左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【ダウ暴落】市場の混乱を象徴するドルの値動き!株&為替の今後の展望は?【11月21日のトレード戦略】

【ダウ暴落】市場の混乱を象徴するドルの値動き!株&為替の今後の展望は?【11月21日のトレード戦略】
昨夜はNYダウ平均株価が500ドルを超える大暴落となりました。ある意味で、これは予想通りでしたね。株価に関しては、先日も書いた通りボラの高い動きが続くことになるでしょうヾ(o・`ω・)ノキリッ

VIX(恐怖指数)が相変わらず20ポイントを超える高止まりとなっており、上げるスピードよりも下げるスピードが早いことを踏まえれば、常に軽く売りポジを持ちつつのトレードになってくると思います。

先日書いた通り、もはや安直に株に突っ込んで儲かる時期は終わった可能性が高そうです/(^q^)\アタマイテー

関連記事:
【Apple暴落】今後の株価と為替の展望について解説!ハイテク株が…【トレード戦略】

一方で、為替に関しては、米長期金利(10年債利回り)の低下が重なったにも関わらずドル円が反発するなど、これまでとは少し異なった値動きとなっています。

背景にはユーロが売られたことがありますが、今後ドル円が下がるようであれば、いよいよ市場も本格的なリスクオフ(回避)相場となってきそうですので、警戒が必要です┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ

前置きが長々なりましたが、今日もいつものように為替相場の展望についてトレード戦略を含めて解説しておきますので、どうぞよろしくお願いします。


明日は感謝祭なのに加え、市場状況を踏まえると手仕舞い売りは出やすいか

株に関しては簡単にやっていきますが、見方は先週と変わりません。引き続き弱めの値動きが続く可能性が高いでしょう。特に今日は明日の感謝祭を前に手仕舞い売りが出やすそうで、仮に上がっても上値余地は限定的のように思います(乂-д-) ダメ

また、とりわけナスダック市場の下落が顕著であり、これまで相場をけん引してきたハイテク株が死んでいるのもいただけません。

相場の崩壊が始まったというような、極端なリスクシナリオを現段階で描く必要はないように思いますが、少なくとも短期的に強気になれる材料は皆無というか、あってもせいぜい季節的なアノマリーぐらいですから、まずは下目線でついて行く方が無難なような気がします(´・ω・`))´-ω-`)) ウン

ブレグジットは小康状態?イタリアの問題はこれから再燃しそう(炎_炎)

メイ首相は死に体なんですが、火中の栗を拾う勢はそうそういないようで、メイ降ろしは噂されても実現までは程遠いようですね。まだ、不信任決議をするために必要な48名分の書簡も集まってないようですし、なんだかんだ打開へ向けて必死のアプローチは続くのでしょう。

とはいえ、既に北アイルランドのDUP(民主統一党)は対立姿勢を明確に打ち出していますし、与野党両方からの批判は続きそうですから、厳しい立ち回りが迫られます。一時的に期待感を高めるニュースがあっても、結局は裏切られる可能性が高いように思います(ヾノ・ω・`)ムリムリ

そして、イタリアの予算問題については、まさにこれから佳境ということで、ユーロの下押し効果を期待したいところではありますw

イタリアの2019年度予算案についてEUが公式に対応を表明することになり、日本時間の本日20時ごろに予算案に関する意見書が提出され、イタリアが公的債務に関するEU法に違反しているとする報告書が公表される見通しとなっています( ' ^'c彡☆))Д´)セイサイ!

ある程度は織り込み済みでしょうが、やはりイタリア国債は引き続き売られやすい状況にあると言えますし、昨夜はイタリアの10年債利回りが1ヶ月ぶりに3.7%を超えました↓

イタリア長期金利(日足)のチャート:TradingView

まぁ最終的にイタリアの銀行が崩壊するというような話になってくれば、嫌でもEU全体で救済的にイタリア国債を買い上げるという流れにはなるのでしょうが、それまではまだまだ遠いですからね( ³ω³ )トオイ…

既にイタリア政府も危機感を感じでか、国内の需要を必死で掘り起こしているところですが、それは功を奏していませんから、リスクオフ局面が鮮明になるにつれ、イタリア国債は売られることになるでしょう。

というわけで、イタリアの長期金利が高止まりしている限りはユーロ売りで安定かと思いますので、まずはそのつもりでやっていこうと思います(`・ω・´)シャキーン

引き続きユーロ&ポンド売りを中心にトレードを考えたい(震え声)

先ほどサルビーニ副首相が予算の修正に前向きと発言したことでユーロが反発しましたが、何度目っていうネタですからね。今後も報道ベースで一喜一憂する場面もありそうですが、ユーロ&ポンドは戻り売りということで。

ただ、ここまでドル安となるのはちょっと誤算だったので、ドルの値動きは慎重に見ておきたいところではあります。とはいえ、リスクオンでもリスクオフでも、なんだかんだドルは買われやすい傾向にあるわけで、ドル需要の高さも踏まえれば、ドルの大崩れは見込みにくいと考えています⊂(^ω^)⊃ セフセフ!!

また、円に関しては、まだそれほど買われていませんから、本格的なリスクオフ相場ということではないのかもしれません。もっとも、株価が一段と崩れれば急に円買いに向かう可能性は十分なわけで、急な円高には警戒しておく必要があるでしょう。

ユーロ円&ポンド円:ドル円が支えるていますが、株価が崩れるならチャンス大!

どちらも合成通貨なので、どうしてもドル円の値動きと連動してしまいますが、裏を返せばドル円が崩れれば大きなチャンスがくるでしょう。今後、パニック相場になって円高の動きが強まるのであれば、ユーロ円とポンド円は売りやすいと思います(*゚∀゚)=3ウマー!

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロ円は、やはり129.00円の節目ある一目均衡表・下限(129.017円)の手前など、テクニカルを頼りに売っていく感じで悪くないですね。適度に利食いしながら、ショート戻り売りがベストなのでしょう。

上値に関しては、せいぜい200日移動平均線(129.948円)までで、それならば130.00円の節目を明確に超えた130.20円レベルで損切りをすれば良いだけですからね。割り切ったトレードもしやすいので、リスクオフ機運が高まるなら特にトレードしやすいと思います。

ポンド円(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンド円に関しては、上値余地よりも下値余地の方が相当大きいため、ブレグジットを絡めたリスクオフ局面で売っていきたいところです。ポンドは値動きを見通すのが難しいので、常時トレードする通貨ではありませんが、ボラティリティは高いので、常に狙っておきましょう。

また、これで上がってくるなら仕方がない、損切りは150.00円レベルと決めて気合を入れてショート(売り)していくのもアリでしょうが、中級者以上のトレードでしょうかね。

ユーロドル:ドルがメンヘラ過ぎて不安ですが、流石にユーロよりは強いでしょ…

適度に利食いしながらやっていきましょうね(震え声)。まぁ1.14ドル半ばぐらいまでの反発は想定内でしたが、昨日のドル安の流れを見て正直ビビりましたからねw その後はチキン利食いを重ねてしまいました。

ドルが不安定なので難しいですが、仮に株価が落ち着いていくパターンでも、株価が暴落していくパターンでも、いずれでもなんだかんだユーロよりは強いと思うので、引き続きショート・戻り売りは継続していこうと思います。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

う〜ん、ユーロドルは少しモミ合い気味の値動きが続くかもしれませんね。まだ21日移動平均線(1.13684ドル)が抜けきれていないので、21日線寄りでのヨコヨコになるかもしれません。少し余裕を持って見ていきたいところ。

個人的には、年末までには1.12ドルを割り込んでくる場面があると思うんですけどね。米欧のファンダメンタルズの差は明らかですから、適度に利食いもしながら、まったり戻り売りを続けていけば良いのかなと。

上値に関しては、1.150ドルの大台の節目や89日移動平均線(1.15381ドル)は強力なレジスタンスとなりそうですが、ここを抜けたら一旦損切りして手仕舞いでしょう。そうなれば、もはやトレンドは見えなくなるというか、なかったという判断になりそうですからね。

ドル円:メンメンヘラヘラのドルちゃんですが、今ならショートしやすそうw

ドル円は株価次第のところもあるので、少しトレードしずらいですが、今の水準(112.90円)ならショートしやすいので入っても良いのかなと思います。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は113.00円の節目や、日足ベースで113.10〜113.15円がレジスタンスとなりそうなので、113.20円に損切りを置いて、今の水準からショートという割り切った戦略ならアリでしょう。

下値に関しては、流石に89日移動平均線(112.121円)や一目均衡表の雲・下限(112.160円)が強力なサポートとなりそうなので、まずはその手前での利食いを考えたいですね。割れれば、また改めて状況を踏まえて突っ込んでいくかを決めるぐらいで見ています。


大体こんなところで!まぁ昨日は死ぬ思いで相場を見ていましたが、やっとユーロが下がったので少しホッとしていますw まずまずの勝利を収められたので、今日は少し余裕を持って相場を見ていけそうです(*´д`*)〜зフゥ…

また、ようやく体調も整ってきたので、ブログの更新を少し安定して続けられそうです。仮想通貨ネタも溜まってるので頑張ります!ちな、大勝利ママへの感謝の気持ちや激励は興味のあるサービスがあれば、ゆきママのブログのバナーをご利用いただけると幸いです|-'*) …チラッ

スマホOK!ゆきママは無料の情報を外為どっとコムから得ています!

最近は読者の方から、ゆきママさんはどこから情報を得てトレードしていますか、という質問を多くいただきますが、基本的に無料の情報は外為どっとコムでゲットしています(σ・`ω・)σGET!!
上記は外為どっとコムのスマホツールの画像です。ニュースは3種類(ニュース速報、フィスコライブ、ロイター)用意されており、世界情勢の速報から為替市場の状況、さらには各エコノミストの見解などを知ることが可能となっています。また、レポートについては11種類(竹中平蔵、ワカバヤシFXアソシエイツ、井上義教、野村正道、フィスコ朝刊、フィスコ夕刊、酒匂隆雄、外為トゥディ、外為マンスリー、G.com)もありますから、これを見て市場が何に注目しているのかを確認しながらトレード戦略を立てることもできます( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪
本当にレポートが豊富なので、これから投資を始める方にとっても勉強になるでしょう。当たっているかどうかは別として、エコノミストが何に注目しているのか、それぞれのエッセンスが分かるので、ぜひ初心者の方、中級者の方にも活用していただければと思います。

口座を持っていればニュースもレポートも無料で見放題(「ロイター赤文字ニュース」「ロイターニュース」は会員様向けサービスとして、利用条件があります)ですから、ぜひ持っておきたい口座の1つと言えると思います。やはり情報を効率よく得ようと思うと、こういった為替に集約されたソースを利用するのが近道ですからね。ゆきママもこのアプリを使ってスマホからちょっと空いた時間の情報収集に活用しています!
外為どっとコムは深キョンのCMでもお馴染みですが、1,000通貨に対応しており、1万円程度の資金からでもFXを始めることが可能となっていますので、ぜひぜひきっかけとしてお試しいただければ幸いです⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾ワーイ


※トップ画像(Anikin Denis/Shutterstock.com)

∠(*・ω・)っメリクリ ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【12月クリスマス】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK