左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【有事のドル買い】イランのタンカー攻撃や香港デモでリスクオフ!G20で大逆転も…【6月14日の展望解説】

【有事のドル買い】イランのタンカー攻撃や香港デモでリスクオフ!G20で大逆転も…【6月14日の展望解説】
リスクオフ(回避)で円高気味の流れですが、同時に有事の米ドル買いで小じっかりしているのがドル円です。逆に、新興国通貨、特にオセアニア通貨は大幅に売られていますq(゚д゚ )↓sage↓

リスクオフの背景には、米国がイランに責任があると非難したタンカー攻撃による中東情勢への懸念や、香港デモによるチャイナリスク意識があります。一巡すれば落ち着くような気もしますが、流れが流れだけに読みにくいのが現実です。

ちなみに、なぜ米国とイランがモメているかといえば、以下の記事が参考になると思います。オバマ大統領はシェール・オイルで米国が世界一の産油国となったことから、中東への関与を止める方針でしたが、トランプ大統領はイスラエルやサウジアラビアの要請に応えて、再度介入を強めています↓

【イラン】緊迫化する中東情勢!原油相場への影響は?今なにが起こっているのか徹底解説【5月17日のトレード戦略】

陰謀論はあまり好きではないですが、イランをがんじがらめに縛ってプレッシャーをかけ、新たな秩序を構築しようとするイスラエルなどが裏で手を引いていることは明らかかと思います(´・ω・`))´-ω-`))ウン

6月14日の重要イベント&経済指標

21:30🇺🇸5月小売売上高⭐️⭐️
21:55🇬🇧カーニーBOE総裁、講演
22:15🇺🇸5月鉱工業生産指数
22:15🇺🇸5月設備稼働率
23:00🇺🇸6月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値
23:00🇺🇸4月企業在庫
今日の経済指標については、こんな感じですね。米5月小売売上高が注目されます。悪ければドル円はやや押し下げられるでしょう。もっとも、消費者物価指数の弱めな数字には耐えましたから、下値は限定的かもしれません。

それでは、ここまでの相場を振り返り、今後のシナリオ展望など、その辺を踏まえて詳しく解説していきたいと思います(`・ω・´+)キリッ


リスクオフでも小高い株価!チグハグな相場をどう捉えるかがポイントか

タンカー攻撃はイランの責任と米国が煽り、中東情勢の悪化が意識されて原油価格が急伸、その流れからエネルギー関連株が中心に買われてダウは小じっかりとした値動きになりました。

一方で、前日の米5月消費者物価指数が下振れたことによる利下げ期待や、リスクオフの流れから米国債は買われて金利は低下するという、ややチグハグな展開。為替はご存知のように円高&ドル高でしたδ(・ω・`)ウーン…

当然ですが、大口の機関投資家は既に米国株のポジションを落として一旦撤退の流れです。次の動きを見極めて乗れば良いと考えているのでしょう。

したがって、25,000〜26,000ドルの株価水準を維持したままリスクが一巡する、あるいはポジティブな材料が出てくれば、今の高水準でも買いに買いが入って史上最高値を更新していくパターンは十分あり得るでしょう\_( ゚ロ゚)ハィコレダイジ!!

そして、この流れを作る可能性が目先で最も大きいのは、G20の米中首脳会談ということになります。大統領選挙を優位に進めるため、表面上の合意で関税引き上げを先送りにする、そんなシナリオも考えられなくはありません。

現状で首脳会談に言及しているのは米国サイドだけですし、実務レベルでの協議が行われている兆しもないので、実質的に合意することはほぼ100%ないと言っても良いですが、電撃合意を装う可能性はまだまだありそうなので、その点は意識しておきたいところでしょう。

市場が織り込んでいない材料が突然出た時、相場は大きく動きます。ゆきママは何度も何度も何度も何度も繰り返し煮え湯を飲まされてきました。だからこそ、ほとんどあり得ないと思うシナリオにも目を向けています|ω'*)ジー

来週のFOMC、月末のG20までは円安にも警戒を!でもその後は円高か…

最終的な円高、という流れには異論はありません。繰り返しているようにユーロやポンドが買えず、さらにドルが買えないという状況になれば、自ずと買うものは円以外にないですからね。消費増税の引き上げもするようですし、既定路線なのかなと思います。

しかも、年初からのドル買いポジションは高水準のままです。今回の有事のドル買いで、また買い戻しが進みましたから、この買いポジションが解消されることになると、ドル売りの流れは相当強めに出ることになるでしょう(。_。(゚ω゚ )ウンウン

今は株高が支える格好なので、いつそうなるかという予想は非常に難しいですが、利下げ期待・パウエルプットが後退して株価が維持できなくなれば、円高の動きと合わさってドル安が加速することになるでしょう。

もっとも、繰り返しになりますが、来週のFOMC(米連邦公開市場委員会)や月末のG20までは、戻しも意識してトレードするのが無難かと思います。

ドル円:ドル円はレンジ相場、株価が支える現状は押し目買いもありですが…

ドル円に関しては、ちょっと悩ましいですね。上下どちらもありそうなので、今は様子を見たい。今日は米小売売上高の発表もありますから、なおさら様子見がベターかと思います。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

今週の序盤から中盤にかけては押し目買いで十分稼げましたが、その後は悩ましい値動きを続けています。107.80円割れに損切りを置いて、108.10〜108.20円で軽く買って108.40〜108.50円を目標に利食いする、そんな程度でしょうか。

戻しを待って売ることも考えたいですが、週末ということで無理をする必要はないように思います。

ユーロドル:引き続き材料次第、ドル高気味の動きで下げてはいますが…

長い目で見ればユーロそのものは買えないですが、かと言ってドルが買えるかといえばクエスチョン。ただ、今週に関しては、ロシア産原油をパイプラインで輸送する計画を理由に、トランプがドイツに対して制裁措置を検討とのことで、ユーロの上値は重くなりました。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロ円よりは、ユーロドルをロングした方が良いとは思いますけどね。雲入りしてトレンド転換の兆しもありますが、>89日移動平均線(1.12546ドル)や21日移動平均線(1.12187ドル)がサポートとなるでしょう。特に1.120〜1.123ドルは強めのサポート帯となりそうです。

ECBの利下げすんのかい・せんのかい問題がグレー状態のままなら、まずは急落リスクが低そうですから、もしユーロを買いたいのであれば、89日線21日線を意識してユーロドルの押し目を狙った方が良いでしょう。損切りは1.120ドル割れ、1.119ドルなどに置いておきましょう。

ユーロ円:今週は思い切ってユーロ円のショートが正解だった…

思い切って売れれば良かったんですけどね。123円後半ぐらいまで戻せば売りやすかったのですが、なかなかそこまで戻りませんでした。

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロを売るならユーロ円、というのは間違い無いでしょう。もっとも、現状なら戻りを待ちたいところ。まぁここからなら、下げても121円台半ばぐらいがせいぜいか。

まずは様子を見ながら、123円台に頭を出してくる場面があれば、慎重に、軽めに売っていくという感じのトレードを想定しています。

豪ドル円:悪材料が重なり過ぎか?流石に売られ過ぎ感もあるので…

上値の重さも気になるんですけどね。週明けの良い環境で伸ばせないのが、今の豪ドル円ということを踏まえると、上値余地は小さいように思います。それでも、G20での大逆転が無いわけでは無いですからね。

今週は中国の輸入減少、低迷懸念が意識されたこと、さらには豪5月雇用統計で失業率が悪化したことが大きいですね。雇用者は上振れましたが、その大半がパートタイマーということで実質的に雇用が悪化という見方から、少なくともRBA(豪準備銀行)もう1回の予防的利下げを行うという織り込みが進みました。

タンカー攻撃も含めて、流石に悪材料が重なり過ぎかな〜と。一巡すれば、一旦戻す可能性は高いかなと。それでも、75円台半ばからは上が重そうですが。G20大逆転で77円シナリオも一応はあるかなぁと。

豪ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

一旦、セリングクライマックス・・・という気がしなくも無いです。まぁ株価も支えてますからね。これで株価がクラッシュしたら地獄なんですけど、74.00円割れぐらいに損切りを置いて、ギャンブルする価値はあるかなと。。。

もっとも、豪ドル円のトレードを推奨しているわけではありません!豪ドル円は流動性がゼロに等しく、非常にチョッピーで難しい動きをします。トレードするなら、メジャーな通貨ペアが一番かと思います。


豪ドル円に関しては、質問が多く寄せられたのでまとめてみました。まぁやはり、イケハヤ界隈がバチクソ煽ったせいで犠牲になった初心者トレーダーが多く出ています。無限ナンピンして、死ぬまでギャンブルをさせ続ける輩に注意しましょう。

今週はなかなか体調が整わず、ブログの更新などがおざなりになってしまいましたが、来週はもっと頑張りたいと思います。皆さんの記事RT拡散や、興味があるサービスがあれば、ゆきママのブログのバナーをお使いいただけると、さらにやる気がアップします(`・ω・´)シャキーン

マイナンバー登録+1万円入金で2,000円CB!ワタナベトレードも見れる!

なんとマイナンバー登録&1万円入金で2,000円のキャッシュバックがもらえますので、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!外為どっとコムは1,000通貨対応で1万円程度の資金で十分トレードできますからね。FXを始めるなら外為どっとコムから!!!

で、引き続きワタナベビームを参考にしたトレードが成功しています。こういったワタナベポジション、ユーザーの取引状況を観れるのも外為どっとコムの特徴ですΣd(-`ω´-〃)


また、最近は読者の方から、ゆきママさんはどこから情報を得てトレードしていますか、という質問を多くいただきますが、基本的に無料の情報は外為どっとコムでゲットしています(σ・`ω・)σGET!!
上記は外為どっとコムのスマホツールの画像です。ニュースは3種類(ニュース速報、フィスコライブ、ロイター)用意されており、世界情勢の速報から為替市場の状況、さらには各エコノミストの見解などを知ることが可能となっています。また、レポートについては11種類(竹中平蔵、ワカバヤシFXアソシエイツ、井上義教、野村正道、フィスコ朝刊、フィスコ夕刊、酒匂隆雄、外為トゥディ、外為マンスリー、G.com)もありますから、これを見て市場が何に注目しているのかを確認しながらトレード戦略を立てることもできます( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪
本当にレポートが豊富なので、これから投資を始める方にとっても勉強になるでしょう。当たっているかどうかは別として、エコノミストが何に注目しているのか、それぞれのエッセンスが分かるので、ぜひ初心者の方、中級者の方にも活用していただければと思います。

関連記事:
【圧倒的情報量】FXをはじめるなら外為どっとコム!その理由とは?【評判・口コミまとめ】

口座を持っていればニュースもレポートも無料で見放題(「ロイター赤文字ニュース」「ロイターニュース」は会員様向けサービスとして、利用条件があります)ですから、ぜひ持っておきたい口座の1つと言えると思います。やはり情報を効率よく得ようと思うと、こういった為替に集約されたソースを利用するのが近道ですからね。ゆきママもこのアプリを使ってスマホからちょっと空いた時間の情報収集に活用しています!

ちなみに、今なら最大102,000円キャッシュバックも実施中!2,000円はマイナンバーを登録と1万円を入金するだけでもらえますから、この機会をお見逃しなくです↓
外為どっとコムは深キョンのCMでもお馴染みですが、1,000通貨に対応しており、1万円程度の資金からでもFXを始めることが可能となっていますので、ぜひぜひきっかけとしてお試しいただければ幸いです⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾ワーイ

▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料は無料▼
外為どっとコムでスキマ時間に情報ゲット!


※トップ画像(Everett Historical/Shutterstock.com)

(人´∀`*)[]ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【七夕7月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大104,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

About The Author

ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK