左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【リバーサルレート】日銀金融政策決定会合の解説まとめ!黒田「まだバブルではない、あと地銀は死んでどうぞ」【12月21日】

【リバーサルレート】日銀金融政策決定会合の解説まとめ!黒田「まだバブルではない、あと地銀は死んでどうぞ」【12月21日】
K・R・D!!K・R・D!! というわけで、タイトルにもあるように今日は日銀金融政策決定会合の2日目ということで、結果が公表されました。当然、事前に予想されていた通り、現状維持での無風通過でしたけどね。ただ、景気判断については若干の上方修正もありました↓

■21日11:50 日銀金融政策決定会合・結果発表
・長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)(賛成8 反対1)※現状維持
 短期金利:日本銀行当座預金のうち政策金利残高に0.1%のマイナス金利を適用。
 長期金利:10年物国債金利がゼロ%程度で推移する長期国債の買入れを行う。買入れ額については、概ね現状程度の買入れペース(保有残高の増加額年間約80兆円)をめどとする。

・資産買入れ方針(全員一致、反対なし)※現状維持
 ETFおよびJ-REITについて、保有残高が、それぞれ年間約6兆円、年間約900億円に相当するペースで増加するよう買入れを行う。
 CP等、社債等について、それぞれ約2.2兆円、約3.2兆円の残高を維持する。

・わが国の景気は、緩やかに拡大している(据え置き)
・設備投資は、企業収益や景況感が改善するなかで、増加傾向を続けている(上方修正)
・個人商品は、緩やかに増加している(表現変化)
・消費者物価(除く生鮮食品)の前年比は0%台後半(据え置き)
・予想物価上昇率は、弱含みの局面が続いている(据え置き)
・先行きのわが国経済は、緩やかな拡大を続ける(据え置き)

特にどうこうってことはないですけどね。まぁ景気判断について、本当に僅かな変更があった程度です。あとは、片岡委員の孤高の反対という様式美がw 城内前委員とは真逆の見解で今後も反対票が投じられるのでしょう_ハンタイφ(・_・ )ノ⌒ ◇ポイッ

で、今回は黒田日銀総裁の会見が比較的注目されていました。背景には、先月11月13日にスイスのチューリッヒ大学での講演の際に、リバーサル・レートという概念について言及したことがあります。これは、過度な低金利政策によって預貸金利が低下し続けることで、収益が圧迫されて銀行の身動きが取れなくなってしまい、緩和策の効果がかえってマイナス(反転:リバース)に作用する可能性があるという指摘です。

あれ、なんか日本の地銀がこんな感じになっていたような・・・Σ(・o・;)ハッ! もともと低金利政策(金融緩和政策の一環)というのは、銀行から企業がお金を借りやすくするために金利を下げるという意味合いがあるわけですが、銀行側からすれば貸し出す際の金利(預貸金利)が下がってしまうと、収入が減ってしまうわけですね。

だから、今まで以上にいっぱい貸し出せば良いわけですし、それが狙いなわけですが、貸しても貸しても収入が増えないパターン、あるいは貸したくても貸せるような企業がない場合などは、銀行の収益が悪化する中で自己資本規制などなどの法律的な縛りによって、自ずと銀行としてできることが制限されていってしまうと・・・これは仲介機能を果たす銀行の役割が阻害されるわけですから、むしろマイナス効果だよね〜ということですね。

まぁ日々報道でもある通り地方銀行さんは青息吐息です。住宅ローンを貸し付けて不動産からキックバックをもらうなど、無茶苦茶グレーというか、ほぼほぼブラックなことをしてでも、とにかくお金を稼ごうとしている状況ですからね(`o´)コラコラ!

これをどうにか改善しようと考えるなら、低金利政策をやめるというのも選択肢の1つなわけで、わざわざチューリッヒに行ってこんなことを口走ってしまう黒田っちは、もう緩和政策をやめて正常化への一歩を踏み出そうとしているのではないか?、といった憶測が市場にはちょっぴりあったわけです。

■21日15:30〜 黒田日銀総裁・定例記者会見
・経済全体では(労働需給の逼迫、いわゆる人手不足)経済活動の制約になると考えていない
・(リバーサル・レートについて)充実した資本基盤があり、金融仲介機能に問題は生じていない
量的・質的金融緩和の見直しは必要ない
・(株価上昇、ETF買い入れについて)現時点で行き過ぎとかバブルという状況ではない
・(ビットコインについて)決済手段として機能していない、異常な高騰であることは事実
地銀統合についてはコメントを控えるが、県単位でみていくビジネスでないように思う

地銀終了のお知らせw まぁ黒田っちのコメントを額面通りに受け止めればの話ではありますが、リバーサル・レートについての言及が金融政策の見直しにつながるといった見方は明確に否定しています。っていうか、地銀は完全にハシゴ外されてる件について・・・地域の垣根をこえて頑張れってさ・・・メガバンと戦えってさ・・・(´;ω;`)ブワッ


黒田日銀総裁
地銀は垣根をこえて頑張れば?地域密着だけじゃ生き残れないよ?県単位でやってくビジネスでもないし、そういう時代じゃないんだよ(マジキチスマイル)
ゆきママ
さすが黒田!言ってはいけないことを平然と言ってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!
とりあえず、来年の円相場の動向を握っているのが日銀ですから、今後も発言には注目しておきたいところではあります。まぁとりあえず、今日のところは政策の見直しについては明確に否定する格好となりましたから、まずはそれを信じるしかないでしょう。

それから、値動きについては特にどうこうということはありませんでした。まぁややドル円は堅調な推移を見せましたが、黒田日銀総裁の発言に反応したというよりは、米長期金利(10年債利回り)のアシストを受けた格好です↓

ドル円(5分足)のチャート:外為どっとコム

底堅いですね。流石に高すぎるので、ここからポジションを追加していく気はしませんが、ロングポジションを持っているのであれば、ホールドしていて良いでしょう。トレード戦略については、特に昨日と変更はありません。下がればチャンスとは思いますが、それ以外は中々手が出しにくいです(乂∀・)ヤメトク!

【円売り】税制改革法案の年内成立へ!今年は異常なマーケットが当たり前に…【12月20日のトレード戦略&経済指標まとめ】

大体こんなところでしょうか。あとはバブルではないというお墨付きももらったので、来年もそこそこ堅調な相場が続いていくことを祈りたいですね。ということで、今回の日銀イベントはまとめさせていただきます。

まぁこんな感じで、こういったイベントの行間を読むというか、しっかりポイントを押さえられるようになるとトレードの精度も一層高まると思います。大事な部分はゆきママがしっかり解説させていただきますので、ぜひぜひ日々ブログをお読みいただければと思います(=´ー`)ノ


※トップ画像(Pixabay/CC0)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By Pooh

    こんにちは。日々参考にさせていただいています。

    ところでくっだらない指摘で申し訳ないですが、「地方銀行は青色吐息」ではなく、「青息吐息」です…。

    • By ゆきママ

      ご指摘本当にありがとうございます(´;ω;`)ブワッ 返信遅れがちですみません!早速訂正いたしました。

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK