左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【展望解説】利上げ時期が鍵!ECB理事会&ドラギ会見の見どころ解説【12月13日】

【展望解説】利上げ時期が鍵!ECB理事会&ドラギ会見の見どころ解説【12月13日】
今日はドラギンギンナイトということで、21:45からECB理事会の結果発表、金融政策発表が予定されており、22:30からドラギECB総裁の定例記者会見となります。

まぁ今回は注目ポイントといっても、利上げ時期がどうなるかということなんでしょうけどね。早くとも来年夏、来年夏ごろまでは利上げしないという方針に変化があるかどうかということになります(゚ェ゚(。_。*)コクコク

開始時期がこれより後ズレするというような話になれば、ユーロは売られやすいでしょう。逆に強気な姿勢を堅持すると・・・FB(米連邦準備制度理事会)の来年の利上げ停止も噂されているだけに、もう一段上がるかもしれません。

とりあえずは、こういったところに注目しながら今日のECBイベントの展望やトレード戦略について簡単にまとめておきたいと思いますc⌒っ *・∀・)φ…マトメモメモ


利上げ時期が最大の焦点ですが、そもそも経済見通し下振れなら…

繰り返しになりますが、今日のECBイベントの焦点は、来年夏以降としていた利上げ時期の目安が後ズレするかどうか。

仮に時期が再来年、2020年以降という話になれば、独長期金利(10年債利回り)の低下圧力となり、ユーロ安からの米欧金利差拡大ということでドルが買われるということになります。つまり、ユーロドルは下方向へ行きやすいでしょう↓sage↓⊂(`・ω・´)⊃↓sage↓

そして、金利の引き上げは金融引き締め政策ですから、それが後ズレするということは株価にとってはポジティブとなります。欧州株反発からのクロス円上昇となれば、ユーロ円はユーロ安と円安で動きにくいでしょう。

これとは逆に、来年夏以降の利上げ、来年秋にも金利引き上げといった方針が示されるのであれば、ユーロ高になりやすいと言えます↑age↑ヾ(´・ω・`)ノ↑age↑

もっとも、最近の経済指標は下振れしていますし、見通しそのものも下方修正されることが予想されますから、仮にドラギ総裁が強気の見解を示したとして、どこまでユーロが買われるかというのはやや疑問です。

イタリアに続いてフランスも、最低賃金の引き上げや年金生活者の減税等で財政赤字の対GDP比率がEUの設定した上限を超えそうとのことで、EUはゴタゴタしてますからね。ユーロドルのショート・戻り売りを中心にやっていきたいと思いますヾ(o・`ω・)ノ キリッ.:゚+

ポンドで焼かれまくったので引き続きユーロドル中心に戻して頑張る…

昨日はポンド円で派手に焼かれてしまって申し訳ありませんでした(´;ω;`)ブワッ ポンドドルで小勝ちしたものの、今週は引き続き赤字です。まぁ昨夜、打診売りで1.138ドルでユーロドルが刺さっていたので、引き続きこのポジションを保有しながら、様子を見ています。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルに関しては、引き続き1.130〜1.132ドル近辺に買い注文が並び、強いサポート水準となっています。まぁ利食いは引き続き、この手前の1.133ドルレベルでしょう。

上値に関しては、1.140ドルの節目手前、1.138〜1.139ドルレベルがレジスタンスゾーンとして機能しています。抜けても1.14ドル台はかなり重いですから、1.14ドル半ばまで戻れば売りを追加したいところです。

仮に上抜けなら、1.150ドルの大台の節目を試すことになりますが、手前には89日移動平均線(1.14890ドル)がありますから、なかなかそこまでは厳しいのかなと。

また、11月安値を起点としたフィボナッチ・リトレースメント50.0%水準が1.1514ドルにありますから、損切りは1.152ドルが目処でしょうか。

こんな感じです。なので、トレード戦略としては現状の水準から軽く売りつつ、反発してくれば1.144〜1.146ドルレベルで厚めに売りポジ追加です。


う〜ん、今日のECBイベントでユーロドルは下に行くと見ていますが、仮にそうならなくとも、そこまでユーロを買う理由というのもないので、まずは戻り売りで仕掛けていこうと思います(。-`ω-)ウム!

スマホOK!ゆきママは無料の情報を外為どっとコムから得ています!

最近は読者の方から、ゆきママさんはどこから情報を得てトレードしていますか、という質問を多くいただきますが、基本的に無料の情報は外為どっとコムでゲットしています(σ・`ω・)σGET!!
上記は外為どっとコムのスマホツールの画像です。ニュースは3種類(ニュース速報、フィスコライブ、ロイター)用意されており、世界情勢の速報から為替市場の状況、さらには各エコノミストの見解などを知ることが可能となっています。また、レポートについては11種類(竹中平蔵、ワカバヤシFXアソシエイツ、井上義教、野村正道、フィスコ朝刊、フィスコ夕刊、酒匂隆雄、外為トゥディ、外為マンスリー、G.com)もありますから、これを見て市場が何に注目しているのかを確認しながらトレード戦略を立てることもできます( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪
本当にレポートが豊富なので、これから投資を始める方にとっても勉強になるでしょう。当たっているかどうかは別として、エコノミストが何に注目しているのか、それぞれのエッセンスが分かるので、ぜひ初心者の方、中級者の方にも活用していただければと思います。

口座を持っていればニュースもレポートも無料で見放題(「ロイター赤文字ニュース」「ロイターニュース」は会員様向けサービスとして、利用条件があります)ですから、ぜひ持っておきたい口座の1つと言えると思います。やはり情報を効率よく得ようと思うと、こういった為替に集約されたソースを利用するのが近道ですからね。ゆきママもこのアプリを使ってスマホからちょっと空いた時間の情報収集に活用しています!
外為どっとコムは深キョンのCMでもお馴染みですが、1,000通貨に対応しており、1万円程度の資金からでもFXを始めることが可能となっていますので、ぜひぜひきっかけとしてお試しいただければ幸いです⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾ワーイ


※トップ画像(Ing. Andrej Kaprinay/Shutterstock.com)

(奉´∀`祝) ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【令和元年5月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

About The Author

ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK