左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【ハト派】ドル高継続?未明のFOMCは中立姿勢で利上げ期待は僅かに後退【5月3日のトレード戦略&経済指標まとめ】

【ハト派】ドル高継続?未明のFOMCは中立姿勢で利上げ期待は僅かに後退【5月3日のトレード戦略&経済指標まとめ】
未明のFOMCはハト派・・・というニュースですが、そもそもタカ派(強気・引き締め)・ハト派(弱気・緩和的)の明確な区別というのはなく、その時その時の状況によって違うんですよね。昨日のは市場が期待したほどタカ派的でなかったということで、ハト派と言われているのかなと思います(´・ω・`))´-ω-`))ウン

そして、ハト派だったことで発表直後はドル売りが強まる場面もありましたが、その後は全戻しという相変わらずドルの強さが目立ちました。果たして今後はということで、未明のFOMC(連邦公開市場委員会)を振り返りながら、展望について考えていきたいと思います。


FOMCは想定の範囲内で引き続き今年の利上げは3〜4回の見通し( ・´ー・`)

どどど・・・ドヤ顔はしませんが、概ね予想通りでしたね。やはり、というか、なんというか、ここで4回以上の利上げを市場に織り込ませるのはギャンブルですから、中立寄りの声明内容を保っていました

■3日03:00 FOMC・金融政策&声明発表(5月1〜2日分)
・労働市場が引き締まり続け、経済活動が緩やかな速度で拡大(現状維持)
前年比で、インフレ率、コアインフレ率は双方とも2%に近づいた(上方修正)
・家計支出の伸びが緩やかに推移した一方で、設備投資は引き続き堅調に推移(プチ上方修正)
経済見通しはここ数ヶ月で強まっている(削除)
インフレの動向を注意深く監視している(削除)
・金融政策の運営姿勢は引き続き緩和的である(現状維持)

※FRBの声明については、こちらのページで公開されていますFederal Reserve Bank:Statement(外部サイト)

声明では細かな修正というか、経済の現状などを述べる部分のみの変更となりました。最も注目されたインフレの項目については、前回の2%を下回り続けているという表現から、2%に近づいているとして進展を期待させる表現となっています(*´∀`*)テカテカ♪

その他、インフレ動向を注視するといった文言が削除されたことや、家計支出は前回から据え置く一方で、設備投資については前回から表現を上方修正するなど、プチプラス材料がありました。

しかしながら、経済見通しが強まっているという表現が削除されており、特にこの削除の解釈によってタカ派かハト派か判断が分かれることになっています( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

個人的には、バランスを取るために削除したように思いますが、一部ではスタグフレーション懸念だとか、米景気の弱まりを表しているのではといった指摘もあり、多少の悩ましさがあります。この辺は今後発表されるFOMC議事録を見て判断していくことになるのでしょう。

まぁいずれにせよ昨日の声明を見る限りでは、インフレ見通しを進展させた以外は大きな変更はなく、中立的な内容だったように思います。実際、この声明後のFedウォッチ(先物市場が織り込む利上げ回数)についても、年3回派がやや増えたぐらいで、大きな変化はありませんでしたからね↓

出典:CME Group

今年の利上げが合計3回になるのか、それとも4回になるのかは、まだまだ両にらみですね。この辺は昨日の展望記事でも書いた通りで、今後の指標やFOMCを見極めて結論を考えていくことになるでしょう|_・)ジーッ

それから、ドルの値動きとしては、ADP雇用報告の強めの結果もあって期待感からドルが買われて1ドル=110円にタッチする場面もありましたが、FOMC直後は期待していたほどタカ派ではないということで、一旦はドル売り。しかしながら、その後は再びドル買いに傾いて全戻しとなりました↓

ドル円(5分足)のチャート:外為どっとコム

見事なV字w 明日の雇用統計待ちというのもあるんでしょうが、ドルは底堅く推移していて、目先で大崩れはないのかなと。なので、もし円高が強まったりユーロ高が強まったりした場合、押し目・戻り目と捉えて良いのではないかと思います。

ドル高は継続の可能性大!雇用統計もありますので今は軽めに(・_・ )カルク

ついついステディぶっちゃうんですけどねw 繰り返しているように明日は雇用統計もありますし、週末ですから過度にポジションを持つ必要はないでしょう(´・ω・ヾノ)ナイナイ

とはいえ、引き続き短期的なドル高の可能性は高いと思いますから、まずはその流れについていきましょうということで。

それでは、今日明日のイベント・経済指標を確認し、目先の具体的なトレード戦略について考えていきたいと思います↓

ここをタップして表示Close
日時国名経済指標重要度前回予想
05/03/21:30🇺🇸(米)新規失業保険申請件数★★★20.9万件22.5万件
05/03/21:30🇺🇸(米)3月貿易収支★★★-576億円-500億円
05/03/23:00🇺🇸(米)4月ISM製造業景況指数★★★★58.858.0
05/03/23:00🇺🇸(米)3月製造業新規受注[前月比]★★★1.2%1.4%
05/04/10:45🇨🇳(中)4月Caixinサービス業PMI★★★52.352.3
05/04/16:50🇫🇷(仏)4月サービス業PMI・改定値★★★57.457.4
05/04/16:55🇩🇪(独)4月サービス業PMI・改定値★★★54.154.1
05/04/17:00欧州4月サービス業PMI・改定値★★★55.055.0
05/04/18:00欧州3月小売売上高[前月比]★★★0.1%0.5%
05/04/18:00欧州3月小売売上高[前年同月比]★★★1.8%1.9%
05/04/21:30🇺🇸(米)4月非農業部門雇用者数[前月比]★★★★10.3万人19.0万人
05/04/21:30🇺🇸(米)4月失業率★★★★4.1%4.1%
05/04/21:30🇺🇸(米)4月平均時給[前月比]★★★★★0.3%0.2%
基本的には明日の雇用統計が本番ですね。まぁ今日のISMでも多少は動いてきそうですが、よほど事前予想からの乖離がなければ、基本的には動いても元の水準に全戻しでしょう。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

円高気味の動きで昨日の全戻しからの全戻しというか、結局はズルズルと落ちてきてしまいましたね。1ドル=110円の大台定着にも失敗しており、状況としてはあまり良くないかもしれません。

とはいえ、昨日今日は押し目らしい押し目がありませんでしたから、そういう意味では現在の水準から軽く拾っておきたいところでしょう。

109.10〜109.20円近辺では、さらにポジションを追加したいですが、109円割れ(108.90円ぐらい)では一旦損切り検討でしょう。この場合、89日移動平均線(108.232円)が見えてきて、ここまでは落ちやすそうですからね。もちろん、89日線前後ではしっかり買って、108円割れ(107.90円ぐらい)で損切りでしょう。

利食い目標は109.60〜109.90円ぐらいで、雇用統計前にはポジションを整理したいところ。仮に110円を超えるようであれば、ホールドといった戦略もアリでしょう。

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロ円は一目均衡表の雲・下限(130.531円)が見えつつあります。雲抜け・雲入りはトレンド転換のサインとも言われますから、注意は必要でしょう。

ここまで下がってくると、128円を下限と考えるならロングでもリスクは小さめで良いのかなと。コツコツ買い進めて伸び代を期待するのもアリ。ただ、短期的にはユーロドルの弱い値動きが鮮明なので、あえてトレードする必要はなさそうです。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは下抜けが鮮明となってきました。こうなると、今まで強めのサポート帯出会った1.200〜1.2030ドルがレジスタンス、200日移動平均線(1.20145ドル)もありますからね。

なので、引き続き現在の水準からショート(売り)で入って、30pips毎ぐらいに上がっても下がってもコツコツ売って行くイメージですね。目先の損切りは1.2050ドル前後が候補かと思います。

利食いに関しては、まずは1.190ドルの手前が挙げられます。勢いよく下げて1.190ドルを割り込んだ場合は下値余地が広がり、中期的なサポートである1.165〜1.170ドルが見えてきますので、ホールドして追いかけて行くのも良いでしょう。ただ、明日は雇用統計なので、その前に一旦利食いはしておきたいですね。


大体こんなところでしょうか。雇用統計が近いので過度にポジションを持つことは避けつつ、引き続き短期的なトレードを意識していきましょう。ちなみに、ポジションの作り方は以下の記事を参考にしていただければと思います↓

ゆきママのポジション作りの際の資金の配分は?負けは資金の10%まで!

DMM FXの売買比率はドル円の売りが徐々に強まる!売りポジの増加と買いで捕まり…

ゆきママがトレードで使っているDMM FXでは口座開設者限定が見ることのできるユーザーの売買比率の状況(DMM FX PLUSログイン後メニュー売買比率)が公開されていますので、ぜひそれも参考にすると良いでしょう↓

21:00の売買比率:DMM FX

ドル円は売り注文と売りポジが徐々に増えていますね。まぁ今の所は110.00円ラインの手前で売って行く、注文を刺しておくという感じなのでしょうが、今後も売りが堅調に増えるのであれば、買いポジ作って捕まったトレーダーの売りが増えて行くイメージですね。

まぁでも、これも繰り返しになりますが、売っている人がいるってことは潜在的な買い材料ですからね。どこかで損を切る場面もあるわけで・・・そういう意味で、投機筋がドル売りポジションをかなり持っているのはポイントになるかと思います。

こんな感じで、他者のトレード状況、注文状況を見ながら戦略を練ることも大事ですので、まだ口座をお持ちでない方はぜひ持っておくと良いのかなと思います。

ゆきママも使ってるDMM FX!ブログ限定で特製為替レポートプレゼント中!【最大24,000円キャッシュバック】


更新が遅くなって申し訳ありません。本当は今日の昼ぐらいにできていたんですけどね・・・風邪をひいてしまいましたε=ε=ε(′д`||)ゴホゴホッ 最近は毎月ひいてる気がする・・・ストゼロの飲み過ぎで抵抗力が弱っているのかもしれません。気をつけます。

ちなみに、明日は雇用統計となります。展望予想記事をアップさせていただきますので、ぜひご期待いただければと思います。

※トップ画像(Pixabay/CC0)

  カサドゾ-☂⊂(´ω`⊂ ) ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【梅雨入り6月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK