左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【トレード戦略】ドル安の正体は?ユーロ&ポンドは買い戻されて…【12月5日】

【トレード戦略】ドル安の正体は?ユーロ&ポンドは買い戻されて…【12月5日】
ゆっきママ!ゆっきママ!!!今週も早々に喜びの声が多数届いております。まぁ今週のトレード戦略、相場観はいい感じですよね。想定通り週明けはドル安でスタート、そして、やはり賞味期限は短めでしたね。そして今日も・・・(o´m`)。+゚ムフフ



ムホムホとw まぁ今日はユーロとポンドが反発していますので、再び売り場かと。明日はブッシュ前大統領の追悼ということで米国市場もお休みですから、そんなにそんなにポジションを傾けにくいので高止まりかもしれませんが、いずれは下げるのかなと。

というわけで、読者の方から質問のあったドル安の正体について触れながら、トレード戦略について解説していきたいと思います(=´ー`)ノ


ドル安の背景は?やはり株価の下支え政策への意識が強そうで…

日本ってほんとどうしようもないなぁと・・・これだけデフレが続いて失われた30年になったのに、また増税でフルブレーキをかけてデフレにするんだから(´・ω・`(´・ω・`(´・ω・`)ジェットストリームショボーン

その点、アメリカは違いますね。これまで何度も何度も繰り返しトランプ大統領はドル安志向としてきましたが、まさにそれが今のドル安の背景にもあるのかなと。つまり、トランプはデフレ、ひいては株安を絶対に避けるマンであるということです。デフレが続いた悲惨な日本を見ていますから、当然ですね。。。

で、デフレを避けよう株価を支えようと思えば、当然ですが再び金融政策を緩和的にしてドル安にしていくわけです。加熱気味だった住宅市場もピークアウトし、個人消費にもやや横ばい感が出ていますからねΣ(・ω・ノ)ノハッ!

もしかするとパウエルFRB議長も、これらのことを重く見て、現状の金利は中立水準は僅かに下回る程度であると言っていたのかもしれません。

まぁ発言の真意は5日の議会証言で判明するはずでしたが、先ほども書いたように国民追悼の日になったことで延期されてしまいましたからねΣ(´д`;)アー…

となると、今週末の雇用統計は大きなカギを握ることになるかもしれません。賃金インフレはなかなか発生せず、平均時給は伸び悩んできましたが、ついに前年同月比で+3%台の大台に乗せましたからね。今月もしっかりとした伸びが確認されれば、ドルが買い戻されることになるでしょう。

報道に惑わされずユーロドル&ポンドドルは引き続き戻り売り!

あのネタでポンドが買い戻されるって、はっきり言って理解できませんでしたからねw その辺はあちらのブログでも書いた通りで、リスボン条約50条の解釈で英国がEUの許可なしに離脱を撤回できるという見解をEUの法務官が示しましたが、だからと言ってブレグジットやめまぁす、とはならないですからね(ヾノ・∀・`)ムリムリ

関連記事:
【速報】1ドル=113円割れ!今の為替状況について簡単解説【12月4日】

仮に本当に離脱を辞めるのであれば、解散総選挙や再国民投票で国民の信を問わなければならないわけで、ますますカオスですからねw しかも、再国民投票で再び離脱派が勝ったら、もはやカオス過ぎて、それだったら合意なしのブレグジットの方がまだマシな感さえあります。

結局、混乱を招きそうだということなのか、メイ首相サイドから打ち消し発言がありポンドは再び売られましたが、なんでこれでポンドが買い戻されたのか謎レベル。まぁきちんと考えて道理に合わない場合は惑わされずにトレードすると、しっかり勝てますよ( ・´ー・`) ドヤッ!


やはりポンドドルは1.28ドル台でかなり重いですからね。ああいう変な材料なら売って良いかなと。まぁドルの値動きは気がかりでしたけどね。



今週2度目の喜びの声が続々でした。ここからもしっかり勝ってマンションを建てるどー!!!

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドドルですが、やはり1.128ドル台での上値の重さは明らかですね。もっとも、1.127ドルから下はかなり底堅いですから、変な材料で買われてきた際に1.128ドル半ばぐらいから売っていくといった程度です。

あとは、以前に書いたように、とりあえず11日の採決までは戻り売りを狙っても良いですが、それ以降は押し目買いを検討しておきましょう。

関連記事:
【押し目買いも】EUに二択を迫られたイギリス!ポンドの今後のシナリオは?【ブレグジット】

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは、少し早く入り過ぎてしまったかもしれません。まぁドル安の受け皿となりますから、どうしてもドルが弱いと反発しがちですからね。

1.150ドルラインには89日移動平均線(1.15043ドル)がありますから、ここをブレイクしない限りはショート・戻り売り戦略で問題ないでしょう。逆に上抜けた場合は方向が出てくる可能性がありますから、1.152ドルぐらいで損切りして様子を見たいところです。

1.138ドルから軽めに売っていますが、ゆきママは1.145ドル手前ぐらいで売りポジを追加する予定です。


大体こんなところでしょうか。とにかく、静かにチャンスを待って勝負所で仕掛けるのが勝利の近道ですね!それでは、今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました(ゝω・)vキャピ

スマホOK!ゆきママは無料の情報を外為どっとコムから得ています!

最近は読者の方から、ゆきママさんはどこから情報を得てトレードしていますか、という質問を多くいただきますが、基本的に無料の情報は外為どっとコムでゲットしています(σ・`ω・)σGET!!
上記は外為どっとコムのスマホツールの画像です。ニュースは3種類(ニュース速報、フィスコライブ、ロイター)用意されており、世界情勢の速報から為替市場の状況、さらには各エコノミストの見解などを知ることが可能となっています。また、レポートについては11種類(竹中平蔵、ワカバヤシFXアソシエイツ、井上義教、野村正道、フィスコ朝刊、フィスコ夕刊、酒匂隆雄、外為トゥディ、外為マンスリー、G.com)もありますから、これを見て市場が何に注目しているのかを確認しながらトレード戦略を立てることもできます( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪
本当にレポートが豊富なので、これから投資を始める方にとっても勉強になるでしょう。当たっているかどうかは別として、エコノミストが何に注目しているのか、それぞれのエッセンスが分かるので、ぜひ初心者の方、中級者の方にも活用していただければと思います。

口座を持っていればニュースもレポートも無料で見放題(「ロイター赤文字ニュース」「ロイターニュース」は会員様向けサービスとして、利用条件があります)ですから、ぜひ持っておきたい口座の1つと言えると思います。やはり情報を効率よく得ようと思うと、こういった為替に集約されたソースを利用するのが近道ですからね。ゆきママもこのアプリを使ってスマホからちょっと空いた時間の情報収集に活用しています!
外為どっとコムは深キョンのCMでもお馴染みですが、1,000通貨に対応しており、1万円程度の資金からでもFXを始めることが可能となっていますので、ぜひぜひきっかけとしてお試しいただければ幸いです⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾ワーイ


※トップ画像(Bob Venezia/Shutterstock.com)

∠(*・ω・)っメリクリ ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【12月クリスマス】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK