左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【悲報】ポンド、逝く…コックス英法務長官「法的拘束力なんてなかったょ…」【ブレグジット】

【悲報】ポンド、逝く…コックス英法務長官「法的拘束力なんてなかったょ…」【ブレグジット】
ショック、、、こんなんだとは知らなかったょ・・・というわけで、コックス英法務長官が「法的なリスクがこれまでと変わらず残り続ける」としたことで、一気にポンドが売られています/(^o^)\ナンテコッタイ

この法的なリスクがなんなのかというと、要するにバックストップ案(安全策)が発動された時のリスクですね。以前に何度か書いてきましたが、イギリスの北アイルランドとアイルランドの間の国境問題がずっと尾を引いています。

バックストップ案(安全策)というのは、2020年末までにアイルランドと北アイルランドの国境問題が解決しなかった場合に発動され、イギリス本土を含めた全体がEUに隷属するという内容です ⊂(|||×д×)⊃~*アカン…

関連記事:
【完全版】ブレグジット(英国EU離脱問題)総まとめ!2019年のポンド&FTSE100展望解説【Brexit】

英国は一貫して、これを次元措置として明記するように求めてきました。一定期間が過ぎたら、イギリスの判断で破棄してEUをきちんと離脱できるようにしてくれと。

しかしながら、EU(主にアイルランド)がこれを拒否してきました。やはり、バックストップ案が時限措置となると、最悪、北アイルランドと分断されることになりますから、受け入れられなかったのでしょう(乂∀・)┌┛)`д) ;∴コトワルキック!!

ででで、昨日から今日にかけてメイ英首相とユンケルEC委員長が会談を行い、「法的拘束力のある変更をした」「バックストップ案は恒久的でないことを確認した」といった発表をしましたが、これをコックス法務長官が否定したということです。

コックス法務長官は「少なくとも基本的な状況は同じままであり、バックストップ案を終了する国際法的に合法的な手段は見られない」としています。まぁそれでも一応、覚書みたいなものを交わしたわけですから、リスクが若干下がったとはしているんですけどね・・・でも、法律的にはリスクは変わらないんじゃと(´・ω・`))´-ω-`))ウン

この後、21:30から改めてコックス長官が記者会見をするとのことで、そこでの見解によってポンドは大きく動いていくことになるでしょう。

とはいえ、基本的には今日の採決でブレグジット協定案の修正案が可決される可能性は大きく下がったように思います(ヾノ・ω・`)ムリムリ

まぁメイ英首相率いる与党・保守党に閣外協力しているDUP(民主統一党)が、協定案の修正を精査する時間がないとゴネ始めており、延期もといった話も出始めていますからね。

なので、もしかすると延期もあるかもしれません。今日のブログにも書いた通り、ここで可決できなければ合意なき離脱の可能性はかなり高くなることになりますからね。DUPの要求通り、少し時間を空けて・・・というシナリオは考えられなくはありません。

まぁポンドに関しては、結果が出てからで十分。とりあえず、今回は底がどこかを確認するイベントになったような気がしますw 一気に相当買いにくい流れになりましたので、まずはそのつもりで!


大体こんな感じで!いずれにせよ、今日は瞬発力が試されます。英議会の審議状況によっても大きな値動きとなります。安易にポジションを持つと死んでしまいますから、自信がなければノーポジ。ポジションを持つなら、損切りだけはしっかり決めて臨むようにしましょう。

まぁこんな時、絶対に滑らないノースリッページ注文のあるIG証券は便利なんですよね。ポンド円なんかはおそらく滑りまくって、損切りも50〜100pips平気でずれる場合がありますからね!

絶対に滑らない、仮に相場がワープしたとしても注文したレートピタリで約定してくれるのが強みとなっています。ゆきママもポンドトレードの多くはIG証券を使っています(ねっとり)。

関連記事:
【窓開け対応】IG証券のノースリッページ注文ならレートがぶっ壊れても安心!【ブレグジット】

ゆきママもこれまでポンドのトレードには否定的でしたが、絶対に滑らないノースリッページ注文でリスクコントロールをしっかりできるので徐々にトレードするようになっています。

絶対に滑らない注文がここにはある!窓開けにも対応で安心です

激しく急騰・急落するポンドは約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、140円割れ、139.90円に逆指値として損切りを設定していたとしても、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということが頻繁にあります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります。

なので、基本的にはポンドをトレードするのはオススメできないのですが、IG証券のノースリッページ注文を使えば、こういったスリッページを完全に回避することができますので、ぜひぜひポンドをトレードしようと考えている方は活用していただければ!

信頼できるFX会社の追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできますので、ぜひ検討していただければと思います。

ノースリッページ注文がオススメな人

とにかくリスクを避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
このように相場の急変は当然として、窓開けに対応していることから、リスクを避けたい人に向いているのは言わずもがなです。また、実は急変時に大勝負を仕掛けていきたいという場合にも、滑らないことが確定しているので安心してトレードすることができるでしょう(`・-・´)/デキル!

つまり、リスクを避けたい初心者の方にも、リスクを取ってトレードしていきたい上級者の方にもオススメなんですね。

しかも、驚くべきことに週明けの窓開けにも対応しています。これは土日に市場が開いていないため、週末にイベントが控えている場合はポジションを持ち越さないようにするという常識を覆すことになります(ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ!!!
これがいわゆる窓開けという現象を示すチャートとなります。週末の終値のレートと、週明けの始値のレートが乖離することで、予期せぬ損失を被ってしまうというものです。

この場合、レートが飛んでいることになるため、通常のストップ注文であれば週明けのレートで約定してしまい、想定とはかけ離れた大損失が計上されることがあります。まさにガード不可といった感じで、週末にマーケットがクローズドしている時に大きな材料が出た場合などにこういった事象が発生します_(꒪꒪」∠)_シヌシヌ…

例えば、週末に111.00円で引けて、逆指値・損切りとして110.50円に注文を入れていても、週明けに110.00円で始まれば逆指値が110.00円で約定してしまいます。これはもう滑る滑らない以前の問題ですが、こういった窓開けという現象で事故ってしまうこともあるため、基本的には週末にはポジションを決済して持ち越さないトレーダーも多いです。

ところが、ノースリッページ注文を設定しておけば、仮に窓開けが発生しても週明けの取引開始時点で必ず指定したレートで約定するため、週末リスクを避けられることになりますから、万が一ポジションを持ち越してしまったとしても安心なんですね(ノ)*´꒳`*(ヾ)ムニムニ

ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!


※トップ画像(Delpixel/Shutterstock.com)

(奉´∀`祝) ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【令和元年5月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

About The Author

ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK