左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【円高&株安】対中関税25%引き上げのトランプ砲炸裂!中国も引かずか?【5月6〜7日のトレード戦略】

【円高&株安】対中関税25%引き上げのトランプ砲炸裂!中国も引かずか?【5月6〜7日のトレード戦略】
ドル円を含めてクロス円は下に窓を開けてスタート!背景は言うまでもなく、トランプ大統領が対中関税を25%に引き上げるというツイートをしたことです(#゚Д゚)凸ゴルァ!!


こんな大事な話を夜中にツイートするんじゃねぇよ!このようにトランプは中国からの輸入製品2,000億ドル分に対してかけている10%の関税を10日から25%に引き上げると宣言。さらに、残りの3,250億ドル分についても25%の関税をかける予定だとしています。

米中貿易協議は決裂確定か?というわけで、ゴルディロックス(適温相場)でヌクヌクとしてきた株式市場は青ざめています。ダウ先は一時−500ドル近い下げを記録し、ドル円、クロス円も下に窓を開けてスタートしていますq(゚д゚ )↓sage↓


未来が見えてるんかこの人・・・イケハヤ尊師が投資サロン始めたら入るは。。。まぁたまたまなんですけどねw

5月3日の重要イベント&経済指標

16:50🇫🇷4月仏サービス業PMI・改定値
16:55🇩🇪4月サービス業PMI・改定値
17:00🇪🇺4月サービス業PMI・改定値
18:00🇪🇺3月小売売上高
22:30🇺🇸ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演
24:00🇪🇺プラートECB専務理事、講演

休場:🇯🇵🇬🇧
今日の経済指標はこんな感じ。注目は米中貿易交渉の行方ですね。というわけで、ここからの値動き展望・トレード戦略について考えていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします(`・ω・´+)キリッ


本当に関税を引き上げるのかが焦点!楽観論が支配的だっただけに…

まだ市場は冷静ではありますけどね。交渉を有利に進めるためのブラフではといった見方も多くあります。一方で、米中貿易交渉は難航を極めており、合意が後退しているといった報道もあります。この辺はなんとも言えませんね。

まぁでも、中国側もテンションを一段上げましたからね。中国の劉鶴副首相が、通商交渉のために5月8日からワシントンを訪問する予定でしたが、これを中止すると関係筋からあったと報道が/(^o^)\ナンテコッタイ

こうなってくると、業を煮やしたトランプが圧力を掛ける意味で2,000億ドル分に関しては10%から25%に引き上げる可能性は、それなりにありそうですね。個人的な感触としては40〜50%ぐらいかなと。

中国が強気というか、中国も中国で勝負を仕掛けてきた感があるので、トランプのツイート発表時よりも関税引き上げの可能性は高まったと考えています(´・ω・`))´-ω-`)) ウン

まぁトランプもトランプで株価が下がれば下がったで、パウエルFRB議長が利下げをして支えると考えてそうなんですよね。関税引き上げなら、ここ数ヵ月は不安定な相場というか、利下げの催促相場となって株価は下げ続けるでしょう。

昨年末も関税問題で相場の変調を経験しているだけに、やはり株価は天井といった見方になって上値の重さが意識されるでしょう。

為替も株安になれば円高が意識されることでしょう。もっとも、関税によって物価は上がることになるので、インフレは加速しますけどね。そうなるとドル高要因・・・ではあるんですが、相場全体としては株安による円高の影響が大きいでしょう↓sage↓⊂(´ω` )⊃↓sage↓

楽観論で円キャリー取引が進んできただけに反動の円高を意識したい!

相場が全然動かないから、とりあえずスワップ(金利差益)狙いで円キャリー(円売り)トレードが続いてきたわけですが、関税引き上げなら巻き戻されることでしょう。

まぁ流石に週明けの明日は、10連休明けということで本邦勢からの実需的な買いもかなりあるでしょうから、一旦は買い支えられそうか。なので、ツッコミ売りをした場合でも明日の東京オープンまでに一旦は決済しておきたいところ\(`・ω・´+)コレダイジ!

あとは今日のNY市場を見ながらということになるでしょうかね。結局はトランプの動静次第なので、そこに最大限注力した上でトレードしていくしかないでしょう。

ただ、クロス円に関しては、どう考えても下値余地の方が大きいですからね。円キャリーで円売りポジションが積み上がっていることがありますし、仮に関税引き上げなら、さらなる追加関税もあり得ますからね\(^o^)/オワタ

合意に導ければ一転してリスクオンでしょうが、期待感先行だった分、株価も上値余地は小さいでしょう。したがって、現状でドル円を含めたクロス円に買いという選択肢は難しいのかなと思います。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は年初から下値を切り下げてきましたが、89日移動平均線(110.582円)レベルが引き続き攻防のポイントとなりそうです。ここを早めに回復してしっかりしてこないと、下値不安は残り続けることになります。

モミ合いがかなり続いてきただけに、実際に関税引き上げとの見方が強まれば、溜まっていたエネルギーが下方向へ傾けるのは自明の理ですね。逆に急転直下の合意なら、年初来高値(112.402円)も意識されます。

まぁ関税引き上げがドル高に寄与することを踏まえると、ドル円はあまりトレードしたい通貨ではないですが、トレードするならショートから。ツッコミ売りは怖いので軽めに。

短期の場合、損切りは先週安値でもあり、下値抵抗として機能した111.00〜111.10円ブレイクぐらいに置いておきたい。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは先週と変わらずです。1.12ドル前後から叩かれやすい。21日移動平均線(1.12267ドル)も引き続き意識されることでしょう。

短期なら89日移動平均線(1.13167ドル)に損切りを置いて、今の水準から軽くショートしていきたいところでしょう。戻せば40〜50pips毎に売りポジションを追加で。

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

売りやすいのはユーロ円か。ユーロドルが戻しているものの、下に窓を開けて124円台での底堅さが吹き飛んだ格好。123.50円辺りを下回った状態が続くなら、下げが本格しそうな雰囲気。

短期的なら89日移動平均線(125.143円)ブレイク、125.20〜125.30円抜けレベルに損切りを置いて、現状から軽く売りつつ、上がっても下がっても40〜50銭毎に売りポジ追加といった感じ。


ポンドドルは予想通り息切れなので様子見。保守党と労働等が統一地方選挙で大きく議席を失ったことで、歩み寄りを見せて打開策が出るのではという期待感先行で買われましたが、その程度で打開策が出るなら苦労はないよという話。


大体こんなところでしょうかね。今週もユーロ円を中心にユーロを売っていこうと思います。連休最終日ですが、お互いに頑張っていきましょう!

それから、今日の大きな窓開けでレートがずれて損切り注文が約定した方もいると思いますが、週末にポジションを持ち越す際はIG証券のノースリッページ注文も検討していただければと思います。

窓が開けた時でも絶対に指定レートで約定するため、このような窓開けの週末リスクを避けることが可能になっています。

絶対に滑らない注文がここにはある!窓開けにも対応で安心です!!!

激しく急騰・急落するポンドは約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、140円割れ、139.90円に逆指値として損切りを設定していたとしても、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということが頻繁にあります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります。

なので、基本的にはポンドをトレードするのはオススメできないのですが、IG証券のノースリッページ注文を使えば、こういったスリッページを完全に回避することができますので、ぜひぜひポンドをトレードしようと考えている方は活用していただければ!

信頼できるFX会社の追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできますので、ぜひ検討していただければと思います。

ノースリッページ注文がオススメな人

とにかくリスクを避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
このように相場の急変は当然として、窓開けに対応していることから、リスクを避けたい人に向いているのは言わずもがなです。また、実は急変時に大勝負を仕掛けていきたいという場合にも、滑らないことが確定しているので安心してトレードすることができるでしょう(`・-・´)/デキル!

つまり、リスクを避けたい初心者の方にも、リスクを取ってトレードしていきたい上級者の方にもオススメなんですね。

しかも、驚くべきことに週明けの窓開けにも対応しています。これは土日に市場が開いていないため、週末にイベントが控えている場合はポジションを持ち越さないようにするという常識を覆すことになります(ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ!!!
これがいわゆる窓開けという現象を示すチャートとなります。週末の終値のレートと、週明けの始値のレートが乖離することで、予期せぬ損失を被ってしまうというものです。

この場合、レートが飛んでいることになるため、通常のストップ注文であれば週明けのレートで約定してしまい、想定とはかけ離れた大損失が計上されることがあります。まさにガード不可といった感じで、週末にマーケットがクローズドしている時に大きな材料が出た場合などにこういった事象が発生します_(꒪꒪」∠)_シヌシヌ…

例えば、週末に111.00円で引けて、逆指値・損切りとして110.50円に注文を入れていても、週明けに110.00円で始まれば逆指値が110.00円で約定してしまいます。これはもう滑る滑らない以前の問題ですが、こういった窓開けという現象で事故ってしまうこともあるため、基本的には週末にはポジションを決済して持ち越さないトレーダーも多いです。

ところが、ノースリッページ注文を設定しておけば、仮に窓開けが発生しても週明けの取引開始時点で必ず指定したレートで約定するため、週末リスクを避けられることになりますから、万が一ポジションを持ち越してしまったとしても安心なんですね(ノ)*´꒳`*(ヾ)ムニムニ

ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる


※トップ画像(rawf8/Shutterstock.com)

(★ФДФ)ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【ハロウィン10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK