左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【史上最高値更新へ】米中貿易交渉とブレグジットに一定の結論!今週の相場見通し&トレード戦略まとめ【2月25日〜3月1日】

【史上最高値更新へ】米中貿易交渉とブレグジットに一定の結論!今週の相場見通し&トレード戦略まとめ【2月25日〜3月1日】
短期的には強気相場継続と考えるしかないんでしょうね。NYダウ平均株価は26,000ドル台に乗せ、昨年10月につけた26,951.81ドルの史上最高値を伺う展開となっています・・・おかしいだろksg。。。(´・ω・`)KSG…

で、タイトル、ツイッターでもつぶやいた通り、今週のポイントは米中貿易交渉とブレグジットという2大問題について、一定の結論が出ることが挙げられます。相場の流れが変わるかどうかを含めて最大限注目しておきましょう。

それでは、いつものように今週のイベント・経済指標などを踏まえつつ、展望やトレード戦略について考えていきますので、どうぞよろしくお願いします(`・-・´)/ヨロスク!


指標ラッシュ!問題なければ米中貿易交渉延長で最高値更新か?

まず、イベントや経済指標、今週のテーマや値動き材料について確認しておきましょう↓

今週のポイントチェック

■今週の主な経済指標・イベント
・25日
 🇬🇧カーニーBOE総裁、発言:★★★(19:00)
 🇺🇸12月卸売在庫:★★(24:00)
 🇺🇸12月卸売売上高:★★★(24:00)
・26日
 🇬🇧カーニーBOE総裁、発言:★★★(19:00)
 🇺🇸12月住宅着工件数:★★★(22:30)
 🇺🇸12月建設許可件数:★★★(22:30)
 🇺🇸10-12月期住宅価格指数:★★(23:00)
 🇺🇸12月住宅価格指数:★★★(23:00)
 🇺🇸12月ケース・シラー住宅価格指数:★★★(23:00)
 🇺🇸2月消費者信頼感指数:★★★(24:00)
 🇺🇸2月リッチモンド連銀製造業景況指数:★★★(24:00)
 🇺🇸パウエルFRB議長、発言:★★★★(24:00)
・27日
 🇳🇿1月貿易収支:★★★(06:45)
 🇪🇺2月経済信頼感:★★★(19:00)
 🇪🇺2月消費者信頼感・確定値:★★★(19:00)
 🇺🇸1月住宅販売保留指数:★★★(24:00)
 🇺🇸12月製造業新規受注:★★★(24:00)
 🇺🇸パウエルFRB議長、発言:★★★(24:00)
・28日
 🇯🇵1月鉱工業生産・速報値:★★★(08:50)
 🇨🇳2月製造業購買担当者景気指数:★★★(10:00)
 🇫🇷10-12月期GDP・改定値:★★★(16:45)
 🇩🇪2月消費者物価指数:★★★(22:00)
 🇺🇸10-12月期GDP・速報値:★★★★(22:30)
 🇺🇸10-12月期GDP個人消費・速報値:★★★★(22:30)
 🇺🇸10-12月期コアPCE・速報値:★★★★(22:30)
 🇺🇸新規失業保険申請件数:★★★(22:30)
 🇺🇸2月シカゴ購買部協会景気指数:★★★(23:45)
・3月1日
 🇳🇿1月住宅建設許可件数:★★★(06:45)
 🇯🇵1月有効求人倍率:★★★(08:30)
 🇯🇵1月失業率::★★★(08:30)
 🇯🇵2月東京都区部消費者物価指数:★★★(08:30)
 🇺🇸パウエルFRB議長、発言:★★★(10:15)
 🇨🇳2月Caixin製造業購買担当者景気指数:★★★(10:45)
 🇩🇪1月小売売上高:★★★(16:00)
 🇫🇷2月製造業購買担当者景気指数・改定値:★★★(17:50)
 🇩🇪2月製造業購買担当者景気指数・改定値:★★★(17:55)
 🇩🇪2月失業者数:★★★(17:55)
 🇩🇪2月失業率:★★★(17:55)
 🇪🇺2月製造業購買担当者景気指数・改定値:★★★(18:00)
 🇬🇧2月製造業購買担当者景気指数:★★★(18:30)
 🇪🇺1月失業率:★★★(19:00)
 🇪🇺2月消費者物価指数・速報値:★★★★(19:00)
 🇺🇸1月個人所得:★★★(22:30)
 🇺🇸12月個人消費支出:★★★(22:30)
 🇺🇸12月PCEコア・デフレーター:★★★★(22:30)
 🇺🇸2月製造業恋倍担当者景気指数・改定値:★★★(23:45)
 🇺🇸2月ISM製造業景況指数:★★★★(24:00)
 🇺🇸2月ミシガン大学消費者態度指数・確報値:★★★(24:00)

■今週のテーマ・値動き材料
 🇺🇸🇨🇳米中貿易摩擦・対立問題(要警戒
  🛢️原油を中心にしたコモディティ相場
  🇺🇸米長期金利の動向(要注目)
 🇪🇺🇬🇧ブレグジット交渉&英国議会の動向(要警戒
はい、ご覧のように今週は見事な指標ラッシュとなっています。それもそのはず、シャットダウン中に延期されていた米国の政府系指標がようやく発表されるからですね(p`・ω・´q)マッテタ!

景気の先行指標とされる住宅関連指標もありますし、GDP・速報値、PCEコア・デフレータ(個人消費支出から食品とエネルギーを除いたコア指数)も発表されますので、この辺の数字によって相場が動いていくことになるでしょう。

まぁ今の市場の状態だと、仮に悪くてもシャットダウンの影響と割り切って伸びていきそうな感じもありますけどね。事前予想値から大きな乖離がなければ、割り引きでさほどネガティブにならない可能性は十分かと・・・ksg(`ω´#)クソッ

また、26日と27日に上下両院で半期に一度の議会証言が予定されています。パウエルFRB議長登場ですね!発表原稿は両院とも同じ(質疑応答は議員によって異なる)なので、基本的には先に開催される上院での発言内容が最も注目されます。

特に今回はFRB(米連邦準備制度理事会)が一気に緩和スタンス(利上げ&バランスシート縮小)に舵を切ったことについての質問があるでしょう。将来的な景気の見通しや金融政策の方向性によって為替相場が大きく動かされますから、最大限警戒しておきましょう┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ

それから、米中通商交渉については、3月1日の関税引き上げ期限を延長して交渉を継続する見通し。中国が多少折れる格好で米国製品の輸入増というのは既定路線です。問題の長期化といったネガティブな視点もあるわけですが、まずは市場は素直に好感しそうです。

もちろん、交渉決裂・関税引き上げなら、相当期待感先行で織り込んでいただけに、真っ逆さまのショック相場待った無し。まぁこれは望み薄ですが(ヾノ・ω・`)ナイカナ…

あとはブレグジットですね。27日に行われる議会採決では、ブレグジット法案に対する追加修正案の採決が行われる予定です。繰り返している通り、メイ首相・政府の行動に制限をかけるクーパー案が可決されれば、いよいよ合意なき離脱の可能性は相当低下します。

クーパー案の内容としては、メイ首相が3月13日までにEUとの合意を得られなければ、政府は合意なき離脱か交渉期限の延長を選択。ただし、合意なき離脱を選択した場合、議会の採決で賛成が過半数を下回れば強制的に交渉期限を延長することになるというものです( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

合意なき離脱はなんとでも避けるというのが超党派の動向なので、実際にこの修正案が可決されれば、ポンドやユーロにとってはポジティブな値動きとなりそうです。

伸び切れないドル円!買い戻される欧州通貨が上値を抑制するか

ドル円も含めてクロス円は触る気がしないですね。まぁ3月に米中首脳会談が調整との報道がありますから、米中貿易交渉進展で株は上値トライするんでしょうね。そうすると、リスクオン(選好)の株高からの円売りでクロス円全般は底堅いのでしょう\(^o^)/人生オワタ

それでも、ドル円に関してはブレグジットが一段落としそうという期待から、ポンド買い戻しで相対的にドル安となって上値を抑えており、イマイチ伸び切れずですね。ドル円の動向を占う上でもブレグジットの動向が明暗を分けそうですから、ドル円だから安心と思わずに確認しておく必要があるでしょう|ω'*)ジー

まぁ目先のドル円は結論待ちでレンジでしょうから、狭いレンジと割り切ったワタナベトレードが有効だとは思います。抜けたら手仕舞いで良いですからね。

関連記事:
【ワタナベ予報】黒田日銀総裁の追加緩和発言で昇竜拳!世界同時緩和へ…【2月19日のドル円】

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円はもちろんのこと、他のクロス円についてもそうですが、株もこれだけ強いですから、短期的には押し目狙いというトレードが自然ではあるでしょう。とはいえ、ドル円の値動きそのものが先週は50銭と非常に狭かったので、利食いを小まめに入れながらですね。

ほんと値動きは狭いですが、一応下値は切り上げています。上値に関しては、111円に乗せきれてないことも踏まえ、111.00円から89日移動平均線(111.335円)や200日移動平均線(111.310円)にかけては相当重そうです。逆に抜けると一段と上昇トレンドが意識されるでしょう。

下値に関しては、21日移動平均線(110.113円)が競り上がってきており、上昇一服という認識には最低でもここを割り込んで110.00円の大台の節目を割り込む必要があります。流石に109.80円レベルを割り込んで来れば下げやすいでしょうが、現状110円台半ばからは相当堅いので望み薄ではあります。

まぁとにかく、目先は110.50〜111.00円のコアレンジを意識して、レンジ下限に近ければ買い・上限に近ければ売り、で10〜20銭ぐらいをチマチマ抜いていくしかないのでしょう。抜ければ一旦撤退して様子見or軽く追っかけるのもアリ。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは明確に売りたい。ただ、今週はブレグジットが山場を迎えますし、クーパー案可決ならポンド高の連れ高で上値ブレイクの可能性もあるので、トレードするなら、その辺も考慮したいところでしょう。

引き続き、21日移動平均線(1.13588ドル)や89日移動平均線(1.13762ドル)が上値を抑える格好ですから、戻り売り・ショートで臨むにしても、ここをブレイクして1.14ドル台に乗せるなら損切りでしょう。

まぁ具体的には1.13ドル半ばぐらいまで反発してくれば、軽く叩いて89日線あたりで追加、1.141ドルぐらいで損切り撤退って感じでしょうか。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドドルは勇気を出して押し目買い!クーパー案、可決されますよね。。。最悪、合意なき離脱でも1.20〜1.25ドルというファンドマネージャーの言葉を信じるのであれば、何度も何度も繰り返しているように1.27〜1.28ドルは全然買い場!事実、これまでその通りの値動きですからね。

ポンドはどうしてもオーバーシュート気味の値動きをしてくるので難しいですが、短期的には1.30ドル台前半に落ちてくるなら、軽く買ってみると・・・。

短期だと捕まった場合はどこで切るかが悩ましいですが、200日移動平均線(1.29948ドル)や21日移動平均線(1.29904ドル)を割り込むと少し下げ足を速める可能性があるので、一旦損切りでしょうね。

あとは大きく下がれば勇気を出して軽く買っていくと。最悪、1.250ドルの大台割れで切るつもりで、ゆきママはちょこちょこ買っていくと思います。まぁその辺はツイッターの方でもリアルタイムでお伝えしていきますので、どうぞよろしくお願いします。


とりあえず、ポンドルだけ狙ってまったり見ていこうかなーという感じです。ユーロドルはポンドの底堅さが邪魔なので少し保留。こんな感じで今週も1週間お互いがんばるぞい!

それから、ポンドは暴騰・暴落で逆指値注文(損切り)が思いっきり滑って思わぬ損失を被ることがありますので、トレードする際はIG証券のノースリッページ注文を使うことをオススメしていますので、ぜひご検討ください(・ω・`〃)乙コレハセンデンナンダカラネ!

関連記事:
【ドル円0.3銭】IG証券のノースリッページ注文ならレートがぶっ壊れても安心!【ブレグジット】

ゆきママもこれまでポンドのトレードには否定的でしたが、絶対に滑らないノースリッページ注文でリスクコントロールをしっかりできるので徐々にトレードするようになっています。

絶対に滑らない注文がここにはある!ポンドのトレードにオススメ(`・ω・´)

激しく急騰・急落するポンドは約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、140円割れ、139.90円に逆指値として損切りを設定していたとしても、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということが頻繁にあります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります。

なので、基本的にはポンドをトレードするのはオススメできないのですが、IG証券のノースリッページ注文を使えば、こういったスリッページを完全に回避することができますので、ぜひぜひポンドをトレードしようと考えている方は活用していただければ!

信頼できるFX会社の追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできますので、ぜひ検討していただければと思います。

ノースリッページ注文がオススメな人

とにかくリスクを避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
このように相場の急変は当然として、窓開けに対応していることから、リスクを避けたい人に向いているのは言わずもがなです。また、実は急変時に大勝負を仕掛けていきたいという場合にも、滑らないことが確定しているので安心してトレードすることができるでしょう(`・-・´)/デキル!

つまり、リスクを避けたい初心者の方にも、リスクを取ってトレードしていきたい上級者の方にもオススメなんですね。

しかも、驚くべきことに週明けの窓開けにも対応しています。これは土日に市場が開いていないため、週末にイベントが控えている場合はポジションを持ち越さないようにするという常識を覆すことになります(ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ!!!
これがいわゆる窓開けという現象を示すチャートとなります。週末の終値のレートと、週明けの始値のレートが乖離することで、予期せぬ損失を被ってしまうというものです。

この場合、レートが飛んでいることになるため、通常のストップ注文であれば週明けのレートで約定してしまい、想定とはかけ離れた大損失が計上されることがあります。まさにガード不可といった感じで、週末にマーケットがクローズドしている時に大きな材料が出た場合などにこういった事象が発生します_(꒪꒪」∠)_シヌシヌ…

例えば、週末に111.00円で引けて、逆指値・損切りとして110.50円に注文を入れていても、週明けに110.00円で始まれば逆指値が110.00円で約定してしまいます。これはもう滑る滑らない以前の問題ですが、こういった窓開けという現象で事故ってしまうこともあるため、基本的には週末にはポジションを決済して持ち越さないトレーダーも多いです。

ところが、ノースリッページ注文を設定しておけば、仮に窓開けが発生しても週明けの取引開始時点で必ず指定したレートで約定するため、週末リスクを避けられることになりますから、万が一ポジションを持ち越してしまったとしても安心なんですね(ノ)*´꒳`*(ヾ)ムニムニ

ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!


※トップ画像(Pixelbliss/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【9月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】最大103,000円キャッシュバック(口座開設月から翌々月末まで(2021年2月1日(月)午前7時00分より開始))

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

FXプライム byGMO】最大508,000円キャッシュバック
FXプライム byGMO

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
YKMMホールディングス投資顧問アライさん
ゆきママの転生体。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK