左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【国内初の死者確認】新型コロナウイルスによる押し目を利用し尽くすのが攻略の鍵【2月の株トレード戦略】

【国内初の死者確認】新型コロナウイルスによる押し目を利用し尽くすのが攻略の鍵【2月の株トレード戦略】
今朝、中国当局がコロナウイルスの集計方法を変更したと発表し、感染者数、死亡者数ともに大きく伸びたことから、アジア時間帯から株価は弱めの値動きで株安&円高の流れとなりましたね。まぁそれでも相変わらず米国株は強めでダウは下げ幅縮小スタート。でも、そろそろ上値も重いので1/3ぐらいのポジを軽く利食いして様子を見ても良いとは思います。

ちなみに、夕方には東京都内のタクシードライバーの感染確認、和歌山でも医師の感染確認、さらに横浜では国内初の死者が確認されました。これはまさに想定を超えた潜伏期間があることを示唆しており、当初考えられていたよりもはるかに長く悪影響をもたらす可能性があります\(^o^)/ニホンオワタ!

これまでは中国以外での広がりが非常に限定的だったことから、リスクは無視されてきましたが、日本でも感染拡大の兆候が出始めており、今後、欧米でも死者が出れば、一時的にリスクオフ(回避)の株安&円高の流れは出やすいようには思うんですけどね。

ただ、基本的にはそうなれば押し目のチャンスですね。何度も何度も繰り返しブログでもツイッターでもお話ししていますが、米国株を買いで攻めていくなら、押し目を逃さない、しっかり活用することが何よりも重要と言えるでしょう\_( ゚ロ゚)ハィココダイジヨ!

とにかく米株は強く、買おうと思うと常に歴史的高値圏、市場最高値水準となっていますが、ご存知のように連日高値を更新しています。

ですが、先月末から今月初めにかけて、コロナウイルス・ショックによってダウが1,000ドル以上も下落する場面があったわけです。こういった押し目をしっかり活用するのが大事なんですね。あっという間に1,000ドル回復して最高値をつけましたからね(´∀`∩ アゲ!


アライさん(@pawhara_arai)のアカウントでリアルタイムで先出しトレードを実況していますから、ぜひともフォローして活用していただければと思います。質問も募集しており、基本的には全レスしております。

というわけで、今日は改めてコロナウイルスの影響がどうなるのかを含め、米株の具体的なトレード戦略について解説していきますので、どうぞよろしくお願いします٩( 'ω' )و ヤルデ!

▼5分で口座開設可!ゆきママも使っているIG証券▼
米国株のトレードならIG証券(公式サイトへ)


パニックが伝えられるが最悪の事態は避けられる見込み?調査によると…

中国国有企業の調査なんですけどね(白目)。まぁアンケート、調査結果が歪められて伝えられている可能性はなきにしもあらずですが、中国企業の大半は需要の落ち込みは短期的で長期的には影響がないと楽観しているとのことです( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

日本では連日パニックが伝えられていますが、8割以上の会社が10日以降に営業を再開、このうち4割近くが従業員がほぼほぼ100%復帰したとのころ。うん、きっと大丈夫だ(震え声)。

回復に時間がかかりそうなのが、意外と手作業の多い自動車の生産ラインらしいです。まだ完全に機械化されていないというか、廃棄率を下げるために熟練工の技術が必要らしく、その辺の人員確保が難しくなっている模様。もしかすると自動車関連は回復に遅れが目立つかもしれませんね(´・ω・`)フーン…

というわけで、需要の落ち込みによる中国経済の下振れリスクと、工場の生産低下による世界的なサプライチェーン(製造・流通)の停滞リスクがあるわけですが、とりあえず最悪の事態は避けられる見込みであると中国国有企業の調査会社が言ってます。うん、きっと大丈(ry…

まぁ中国当局も本気の財政政策は行っていますからね。春節明けの3・4日の2日間だけで計27兆円の資金供給を行なった他、税制の優遇措置を発表、さらに政策金利を4年4ヵ月ぶりに引き下げるといった報道もあります。バチクソの金融緩和、金あまりくるで!∩(゚ー゚∩)∩(゚ー゚∩)ワッショイワッショイ!

やはり今回のコロナウイルスでキャッシュフローが危ないという企業はかなり多いとされていますから、脆性優遇や、利下げによって金融機関の貸し出し能力を高めていくことは効果があるように思います。

こういった当局の積極的な姿勢、総動員してできることは何でもやるという姿勢は相場への安心感を与え、楽観する動きが勝る今の状況にもつながっています。

また、なんだかんだ、米企業の1-3月期の決算が発表されるのは4〜5月ですからね。中国の1月、2月のコロナ後の経済指標が発表されるのは来月以降ですから、相場が先取りするとはいえ、まだ先といった流れも影響しているでしょう⊂(^ω^)⊃セフセフ!!

いつが買い?いつでも買い!下がったら買える資金を残して買い続ける

いつが買いですか?どこで買えば良いですか?という質問は非常に多いですが、米国株はいつでも買い場ですね。これも繰り返し書いていることですが、ダウなら1,000ドルぐらいの調整下落は当然あるものとして、4〜5回に分けてコツコツ買っていくしかありません。

高値で一気に買うと死ねますからね。まぁ死なないんですけど、大抵の人は含み損に怯えて損切りして、そのあとグングン上がって行き、なんだったの?という話になります。だから、今の最高値圏で全力買いしていくのは得策ではないでしょう(乂∀・)ダメヨ!

また、利食いに関しては高値更新したタイミングで、多少は利益確定していくのは良いと思います。それで安心する方も多いでしょうからね。

ただ、ここでも一気に利食いしてしまうと、そのままズンズン上がって行った時に焦ってしまうことにもなりますから、半分利食いして様子を見る、下がってみたら利食いした半分を少しずつ買い戻してみるといった感じで、とにかくエントリーも利食いも一気にやらないでコツコツやっていきましょうということで。

損切りに関しては、サポートラインをしっかり割り込んだらやる、と決めて損切りするのは良いですが、あんまり損切り幅を狭くすると、損切り貧乏になってしまいます。ごく短期でのトレードをするのも良いですが、まずは1,000ドルぐらいの下げを想定して買い続けるというのが、目先の戦略かと思いますc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

ダウ平均株価CFD(日足):TradingView

あとはコロナウイルスが引き金になるかどうかは分かりませんが、ご覧のようにダウは高値から3,000ドルぐらい下げる場面も想定されるので、その時に買えるように資金を残しておくことも重要です。

資金コントロールについては、いろいろ考え方があると思いますが、いっそのこと最初から半分ずつに分けてしまっても良いと思います。とりあえず短期的に1,000ドルぐらいの下げを想定して買うお金が半分で、あとは3,000ドルの大暴落を想定して買うお金を半分残しておく感じですねd(-ω・。)ネッ!

こうすれば、これまで繰り返されてきた大きな調整にも対応できるのかなと思います。繰り返しますが、大きく下げた時に買える余力を残しておくことが重要です。

それから、個別株に関しては、ゆきママはバンク・オブ・アメリカ(BAC)や去年からずっと持ってるオリンピック銘柄のナイキ(NKE)、動画配信を始めたディズニー(DIS)などを持っています(σ´∀`)σゲッツ!!

ちなみに、去年ガチ資産を思いっきり投資して死にかけたアップル(AAPL)は1年で2倍近くになったので一旦全部売却しました。一時は含み損を抱えまくってゲロ吐いてましたが、見事に大復活。今は下がるたびにシコシコ買い戻してはいますが、流石に300ドルが600ドルになるわけもないわけで、もう程々レベルです。

\ゆきママもトレードに使ってるIG証券/


自分の好きな個別株がなければ、ダウやS&P500、ナスダックといった指数取引をオススメしています。分散という意味でも良いですし、ダウやS&P500は企業がかなり厳選されていますから、右も左も分からない素人が選ぶよりは精度が高いように思います。

パフォーマンスはナスダックがトップですが、ボラティリティが高いのでショック相場となると大きく下げやすいので注意が必要です。どちらかというと、大きく下げた時に買いたい指数がナスダックです(ΦωΦ)フフフ…

S&P500はセクターの偏りが少なく、長期投資においてはバフェットも最適解としています。ここ最近は特定数社のハイテク株の株価が指数を引っ張っており、ここがコケると急落というパターンもあるので注意が必要でしょう。

ダウは安定の超大型株中心で安定感があります。先の見えない、リスクの感じられる相場なら個人的にはダウといった感じでやってます。

リスクヘッジに日本株ショート、あるいはVIXをロングするのもアリ!

あとはコロナウイルスへの懸念が気になるのであれば、短期的なリスクヘッジとして、日経平均をショートして両建て気味にするのもアリですね。日本株そのものが自立的に上昇する力は非常に弱く、良くても24,000円前後での持ち合いが続きやすいと考えています⊂⌒~⊃_Д_)⊃ヨコヨコ-

流石にダウが30,000ドルの大台超えて31,000ドルとか未知の領域に軽々ぶっ飛んでいくとかなら話は別ですが。まぁこの場合でも問題はないですけどね。

あくまでも米株ロングの方をたくさん持っているのがヘッジの条件なので、まずはトータルのポジション量が米株ロング>>>日経ショートというように、米株ロングのポジション量が多くなるようにしましょう。


ダウが高値を更新し続けても、日経平均は相変わらずの上値の重さですからね。まぁ日本企業は10-12月期の決算も下方修正していますし、1-3月期もコロナ直撃なので基本的に買う要素がないですからね(ヾノ・∀・`)ナイナイ

あとはカンカンのリスクオン(選好)による株高の値動きがあれば、VIX(恐怖指数)が大きく下がったタイミングで買ってみるのもアリですね。VIXはS&P500のオプション取引を元にして算出される指数で、リスクオフ(回避)時に恐怖指数の名前通り急激に上昇するという特徴があります。

VIX(日足):TradingView

馴染みが薄い方も多いので、なかなか難しいトレードになってしまうかもしれませんが、過去1年で見ても12.0〜14.0ポイントはかなり低い数字ですので、今の現在の水準から、ガクッと下方向に落ちてくる場面があれば、買っておいて株の急落に備えると良いでしょう。


まぁこんな感じですね。同じ質問が何度もあるということは、それだけ迷っている人が多いということでもありますし、今回の押し目をなかなか活用できていないということなのでしょう。記事の需要が多いということかと思いますので、改めてまとめてみました(*´∀`*)テヘ♪

相場は焦らないことも重要ですが、トレンド的に力強い値動きとなっている場合、押し目待ちに押し目なしということもありますから、まずは米株を少しは買って、下がってくればまた少しずつ買うしかないと考えています。

FXだけでなく株も株価指数も取引できるIG証券ならチャンスを逃さない!

今回のコロナウイルスなど、分かりやすいチャンスはいつ何時やってくるか分かりません!為替の値動きがそれほどでなくても、株なら、日経平均などの株価指数なら、しっかり稼げることがままありますからね。

そういう意味で株も取引できるIG証券を持っておくメリットは大きいです。しかも、ノックアウト・オプションという独自サービスのおかげで資金効率も非常に良いですからね。他社と違って少ない資金でも幅広い戦略を取ることが可能になっていますΣb( `・ω・´)

アライさん
トレードコスト的にガチ推ししてこなかったけど、ゴミクソ投資信託を買うよりは良いと思ってオススメするのだ!ノースリッページ注文やノックアウト・オプションでも使えるのでFX的な意味では元々オススメしてたのだ!!

▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
株式投資、CFDにも使えるIG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(remotevfx.com/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【春一番2月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK