスクシナリオだと正常化は9〜10月ということになります。

というわけで、少なくとも4月、5月に株価の見通しを強める必要は全くないのかなと。雇用統計などを中心とした経済指標への影響もこれからですからね。

昨日19日、米カリフォルニア州では4,000万人の住人に外出禁止令ということで、米国もついにロックダウン(閉鎖)がスタンダード化するとすれば、経済指標は大きく下振れる可能性があります。これが、罹患者ピークの4〜5月に3月分や4月分の指標の数字が示されるわけですからね(察し)。

🛢短期はロシアとサウジの話し合い次第、少し長い目で見れば需要

昨日、ロシアのプーチン大統領がノバク・エネルギー相にサウジアラビアと話し合いを持つように指示した、さらにトランプ大統領が話し合いの仲介に入るとのことで原油は一旦持ち直しを見せました。ただ、その後にロシアがサウジアラビアには屈しないとしたことで、伸び悩んで反落という流れになっています。

短期的には、ロシアとサウジ次第ということになりますが、今後もいろいろな観測報道、関係筋からの上昇させるためのリークがあるにせよ、具体的な進展がない限り、1バレル=30ドル以上の上値を追っていくのは厳しくなった感があります。

また、少し長い目で見れば需要面の見通しが問題になるわけで、そうすると欧州ではロックダウン、閉鎖が一般化しており、今後、米国でもこの外出禁止といった閉鎖が見られるようになれば、需要は大幅に減少することが想定され、原油も1バレル=20ドルを割り込んでいくことになるでしょう。

したがって、原油も含めて結局はコロナが治らないとどうにもならない相場ですから、決して現段階で強気になりすぎることがないようにしていただければと思います。

株:再び底感が出始めていますが、まだまだショート・戻り売り継続で

買いからはどうですかといった質問をいただくことがあるのですが、ごく短期的な数分から長くても数時間で利鞘を稼いでいくトレードの場合、売り買いはどちらでも良いと思います。ただ、ある程度、長めでデイトレとかファンダ重視でトレードしていくのであれば、上記の理由からまだまだショート・戻り売り継続でしょうc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

とにかく、しっかり買っていくのはコロナウイルス問題がクリアになってからでも遅くはないですからね。ゆきママは個別株でアップルなどを中心に、FANG指数、ナスダックなどを拾ってはいますが、それはもうここまで拾ってしまったら平均単価をひたすら下げて耐えるしかない状況に追い込まれているからですね[死亡]||| _ _)⊃~*

フルポジでリスク回避する必要のある人以外は、今は短期トレードに徹してショート・戻り売りを実践していくのが正解かと思います。

ダウ平均株価CFD(1時間足):TradingView

ダウは暴力的な急騰もあるので、そこまでオススメしていませんでしたが、最近は値幅のしっかり期待できるダウにシフトしつつあります。

まぁやや底といった感じも出ているので、できれば引き付けて売りたいですね。今日は5日移動平均線のある20,900ドルラインでストップ。なので、できたら20,500〜21,000ドルぐらいまで引き付けて売ってみたい。

損切りは浅めなら、やはり21,200〜21,400ドルぐらいをあっさり抜けてきたら一旦切ってどこまで上値が伸びるのかを確認して、再度売り場探しでしょうね。

また、今日の引けにかけて大きく伸びるような場面があれば、終値を確認して売って週末ギャンブルしようかなと思います。どうせ土日にそれほど大きな好材料が出るとは思いませんから。ちょっと経済対策第3弾の動向は怖いですけどw

日経平均先物CFD(1時間足):TradingView

底堅さを見せる日経平均ですが、一方で上値の伸びも乏しいのが現実ですね。まぁ今からトレードするのであれば、現状の水準から売って目先高値の18,400〜18,600円抜けで一旦損切り。再度、高値を確認して入っても良いのかなと。

まぁ週明けの日銀、GPIFへの期待感もあって買われている感もあるので、やや売りにくくなってはいます。こちらは勝負するなら週明けの上昇が一服してからの方がベターか。今日に関してはギャンブルするならダウかなといった感じです。

VIX指数(日足):TradingView

短期的にはVIX指数(恐怖指数)のショート、逆張り戦略もありかもしれません。これも読者の方から質問をいただきました。まぁ過去最高、サーキットブレーカーのなかったブラックマンデーを除けば100ポイント以上という数字はないわけですから、確かに75〜85ポイントぐらいは売り場なのかもしれません。

もっとも100年に1度と言われたリーマン・ショックをあっさり上回って、明らかに異常な値動きをしているわけですから、損切りはしっかりって感じですかね。まぁとりあえず100ポイントレベルに損切りをおいて高値圏でショートする戦略はありだと思います。

\FXだけでなく株価指数CFDにも対応!ゆきママもトレードに使ってるIG証券/

とりあえず、株に関してはこんなところですかね。今日は少しリスクオン気味、上値を伺うような動きなので、しっかり引き付けてから売りましょうということで。また、アライさん(@pawhara_arai)のアカウントでトレード実況もしていますから、ぜひぜひ参考にしていただければと思います。


まぁ最悪、建て値で逃げたりとか状況に応じてしっかり対応していただければと思います。あと、週末ギャンブルはくれぐれも自己責任でw

株や金、VIXも取引できるIG証券で常に相場のチャンスに備える!

それなりに取引コスト、実質的な手数料が最安ではないということもあってガチ推しはしてきませんでしたが、幅広い投資に使えることで、いつでも様々な局面に対応できますから、そういう意味でIG証券はオススメですね!原油や金などは買っておいても良い水準にはありますからね。

去年、約2倍になったアップル株も単元未満の1株単位から、CFDの証拠金取引で1株あたり6,000〜7,000円で買うことができますし、ダウやS&P500、VIXといった株価指数、金や原油といった商品相場も扱っているので、何が起こってもIG証券を持っておくだけでだいぶ違うと思います。


VIX指数(恐怖指数)はリーマンショックの水準を大きく上回りました。カンカン強気の相場の時に米国株のリスクヘッジに購入しておいたのが役に立ちました。今は高すぎて買えませんが、繰り返しているように、こういったヘッジ戦略も同時にやっておくことが暴落相場を凌ぐコツかと思います(`・ω・´+)キリッ

アライさん
トレードコスト的にガチ推ししてこなかったけど、ゴミクソ投資信託を買うよりは良いと思ってオススメするのだ!ノースリッページ注文やノックアウト・オプションでも使えるのでFX的な意味では元々オススメしてたのだ!!

▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
株・金投資のCFDにも使えるIG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(Katya Rekina/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【春一番2月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK