左:インヴァスト証券 / 中:アイネット証券 / 右:みんなのFXはいずれもゆきママの特製レポートがもらえます(σ・`ω・)σ GET!!

【今後の展望】おや!?原油の様子が…!1バレル=50ドルの重要ラインへ【9月14日の為替相場ポイント&経済指標まとめ】

【今後の展望】おや!?原油の様子が…!1バレル=50ドルの重要ラインへ【9月14日の為替相場ポイント&経済指標まとめ】
ポケモンEXPOジムが閉鎖とかなんとか・・・ピ・・・ピカジュー!まぁタイトル画像のピカチュウ関係なく(本当はちょっと関係あるんだけど)、今日は原油の話題ですね。以下のチャートをご覧いただければお分かりのように、1バレル=50ドルの重要なラインを再度試そうという流れとなっていますΣ('ω'*)オッ!

原油(日足)のチャート:GMOクリック証券 【FX】

今年はここからが重いんですけどね。なかなか伸びきれない状態が続いています。とはいえ、ハリケーン「ハービー」の影響で原油在庫が大幅増となったことによる押し下げは和らいでおり、これはIEA(国際エネルギー機関)が13日に発表した月報で、供給過剰が和らぎ始めているとしたことが影響しています。

まぁハリケーン後に石油精製所、化学工場が再開されれば原油の消費量も増加しますから、これらも織り込んでいるのでしょう。製油所の稼働率は77.74%と低水準で、しばらくは思ったように原油在庫が減らず上値が抑えられるかもしれませんが、減ってくる兆候が出れば弾みもつくかもしれません((( ・ω・ )))ビョョ-ン

加えて、IEAはOECD(経済協力開発機構)の需要の伸びは想定を上回り、とりわけ米国と欧州の需要が予想以上に伸びているとしています。その一方で、世界全体での原油生産量はやや減少に向かっているとのことですから、需給の引き締まりも今後は期待できそうです。

というわけで、今年の原油は買いとしていましたが、ようやく買えそうな兆しが出てきたのかなと。1バレル=50ドルの壁をしっかり破れば、押し上げようという向きもありそうな気がしますヽ( ・∀・)ノ↑age↑

ただし、問題なのはクウェートのマルズーク石油相が13日にOPEC(石油輸出国機構)が現在行っている協調減産合意の延長について、11月の総会では合意延長の決定に至らない可能性があると発言していました。3月中旬に臨時総会を開くこともできるとしていましたが、来年の3月末が期限とされている減産合意が延長がなかなか決まらないようだと、原油相場にとってはネガティブ材料となりますので、今後も注意深く見ておく必要はありそうです。

それから、ここ最近は政府主導でガソリン車からEV(電気自動車)への転換を目指す動きがあるため、この辺も将来的には材料視されるかもしれません。実際、結構心配している人も多いですが、課題は山積みですからね。自動車大国のドイツなんかはともかくとして、世界最大市場の中国がEV以外を禁止する姿はあまり思い浮かびません(´・ω・ヾノ)ナイナイ

そもそも中国はガンガン石炭で電力作ってるわけですからね。電力需要が高まりすぎても大気汚染などの問題が残りますし、今後は原子力などで補っていくにしても、それこそ需給バランスから考えるとなかなか悩ましいのではないのかなと。ピカチュウが一家に一匹いれば・・・。

まぁ10年、20年後のマーケットを考える上では避けて通れない話題かと思いますが、目先数年でどうこうという問題ではありませんから、とりあえずEV関連は無視で良いでしょう。むしろ、原油がしっかり上がってくるとインフレ期待から早期の追加利上げもといった流れも想定され、為替相場にも影響してきますから、トレードしない方もたまには意識して原油相場を眺めていただければと思います|ω'*)ジー

ドル円は110円後半の重要なポイントを抜けず!ただ今夜のイベントで…

ドル円は111円台にしっかり乗せると112円台は近いような気もするんですけどね。まぁ115円まではまた茨の道なんでしょうけど、今夜は米CPI(消費者物価指数)の発表がありますから、しっかり確認しておきましょう。数字によっては上抜けの可能性もありますからね。

それでは、いつものように今日明日のイベント・経済指標を確認しながら相場展望について考えていきましょう↓

ここをタップして表示Close
日時国名経済指標重要度前回予想
9/14/20:00BOE金融政策・金利発表★★★★★
9/14/20:00英中銀金融政策委員会・議事要旨公表★★★★★
9/14/21:30新規失業保険申請件数★★★29.8万件30.0万件
9/14/21:308月消費者物価指数[前月比]★★★★0.1%0.3%
9/14/21:308月消費者物価指数・コア指数[前月比]★★★★0.1%0.2%
9/14/21:308月消費者物価指数[前年同月比]★★★★1.7%1.8%
やはり米CPIは注目されるでしょうね。非常に重要なインフレ指標の1つですから、上振れするようなことがあればドル買いに結びつくことでしょう。あとは今夜はBOE(英中銀)が金融政策の発表を行います。利上げの支持票が増えればポンド高が急速に進みそうですので、ポンドトレーダーの方は必ず見ておきましょう。まぁとにかく、殺人通貨ポンドで死なないようにだけしていただければ・・・((((;´・ω・`)))

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円はこれで何度目だよっていう底打ちの指摘が入ってますねw まぁそんな雰囲気もないわけではないですが、やはり上値抵抗(レジスタンス)も強力で、110円後半から111.00円ラインにかけてのゾーンは特に強力な印象です。ここには89日移動平均線(110.936円)や一目均衡表の雲・下限(110.960円)もありますから、仮に米CPIが予想を上回ったとしてこれらを攻略できるかどうかでしょう。

まぁ一目均衡表の雲は徐々に垂れ下がってきますから、110円後半の水準を維持して雲入りということになれば、見方も少し変わってきそうですので今後はその辺に注目しながらドル円を見ていただければと思います。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは21日移動平均線(1.8891ドル)が支えとなっていますから、まずはどれだけここが機能するかですね。今の所はなんとか持ちこたえてますが、ドルの買い戻しがもう一段進むようだとちょっと不安ですね。

1.18ドル台を割らない限りは問題ないと思いますが、仮にそこまで(1.17ドル台まで)相場が進んだ場合は短期は一旦損切りも検討しながら見ておきたいところ。中期ならあくまでコツコツ買いで!


大体こんなところでしょうか。原油もそろそろ面白くなってきそうなので期待しています。今年の原油は買いとしてきたので、年末までには年初来高値を更新してくれれば・・・(人∀・)タノム!


※トップ画像(Pixabay/CC0)

食欲の秋(*^¬^*) モグ…ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中(9月版


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!特別に現金(キャッシュバック)ゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(`・ω・´+) キリッ(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大28,000円キャッシュバック(+8,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート


最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP


最大15,000円キャッシュバック(+5,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート


最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート


最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート


最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP


最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP


最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP


最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP


最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP


※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK