左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

想定を超えたドル高!円相場も消費増税延期が絡み悩ましい…【5月20日のトレード戦略】

想定を超えたドル高!円相場も消費増税延期が絡み悩ましい…【5月20日のトレード戦略】
先週はなんだかんだドル高。対中関税引き上げからのリスクオフ(回避)の流れに若干緩和する兆しが見えたこと、米国の指標などが好調だったことなどから、ドルがジワジワと押し上げられましたヽ( ・∀・)ノ↑age↑

メイ首相の退陣なども含めて不透明感が増してポンドが売られ、ユーロはユーロでイタリアの財政問題、メルケルの退陣懸念も蒸し返されて売られ、オセアニア通貨は利下げ織り込みから売られる、中国も人民元安で・・・などなど、とにかく消去法的なドル買いといった感もあります。

ドルインデックス(日足)チャート:TradingView

ドルインデックス(複数の主要通貨に対するドルのレートを指数化したもの)は、年初来高値近辺、ちょうど昨年の5月に近い、かなり高い水準にあります。

まぁ関税引き上げはインフレに作用しますから、ドル高という反応は決して間違いではないんですけどね。インフレになればFRBも自ずと利上げをしなければならない。ただ、トランプ大統領はそれを嫌がるでしょうけどw

う〜ん、個人的にはやや想定外のドル高というか、株価の反発もあって思ったほど円高にならないといった印象です。なので、今週はこの流れにどう対応するかが1つのポイントなのかなぁという印象ですね(´ε`;)ウーン…

5月20〜21日の重要イベント&経済指標

・20日
08:50🇯🇵1-3月期GDP・速報値⭐️
・21日
08:00🇺🇸パウエルFRB議長、発言⭐️
10:30🇦🇺豪準備銀行・金融政策会合議事要旨公表
17:30🇬🇧カーニー英中銀BOE総裁、発言
23:00🇪🇺5月消費者信頼感・速報値
23:00🇺🇸4月中古住宅販売件数
日本にとって、明日はいきなり正念場を迎えることになるかもしれません。日本の1-3月期GDP・速報値が発表され、仮にマイナス成長が事実となれば、消費増税論にも影響が出てくるでしょう。この結果を受けて、どのような値動きになるかも注目しておきたいところ。

それでは、明日のトレード戦略について、簡単にまとめておきますので、どうぞよろしくお願いします٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ヨロシク!


消費増税も絡みノイズの多そうな1週間!割り切ったトレードで対応したい

今週は23日未明にFOMC議事録も発表されるので、それ次第の部分もあって悩ましいですね。まぁFRBは利下げはテーマにしてはいないと思いますが、利上げといったスタンスを残しているなら、株安で反応しそうです。

金利の引き上げはドル高材料ですが、株価が下がれば円高の影響の方が大きいですからね。とりあえず、引き続き株価がポイントになるのは間違いなさそう(。_。(゚ω゚ )ウンウン

で、株価の方は堅調でしたからね。トランプ大統領のリップサービスに加え、中国も中国でなんだかんだ言いながらもテンションを下げようとしている印象。資本流出の懸念もありますから、現段階でバチバチに高める必要はないということか。

そうなると、懸念一服の株価小じっかり円相場の押し上げもありそうな雰囲気。ただ、円相場には消費増税というテーマもくすぶりそうで、そこも悩ましいですね(。-`ω´-)ンー…

明日発表のGDP速報値が大きくマイナスに下振れるようだと、消費税増税の延期観測が強まることになるでしょう。これまで、消費増税は円安で反応してきた経緯がありますが、その背景には政府の財政出動や日銀のさらなる金融緩和観測というのがありましたからね。

じゃあ増税延期なら円高なのかというと、そうではありません。財政規律の悪化懸念から円安・・・という解釈もできますからね(*´・д・)(・д・`*)ネー

国内のエコノミストは増税延期について、かなり懐疑的な見方でいますが、海外ではそうではありませんからね。国内エコノミストは前年比で-2.0%近い数字が出れば延期の可能性が出てくると見ているとブルームバーグが報じていましたが、海外勢は前期比・前年比の両方がマイナスになれば、もう延期もあるだろうという見方。

まぁなので、GDPの数字そのものと国内の論調、海外勢の見方などなど、考えることは多そうで、結構悩ましいんですよね。先週はドル円&クロス円のショート・戻り売りで撮り続けられる相場でしたが、下げ止まり感もあり、今週はレンジ含みでトレードの難しいパターンかもしれません(´・ω・`)ショボーン

損切りは浅めに!引き続きユーロ円のショートは手堅そうですが…

ドル円は高値を更新してきたら、さっさと切った方が良いかもしれませんね。円相場がノイジーですし、このままドル高が続くなら、円売りで一段高もあり得ます。

一方で、ドル安ならリスクオフ、円高という流れが想定されやすいわけで、ドル安でユーロの買い戻しはあるかもしれませんが、円高が強く寄与してユーロ円は下がりそう。逆にドル高が継続するのであればユーロ安も続きやすく、ユーロ円の上値を抑えるか↓sage↓⊂(´ω` )⊃↓sage↓

したがって、ドル安・円安・ユーロ高という流れは想定しづらいですからね。上下に値動きが大きくなるので注意は必要ですが、今週も狙うならユーロ円といったところでしょう。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は明日以降、一目均衡表の雲・下限(110.316円)が急速に切り上がっていく形。110円台では売りに叩かれやすそうだが、110円台で小じっかりなら買い戻しも入りそうです。

日足ベースで110.20円ラインは強めのレジスタンス(上値抵抗)となっていますが、ここを抜けると110.00円ラインに絡んだレンジも意識されそうで、悩ましいですね。

89日移動平均線(110.727円)などでは引っかかりそうですが、目先は110.25円ぐらいに損切りを浅めに置いて様子を見たいところでしょう。109.60円ぐらいまで下げるなら、さっさと利益確定。

また、仮にファーウェイ関連の貿易摩擦への懸念で下窓スタートであれば、まずは一旦利食いしてしまいたい。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

吹き値は売りたいが、突っ込み売りは避けたいというのがユーロドルか。ドルインデックスを見るとほぼ1年ぶり近いドル高水準にあり、一段と下げるにはユーロそのものの明確な売り材料が必要でしょう。

ここ最近の経済指標には底入れ感があるので、今週発表の5月PMIが明確に下振れるといった悪材料を確認したい。それまでは、1ユーロ=1.111〜1.126ドルのレンジという認識。

トレード戦略としては、そこまで意味のあるラインではないですが、1.120ドルの節目近辺に21日移動平均線(1.11958ドル)があるので、まずはこの辺りからショートしたい。

抜ければレンジ上限の1.126ドルの手前、1.124〜1.125ドルぐらいの水準では厚めに売っておきたい。損切りは89日移動平均線(1.12918ドル)と1.130ドルの節目を抜けた1.131ドルぐらいに置いておけば良いでしょう。

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロ円は下抜けには失敗しているものの、引き続き上値は重そうで上値余地も小さいでしょう。現状のレートから軽く売りつつ、反発すれば30〜50銭毎に売りポジ追加で、122円台前半では利食いといった感じでしょう。

問題なのは、損切りをどこに置くかで、早めなら123.70円、遅めなら89日移動平均線(125.034円)ブレイクといったところ。まぁこの辺は先週獲得した利益を確保できるぐらいの損失許容度で決める、といった感じでしょうかね。全額消えるようなポイントに損切り置くのは悲しいですからね。


まぁトレードについては、大体こんなところでしょうか。ポンドは引き続き様子見。結構エグい値動きになっています。結局、ドル高のピークが今なのか、もう一段あるのかが読めないですからね。限界に近いといえば近いのですが、ドル以外の通貨が弱すぎる(円は除く)ので、なんとも言えない状況になっています。

ドル高が終われば、自ずとある程度は円高の流れに回帰していくことになるかと思いますが、円相場は円相場で先ほども書いたように消費増税の延期といったノイズもあります。

なので、米中貿易戦争へのリスクも一巡しましたから、今週は決め打ちよりも次の材料の確認、一旦は方向性を探っていくことを考えましょうということで、まとめとさせていただきます。

それから、2週続けての窓開けとなり、レートがずれて損切り注文が約定した方もいると思いますが、週末にポジションを持ち越す際はIG証券のノースリッページ注文も検討していただければと思います。

窓が開けた時でも絶対に指定レートで約定するため、このような窓開けの週末リスクを避けることが可能になっていますヾ(o・`ω・)ノ キリッ.:゚+

絶対に滑らない注文がここにはある!窓開けにも対応で安心です!!!

激しく急騰・急落するポンドは約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、140円割れ、139.90円に逆指値として損切りを設定していたとしても、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということが頻繁にあります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります。

なので、基本的にはポンドをトレードするのはオススメできないのですが、IG証券のノースリッページ注文を使えば、こういったスリッページを完全に回避することができますので、ぜひぜひポンドをトレードしようと考えている方は活用していただければ!

信頼できるFX会社の追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできますので、ぜひ検討していただければと思います。

ノースリッページ注文がオススメな人

とにかくリスクを避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
このように相場の急変は当然として、窓開けに対応していることから、リスクを避けたい人に向いているのは言わずもがなです。また、実は急変時に大勝負を仕掛けていきたいという場合にも、滑らないことが確定しているので安心してトレードすることができるでしょう(`・-・´)/デキル!

つまり、リスクを避けたい初心者の方にも、リスクを取ってトレードしていきたい上級者の方にもオススメなんですね。

しかも、驚くべきことに週明けの窓開けにも対応しています。これは土日に市場が開いていないため、週末にイベントが控えている場合はポジションを持ち越さないようにするという常識を覆すことになります(ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ!!!
これがいわゆる窓開けという現象を示すチャートとなります。週末の終値のレートと、週明けの始値のレートが乖離することで、予期せぬ損失を被ってしまうというものです。

この場合、レートが飛んでいることになるため、通常のストップ注文であれば週明けのレートで約定してしまい、想定とはかけ離れた大損失が計上されることがあります。まさにガード不可といった感じで、週末にマーケットがクローズドしている時に大きな材料が出た場合などにこういった事象が発生します_(꒪꒪」∠)_シヌシヌ…

例えば、週末に111.00円で引けて、逆指値・損切りとして110.50円に注文を入れていても、週明けに110.00円で始まれば逆指値が110.00円で約定してしまいます。これはもう滑る滑らない以前の問題ですが、こういった窓開けという現象で事故ってしまうこともあるため、基本的には週末にはポジションを決済して持ち越さないトレーダーも多いです。

ところが、ノースリッページ注文を設定しておけば、仮に窓開けが発生しても週明けの取引開始時点で必ず指定したレートで約定するため、週末リスクを避けられることになりますから、万が一ポジションを持ち越してしまったとしても安心なんですね(ノ)*´꒳`*(ヾ)ムニムニ

ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる


※トップ画像(Willrow Hood/Shutterstock.com)

(奉´ω`祝)ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【令和元年6月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大104,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

About The Author

ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK