左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【トレード戦略】ユーロドル急落ぅ!ブレグジットが大きな懸念材料ですが…【11月13日】

【トレード戦略】ユーロドル急落ぅ!ブレグジットが大きな懸念材料ですが…【11月13日】
ユーロドルは1.130ドルの年初来安値ラインを割り込みました。ヨーロピアンタイムに一気に売られましたね。まぁこの値動きに関しては、ブレグジットがきっかけとなっていることは間違いありません(。-`ω-)ウム!

週明けからポンドが大きく下げ、連れ安といった格好になっています。ブレグジット強硬派がメイ首相との対立姿勢を強めており、閣僚が4人辞任すると伝えられたことも大きいでしょう。

もっとも、辞任が伝えられた4人の閣僚は、まだ誰も辞任してないんですけどねw 実際に辞任すれば、さらなる押し下げ材料となりそうですが、この辺はなかなか難しいところです(。-`ω´-)ンー

で、結局のところ、モメている内容としては、これまで伝えられている通りで、北アイルランドの国境問題が中心となっています。

関連記事:
【徹底解説】英国のEU離脱は北アイルランド問題が最大の焦点に【ブレグジット】

EU側はバキバキに折れ、北アイルランドを含む英国全体をEUの非関税同盟に留めることを受け入れましたから、EUとイギリスの間で、根本的にこれ以上の妥協点はないでしょう。ほぼ満額回答なので、英国とEUの合意は可能ですヽ(=´∀`)人(´∀`=)ノヤッタゼ!

しかしながら、いつ・どのような形で英国がEUを離脱するのかということが明らかにしない限り、ブレグジット強硬派の議員は賛成してくれないわけです。なぜなら、非関税同盟に加入する限りは、ダラダラといつまでも実質EUに留まり続けることになりかねないからです。

加えて、北アイルランドの国境問題もクリアにしない限りは、北アイルランドの民主統一党が、これまた賛成はしてくれないと(乂∀・)┌┛)`д) ;∴コトワルキック!!

それでも、最大野党の労働党が賛成してくれれば余裕で過半数なわけですが、残念ながら労働党は解散総選挙を狙っていますので、ここぞとばかりにメイ首相を攻撃している真っ最中。まぁ当然、EUとの合意なんぞ、とりあえずぶっ壊しにかかりますので反対とw

こんな感じで攻略不可、完全に詰みモードに入っているため、ポンドは売られています。まぁでもこれって、先週の段階でも分かっていたよね・・・って思うんですが、ポンドが売られるようになったのは今週からというね。。。

う〜ん、ポンドに振り回される相場になると、全然読めなくなっちゃうんだよな〜というのが、ゆきママの正直な感想です(?_?)ナゼ?

ユーロドルはとりあえず売っていくしかない相場に突入q(゚д゚ )↓sage↓

ここからどうなりますかという質問は多いですが、短期的には材料次第の面もありますし、正直、ゆきママが聞きたいです(ノ∀`)アチャー この後の短期的な値動きが分かれば、まぁ控え目にいって億万長者確定ですからね。

なので、ゆきママは良く分かりません!が、1つ言えるのは、もはや売り続けるしかないってことですね。流石に年初来安値更新して、買うっていう選択肢は無理ですから(ヾノ・ω・`)ムリムリ それに、ここで軽くでも売っておかないと、置いてけぼりになって最後まで指くわえてることになりそうですしw

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

大きな陰線をつけたので、短期的には多少戻しやすい相場ではありますけどね。ただ、買える相場ではないので、やはり軽くショート(売り)で入りつつ戻り待ちといった感じでしょう。

また、戻すといっても1.130ドルの節目ラインの回復には材料が必要かなと思います。材料がなければ、なかなか攻略は厳しいでしょう。逆に1.132ドルぐらいまであっさり戻すのであれば、短期トレードなら一旦損切り検討もありでしょう。

まぁ個人的には、上がっても下がっても30〜50pips毎ぐらいに売りポジを追加、ひたすら売ろうとは思いますけどね。1.130ドルといった節目ラインの手前などでは、少し厚めにポジションを追加する感じでしょうか。

その他のトレードアイディアとしては、軽めに売ってスキャってくスタイルとか。5〜10pips抜きぐらいで。予想外に反発すれば、デイトレレベルで保有するポジションとして活用するとかでしょうか。とにかく、売るしかないので割り切れば売りでの勝負は仕掛けやすいかと。

ウィークリーレベルの反発目処としては、一段切り下げていますから、せいぜい1.14ドル半ばぐらいを想定しています。少なくとも、それぐらいまでは売れる余裕があると良いでしょう。

ポジションの取り方については、いろいろ質問がありますが、とりあえず短期でも1.130ドルぐらいまで戻った程度で不安になるなら、確実に重過ぎかと思います。軽めの時は、本当にそこそこ動いても不安にならない程度のポジションで勝負するのがコツでしょう。


とりあえず、大体こんな感じで。インフルの後遺症で、なかなか記事がアップできず申し訳ありません。ほんと、記事を書くって結構気力がいるみたいです⊂ ´⌒つ´ω`)つグッタリ… ちな、興味のあるサービスがあれば、ゆきママのブログを活用いただければ、多少はやる気改善に・・・!?

スマホOK!ゆきママは無料の情報を外為どっとコムから得ています!

最近は読者の方から、ゆきママさんはどこから情報を得てトレードしていますか、という質問を多くいただきますが、基本的に無料の情報は外為どっとコムでゲットしています(σ・`ω・)σGET!!
上記は外為どっとコムのスマホツールの画像です。ニュースは3種類(ニュース速報、フィスコライブ、ロイター)用意されており、世界情勢の速報から為替市場の状況、さらには各エコノミストの見解などを知ることが可能となっています。また、レポートについては11種類(竹中平蔵、ワカバヤシFXアソシエイツ、井上義教、野村正道、フィスコ朝刊、フィスコ夕刊、酒匂隆雄、外為トゥディ、外為マンスリー、G.com)もありますから、これを見て市場が何に注目しているのかを確認しながらトレード戦略を立てることもできます( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪
本当にレポートが豊富なので、これから投資を始める方にとっても勉強になるでしょう。当たっているかどうかは別として、エコノミストが何に注目しているのか、それぞれのエッセンスが分かるので、ぜひ初心者の方、中級者の方にも活用していただければと思います。

口座を持っていればニュースもレポートも無料で見放題(「ロイター赤文字ニュース」「ロイターニュース」は会員様向けサービスとして、利用条件があります)ですから、ぜひ持っておきたい口座の1つと言えると思います。やはり情報を効率よく得ようと思うと、こういった為替に集約されたソースを利用するのが近道ですからね。ゆきママもこのアプリを使ってスマホからちょっと空いた時間の情報収集に活用しています!
外為どっとコムは深キョンのCMでもお馴染みですが、1,000通貨に対応しており、1万円程度の資金からでもFXを始めることが可能となっていますので、ぜひぜひきっかけとしてお試しいただければ幸いです⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾ワーイ


※トップ画像(worradirek/Shutterstock.com)

∠(*・ω・)っメリクリ ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【12月クリスマス】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK