左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【ドル急落】未明のFOMC議事録を解説まとめ!サウジへの警戒レベル引き上げも影響か?【11月23日】

【ドル急落】未明のFOMC議事録を解説まとめ!サウジへの警戒レベル引き上げも影響か?【11月23日】
今週のドル円はショート(売り)からと言ってきましたが、その通りの値動きですねΣ(`*・ω・)キリッ まぁそこそこ偶然性もあるんですけどねw FOMC議事録がドルの上昇に結びつかないというのは分かっていましたが、まさかここまで下げる要因になるとも考えていませんでした。ただ、タイトルにもあるように米国務省がサウジアラビアの警戒レベルを引き上げたことも影響しているのかなといった気もしますけどね。

とりあえず、昨夜は10月米耐久財受注の下振れからドル売りに傾きましたが、その後に発表されたFOMC議事録がトドメとなって大きく値を下げていますので、まずは議事録について簡単にまとめておきたいと思います↓

■23日04:00 FOMC議事録公表(10月31日〜11月1日分)
多くのメンバーは見通しに変化がなければ近い将来の利上げは正当化されると判断した
・多くのメンバーは労働市場はさらに幾らかの引き締まりをみせてインフレを押し上げると予想した
・多くのメンバーは中期的に物価上昇は2%を上回ると予想した
多くのメンバーがインフレ率が目標を下回る期間が長引く可能性を指摘した
何人かのメンバーは低インフレを理由に当面の利上げに反対した
・何人かのメンバーは遅すぎる利上げが雇用の加熱を招くと警告した

別にハト派かというと、そんなにそんなにハト派的だったとも思いませんけどね。最近のFRBの平常運転というかなんというか・・・(´・ω・`))´-ω-`))ウン まぁこの期に及んで追加利上げに反対しているメンバーがいたのが、やや嫌気されたのかもしれません。

あとは2%のインフレ目標を下回る期間が長引く可能性を指摘とのことですから、FRB内でのインフレに対する警戒感の強さは感じ取れます。とはいえ、近い将来の利上げ、おそらく12月利上げのことだと思いますが、については多くのメンバーが正当化されるとしていますので、少なくともサプライズではなかったように思うんですけどね。

う〜ん、JPモルガンやゴールドマン・サックスが来年の利上げを年4回(市場は年2回の織り込み)としていた反動もあったかもしれませんね。思ったよりも全然利上げについての機運は高まっていないぞ、ということですかね(乂-д-)ダメ

FOMC議事録についてはこんな感じで、利上げペースがあまり上がらないということでの米長期金利(10年債利回り)の低下もあったと思いますが、個人的にはサウジアラビアの渡航警告によって、いよいよサウジVSイランの戦争も警戒しなければならないという向きもあったのかなと。

よく戦争時は安全資産の円が買われると言われたりしますが、よほどのことがなければ、とりあえずの選択肢として真っ先に挙がるのが米国債ということも影響しているんですよね。国債が買われて金利が低下すると、日米金利差の縮小からドル売り圧力がかかって円が買われるといった流れです。戦争系のリスクオフ(回避)相場はこういった側面もありますから、ぜひ覚えておいていただければと思います\(`・ω・´+)コレダイジ!

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

そんなこんなでドル円は急落しています。111円台後半にあった重要なサポートラインである一目均衡表の雲・上限(111.944円)、200日移動平均線(111.724円)、89日移動平均線(111.544円)を全て下抜けてしまったので、逆にこれらが今後はレジスタンスとなりそうです。まぁ短期なら112円台を回復してくるまでは、とりあえずショート(売り)で問題なさそうですね。


今週のトレード戦略として、ユーロは買ってドルは売るとしていましたが、まずまずその通りの流れとなっています。ただ、軸足は慎重姿勢であまりポジってなかったので、そんなにそんなに勝ててはいないんですけど(。-´ω`-)ヤッチマッタ…

ちなみに、トレード戦略を考える際には、ブログにも何度か書いている通り、他のトレーダーのポジションなどを見ながらやっています。日本人はどうしてもトレンドよりも値頃感を意識してポジションを取りがちでハメられまくるので、そうならないように心がけていますが、皆さまも是非参考にしていただければと思います(↓は昨日の記事からの引用です)。

ドルは買いポジ、ユーロは売りポジ!うーん、この・・・

ゆきママも使っている外為どっとコムの口座開設者限定で見ることのできるオーダー状況(ログイン後マーケット情報ツールポジション比率情報)は以下のようになっています↓
相変わらずですね。下がれば買いポジが増え、上がれば売りポジが増えると・・・。う〜ん、完全に値頃感による逆張りトレードのような気がしてなりません。ユーロはもともとですが、ドル円などは徐々に偏りが強まっていますので下抜けした際の急落には警戒しておきましょう。

このように「ポジション比率情報」を活用することにより、外為どっとコムでお取引されている方の動向を知ることができますので、ぜひご活用いただければと思います。レポート・ニュースが豊富なので、ゆきママもこちらの会社からかなりの情報を得ていますよ(。 ・ω・))フムフム

【情報量No.1】スマホでスキマ時間に情報収集Σ(●・`ω・)b Good!! FXを始めるなら外為どっとコム!【ゆきママも使ってます】

こんな感じです。本当に値頃感による逆張りトレードは必殺(自分が殺される)になってしまいがちですから、できる限り避けるようにしていただければと思います。

(人´∀`*)[]ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【七夕7月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大104,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

About The Author

ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK