左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【ドル高】パウエル怒りの利上げ!FOMCの解説まとめ&今後の展望について【12月20日】

【ドル高】パウエル怒りの利上げ!FOMCの解説まとめ&今後の展望について【12月20日】
ゆっきママ!ゆっきママ!!!ユーロドルのショート、ドル買いって言いましたよねええええええ(๑• ̀д•́ )✧+°ドヤッ 喜びの声も滅茶苦茶多数寄せられております。ファイナルエターナル・ナンピン成功!全ての市場関係者はゆきママにひれ伏すが良いわ!!!


というわけで、今回のFOMC(米連邦公開市場委員会)は見事にドンピシャでしたねw タカ派もタカ派の超タカ派でした。というより、ゆきママが繰り返し指摘していた通り、市場の織り込みが行き過ぎていたのでしょう。流石に今回の利上げナシで来年の利上げ回数0〜1回という見方はやり過ぎでした。

こういった市場見通しのおかしさをきちんと見極めた上で、真っ当なトレードをしていくのが大事ですね。これがゆきママのファンダトレードの真骨頂ですね(,,・`_´・)キリッ なので、ゆきママのトレード手法などについて解説した、下記のレポートもよろしくね(*/∇ 'ヽ*)チラッ…チラッ…

というわけで、今日のFOMCの結果と今後の展望について簡単にまとめていきますので、ぜひお読みいただければと思います。


来年の利上げは2回以上!声明文の変化もなく逆サプライズな結果に

まず、予定されていた通り0.25%のFF金利の引き上げが行われましたねw 今回の利上げすらないと、本当にやばかったですからね。で、最大の注目ポイントであったドットチャート(FRB各メンバーの金利予想を点で表したもの)は、見事に来年の利上げが2回以上ということで、ドルが大きく買われるきっかけとなりました↓
来年の利上げが0〜1回(2.25〜2.75%)といった水準にドットが集中するのではといった懸念がありましたが、蓋を開けてみれば最も多かったのは3.00〜3.25%ということで、来年の利上げは3回と予想しているメンバーが6人と最多(0回2人、1回4人、2回5人、3回6人)でした\(`・ω・´+)コレダイジ

まぁ日経新聞が利上げペース減速と騒いでいるわけですが、そういう見方もどうなのかなと。確かに、中央値で見れば前回の3.1%から2.9%に下がっていますので利上げペースは減速したと捉えることはできますが、最多のグループは利上げ3回ですからね。実質的に利上げ回数の減少は1回未満で、まだ3回利上げする可能性は十分残されていると見るべきではないかと思います。

また、声明文では削除が予想されていた「some further gradual increases…」という、漸進的な利上げが適正という文言が維持されていましたね。今後の利上げについては、労働市場やインフレ、金融市場の状況などをトータルで判断するとしていましたが、引き続き緩やかな利上げを意識させる内容となっていましたヽ( ・∀・)ノ↑age↑

それから、GDP見通し、PCE(個人消費支出)やPCEコア・デフレーターなどについては、前回から若干の下方修正がありましたが、まずまず許容範囲内かと思います。


20日04:00(米)FOMC・金融政策発表

・政策:0.25%の金利引き上げ
・声明:漸進的な利上げが適正である
金利見通し・ドットチャート※カッコ内は9月時
 2019年末FF金利:2.9%↓(3.1%)
 2020年末FF金利:3.1%↓(3.4%)
 2021年末FF金利:3.1%↑(3.0%)
 長期見通し:2.8%↓(3.0%)
GDP見通し※カッコ内は9月時
 2018年:3.0%↓(3.1%)
 2019年:2.3%↓(2.5%)
 2020年:2.0%(2.0%)
 2021年:1.8%(1.8%)
 長期見通し:1.9%↑(1.8%)
こんな感じですね。ほぼ現状維持というだけでタカ派となったのが今回の結果。まぁ市場がアホ過ぎるというか、明らかに行き過ぎた想定でドルが売られていましたから、逆にドル買いでやって正解でした!ゆきママについてきた人おめでとうございます( * ・`ω´・*)b グッジョブ!

怒りのパウエル?断固たる決意を持って必要な政策をしていくとのこと

逆にパウエルFRB議長の発言というか姿勢については、かなり驚きましたね。ダウもマイナス圏に沈んでいたのでバランスを取ってくるかと思いきや、バチバチモードで場合によってはトランプ大統領との対立も厭わないという姿勢を示しました。


パウエル登場時にパワータイだったので、なんだか強気な発言をしていくように思えたんですが、見事に的中でしたね。まぁとにかく、トランプやその周辺に影響されないということをアピールしたほか、市場に耳を傾けつつも市場から影響を受けることはないという姿勢を示しました(乂∀・)┌┛)`д) ;∴コトワルキック!!


20日04:30〜(米)パウエルFRB議長・定例記者会見

・金融市場のボラティリティは高まっている
・経済成長の減速サインを確認している
・利上げスタンスは不確実性が高い
ほとんどのメンバーが2019年以降の経済は良好とした
・現在の金利は中立金利のボトム(2.5%)に到達
・ただし、トップはいまだに3.5%である
正しい政策をするのに障害は何もない
・政策は緩和的ではなく中立
こんな感じですかね。硬軟織り交ぜつつも、やるべきことをやる!ということですね。そして、やるべきことは当然、利上げということになるわけで、パウエル議長の発言中もジワジワとドルが買われる展開となりました。

印象的だったのは質疑応答で、逆イールドに関する対話を始めようとしていた点でしょうかね。これまで逆イールド問題については、注視しているといった発言程度で留めていましたが、FRBとしてはそこまで問題としていないと突き放すような感じでしたね。

まぁ景気サイクルの長期化などもあり、逆イールドが本当に問題なのか的議論も最近はあるので、その辺を意識しているのかと思います。まぁこれについては長くなりそうだし、図を作って説明しなきゃないので、後ほど詳しく解説します。まぁ今晩にでもw

ドルが買われやすい地合いが続きそう!ただしトランプには要警戒…

引き続きドルが買われやすい地合いは続くでしょう。利上げを嫌気した株安ということで、米国債への逃避が入って米長期金利(10年債利回り)は低下していますが、こういった時は米国債購入のためのドル需要というものも出てきますから、ドル安になりにくいんですよね。まぁ年末ということでドル需要そのものもありますから、ドルは引き続き底堅く堅調地合いを想定していますヽ( ・∀・)ノ↑age↑

ただし、トランプがツイッターで利上げを批判するなどして、瞬間的にドル安になる場面はありそうですから、その辺は警戒しておきましょう。もちろん、もはやトランプの発言でドル安が継続するとは思えませんから、そうなればそうなったでチャンスではあるんですけどね。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円に関しては株安による円高がね。。。112.20円ラインをギリギリ保っていますが、株価が下がり続けるなら時間の問題か。ここを割り込むと111円前半まで下値余地が広がるので要注意でしょう。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは、イタリアが予算で暫定合意となり、一旦はEDP(過剰財政赤字是正手続き)による制裁回避ということでユーロが買われてしまってるんですよね。

まぁフランスが財政赤字の対GDPが3.2%となってEUルールの3.0%を超えそうとのことでブーイングが出ていますが、EUはフランスに関しては寛容な姿勢を示していますから、ここはそんなに問題ないのかなと思います。ただ、イタリアのサルビー二副首相が蒸し返して政治的に利用する可能性はありますけどね。

う〜ん、悩ましくなってきましたね。それでも、経済指標などの格差は明らかですから、まずはショート・戻り売り戦略でいいんじゃないのかなと思います。

目先は21日移動平均線(1.13538ドル)が底堅いので、利食いのターゲットはこの手前ぐらい。どこから売っていくかは悩ましいですが、現状であれば1.14ドル台に顔を出してきたところから軽く叩く程度でしょうか。まずは今日の欧州市場での戻りをしっかり待って、材料を精査しながら決定したいですね。


まぁまずはこんな感じです。とりあえず、今週はユーロドルのロングでも稼ぎましたし、先ほどの勝利も大事にして慎重に様子をみようと思います。また、チャンスがあればツイッターで呟いてトレードしていきますので、どうぞよろしくお願いします(=´ー`)ノ



スマホOK!ゆきママは無料の情報を外為どっとコムから得ています!

最近は読者の方から、ゆきママさんはどこから情報を得てトレードしていますか、という質問を多くいただきますが、基本的に無料の情報は外為どっとコムでゲットしています(σ・`ω・)σGET!!
上記は外為どっとコムのスマホツールの画像です。ニュースは3種類(ニュース速報、フィスコライブ、ロイター)用意されており、世界情勢の速報から為替市場の状況、さらには各エコノミストの見解などを知ることが可能となっています。また、レポートについては11種類(竹中平蔵、ワカバヤシFXアソシエイツ、井上義教、野村正道、フィスコ朝刊、フィスコ夕刊、酒匂隆雄、外為トゥディ、外為マンスリー、G.com)もありますから、これを見て市場が何に注目しているのかを確認しながらトレード戦略を立てることもできます( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪
本当にレポートが豊富なので、これから投資を始める方にとっても勉強になるでしょう。当たっているかどうかは別として、エコノミストが何に注目しているのか、それぞれのエッセンスが分かるので、ぜひ初心者の方、中級者の方にも活用していただければと思います。

口座を持っていればニュースもレポートも無料で見放題(「ロイター赤文字ニュース」「ロイターニュース」は会員様向けサービスとして、利用条件があります)ですから、ぜひ持っておきたい口座の1つと言えると思います。やはり情報を効率よく得ようと思うと、こういった為替に集約されたソースを利用するのが近道ですからね。ゆきママもこのアプリを使ってスマホからちょっと空いた時間の情報収集に活用しています!
外為どっとコムは深キョンのCMでもお馴染みですが、1,000通貨に対応しており、1万円程度の資金からでもFXを始めることが可能となっていますので、ぜひぜひきっかけとしてお試しいただければ幸いです⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾ワーイ



※トップ画像(Andrey_Popov/Shutterstock.com)

-●●●-c(ω`c )ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【月見9月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK