左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【離脱延期】レームダック化を避けたメイ英首相の真意・今後の問題点とは?【ポンド高】

【離脱延期】レームダック化を避けたメイ英首相の真意・今後の問題点とは?【ポンド高】
ゆっきママ!ゆっきママ!!!ポンドドルのロングで10万円近い大勝利でした。エントリーはもちろん、決済のタイミング、レートも含めて完全公開しているのはゆきママだけ(`・∀・´)ノヨロシクドヤ! ここ1カ月ぐらいは負けてないような!なお、ドル円(ry

+36,000円!ポンドドルの完全先出しトレード(2月27日分)(外部サイト:togetter)

昨日今日とポンド高が加速していて、スピード違反の上昇となっています。まぁ基本的に合意なき離脱がなくなった、との見方でポンドの買い戻しが進んでいるといったところ。

とはいえ、本当に合意なき離脱の可能性がゼロになったのかといえば、なかなか微妙なところもありますし、ツイートした通り、逆に解散総選挙や2度目の国民投票といった可能性は僅かですが、高まっているといえば高まっているので、念のため警戒しておかなければならない面も(´・ω・`)ヘー

というわけで、ブレグジットに関する昨日から今日の流れを含めて詳しく解説していきますので、どうぞよろしくお願いします。


レームダック化を避けたメイ首相!この執念、離脱を諦めていないか…

メイ首相が発表した3月末の交渉期限の延長については、ほとんどクーパー案の丸パクりといっても良い内容でした(`o´)コラ!

交渉期限延長に関するクーパー案とメイ首相案

■クーパー案
・3月13日までにブレグジット協定案を議会で可決できなかった場合、政府は「合意なき離脱」か「交渉期限の延長」を選択する
・合意なき離脱を政府が選択した場合、動議を提出しなければならない
・過半数の賛成が得られなかった場合、強制的に交渉期限の延長を決定する

■メイ首相案
・3月13日までにブレグジット協定案が可決されなかった場合、英議会に合意なき離脱の是非を問う動議を提出する
・合意なき離脱が否決された場合、交渉期限の延期を要請するか否かの動議を提出する
・可決されればEUに交渉期限の延長を申し込む
こんな感じで、ほぼほぼクーパー案と同じ内容ですね。英議会が決定権を持つことになるため、基本的には、まずは交渉期限の延長という見方になってポンドが買われています。

まぁメイ首相の案だと、万が一、どっちも否決された場合は合意なき離脱になるんでしょうかね?流石に、議員もどっちかを選ぶでしょうから、そういったことはまず起こり得ないでしょうけどw

で、このクーパー案の丸パクリを発表した背景には、1つは閣僚の大半が合意なき離脱をするぐらいなら職を辞すとして、メイ首相にプレッシャーをかけていたことが挙げられます。下手をすれば内閣の空中分解を招きますから、まずはそれを避けたということ|)彡 サッ

そして、もう1つは自身を含めた政権のレームダック化(死に体)を避けたということがあるでしょう。政権サイドが反対する中でクーパー案が可決されてしまうと、いよいよ英議会が決定権を持ち、なおかつ政権サイドが少数派であるということになってしまいます。

議会内での影響力・離脱へ向けてのリーダーシップの低下を避けるために、自ら離脱を提案し、受け入れたのだという形にしたのでしょう(´・д・`)チッ…シカタネェ!

で、ここまでして影響力をギリギリ保ったからには、やはりメイ首相はブレグジットに対する執念のようなものがあると思うんですよね。やる気がなかったら、議会に任せて離脱しないなら離脱しないで良いわけですから。

わざわざ交渉期限の延長を切り出したからには、最後の最後まで諦めずに離脱の道を模索していくということに他ならないのかなと。そう考えると、まだまだブレグジット劇場は終わらんぜよ(´◉◞౪◟◉)ギラン!

目先の合意なき離脱は回避されそうですが、顕在化する2つのリスクが…

昨夜の修正案採決では新・クーパー案(3月14日までに交渉期限延長の採決を行うことを保証するという案)が可決され、3月14日に交渉期間延長の採決が行われることが確定しました。

したがって、3月13日に合意なき離脱の是非を問う採決、その翌日に交渉期限延長の是非を問う採決、ということですね( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

で、今後の問題としては、交渉期限がどれぐらい延長されるのかということでしょう。政権サイドは最短の2カ月ぐらいを提案することになりそうですが、余りにも短いですからね。EUサイドからは面倒だから、いっそ2021年まで延期しようという声もあるようです。

まぁ2カ月ぐらいだと流石に短すぎて怖いのでネガティブになりそうですが、半年、1年という話なら、まずまず好感されそうではあります。ただし、いずれにせよ交渉期限の延長は今回の1回のみというのが、メイ政権、そしてEUの共通認識ですから、交渉期限を延長しても決まらなかった場合、合意なき離脱に陥る可能性は十分ある、という点にご注意をΣ(´ω`;)オワッテナイノヨ…

すでにフランスのマクロン大統領は、イギリスに必要なのは時間ではなく決断として強硬な態度を崩していませんから、2度目の延期のハードルは相当に高いものと思われます。

というわけで、3月29日の合意なき離脱が回避されただけで、期限延長後の離脱期限が迫れば、再び合意なき離脱に陥ってしまうパターンがあり得るということは覚えておきましょう\(`・ω・´+)コレダイジ!

そして、もう1つの問題はメイ首相率いる保守党内部での分裂問題です。昨日の新・クーパー案の採決時も保守党の離脱強硬派は棄権するなど、ゴタゴタしています。俺たちは、とにかく離脱したいのに期限の延長とか何を考えているんだという意見ですね。

強硬派が離反するという話になれば、いよいよ解散総選挙といった泥沼モードになってしまう可能性もあるため、念の為警戒しておきましょう(。-`ω-)ウム!

もっとも最大野党の労働党も最近は分裂気味なので、なかなか打開策を打ち出せずにいますが、メイ首相憎しで抵抗勢力がまとまってしまうといったパターンもあり得ますからね。

絶対に売ってはいけないポンド!短期的にはロング・押し目買いを継続

まぁちょっと買われ過ぎなので、どこかで調整があるかもしれませんが、短期的には調整したとしてもせいぜい1.30ドルぐらいが関の山ではと。そう考えると短期的には買い買いでついていくしかないでしょう。

3月13日の合意なき離脱を問う採決などが近づけば利食いの動きも出てくるでしょうが、とにかく今は軽く買いつつ、下がれば押し目押し目でついていくしかないでしょう。

ポンド円(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンド円は150円まで見てても良いって言いましたよねええええええええ!!!まぁダウがクラッシュしない限りは円相場も底堅いでしょうから、ひたすら買いでついていくと。

関連記事:
【トレード戦略】ポンドドルの押し目・ロング!短期と待ちの二段構えで…【ブレグジット】

流石に200日移動平均線(144.634円)を割れると嫌な雰囲気が漂ってきますが、目先は完全に150.00円の大台の節目を試す流れ。この手前ぐらいまでは上値を見込んで、伸び悩めば利食いといった程度。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドドルも完全に上に放たれています。1.33ドルラインといった節目を次々と攻略し、あらかたストップ(損切り注文)は狩り尽くした感がありますね。

ブレグジットに関しては、短期的にはこれ以上は材料が出ないでしょう。EUサイドが延長を承認しないといった声も聞かれるかもしれませんので、そういった報道があれば押し下げられることになります。もっとも、1回に限っていえば、まずは延長という方向性ですけどね。

なので、そういった報道が出たとしても基本的には押し目の認識。200日移動平均線(1.29933ドル)のある1.30ドルの大台の節目割れを損切りラインにして、コツコツ買ってく感じですかね。

また、ここ2〜3日の傾向としては、東京市場では下押しして、欧州時間(16:00〜)からジワジワと買われて、ロンドンフィキシング(25:00)に向けてギューンと上昇という流れになっているので、まぁそんな感じですw

あまりどうこうというのはないですね。30〜50pips下がる毎にコツコツ買い上げていくしかないのかなと思います。目先の目標は、とりあえず1.35ドルの大台節目でしょう。


こんな感じです。軽く買いつつ、ポンドは下がれば押し目押し目でついていくしかないのかなといったところで!ただし、合意なき離脱が完全になくなったのかといえばそうではないという点も頭の片隅に置きながら、今後の展開を見ておきましょう|ω'*)ジー

ちな、ポンドは暴騰・暴落で逆指値注文(損切り)が思いっきり滑って思わぬ損失を被ることがありますので、トレードする際はIG証券のノースリッページ注文を使うことをオススメしていますので、ぜひご検討ください(・ω・`〃)乙コレハセンデンナンダカラネ!

関連記事:
【ドル円0.3銭】IG証券のノースリッページ注文ならレートがぶっ壊れても安心!【ブレグジット】

ゆきママもこれまでポンドのトレードには否定的でしたが、絶対に滑らないノースリッページ注文でリスクコントロールをしっかりできるので徐々にトレードするようになっています。

絶対に滑らない注文がここにはある!ポンドのトレードにオススメ(`・ω・´)

激しく急騰・急落するポンドは約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、140円割れ、139.90円に逆指値として損切りを設定していたとしても、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということが頻繁にあります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります。

なので、基本的にはポンドをトレードするのはオススメできないのですが、IG証券のノースリッページ注文を使えば、こういったスリッページを完全に回避することができますので、ぜひぜひポンドをトレードしようと考えている方は活用していただければ!

信頼できるFX会社の追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできますので、ぜひ検討していただければと思います。

ノースリッページ注文がオススメな人

とにかくリスクを避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
このように相場の急変は当然として、窓開けに対応していることから、リスクを避けたい人に向いているのは言わずもがなです。また、実は急変時に大勝負を仕掛けていきたいという場合にも、滑らないことが確定しているので安心してトレードすることができるでしょう(`・-・´)/デキル!

つまり、リスクを避けたい初心者の方にも、リスクを取ってトレードしていきたい上級者の方にもオススメなんですね。

しかも、驚くべきことに週明けの窓開けにも対応しています。これは土日に市場が開いていないため、週末にイベントが控えている場合はポジションを持ち越さないようにするという常識を覆すことになります(ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ!!!
これがいわゆる窓開けという現象を示すチャートとなります。週末の終値のレートと、週明けの始値のレートが乖離することで、予期せぬ損失を被ってしまうというものです。

この場合、レートが飛んでいることになるため、通常のストップ注文であれば週明けのレートで約定してしまい、想定とはかけ離れた大損失が計上されることがあります。まさにガード不可といった感じで、週末にマーケットがクローズドしている時に大きな材料が出た場合などにこういった事象が発生します_(꒪꒪」∠)_シヌシヌ…

例えば、週末に111.00円で引けて、逆指値・損切りとして110.50円に注文を入れていても、週明けに110.00円で始まれば逆指値が110.00円で約定してしまいます。これはもう滑る滑らない以前の問題ですが、こういった窓開けという現象で事故ってしまうこともあるため、基本的には週末にはポジションを決済して持ち越さないトレーダーも多いです。

ところが、ノースリッページ注文を設定しておけば、仮に窓開けが発生しても週明けの取引開始時点で必ず指定したレートで約定するため、週末リスクを避けられることになりますから、万が一ポジションを持ち越してしまったとしても安心なんですね(ノ)*´꒳`*(ヾ)ムニムニ

ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!


※トップ画像(Ivan Marc/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【9月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】最大103,000円キャッシュバック(口座開設月から翌々月末まで(2021年2月1日(月)午前7時00分より開始))

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

FXプライム byGMO】最大508,000円キャッシュバック
FXプライム byGMO

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
YKMMホールディングス投資顧問アライさん
ゆきママの転生体。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK