左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【ノボトニーdeユーロ落下】注目すべきは金融政策!今後の為替相場展望について簡単解説まとめ【2月8日】

【ノボトニーdeユーロ落下】注目すべきは金融政策!今後の為替相場展望について簡単解説まとめ【2月8日】
一転してユーロ売りの流れですね。まぁ個人的には押し目のチャンスとしか考えていませんが、何故下がったのか、あるいは今後の展望について質問がかなり増えていますので、簡単にまとめておきたいと思います(`・ω・´+)キリッ

まず、ユーロ売りに関しては色々と要因はありますが、先週末の雇用統計を受けての株安から債券に資金がシフトし、独国債が買われて長期金利(10年債利回り)が低下したこと、さらには昨夜、ノボトニー・オーストラリア連銀総裁が「米財務省が意図的にドルを押し下げている」などとドル安政策を非難したと報じられたことが挙げられます。

あとはドイツの2大政党で大連立が成立する見通しとなったことも影響したのかなと。噂で買って事実で売るというか、材料出尽くしといったところなのでしょう(´・ω・`))´-ω-`))ウン

これらが最新のユーロ売り材料でしょうかね。まぁなんだかんだノボトニー総裁の発言が大きかったように思います。ここまで、はっきりとあからさまに批判するのは異例っちゃ異例ですからね。

ただ、相場に与える影響としては、いずれの材料も一時的な影響に過ぎず、相場の流れを変えるほどのモノではないでしょう。これまでも経験している通り、口先で相場の流れが大きく変わることは、ほぼありませんからね。ノボトニー総裁のプレゼンスは結構高い部類ですが、それでも日米欧の中銀総裁に比べれば一枚も二枚も劣っています(゚ω∩*)ヨワイ…

というわけで、これまでのトレンドであるユーロ高とドル安の流れに変化があるとは考えていません。ドル円に関しては、日銀次第の部分もあるので難しいですが、ユーロ対ドルでのユーロの優位は変わらないでしょう。

ユーロ、ドル、円のいずれもキーポイントとなるのは金融政策です!

この辺は繰り返しになっちゃいますが、今年の相場展望を考える上で非常に重要なポイントとなりますので必ず押さえておきましょう。もっとも相場の長期予想は難しく、あくまでも現在の見通しです|_・)ジーッ

とはいっても、市場関係者も今現在考えているシナリオに沿ってトレードを進めていくことになりますから、覚えておいて損はないでしょう。

■絶対に押さえておきたい日米欧の金融政策見通しと相場展望

・円と日本銀行
政策は強力な金融緩和を続ける方針に変更はなさそう。したがって、素直に考えれば円売りとなりますが、海外勢を中心にテーパリング(緩和縮小)懸念がくすぶり続けるのであれば円高気味の推移もあり得ます。海外勢の見方、日銀の政策スタンスに対する理解度が鍵を握りそう。

・ドルとFRB(連邦準備銀行)
緩やかな利上げペース(年3〜4回)が既に織り込まれているため、よほど加速しない限りはドルの上値余地は限られそう。5回を超えてくるようであればサプライズとなって金利上昇からドル買いといった教科書通りの流れもあり得ます。しかしながら、ご存知のように金利の急騰を嫌気して株が売られ、結局、ドルの上値が抑えられたことからも分かるように、いずれのパターンでもドルが急上昇するハードルは高め。

・ユーロとECB(欧州中央銀行)
ECBがフォワードガイダンス(政策指針)を修正し、金融政策の正常化を着実に進めていけば自ずとユーロ高というシナリオを描きやすくなります。後ズレ懸念が強まると調整リスクは高まりますが、顕在化するのは最短でも今年の半ばぐらいでしょう。

これが今年の見通しの重要ポイントといったところでしょうか。金融政策の方向性に大きな変化がない限り、政治的リスクの高まりなどイレギュラーな材料で一時的な調整があっても、相場の流れは変わらないと考えています(。-`ω-)ウム!

トレードについてはユーロのロングでひたすらついていってます(キリッ

トレードについては、これも繰り返し書いている通り、ひたすらユーロのロング(買い)でついていっています。30〜50pipsぐらいの間隔で拾いつつ、下で拾ったポジションを50〜100pipsぐらいで利食いする感じでしょうか。上昇が強まれば、ホールドする場面もあります。

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

これも繰り返しになりますが、ユーロ円において132円台までの押し下げは許容範囲です。短期的には132.00円割れで損切り検討でしょうが、個人的には200日移動平均線(130.690円)を上回っている限りは押し目買いと考えています。130円の大台を割り込んでしまった場合は、損切りを考えます。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロ・ドルにシフトしてトレードしているため、やや反発に乏しい今の場面はちょっと苦しいところです。短期的には、1.200ドルの大台ラインを割り込むと下げが加速しそうなので、ここが損切りの目処となるでしょう。個人的には、1.150ドルの大台割れまでは押し目と考えてついていく予定です。


大体こんなところでしょうか。目新しい話題はないですが、相場を考える上での根幹となりますから、しっかり覚えておいていただければ。ちなみに、ゆきママの相場分析手法を解説した特製レポートをプレゼント中ですので、興味がある方はぜひぜひ活用いただければと思います↓

ゆきママも使ってるDMM FX!ブログ限定で特製為替レポートプレゼント中!【最大24,000円キャッシュバック】


お疲れ様です。なかなかブログを更新できず・・・反省しております・・・何度目だよって感じですが・・・(*´・x・`)ゞ))) まぁ明日からは・・・明日からこそはしっかり更新していきますので、何卒よろしくお願いいたします!


※トップ画像(Pixabay/CC0)

チョコ(つω`*)つ⌒◇ ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【バレンタイン2月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK