左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【円高】新たなドル安局面へ向かうのかに注目!目先のトレード戦略について解説【3月27日】

【円高】新たなドル安局面へ向かうのかに注目!目先のトレード戦略について解説【3月27日】
昨日の記事やメルマガなどでお知らせした通り、今のドル円、クロス円相場を動かしてきたのは円高にあるとしました。それは、ドルインデックス(複数の主要通貨に対するドルの為替レートを指数化したもの)を見れば一目瞭然です↓

ドルインデックス(日足)のチャート:Barchart.com

このように、ドルインデックスは実は2月にドル安はピークを迎えて以降、ほぼ横ばい圏での動きが続いてきました。ただ、先週末からは再びドル安気味の動きが続いており、一段とドル安が加速する可能性があることに注目しておきたいところでしょう|ω'*)ジー

ドル安が進む理由としては、やはりトランプ政権の対中貿易政策の行き着く先はドル安であるということです。結局のところ、有権者にアピールするために手っ取り早く公約でもある貿易赤字を解消するとすれば、自国通貨安政策というのがベストですからね。日本や中国がやってきたことを真似するだけです。

トラさん
選挙に勝ったら貿易赤字を解消させ、アメリカ人の労働者を守り、国家の安全を守ると公約した!その第一歩だ!!!
この認識で相場が動いてくるのであれば、ドルインデックスは88.0ポイントの節目を割り込んでくることでしょう。今週は株価とともに、ここに注目しながらトレード戦略を考えていきたいと思います。


我慢の時間が続くかもしれませんがブレないで相場を見ていきたい!

トレード戦略については、目立って大きな変化はありません。ドル円はショート・戻り売り、ユーロドルはロング・押し目買いです(`・ω・´+)キリッ

読みきれていない部分もあり、なかなかピンポイントで効果的なトレードはできていませんし、相場の動向が読みきれない以上は慎重なトレードに徹するほかなく、もしかすると今週は待ちぼうけということになってしまうかもしれませんが、必ずチャンスはやってきますので、まずは我慢強く相場を見ていただければと思います。

ちなみに、何故待つのか?、といえば、ドル安が加速するのか、それとも落ち着くのかを見極めたいからですね。ドル安がさらに進むというのであれば、それについていけば良いですが、以前も書いた通り、すでに現状で歴史的なドル安水準にかなり近いです。ドルインデックスが80.0ポイントを割り込むのは、リーマンショック後のかなり限られた期間しかありません( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

したがって、現状でもドルは売られ過ぎであり、さらにドル安が進むかといえば一定の疑問もあるので、慎重に様子を見たいと考えています。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円に関しては、昨日も書いたように円高への誘引はくすぶり続けるため、トレード戦略に大きな変更はありません。しかしながら、ドル安が今年のピークに近づきつつある中で今の水準ですから、仮にドルが買い戻されれば、それなりの反発を伴うことが予想されます。

なので、目先は焦らず見ていきたいところでしょう。今の所は動きが鈍いですが、105.25円近辺のレジスタンスをしっかり抜けてくれば弾みもつきそうですから、105円半ばぐらいから少しずつショート(売り)エントリーの意識ということで。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルに関しては、ドル安による上昇もあるため、もう少しユーロ高材料が出てくるまで待ちたいですね。すでにロング(買い)で入るには、やや高すぎる水準になっています。1.255ドルの高値を抜けてくるのであれば、再度戦略を練り直したいところ。

結局のところ、ユーロドルは未だにモミ合いから抜け出せていませんからね。コアレンジ帯である1ユーロ=1.225〜1.240ドルからは頭が出たものの、1.215〜1.255ドルという今年の最安値と最高値はブレイクできていません。

ショート戦略もアリといえばアリなのですが、現状でドルが新たな局面入りしそうな点と、ユーロドルはどうしても短期的な方向性を見出しにくいという点も合わせれば、現状は様子見の方が良いのかなと考えています。

というわけで、引き続き下がれば1.23ドル半ばぐらいからロングしつつ、1.22ドルでは厚めに拾っていくという認識で良いと思います。まずは、無理せずに相場を見ていただければ。

焼かれ続ける日本の逆張り投資家!このポジが整理されないと…

ゆきママも使っている外為どっとコムの口座開設者限定で見ることのできる新規と決済の売買状況(ログイン後マーケット情報ツールポジション比率情報)は以下のようになっています↓
ゆきママは年初から一貫してドル円の戻り売り戦略を推奨してきましたが、日本の個人投資家、ミセスワタナベのドル円ロングポジションは右肩上がりで増え続け、ついに104円をつけてピークに達しています・・・80%を超えるとは。。。何故逆張りしてしまうのか・・・(´;ω;`)ブワッ

しかも、ユーロドルもショートポジションが・・・まぁこれはあながち間違いとまでは言えないかもしれませんが・・・(´・ω・`(´・ω・`(´・ω・`)ジェットストリームショボーン

まぁ個人的には、最終的にこれらのポジションが整理、つまり損切りされきったあたりで円高の波が止まるような気はします。結局、CMEの先物ポジションでも円売りを手がけていた機関投資家が随分とポジションを落としたらしいですし、次は個人投資家が徐々に切らされる過程で円高が進み、最終的にそれが終わったあたりで、一旦円高のピークをむかえるのかなと。

兎にも角にも日本人のポジションは常に狙われますし、なんだかんだ逆張り大好きなので、日本人の行動と逆のトレードをするとそこそこ勝てる逆指標のようなものだと考えています。ゆきママは、他人のポジション状況を確認しながらトレード戦略を練っていますので、ぜひ、そういったポジションが見られる外為どっとコムを持っておくと良いと思います。情報量も多くて便利ですよ↓


他人のトレード&ポジション丸わかり|_・)ジーッ FXを始めるなら外為どっとコム!【深キョンCM】

とりあえず、急ぎというか、気力で更新しましたw 読者の方から質問も多かったですしね。とりあえず、目先の戦略はこんな感じです。それでは、今週も頑張っていきましょう!

※トップ画像(Pixabay/CC0)

パタパタQ_(´ρ`υ))))ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【熱い8月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK