左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【勝者はABE】日経平均最高値更新!リスクを無視して伸び続けるか?【10月13日の為替相場ポイント&経済指標まとめ】

【勝者はABE】日経平均最高値更新!リスクを無視して伸び続けるか?【10月13日の為替相場ポイント&経済指標まとめ】

日経平均株価(日足)のチャート:GMOクリック証券 【FX】

衆院選の勝利者はABE!!!ネトウヨママだからそう言っているわけではありませんw 海外のコラムでは日本の選挙について、こんな感じの論調になっていいるんですね。安倍ぴょんのようにとにかく笑いが止まらないというか、今は強気強気で今年の総決算を望んでいる模様ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪

まだ終わっていませんが今年の日経平均株価を振り返ると、年初から春先は弱めの値動きが続きましたが徐々に息を吹き返し、ここ1〜2ヶ月で大幅に上値を伸ばしています。特に出遅れ感のある日本株は海外勢にとっても魅力的に映るようで、自民党が予定通り300議席に近い結果を残せば、ご祝儀相場も十分あり得るでしょう。

この辺は何度も書いている通り、FRBやECBが緩和縮小へ軸足を傾ける中で日銀の異次元緩和というフローは最後のオアシスでもありますからね。ABE勝利ならアベクロ継続で世界的にも一安心といった部分はありそうです(*´д`*)〜зフワァ

とはいえ、衆院選の投票日は10月22日です。自民党の勝利を叫ぶには、いささか気が早すぎると個人的には思います。少なくとも過半数割れといった見通しが出た際には株価の変調を警戒しておくべきでしょう。

それから、もう1つは連日お伝えしているイランの核合意をめぐる問題です。いよいよ日本時間の14日未明(午前1:45)にトランプ大統領がイラン戦略について演説する模様で、核合意について否認(撤退)を表明するかどうかが注目されています|_・)ジーッ

仮にトランプが否認した場合、60日以内に上院議会が結論を出すことになります。シナリオとしては以下の3パターンが考えられ、今の所は最悪でも(2)になるのではないかと見られています。

 1)そのまま現状の合意を存続させる
 2)合意を存続させるために他国を含めて協議の見直しを求める
 3)合意から撤退してイランへの経済制裁を復活させる

経済制裁復活は宣戦布告に近いですし、合意からの撤退についてはアメリカ以外の5カ国(イギリス、フランス、ロシア、ドイツ、中国)が反対すると予想されるため、国際社会におけるアメリカの孤立懸念もあって議会は消極的とされています(乂-д-)ダメ

こんな感じなので、今のところは市場もリスク視していませんが、緊張が徐々に高まっていることは事実ですから、今後も事態の推移は見守っていきましょう。まぁこういったリスクを抱えていると、なかなかクロス円は気合の入ったロング(買い)で入りにくいので難しいですね。

それから、IMF(国際通貨基金)がトランプの税制改革をケチョンケチョンにけなしていましたね。既にIMFはアメリカのコントロール下を離れ、欧州、そして中国にべったりになりつつあります。中国は2021年にGDPが世界一、アメリカが抜かれないためには長期的にはドル高が必須(世界はまだドルベース)Σ(・ω・ノ)ノ

しかしながら、それをさせないなら多少輸出が冷え込んでもある程度の人民元高の流れにしておきたい中国という構図なわけで、長期で考えるなら資産の一部を人民元、あるいはドルにも振り分けておきたいと思う今日この頃です。

・人民元もトレードできるのがゆきママも使っている外為どっとコム!【ユーロドル0.3pips】スプレッド縮小キャンペーン実施中!【FXを始めるなら外為どっとコム】

トルコリラの呪縛から解放されたら、人民元でも買おうかと思います。しばらくプラススワップも続きそうですから(ΦωΦ)フフフ… まぁIMFとドル、ビットコインを絡めた問題については、明日にでも専用記事を書いていく予定ですので、どうぞよろしくお願いします。

アメリカの小売売上高や消費者物価指数に注目しながら|ω'*)ジー

ドルは相変わらずというか、なんでインフレが高まらねーんだよ!(インフレにならないと買えない)っていう流れですね。なので、本日発表の9月米消費者物価指数には注目しておく必要があるでしょう。

もっとも強めの数字になっても、前月からの反動やハリケーンの影響として処理されそうな感がありますが・・・。まぁユーロドルはドルが買われたら買われたで再度仕込むチャンスですし、売られたら売られたで利食いのタイミングを狙うって感じでまったり眺めてられるんですけどねヽ(´ー`)ノマターリ

それでは、今後のイベント・経済指標を確認しながら、今日明日のトレード戦略について考えていきたいと思います↓

日時国名経済指標重要度前回予想
10/13/21:309月消費者物価指数[前月比]★★★★
10/13/21:309月消費者物価指数・コア[前月比]★★★★0.2%0.2%
10/13/21:309月消費者物価指数[前年同月比]★★★★1.9%2.3%
10/13/21:309月小売売上高[前月比]★★★★-0.2%1.7%
10/13/21:309月小売売上高・除自動車[前月比]★★★★0.2%0.9%
10/13/21:30ローゼングレン・ボストン連銀総裁、講演★★★
10/13/23:0010月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値★★★95.195.0
10/13/23:15コンスタンシオECB副総裁、講演★★★
10/13/23:25エバンズ・シカゴ連銀総裁、講演★★★
10/14/00:30カプラン・ダラス連銀総裁、講演★★★
今日はCPI(消費者物価指数)が最も注目されるでしょう。ただ、あんまり予想を大きく上回りすぎるとハリケーンの影響による異常値とされそうで、温度感が難しいところです。まぁドルはなかなか上値が重いので、あまり期待せずに見ておきましょうシ━━(-ω-)(-ω-)(-ω-)━━ン

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

相変わらずインチキ臭いチャートというか、200日移動平均線(111.813円)ではキッチリ拾われています。短期的にはここを割り込んできたら損切りなんでしょうけど、ドル円は相変わらず悩ましいですね。

まぁまずまず底堅く大崩れはしていないので、まだ上を見ていても良いとは思いますが、あまり無理をする状況ではないので、週末リスクを考えるならポジションを少し落としておきたいところ。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルはユーロ自体がやや沈下気味ですが、1.17ドル台に差し込んでくるならチマチマ拾っておきましょう。再来週のECBイベントは要警戒ですが、なんだかんだ本質的な売り材料があまりないので、押し目があれば狙っておきたい通貨ペアだと考えています。


今週はユーロドルが比較的堅調で、下で拾ったポジションがずいぶん整理されたので気楽です。また下がれば下がったで一気に入らずポジションをじっくり形成しながら、しっかり稼いできましょう!それでは、今週も1週間応援ありがとうございましたヾ(○´□`○)ノアリガトン!

※トップ画像(PixabayU.S. federal government/CC0)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK