左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【Amazon第1位獲得】リピート系シストレの基礎知識まとめ!トラリピ・ループイフダン・iサイクル注文の違いとは?【自動売買】

【Amazon第1位獲得】リピート系シストレの基礎知識まとめ!トラリピ・ループイフダン・iサイクル注文の違いとは?【自動売買】
ご報告:ご存知の方は多いと思いますが、先日、リピート系シストレの代表格であるアイネット証券のループイフダンを活用した、ゆきママの本が発売されましたが、ななななんとAmazonランキング第1位(※)を獲得いたしました!!!

普通の主婦と脱サラリーマンがたどり着いたお金の殖やし方 ラクラク稼ぐFX ループイフダン(外部サイト:Amazon)

※債券・為替・外貨預金部門、2018年12月12日アイネット証券調べ

これも全て、ご購入いただいた皆様のおかげです。本当に、本当にありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます .+(〃ノωノ)゚.+°カンゲキ―!!

ちなみに、今ならゆきママのブログのバナーからアイネット証券口座を開設し、10万円入金するだけ(取引の必要ナシ)で、この本と、ここでしかもらえないゆきママの書き下ろしレポートがもれなくゲットできますので、ぜひぜひご活用いただければと思います。



シストレ(自動売買)の火付け役となったミラートレーダー、いわゆる選択型とかEA系と呼ばれる自動売買ソフト(プログラム)を利用して運用を続けていますが、ロジックがどうなってるかも分からずに負け続けるのが怖い、ふざけんなksg!と、お怒りの方も多数いることでしょう(°言°怒)クソガ!!!

ゆきママも、この選択型のシストレ24で最近クソクソに負けていますからね。まだトータルではプラスなんですけど・・・一応、2年連続プラスなんですけど。。。(震え声)

関連記事:
ゆきママの選択型シストレ(シストレ24)運用日記:出来るだけ毎週更新中

まぁプログラムが勝手にというか24時間自動でトレードしてくれるのは良いのですが、その分、ロジックがブラックボックスでどうすることもできませんからね。考えるのがめんどくさい、選ぶだけにしたいという方には人気がある反面、多くの不満も・・・p(`ε´q)ブー!

逆に、ここ最近は為替相場のボラが死んでいることもあって、リピート系シストレに注目が集まっています。まぁゆきママも今年はユーロ円のロングで入ったものの、その後、ブレグジットの交渉の進展の怪しさから泣く泣くロスカットし、ショートで放置し、+26万円を超える収益を得ています。
今年は9万円近い損切りを記録しながらも、その後のトレードで見事に復活!ボラが死んでいるとはいえ、レンジ内で激しく動いていますから、そういう意味ではチャンスは無限にあるんですね(*゚o゚)ノ⌒☆スゴイッ!!


リピート系シストレがオススメな人

戦略を考えるのは好きだけど時間がない
戦略は当たっているのに感情に振り回されて消耗している
割とまとまった投資資金がある
最近はリピート系シストレに関する質問も増えてきましたから、各社の比較をしながら、トレード戦略を含めて解説していきますので、よろしくお願いします。


リピート系シストレの特徴とメリット・デメリットについて解説まとめ!

最近は色々なシステムが開発されてますが、設定に従ってイフダン注文を自動で繰り返すというのがリピート系シストレのコンセプトですね。細かい違いはあるものの、基本設計はほとんど変わりませんc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

ちなみに、イフダン注文とは2つの注文(新規注文と決済注文)を出す注文で、例えば1ドル=113.00円になったら新規の買い、1ドル=114.00円になったら決済の売り、というような注文です。

これを細かい範囲にたくさん仕掛けることで、下記のように相場の波打つ動きを常に収益機会とすることができるんですね(*゚∀゚)=3ウマー!
まぁ範囲を決め、その中で相場が動き続けることに投資する感じでしょうか。しかも、シストレなので、一度設定すれば24時間自動でトレードしてくれますから、忙しい方にもオススメです。

やはり相場とにらめっこする必要がないので、精神的にも楽です。より詳しく知りたい方は、以下の記事もお読みいただければ!

関連記事:
【このレンジ相場に】24時間自動売買で相場を攻略!FXもシストレの時代に突入?【2時限目】

そして、メリットに関してはいろいろありますが、やはり投資初心者にありがちな失敗を強制的に防げるという点が一番大きいのかなと思います\( ・ᴗ・ )コレガイイ!

商品の性質上、薄く広く注文を仕掛けますから、いきなりMAXでポジションを取って大失敗ということがないんですね。あとは、基本的にレンジが続くか、買いか売りかの方向性が当たるだけで、まずプラスになりやすいという点、それから、常にポジを持ってないと不安で不安で・・・というポジポジ病の方にも効くでしょうw

事実、リピート系シストレの代表格であるアイネット証券のループイフダンでは、2018年上半期は80%の顧客が資産を増やしたというデータも(※2018年4月末時点と同年9月末時点を比較したとき、決済損益がプラスになり資産が増加した人の割合)あるほどです。

関連記事:
【利用者の8割が資産増!?】アイネット証券「ループイフダン」でゆきママ書き下ろしレポートがもれなくもらえるキャンペーン実施中!

こんな投資商品はなかなかないですし、ここ最近のボラが死んだ相場ではなおさら活躍しやすいですから、それもプラスかなと思います(*´ᴗ`*)イイネ♪


リピート系シストレのメリット

自分の設定に従って24時間自動でトレードしてくれる
ポジションが分散され、初心者大失敗あるあるを強制回避
広い範囲に注文を仕掛けるため大雑把な相場感でOK
チャートに張り付かなくても、自分の決めた取引ルールに従って自動で24時間トレードしてくれますし、冒頭でも書いたように感情に左右されず、消耗する必要もありません。

また、裁量であれば今後こうなるというピンポイントの相場感が必要ですが、リピート系シストレなら広い範囲に注文を仕掛けるので大雑把でも大丈夫です。当然ですが、レンジ相場には強いですし、為替は7割近い時間帯でレンジ相場であると言われています( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

逆にデメリットとしては、どうしても広く仕掛ける分、単純な資金効率は悪いですし、1つ1つのポジションは小さいものの、相場が逆行するタイミングでは多額の含み損が長期化する可能性があることが挙げられるでしょう。

最初にまとまった資金と書いたのは、そのためですね。できれば100万円ぐらいあると、幅広く安定した戦略が立てられるでしょう。最低でも30万円ぐらいはないと厳しいと思います(乂∀・)┌┛)`д);∴コトワルキック!!


リピート系シストレのデメリット

単純な資金効率は悪く低レバレッジ運用が必須
含み損を長期間抱えることもあるので必要資金が多め
含み損前提な部分もあるので、含み損が苦手という人には向かないかもしれません。また、一攫千金というよりは、細く長くといった感じです。それでも、ハマれば年+100%みたいなトレードも一応可能です。リスクも相応ですけど。安定してやるなら、年+10%ぐらいを目指したいところ。

これだけ分かれば注文OK!

レンジ幅、想定変動幅注文を仕掛ける範囲、幅
売買の方向買い(上昇)or売り(下落)
注文間隔仕掛けた注文同士の間隔
注文本数注文の本数、最大ポジション数とも
利食い幅、利確幅一本の注文で狙う利益の幅
取引数量、注文数量一本辺りの取引数量
ゆきママ
リピート系シストレは注文を自分で考える必要はありますが、裁量よりもずっと知識は少なくて済むと思います。なので、初心者の方もオススメですね!

トラリピ・ループイフダン・iサイクル注文の違いとは?各社簡単比較!

リピート系シストレをやってみたい!という方が増えている反面、いろいろな会社があってどこを選んだら良いか分からないという声も聞きますので、各社の特徴などを簡単にまとめてみることにしましたφ(。_。*)マトメモメモ

ちなみに、リピート系シストレは大別すると3つに分類できますので、まずは以下を念頭に置いて会社選びを進めていただければと思います。


リピート系シストレの3タイプ

固定型:想定レンジが固定されているタイプ。想定レンジを外れると機能しなくなりますが、一番シンプルで分かりやすいのが魅力。

追尾型:想定レンジを外れても(主に利益側にレートが進んだ場合)、それについていって稼働し続けるタイプ。方向感さえ当たっていれば機会損失が防げる反面、レンジの変動と共に損切り水準が変化するなど、コントロールするには一定の対応が必要になる。

ハイブリット型:固定型も追尾型も両方作れるタイプ。便利なように見えますが、その分、細かい設定をしなければならないので初心者の方には面倒かもしれません。
固定型はシンプルで分かりやすいですが、レンジを外れた時の対処が必要になります。逆に追尾型は自動で追いかけてくれるので放置しても良いですが、ロスカットレベルが変わったりするため、当初の想定と違った状況になってしまうことがあるので、その点に注意です(・д・)ホーナルホド

ハイブリット型は中級者から上級者向けですね。ある程度はFXを理解してないと、細かい注文設定に悩まされることになるので、初心者の方は固定型か追尾型を最初に使ってみると良いのかなと思います。

【トラリピ(M2J)】これからFXを始める初心者にも使いやすいUIがオススメ!

まず、全然FXとか投資したことないという方にオススメなのが、M2J(マネースクウェア・ジャパン)のトラリピです。UI(ユーザーインターフェイス)が良くて使いやすいんですよね。あとは、初心者向けセミナーなど、サポートも充実していますから、まずはここから⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾ガンバルゾ!

<スペック>
タイプ:固定型
通貨ペア:11種類
値幅・利益幅:自由設定可
取引コスト:高め

<オススメの理由&総評>
とにかく、使いやすさと自由度では他社の追随を許しません。そういう意味では、初心者から上級者まで、幅広いトレーダーに愛されており、リピート系シストレといえばトラリピが代名詞になっています。しかしながら、取引コストはかなりお高めなので、慣れてきてこだわりがない場合は他社に移行するのも検討したいですね。
マネースクエア外国為替取引
【入門編】話題のトラリピを初心者向けに解説!気になる評判&口コミは?

【ループイフダン(アイネット証券・ひまわり証券)】無駄のないシンプル仕様!

アイネット証券やひまわり証券が提供するループイフダンは、シンプルさが大きな魅力です。トラリピのように細かく設定できるというのも良いのですが、逆に自由度が高い分、迷ったり最適解を導くことが難しかったりするんですね。特に初心者の方には、そういった傾向があるでしょう。

しかしながら、ループイフダンでは選択肢を厳選して、値幅なども過去の相場から、ある程度は最適化されていますから、そういう意味で迷うことがないのは良いですね|•'-'•)و

<スペック>
タイプ:追尾型
通貨ペア:8種類
値幅・利益幅:3〜4種類から選択
取引コスト:普通

<オススメの理由&総評>
シンプル過ぎる分、逆に少し戸惑ってしまうかもしれませんが、FXをしたことがあれば問題ないかと思います。トラリピよりも設定項目は少ないですが、自由度を求めるユーザーにとっては、やや窮屈に感じられることがあるかもしれません。それでも、アイネット証券のループイフダンでは、2018年上半期は80%の顧客が資産を増やしています(※2018年4月末時点と同年9月末時点を比較したとき、決済損益がプラスになり資産が増加した人の割合)からね。また、取引コストはトラリピよりも、かなり抑えられています。

【利用者の8割が資産増!?】アイネット証券「ループイフダン」

【iサイクル注文(外為オンライン・FXブロードネット)】コスト安ならコレ!

コストを追求するなら、iサイクル注文一択ですねw 特にFXブロードネットは外為オンラインと比べてもスプレッドが狭く、優位性があります。ちなみに、FXブロードネットではトラッキングトレードとなっていますが、中身は基本的に同じです( ・∀・)人(・∀・ )ナカマ!

<スペック>
タイプ:固定型追尾型
通貨ペア:24種類
値幅・利益幅:自由設定可
取引コスト:安め

<オススメの理由&総評>
コストで選ぶなら圧倒的にココなんですが、個人的にはちょっと敬遠しています。というのも、注文画面と実際のトレードのイメージが結びつきにくいということや、選択肢は多いものの、自由度はトラリピに劣るということで、使いこなすにはやや難があるのかなと。基本的にはFXとシストレの両方の理解度が深い人にオススメしたいところです。
株式会社外為オンライン外為オンライン

【連続予約注文(マネーパートナーズ)】疑似シストレを実現?コストは超低!

これをシストレの枠に入れるのかいれないのか微妙なところではありましたが、機能的にはシストレに近いので紹介しておこうと思います(`・ω・´+)キリッ

<スペック>
タイプ:万能型
通貨ペア:20種類
値幅・利益幅:自由設定可
取引コスト:低い

<オススメの理由&総評>
コスト厨の決定版ですねw ただ、注文は一本一本手動で設定しなければなりませんし、設定でリピートされるのは20回までとなっています。マメに注文をし直すことができるのであれば、問題ないかと思いますが、一本一本作るの手間がどうにも。。。あと、逆指値ができないといったデメリットもあります。まぁ基本的には上級者向けかと。
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX
主なリピート系シストレはこんな感じでしょうかね。まぁ今後も増えてくれば追加する予定です(⊃´▿` )⊃ツイカジャ!

ドル円の中期展望解説:ゆきママは年末まではロングで仕掛けます!

そもそも為替レートの長期展望って国の状況によってコロコロ変わるから難し過ぎるやん・・・と、最近思うようになってきたんですよねw

ぶっちゃけ、長期展望は本当に当たらないですからねw 今年もエコノミストは円高派が多かったですし、年明け円高に振れたことで、今年の8〜9月ぐらいまではずっと円高になると言ってましたからね。しかし、蓋を開けて見れば年初来高値を更新していますヾ(・ε・。)オイオイ…

まぁリピート系シストレは長期前提ではありますし、そのために生み出されたわけですが、例えばドル円が80円台70円台まで下がっても大丈夫なように設定するのならともかくとして、もっと積極的な運用をしても良いのではと。

というわけで、数ヶ月単位の中期展望で注文を作って利益を得ていくことを考えるようになり、とりあえず目先はドル円のロング(買い)でやってみることにしました(`・ω・´)シャキーン

関連記事:
【ループイフダン】10月29日〜11月2日の不労所得は+2,840円!ドル円B15で短期攻略(ゝω・)v【限定キャンペーン実施中】

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

理由に関しては、これまでもブログに書いてきたことの繰り返しになりますが、少なくとも年末まではドル需要が堅調ということがありますし、ドル調達コストを考えれば、リスクオフ(回避)時でも海外勢の米国債買いという選択肢は取りにくく、小高い金利水準が維持されそうということ。

円に関してはメンヘラ過ぎて、今年は翻弄されっぱなしですが、まぁとりあえず最近の株価急落にもどうにか耐えているので、現状で極端な円高を見込むのは難しいのかなと。

リスク要因として、ブレグジットやイタリア予算問題、トランプのドル高けん制発言などが挙げられますが、欧州不安そのものは徐々に後退していくことになるでしょうし、トランプ発言の影響も限定的ですからね。

まぁレンジ相場も続いていますし、とりあえずスワップポイントももらえるロング方向でやっています。来年以降については、中間選挙の結果や、その後のトランプの動向次第でしょうか。

むしろ、コンセンサス通りの上院・共和党、下院・民主党にならず、両方ともトランプ率いる共和党が取ったりすると、トランプラリーの復活まであり得ますから、短期的には上方向へのリスクを見ています。

ゆきママ
最後までお読みいただきありがとうございました。最近はリピート系シストレの方が好調なので・・・書いたわけじゃないですよw 近年のレンジ気味の相場を攻略するには必要かと思いますので、ぜひぜひ活用いただければということで。

∠(*・ω・)っメリクリ ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【12月クリスマス】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK