左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【ブレグジット】EU離脱は10月31日まで延長!今後の選択肢は2択?【4月11日ポンドのトレード戦略】

【ブレグジット】EU離脱は10月31日まで延長!今後の選択肢は2択?【4月11日ポンドのトレード戦略】
今朝のニュースで何度も報じられている通り、英国のEU離脱期限が10月31日まで延長されることが決定しました。目先の合意なき離脱は回避されたということでポンドがジワジワ買い戻されています∩(〃・ω・〃)∩アゲー…


ロイター通信の記事(英離脱、10月末まで再延期 EU首脳会議で合意)を簡単にまとめると上記のようになります。まぁ英議会が欧州議会選挙に参加しないという判断を下すと、6月1日に合意なき離脱になる可能性は残されていると。もっとも、可能性はほぼないでしょうが。

また、6月の定例EU首脳会談で進捗状況を確認するとのこと。まぁ大甘のトゥスクEU大統領は、あくまで加盟国に状況を知らせるためとしていますが、この6月20〜21日で行われるEUサミットは注目されるでしょうし、相場が一定レベル動きそうですので念の為、警戒しておきましょう|_・)ジーッ

まぁ未明にツイートしたように、マクロン仏大統領が6月30日までという主張で最後の最後までゴネて、最終的に間をとって10月31日となったようですから、流石にこれ以上の延長、再々延長はなさそうな気がしますね(ヾノ・ω・`)ムリムリ

で、ブレグジットの今後の展望については、2度目の国民投票、あるいは解散総選挙の2択しかないとされています。やはり現在、労働党が提示している条件をメイ首相が飲むことはできないだろうとの見方がほとんどですからね。保守党のマニフェストにも反すわけで。

仮にメイ首相(保守党)とコービン党首(労働党)が妥結に至ったとしても、両方の党から離反者が出て議会で過半数を獲得することはできないだろうと。だからまぁ、もう最終的に2択しかないんだよねと。

目先の合意なき離脱を回避したので、ポンドはとりあえず底堅い値動きを続けそうではありますね。あとは、今後の英議会の動向待ちというか、英議会から新情報が出てくるのを待ちたいところでしょう(*゚σω ゚*)ホジホジ…

今後としては詰んでいる、2択しかないといったネガティブな見方もあるものの、既にこの2年間で合意なき離脱を含めて十分織り込みが進んできたので、繰り返している通り、今後のポンドはどちらかといえば上げやすいでしょう。

なので、トレードとしては押し目買い・ロングが自然なのではと考えています。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

まぁでも、チャート的には弱気の三角保ち合いではあるんですよね。上値を切り下げていて、上昇力が弱まっているのは気がかりですね。

ただ、ファンダ的には上値リスクを重く見て押し目・ロングと考えています。何れにせよ新たな材料が出るまでは1.300〜1.315ドルレベルのレンジを意識してトレードしておきましょう。

というわけで、トレードアイディアとしては、引き続き損切りを200日移動平均線(1.29734ドル)や89日移動平均線(1.29599ドル)割れにおきつつ、1.300〜1.305ドルぐらいで拾って1.310ドル前後で利食いといったところでしょう。


半分ください(白目)。こんな感じで、ポンドトレードは結構いい感じでした。ちな、ポンドは暴騰・暴落に伴い一般のFX会社の通常の指値だと、指値レートと決済レートのズレによって思わぬ損失を被る可能性がありますから、トレードする際はIG証券のノースリッページ注文を使うことをオススメしています。

一応、ゆきママブログにおいて3ヵ月連続人気No.1(口座開設数)となっていますので、ぜひご検討ください(・ω・`〃)乙コレハセンデンナンダカラネ!

ゆきママもこれまでポンドのトレードには否定的でしたが、絶対に滑らないノースリッページ注文でリスクコントロールをしっかりできるので徐々にトレードするようになっています。

絶対に滑らない注文がここにはある!窓開けにも対応で安心です

激しく急騰・急落するポンドは約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、140円割れ、139.90円に逆指値として損切りを設定していたとしても、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということが頻繁にあります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります。

なので、基本的にはポンドをトレードするのはオススメできないのですが、IG証券のノースリッページ注文を使えば、こういったスリッページを完全に回避することができますので、ぜひぜひポンドをトレードしようと考えている方は活用していただければ!

信頼できるFX会社の追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできますので、ぜひ検討していただければと思います。

ノースリッページ注文がオススメな人

とにかくリスクを避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
このように相場の急変は当然として、窓開けに対応していることから、リスクを避けたい人に向いているのは言わずもがなです。また、実は急変時に大勝負を仕掛けていきたいという場合にも、滑らないことが確定しているので安心してトレードすることができるでしょう(`・-・´)/デキル!

つまり、リスクを避けたい初心者の方にも、リスクを取ってトレードしていきたい上級者の方にもオススメなんですね。

しかも、驚くべきことに週明けの窓開けにも対応しています。これは土日に市場が開いていないため、週末にイベントが控えている場合はポジションを持ち越さないようにするという常識を覆すことになります(ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ!!!
これがいわゆる窓開けという現象を示すチャートとなります。週末の終値のレートと、週明けの始値のレートが乖離することで、予期せぬ損失を被ってしまうというものです。

この場合、レートが飛んでいることになるため、通常のストップ注文であれば週明けのレートで約定してしまい、想定とはかけ離れた大損失が計上されることがあります。まさにガード不可といった感じで、週末にマーケットがクローズドしている時に大きな材料が出た場合などにこういった事象が発生します_(꒪꒪」∠)_シヌシヌ…

例えば、週末に111.00円で引けて、逆指値・損切りとして110.50円に注文を入れていても、週明けに110.00円で始まれば逆指値が110.00円で約定してしまいます。これはもう滑る滑らない以前の問題ですが、こういった窓開けという現象で事故ってしまうこともあるため、基本的には週末にはポジションを決済して持ち越さないトレーダーも多いです。

ところが、ノースリッページ注文を設定しておけば、仮に窓開けが発生しても週明けの取引開始時点で必ず指定したレートで約定するため、週末リスクを避けられることになりますから、万が一ポジションを持ち越してしまったとしても安心なんですね(ノ)*´꒳`*(ヾ)ムニムニ

ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる


※トップ画像(Frederic Legrand - COMEO/Shutterstock.com)


(奉´ω`祝)ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【令和元年6月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大104,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

About The Author

ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK