左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【円高】関税引き上げを織り込む市場!米中貿易戦争でセルインメイか?【5月8〜9日のトレード戦略】

【円高】関税引き上げを織り込む市場!米中貿易戦争でセルインメイか?【5月8〜9日のトレード戦略】
基本的に中国が大幅譲歩する以外、今回の米中通商交渉は決裂に終わりそうですね。市場ではまだ半信半疑といった感じですが、個人的には7割方ダメなんじゃないかなと考えています。良くても延期するぐらいで、最終的には関税引き上げではないかとヽ(`Д´)ノボッキアゲ!

トランプ大統領にとって、色々遠い風も吹いてきましたからね。関税を引き上げても、その負担の大部分は中国の労働者が負うことになるといった研究結果も出てきましたし、引き上げの正当性をアピールできるように思います。

5月8〜9日の重要イベント&経済指標

・8日
21:30🇺🇸ブレイナードFRB理事、講演
23:30🇺🇸EIA週間原油在庫統計
26:00🇺🇸10年債入札
29:00🇳🇿オアRBNZ総裁、議会証言
・9日
10:30🇨🇳4月生産者物価指数
21:30🇺🇸4月卸売物価指数
21:30🇺🇸3月貿易収支
21:30🇺🇸新規失業保険申請件数
まぁ今日明日で相場を大きく動かすような重要指標はありませんから、明日9日から訪米予定の中国の劉副首相ら交渉団の動向、米中貿易交渉の進展が問われることになるでしょう。というわけで、ゆきママの見方、展望について解説しておきますΣ(☆∀☆〃)キラーン!!


中国はやる気があったのか?米国の株高で攻守が一変した感が…

そもそも、中国はどこまで本気だったのかという話。米中交渉の舞台裏、漏れ伝わる情報を見ると、中国が外資系企業に対して行なっている技術移転の強要問題について禁止するよう、中国の国内法を整備することで合意していたのに、中国側がそれを反故にしたため、トランプ大統領がブチ切れたといった流れですね( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

中国サイドの言い分としては、国内での反発があったため、法律を変更せずに行政レベルで対応したいとのことですが、米国は引き続き法制化することを求めています。まぁ当然ですねw

そして、この問題で合意に至るには、今の状況を踏まえると中国が引く以外に道はないのかなと思います。振り返っても見れば、この技術移転の強要を禁止するという法案を全人代に提出したのは昨年末、最も株価が低かった時期なんですね\(`・ω・´+)コレダイジ

NYダウ(日足)チャート:TradingView

ご覧のように、中国サイドが全人代に法案を提出した12月23日は、22,000〜23,000ドルぐらいで冴えない値動きが続いていた時期なんですね。

この低水準のまま相場が進む、あるいはここから一段と下落するなら、株高を演出したいトランプ大統領は多少の変更には目をつむって、ディール(取引)をまとめてくるだろうというのが中国の思惑だったのかなとψ(*`ー´)ψニヤリ…

つまり、中国は最初から法案を作る気などなく、のらりくらりと交渉を続けて株安状態でトランプが焦って交渉をまとめにくるのを待っていたと。

しかしながら、お分かりの通り中国の目論見は大きく崩れます。なぜなら、年明けのフラッシュ・クラッシュから、パウエル・プット(パウエルFRB議長の緩和姿勢)によってNYダウは見事に回復したからですね₍₍ ◟(∗ˊ꒵ˋ∗)◞ ₎₎アゲアゲアゲ! 経済指標もめっちゃ強いですからねw

で、中国は株価が下がるのを待っていましたが、下がらず、最後の最後、米国に詰められて合意に至る前に手のひらを返すしかなかったと。だって、そもそも法案を作る気なんてなかったんだもの・・・と。

最終的にパウエル・プットで株価を支えることを期待して無茶しそうなトランプ…

一方、トランプ、米国サイドは自信を深めてそうですね。株価の下落にパウエル議長が見事に対応し、しっかり回復させたわけですからね(●・∀・)人(・∀・○)ウェーイ

先日、トランプが100pipsの利下げを求めたのも、そういった背景がありそうです。中国が譲歩しないなら関税を引き上げる、株価は当然下落するけれど、そこはパウエル議長の利下げでなんとかしてくれよっていう感じですね。

なので、中国が譲歩するというか、当初の約束通りに法整備を整えることを約束しない限りは関税は引き上げられる可能性が高いでしょう。そして、これを回避するのはかなり難しいのかなと(ヾノ・ω・`)ムリムリ

この短い交渉期間の中で、国内の既得権益勢を一気に潰すことなど不可能でしょうからね。この辺の中国の国内事情は、東洋経済の肖敏捷氏のコラムからもうっすら読み取ることができます。

米中貿易協議の行方に楽観するこれだけの理由(東洋経済ONLINE:外部サイト)

中国の構造改革は難航を極めそうですからね。国自体が大きすぎますし、そこに関わっている人の数も半端ないので、小回りが利かないんでしょうね(乂∀・)コトワル!

まぁ9〜10日の日程で中国からの交渉団が訪米する予定ではありますが、選挙を前に成果を求めるトランプによっぽどのお土産でもない限りは関税引き上げでしょうね。

というわけで、セルインメイが現実化して株価は夏場まで調整に入り、為替もジワジワと円高になるのかなぁというのが今現在想定しているシナリオですね シャキ━゚o.(+・`ω・+).o゚━ン!!

買い遅れたくないという向きもあるので、株価の下げは緩やかなものになるかもしれませんが、少なくとも関税引き上げでも買われていく感じはないですからね。

パウエル議長がいきなり利下げするならともかくとして、まずは催促も含めて下げていくのではないかと考えていますq(゚д゚ )↓sage↓

材料次第なので戻りも想定しつつ、引き続き円高方向を意識したい!

まぁここ数日かなり売り込まれているので、米中貿易交渉への楽観論の台頭などで一時的な反発はあるかもしれませんから、それを意識してまずは軽めについていくことを心がけましょう。戻ってくれば戻ってきたで、しっかり売れる余裕を残しておくのは大事です。

もちろん、電撃合意なら一旦は手仕舞い・損切り検討するしかありませんので、株価動向も含めて米中貿易交渉の状況には警戒しておきましょう。もっとも、警戒したってどうにもならないわけですがw

不安な場合は利食いして、明日以降はノーポジ、結論が出てからでも良いと思います。ゆきママシナリオを信じる場合は、軽めにショートですね( •̅_•̅ )ムリスンナヨ…

まぁここまでの相場の全体的な流れを踏まえれば、とにかく円は売られ過ぎましたし、ドルは買われすぎました。米中貿易交渉が決裂して、この逆流が起こるなら、必然的に円が最強になりますからね。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は110.00円の節目ラインで下げ渋っています。3月安値(109.696円)近辺までは、引き続き強めのサポートゾーンを形成しそうです。ここをしっかり割り込めればストップロスの動きも強まって、結構底なしでズブズブ行きそうなんですけどね。

もう一段の株安がないと抜け切るのは難しそうなので、少し戻りを待って一目均衡表の雲・下限(110.316円)や89日移動平均線(110.627円)ぐらいで売れると良いのかなと。

具体的には、110.20〜25円、110.50〜55円ぐらいで、とりあえず2回に分けて売ってみる感じでしょうか。111.00円手前でも売れるぐらいの余裕があると良いと思います。

損切りの目安は早めなら111.10円、できれば200日移動平均線(111.500円)を明確にブレイクする111.70円ぐらいまでは、チマチマ売りポジ追加しながら我慢できる余裕を持ちたいですね。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは、引き続き方向感ナシ!トレンドライン的に見ても、テクニカル的に見ても21日移動平均線(1.12216ドル)が上値を抑えていることは間違いありません。

トレード戦略的には、早めなら89日移動平均線(1.13130ドル)ブレイクに損切りを置いて、現状の水準から軽くショートしつつ、30〜50pips毎に売りポジを追加できると良いのかなと思います。まぁユロルは動きも乏しいので、トレードアイディアはずっと変わらないですね。

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロ円も沼モード。ユーロの上値が重いので、それほど反発することは想定していません。いずれにせよ、89日移動平均線(125.152円)ブレイクに損切りを置いて、現状のレートから軽くショートしてついていくしかないのかなと。

今週の高値でもある124.20〜30円の手前、124円台に頭を出してくると叩きやすいと思います。123.70円で軽め、124.10円厚め、124.50円厚め、ぐらいで売りポジを追加できると良いのかなと。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドは予想通り下落。でも、なかなかショートのしにくい通貨であることは昨日も書いた通りです。トレード的には、現状の水準からお試しロングして、1.300ドルの節目を明確に割り込んだあたり、1.299ドル割れで損切りといった程度でしょう。

メイ首相がいつ辞任するとかしないとか、保守党と労働党の合意には時間がかかる云々といったことで相変わらずです。ずるずる下がりそうですが、材料1つで大きく跳ねるだけに、まずは様子見ですね。


大体こんなところでしょうか。まぁRBNZもビシバシ予想のゆきママですが、明日明後日は荒れそうですから、少し慎重にトレードしていただければと思います。美味しい相場はそんなにそんなに続きませんから、今は少し手仕舞いしてポジションを減らし、次の動きに備えるのがベターでしょう(。-`ω-)ウム!

マイナンバー登録+1万円入金で2,000円CB!ワタナベトレードも見れる!

なんとマイナンバー登録&1万円入金で2,000円のキャッシュバックがもらえますので、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!外為どっとコムは1,000通貨対応で1万円程度の資金で十分トレードできますからね。FXを始めるなら外為どっとコムから!!!

で、引き続きワタナベの逆張り気味のトレードが成功しています。こういったワタナベポジション、ユーザーの取引状況を観れるのも外為どっとコムの特徴ですΣd(-`ω´-〃)


また、最近は読者の方から、ゆきママさんはどこから情報を得てトレードしていますか、という質問を多くいただきますが、基本的に無料の情報は外為どっとコムでゲットしています(σ・`ω・)σGET!!
上記は外為どっとコムのスマホツールの画像です。ニュースは3種類(ニュース速報、フィスコライブ、ロイター)用意されており、世界情勢の速報から為替市場の状況、さらには各エコノミストの見解などを知ることが可能となっています。また、レポートについては11種類(竹中平蔵、ワカバヤシFXアソシエイツ、井上義教、野村正道、フィスコ朝刊、フィスコ夕刊、酒匂隆雄、外為トゥディ、外為マンスリー、G.com)もありますから、これを見て市場が何に注目しているのかを確認しながらトレード戦略を立てることもできます( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪
本当にレポートが豊富なので、これから投資を始める方にとっても勉強になるでしょう。当たっているかどうかは別として、エコノミストが何に注目しているのか、それぞれのエッセンスが分かるので、ぜひ初心者の方、中級者の方にも活用していただければと思います。

関連記事:
【圧倒的情報量】FXをはじめるなら外為どっとコム!その理由とは?【評判・口コミまとめ】

口座を持っていればニュースもレポートも無料で見放題(「ロイター赤文字ニュース」「ロイターニュース」は会員様向けサービスとして、利用条件があります)ですから、ぜひ持っておきたい口座の1つと言えると思います。やはり情報を効率よく得ようと思うと、こういった為替に集約されたソースを利用するのが近道ですからね。ゆきママもこのアプリを使ってスマホからちょっと空いた時間の情報収集に活用しています!

ちなみに、今なら最大102,000円キャッシュバックも実施中!2,000円はマイナンバーを登録と1万円を入金するだけでもらえますから、この機会をお見逃しなくです↓
外為どっとコムは深キョンのCMでもお馴染みですが、1,000通貨に対応しており、1万円程度の資金からでもFXを始めることが可能となっていますので、ぜひぜひきっかけとしてお試しいただければ幸いです⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾ワーイ

▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料は無料▼
外為どっとコムでスキマ時間に情報ゲット!


※トップ画像(ittoilmatar/Shutterstock.com)

(奉´∀`祝) ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【令和元年5月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

About The Author

ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK