左:インヴァスト証券 / 中:アイネット証券 / 右:みんなのFXはいずれもゆきママの特製レポートがもらえます(σ・`ω・)σ GET!!

【ポンド高】ドルが本質的に買えるかどうかで考える【9月13日の為替相場ポイント&経済指標まとめ】

【ポンド高】ドルが本質的に買えるかどうかで考える【9月13日の為替相場ポイント&経済指標まとめ】
NYダウが史上最高値を更新しました。先週のメルマガで株価が勝手に上がっていく可能性について指摘させていただきましたが、やはりその通りの流れ。結局、アメリカを筆頭に金融政策の引き締めが始まったとしても、しばらく流れは変わらなそうな状況ですね。債券市場を見ても売りが活発で緩んでいますから、株は押し目買いで問題ないのでしょう(´・ω・ヾノ)モンダイナイナイ

また、ポンドドルが1年ぶりの水準とのことでポンド高が鮮明となっています。理由としてはイギリスのインフレが想定以上の伸びを見せていることで、金融政策が引き締め方向に動いていくのではという期待からポンドが買われています。

【イギリス】ポンド相場の行方は?見所&今後の展望について解説まとめ!【8月10日】

以前の記事でも書きましたが、利上げ開始のGOサインさえ出てしまえばポンポンと上がっていきそうなのがイギリスですからね。歴史的な低水準にあることも考えれば、そろそろポンドを買っていくのも面白いのかなとは思います(ΦωΦ)フフフ…

そして、質問が多いのはやはりドル円についてですが、目線としては円ではなくドルを中心に見ておきましょう。つまり、ドルが本質的に買えるかどうかということです。まぁ結論から言ってしまうと、買いにくいことになりますけどね。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

今年のドル円チャートを見れば明らかで、昨年末から年末にかけて大きくドル高が進んだのは大幅なインフラ投資と未曾有とも言えるレベルの大規模減税への期待感がありました。今の現状では、それはもはやほぼ不可能な状態に追い込まれていますから、ドルはなかなか買えないのかなと(ヾノ・ω・`)ムリムリ

そう考えるとドル円については、今後奇跡的にトランプが求心力を回復して次々と政策を実現していくようなことがあったとしても、せいぜい114〜115円がいっぱいといった印象ですからね。

というわけで、長期はともかくとして中期でドルを買うのは難しそうな状況ですから、相場を見る際はそういった視点で見ていただければと思います。

ユーロは高値を更新すると下がるの繰り返しですがq(゚д゚ )↓sage↓

ユーロの日足チャートを見ていると、高値更新した後は結構大きく下がって調整というパターンになっているような気がします。まぁECB(欧州中央銀行)も具体的な政策決定は行なっていませんから、期待感で買われる限界って感じなんでしょうかね。

それでは、今日明日のイベント・経済指標を確認しつつ、今日はユーロ円、ユーロドルのトレード戦略についてまとめておきたいと思います↓

ここをタップして表示Close
日時国名経済指標重要度前回予想
9/13/23:30週間原油在庫統計★★★
9/14/02:0030年債入札★★★
9/14/03:008月月次財政収支★★★-429億ドル-1190億ドル
9/14/10:308月新規雇用者数★★★2.79万人1.90万人
9/14/10:308月新規雇用者数★★★5.6%5.6%
9/14/11:008月小売売上高[前年同月比]★★★10.4%10.5%
9/14/11:008月鉱工業生産[前年同月比]★★★6.4%6.6%
今日は原油在庫、30年債入札といったイベントがあります。ドル円は110円後半から111.00円にかけての上値ラインを試そうとしているだけに、イベントは少し注意して見ておく必要があるでしょう。もっとも、そこまで大きく相場を動かす材料ではないとも思いますが・・・(´・ω・`))´-ω-`))ウン

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

132円を超えてくると、もう一段上のレンジに移行しそうな雰囲気ですが、高値更新をした後は極短期的に下落トレンド入りするのが最近のユーロ相場の特徴にもなっていますから、どちらかというともう少し下がってくるのを待って、130円台ぐらいからコツコツ押し目を狙ったほうが良いのかなと思います。

下値目処については、目先は一目均衡表の雲上限(129.806円)で、その下はやはり128.00円、127.00円ということになるでしょう。下限はせいぜい127円半ばになっているので、ここを割り込むようなことがあれば一旦手仕舞いでしょう。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルについても同様で、右肩上がりというよりも少しボックス圏での動きを作りながら、上に抜けていくような値動きとなっています。1.20ドルの大台を抜けていますから、もう一段二段あっさり伸びてもおかしくはありません。

ただ、目先では21日移動平均線(1.18840ドル)に迫っており、ここを割り込んでしまったまま定着するようだと調整モードに入ってしまう可能性がありますので、少し注意して見ておきたいところです。今月末にはドイツ総選挙もありますから、中期目線でレンジを広めに想定して少しずつ買い進めていきましょう。


引き続きドルが買えない以上、受け皿となるのはユーロ以外にないでしょう。もちろん、ポンドも選択肢の1つではありますが、基本的に値動きが荒すぎますからね。遊び程度でやるならともかくとして、初心者の方は値動きの荒さに潰されないよう注意していただければと思いますc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ


※トップ画像(Pixabay/CC0)

食欲の秋(*^¬^*) モグ…ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中(9月版


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)ゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(`・ω・´+) キリッ(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大28,000円キャッシュバック(+8,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート


最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP


最大15,000円キャッシュバック(+5,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート


最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート


最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート


最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP


最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP


最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP


最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP


最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP


※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK