左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【円高継続】米中貿易交渉の結果待ち!焦るトランプと交渉延長したい中国の構図【5月9〜10日のトレード戦略】

【円高継続】米中貿易交渉の結果待ち!焦るトランプと交渉延長したい中国の構図【5月9〜10日のトレード戦略】
円高って言いましたよねぇ(ニチャア…)。昨日からの繰り返しになりますが、70〜80%ぐらいの確率で関税は引き上げられるように思います。日本時間で明日10日13:01に引き上げられるとのことですが、そこへ向けては神経質な値動きが続くでしょう( ∩ˇωˇ∩)ウーンウーン

一応、実質的に関税引き上げが実行されるまでの猶予の余地があると報じられていますが、あまり関係ないように思いますね。ギリギリまで中国も粘るでしょうが、トランプ大統領のリクエストに応えられるとは、とても思えません。その辺は昨日書いた通りですね。

5月9〜10日の重要イベント&経済指標

・9日
21:30🇺🇸4月卸売物価指数
21:30🇺🇸3月貿易収支
21:30🇺🇸新規失業保険申請件数
21:30🇺🇸パウエル米RB議長、開会の辞
22:45🇺🇸ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
26:00🇺🇸30年債入札
26:15🇺🇸エバンズ・シカゴ連銀総裁、講演
🇺🇸🇨🇳米中閣僚級貿易協議🌟🌟🌟(9日〜2日間)
・10日
10:30🇦🇺豪準備銀行・四半期金融政策報告
17:30🇬🇧1-3月期GDP・速報値⭐️
17:30🇬🇧3月鉱工業生産指数
17:30🇬🇧3月製造業生産指数
17:30🇬🇧3月月次GDP
21:30🇺🇸4月消費者物価指数⭐️
27:00🇺🇸4月月次財政収支
明日は気になる経済指標もありますが、基本的には米中閣僚級会談の行方が注目されることでしょう。というわけで、今日は北朝鮮の飛翔体発射なども含めて今後の展望・トレード戦略を解説しておきたいと思います٩( 'ω' )و ガンバルゾイ


関税引き上げは不可避か?トランプの焦り、北朝鮮動向も影響しそう…

トランプはもう勝負するしかないですからね。中国が妥協する以外、目先の関税引き上げは不可避でしょう。

トランプは決して交渉決裂させたいわけではないですが、相場がピークにあることを踏まえれば、ここで勝負しなければ、いつ勝負するのかという話です(,,・`_´・)、キリッ

中国がディールに応じない以上、関税をしっかり上げて中国の首を絞め、次の交渉を有利に進めるためのカード(関税の引き下げ)を作るしかありません。

トランプは株価が大きく下がった状況が続けば、妥協せざるを得ませんからね。一見するとトランプがリードしているように見える交渉ですが、大統領選挙も踏まえると弱い立場にあるのは実はトランプなんですよね。焦りもそれなりにあるでしょうฅ(๑*д*๑)ฅハヤク!

一方で、中国はなんとか延長できるように申し入れるでしょう。国内の既得権益層を説得する時間を稼ぐことにもなりますし、米国経済がピークアウトして株価が下げてくれるなら渡りに船と。

まぁ中国の思惑はもうすでに分かりきっているわけで、トランプがそこに乗っかるとは到底思えません。中国が折れる可能性は低いですから、かなりの確率で関税引き上げということになるでしょう\\\ (งꐦ☉д☉)ง ////アゲエエエ!!!

あとは先の話ですね。まずは中国の報復関税の規模がどの程度になるのか、それを受けて残りの3,000億ドルの輸入製品に果たして関税をかけるのかどうかなど、考える要素は多いです。この辺は今日明日の交渉の結果を見てからということになります。

それに、ここ連日、北朝鮮が飛翔体を発射していることも米中双方にとって頭痛の種でしょう。結局、北朝鮮の非核化に関して、中国はイニシアティブを発揮することができませんでした_(┐「ε:)_ズコー

トランプにとっては、それも気に入らない点でしょう。ぜーんぜん指導力ねぇじゃん!話が違うじゃん!!ぐらいの感じでしょうねw 米中が割と大事な局面を迎える中で北朝鮮が飛翔体バンバン飛ばしてるのは、なんか象徴的だなぁと思います。

トレードは引き続き円高を意識ですが、今日明日はボラの上昇も想定!

今週はユーロを売るのが自然、ユーロ円ショートって言い続けてましたよねぇ(ニチャア…)。というわけで、連日喜びの声が届けられていて何よりです╰(*´︶`*)╯ヨカタ!

まぁ対中関税引き上げなら、基本的に株価も変調・調整モードで崩れそうなので、株安からの円高を意識してトレードするという方針に変更はありません。

もっとも、関税引き上げの延期、材料出尽くしで反発という可能性もありますから、トレードする際はその辺も踏まえて、昨日以上に戻り売り方向に軸足を置いて、余裕を持ったトレードを心がけたいところでしょう( •ॢ◡-ॢ)ネッ!

やはり今日明日はボラティリティ(変動)が大きくなるでしょうからね。思わぬ損失を被る可能性も高まっていますので、ご注意いただければと思います。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円の今日の下げは力強く、3月安値を更新する約3ヵ月ぶりの安値水準に突入しました。もっとも、攻防のポイントになった109.50円抜けきれずで、一旦はやや反発しています。目先はオプションも絡んで110.00円ラインを背にした売りといった流れです。

まぁ109.50円を下抜けると、底抜けが意識されて一段と下げることが想定されます。日足ベースで見て2月安値の108円台半ばに差し込んでもおかしくはないでしょう。関税引き上げが確定した場合、これを目標に動く可能性はあります。

もっとも、初動で1円ぐらい下げたとしても、織り込まれた部分もありますから、その後は反発して109円前半ぐらいの値動きがせいぜいかなと。場合によっては110.00円の大台に再び乗せてくることもあり得ます。

なので、ノーポジなら現状の水準から軽く売りつつ、一目均衡表の雲・下限(110.316円)や89日移動平均線(110.642円)手前、110.20〜25円、110.55〜60円ぐらいで、売りを追加できると良いのかなと。

損切りは200日移動平均線(111.490円)を明確に超える111.70円に置いて、そこまでチマチマ売れる余裕があれば十分でしょう。

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロ円は沼モード継続!年初の安値以来、4ヵ月ぶりの水準に突入しています。値動き的には、せいぜい戻しても124円台前半ぐらいでしょうし、124円では確実に叩かれて売られるのかなと考えています。

なので、トレード戦略としては、引き続き現状の水準から軽めに売りつつ、123.30円で軽め、123.70円で厚め、124.10円厚めぐらいの感じで売っていけると良さそうです。

損切りは、早めなら124.60円ぐらい、余裕を持ってやるなら89日移動平均線(125.142円)ブレイクの125.30円ぐらいをイメージしています。


大体こんな感じですね。ドル円とユーロ円なら、ユーロ円を売りたいですね。ちなみに、ユーロドルは昨日と全く変わらないので、トレード戦略は昨日の記事を参考にしていただければ。ポンドは1.30ドル台を明確に割り込んでしまったので様子見でしょう|ω'*)ジー

それから、今日明日は不安定な動きで指値をしていても約定がズレるなど、スリッページが発生する可能性が高まっています。思わぬ損失を避けるなら、IG証券のノースリッページ注文の利用も検討していただければと思います。

どんな値動きがあっても絶対に指定レートで約定するため、相場の大変動による想定外の損失を避けることが可能になっています(`・ω・´+)キリッ

絶対に滑らない注文がここにはある!窓開けにも対応で安心です!!!

激しく急騰・急落するポンドは約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、140円割れ、139.90円に逆指値として損切りを設定していたとしても、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということが頻繁にあります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります。

なので、基本的にはポンドをトレードするのはオススメできないのですが、IG証券のノースリッページ注文を使えば、こういったスリッページを完全に回避することができますので、ぜひぜひポンドをトレードしようと考えている方は活用していただければ!

信頼できるFX会社の追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできますので、ぜひ検討していただければと思います。

ノースリッページ注文がオススメな人

とにかくリスクを避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
このように相場の急変は当然として、窓開けに対応していることから、リスクを避けたい人に向いているのは言わずもがなです。また、実は急変時に大勝負を仕掛けていきたいという場合にも、滑らないことが確定しているので安心してトレードすることができるでしょう(`・-・´)/デキル!

つまり、リスクを避けたい初心者の方にも、リスクを取ってトレードしていきたい上級者の方にもオススメなんですね。

しかも、驚くべきことに週明けの窓開けにも対応しています。これは土日に市場が開いていないため、週末にイベントが控えている場合はポジションを持ち越さないようにするという常識を覆すことになります(ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ!!!
これがいわゆる窓開けという現象を示すチャートとなります。週末の終値のレートと、週明けの始値のレートが乖離することで、予期せぬ損失を被ってしまうというものです。

この場合、レートが飛んでいることになるため、通常のストップ注文であれば週明けのレートで約定してしまい、想定とはかけ離れた大損失が計上されることがあります。まさにガード不可といった感じで、週末にマーケットがクローズドしている時に大きな材料が出た場合などにこういった事象が発生します_(꒪꒪」∠)_シヌシヌ…

例えば、週末に111.00円で引けて、逆指値・損切りとして110.50円に注文を入れていても、週明けに110.00円で始まれば逆指値が110.00円で約定してしまいます。これはもう滑る滑らない以前の問題ですが、こういった窓開けという現象で事故ってしまうこともあるため、基本的には週末にはポジションを決済して持ち越さないトレーダーも多いです。

ところが、ノースリッページ注文を設定しておけば、仮に窓開けが発生しても週明けの取引開始時点で必ず指定したレートで約定するため、週末リスクを避けられることになりますから、万が一ポジションを持ち越してしまったとしても安心なんですね(ノ)*´꒳`*(ヾ)ムニムニ

ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる


※トップ画像(ilolab/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【クリスマス12月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK