左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【速報】メイ英首相辞任!ポンドへの影響は?ボリス・ジョンソン首相爆誕へ…【5月23〜24日のトレード戦略】

【速報】メイ英首相辞任!ポンドへの影響は?ボリス・ジョンソン首相爆誕へ…【5月23〜24日のトレード戦略】
メイ首相が24日に辞任するとの速報が。元々辞任は避けられないとされていたものの、ここにきて相次いで閣僚が辞任したこともあり、もはや政権維持は難しいとの判断でしょう。メイ首相、メイ(5月)に去る!

まぁ先日、新たなブレグジット(EU離脱)の計画として発表したプランが、野党・労働党はおろか、メイ首相率いる与党・保守党からもボロカスにこき下ろされましたから、もうどうしようもないですしね(´・ω・`(´・ω・`(´・ω・`)ジェットストリームショボーン

もし離脱協定案が可決されたなら、そのタイミングで2度目の国民投票を議会に提案・採決すると、一応は残留派の多い労働党に譲歩した形ではありましたが、そもそも国民投票に法的拘束力はないですからね。

離脱協定案が可決されたら、もうオシマイじゃねーか、ペテンだと労働党から批判されたわけです。また、2度目の国民投票というのは、そもそも禁じ手ですからね。一度、国民から示された意思をひっくり返すような行為に対して与党・野党問わず非難轟々と、まさに踏んだり蹴ったりですヽ(#゚Д゚)ノ┌┛))`Д)・;,

とまぁこんな感じなので、今日は今後のポンドの展望などを含めてトレード戦略を解説していきたいと思います。

5月23〜24日の重要イベント&経済指標

・24日
20:30🇪🇺ECB理事会議事要旨(4月10日開催分)
21:30🇺🇸新規失業保険申請件数
22:45🇺🇸5月製造業PMI・速報値
23:00🇺🇸4月新築住宅販売件数⭐️
・25日
07:45🇳🇿4月貿易収支
08:30🇯🇵4月全国消費者物価指数
17:30🇬🇧4月小売売上高
21:30🇺🇸4月耐久財受注

🇪🇺欧州議会選挙(23〜26日)
ちな、今日明日の指標はこんな感じです。先ほど発表された欧州のPMI(購買担当者景気指数)の速報値はドイツが下振れていましたから、相変わらずユーロを買う理由はないですね。


まずは合意なき離脱を織り込み!ボリス・ジョンソン首相誕生がピーク?

新首相はボリス・ジョンソンになることが既定路線です。背景には世論調査で1番人気であることはもちろんのこと、寄付金集めでも他の候補者を圧倒しているという点ですね。あの容姿に加え、二枚舌禿がどうして人気なのか、日本人である私には到底理解できません・・・(乂∀・)┌┛)`д) ;∴ コトワルキック!!

そして、相場的には合意なき離脱を織り込んで行くことになるでしょう。ボリスが離脱強硬派であることはもちろん、そもそもの問題として新首相の選出となれば、単純にスケジュール的にリミットが迫りますからね。

マクロン仏首相が最後の最後まで反対して、12月末という離脱期限が10月末に変わった経緯を踏まえれば、離脱期限の再再々延長、3度目の延期というのは現実的ではないですしね(ヾノ・ω・`)ムリムリ

で、まずはボリスが新首相となることは当然として、次の展望を考えることになりますが、いずれにせよ解散総選挙というオプションがあるぐらいで、基本的には合意なき離脱は避けられないという見方で一致するのかなと。

だって、もうどうしようもないですからね。メイ首相は最低でも合意なき離脱は避けたいとして頑張ってきたわけですが、ボリスがそこまで頑張るかといえば疑問です(?_?)ナサソウ…

ボリス人気が爆発して保守党大人気、解散総選挙で議席伸ばせそう、あるいはファラージ率いるブレグジット党と協力して過半数を取れそうという話であれば、世論に配慮してEUとの協定案を可決して、円満解決、ボリス安定政権へ・・・というシナリオも考えられますが、やや薄そうですしね。

ボリス新首相誕生後の英国

何も決まらないまま10月31日を迎える
合意なき離脱へ
解散総選挙で過半数を獲得する
協定案可決の可能性も
解散総選挙で過半数を獲得できない
何も決まらず合意なき離脱へ
ボリス後の世界はこんな感じですかね。う〜ん、ボリスがトチ狂わない限り、合意なき離脱になるんじゃないかなと思います。あとは解散総選挙が実施されて、離脱派が過半数を獲得できるかどうかでしょう(´・ω・`))´-ω-`))ウン

過半数獲得なら、協定案可決による離脱ということが織り込まれ、ポンドは上昇しそうですが、かなり先の話になりそうです。

トレード戦略:引き続きユーロの戻り売りが手堅い、ポンドは下値を探る

引き続きユーロの戻り売りが一番手堅いとは思いますけどね。今週はユーロ円をトップトレードとしていましたが、しっかり安値も更新しましたし、まずまず勝利できましたよね(*`・_・´*)ドヤ♪

そして、質問の多いポンドについては、まずは下値を探りに行くとは思いますが、合意なき離脱もかなり織り込まれているので安易に売るのはオススメできません

ポンドは少し長い目で見てじっくり拾っていくか、あるいは材料が出て吹いた時に冷静に情報を精査して売っていくかのどちらかかと思います。下手に売ると底ショートになって死ねますからね⊂ ´⌒⊃_ _)⊃~* シンダ

あとは、ドル高もかなり進んでいますので、ドルが崩れてドル安の流れが加速することも想定しておいた方は良いのかなと。そう考えると、ポンドドルなどは売りにくいように思います。

ユーロドル&ユーロ円:吹き値があれば売り!まずは戻り待ちスタンスで…

ちょっとドルも強すぎますからね。特にユーロドルは下値も限られますから、まずは戻りを待ちたいところ。ユーロ円は円相場次第です。ショック相場になれば、あっさり下抜けも十分あり得ますから、リスクオフで追いかけるならユロ円かなといった気はします。

また、欧州議会選が今日から開催されていますが、本質的にユーロへの影響はないように思います。もっとも、EU懐疑派が躍進することが想定されていますので、政治問題がユーロの上値を抑える状態が続く可能性は高いでしょう。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

上値を切り下げる流れが、ずーっと続いているんですよね。テクニカル的には、目先は21日移動平均線(1.11835ドル)が上値を抑える格好ですから、まずは1.118〜1.120ドルぐらいまで戻りを待って売っていけば良いでしょう。

このレジスタンス(上値抵抗)を抜けると、今月高値の1.125〜1.126ドル近辺が意識されますから、ここまで戻せば厚めに売りポジ追加で。損切りは89日移動平均線(1.12813ドル)ブレイク、あるいは1.131ドルぐらいに置いておきたいところ。

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロ円は再びジワジワと沼モード。円相場が読みにくいのでツッコミ売りも怖いですが、今週の展望記事でも書いたように、現状で円安・ドル安・ユーロ高という流れになる可能性は低いかと。ドル売りの流れになれば円高になるのが道理ですし、引き続きユーロ円のショート・戻り売りがトップトレードです。

ドル円が大きく崩れるなど、リスクオフになればツッコミ売りも検討したいですが、まずは戻りを待ちたいところでしょう。まずは123.00円前後から軽く売りつつ、21日移動平均線(123.605円)手前ぐらいで厚めに売りポジを追加したい。

抜けると124.00円の節目ラインを試すことになるでしょうが、そこでもしっかり売りポジを追加できる余裕を持っていれば大丈夫でしょう。損切りは89日移動平均線(124.971円)ブレイクの125.10円レベルに置いておきたい

ポンドドル&ポンド円:ドル高が一巡すればいずれ…ポポポーンドに注意!

ポンドをトレードしたい人は多いようですが、はっきり言って今はかなり難しいです。マーケットも次の動きを思案中で、明確な流れはないですからね。少し長い目で見てポンドルをコツコツ買っていく以外は、材料次第といったところでしょう。

繰り返しになりますが、合意なき離脱という流れも相当織り込まれており、仮に合意なき離脱が決まっても1.25ドルが下限となるというのがエコノミストのコンセンサスでしたからね。

まぁ昨年よりはドル高が進んだので、もう一段ぐらいは下げ余地がありそうですが、フラッシュ・クラッシュ的な動きを除けば1.23〜1.24ドルぐらいがせいぜいというのが考え方かと思います。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

買うならポンドドルかと思いますが、底を明確に確認してからで良いでしょう。ボリス新首相が爆誕してからでも、遅くはないと思います。

やや売られすぎなので、売る場合は1.270ドルぐらいまで戻ってくるのを待ちたいところ。メイ首相の報道からポンドは売られていますが、一巡すればジワジワと戻す流れになると思います。

1.280ドルラインは比較的強めのレジスタンスになりますから、ここを抜けた1.282ドルぐらいに損切りを置いて、1.270ドル手前ぐらいから軽く売っていく程度でしょう。利食いは状況に応じて、細かくやっていくしかないですね。

ポンド円(日足)のチャート:外為どっとコム

英国発の材料がきっかけでリスクオフに傾くなら、ポンド円の方を追っかけて売りたいところではあります。ポン円の方が下値余地はずっとありますからね。もっとも、急騰・急落と荒れた値動きになりますから、他の通貨ペアよりも、ポジションはより軽めに取りたいところ。

目先は140.00円の節目よりも、141.00円前後でシコった経緯があるので、最低でも140円ぐらいまで戻してきたところを軽めに叩いてショートしていきたい。

どこまで意味があるかは難しいですが、142.00円を超えてきたら、一旦損切りでしょうね。ポンドのトレードは、ズルズル行くと終わりというか、値動きが激しいので気がついた時には取り返しのつかないことになりがちですから、事前に損切りラインは決めておきましょう。


こんなところでしょうかね。まぁメイ首相の新しい提案など、クソみたいな材料をきっかけに吹けばポンドは売ろうかなといった感じです。その辺は情報を精査しながらやっていきます。リアルタイムでツイッターでつぶやいていますから、フォロー頂ければと思います(=´ー`)ノヨロシク


それから、ポンドは大きな値動きをしがちで、通常のFX会社だと損切りの逆指値をしていても大きくズレることがありますから、IG証券のノースリッページ注文を利用することを検討いただければと思います。

フラッシュクラッシュだろうが、どんな大きな値動きがあろうと逆指値が指定レートで滑らず約定しますからねヾ(o・`ω・)ノ キリッ.:゚+

絶対に滑らない注文がここにはある!窓開けにも対応で安心です!!!

激しく急騰・急落するポンドは約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、140円割れ、139.90円に逆指値として損切りを設定していたとしても、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということが頻繁にあります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります。

なので、基本的にはポンドをトレードするのはオススメできないのですが、IG証券のノースリッページ注文を使えば、こういったスリッページを完全に回避することができますので、ぜひぜひポンドをトレードしようと考えている方は活用していただければ!

信頼できるFX会社の追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできますので、ぜひ検討していただければと思います。

ノースリッページ注文がオススメな人

とにかくリスクを避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
このように相場の急変は当然として、窓開けに対応していることから、リスクを避けたい人に向いているのは言わずもがなです。また、実は急変時に大勝負を仕掛けていきたいという場合にも、滑らないことが確定しているので安心してトレードすることができるでしょう(`・-・´)/デキル!

つまり、リスクを避けたい初心者の方にも、リスクを取ってトレードしていきたい上級者の方にもオススメなんですね。

しかも、驚くべきことに週明けの窓開けにも対応しています。これは土日に市場が開いていないため、週末にイベントが控えている場合はポジションを持ち越さないようにするという常識を覆すことになります(ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ!!!
これがいわゆる窓開けという現象を示すチャートとなります。週末の終値のレートと、週明けの始値のレートが乖離することで、予期せぬ損失を被ってしまうというものです。

この場合、レートが飛んでいることになるため、通常のストップ注文であれば週明けのレートで約定してしまい、想定とはかけ離れた大損失が計上されることがあります。まさにガード不可といった感じで、週末にマーケットがクローズドしている時に大きな材料が出た場合などにこういった事象が発生します_(꒪꒪」∠)_シヌシヌ…

例えば、週末に111.00円で引けて、逆指値・損切りとして110.50円に注文を入れていても、週明けに110.00円で始まれば逆指値が110.00円で約定してしまいます。これはもう滑る滑らない以前の問題ですが、こういった窓開けという現象で事故ってしまうこともあるため、基本的には週末にはポジションを決済して持ち越さないトレーダーも多いです。

ところが、ノースリッページ注文を設定しておけば、仮に窓開けが発生しても週明けの取引開始時点で必ず指定したレートで約定するため、週末リスクを避けられることになりますから、万が一ポジションを持ち越してしまったとしても安心なんですね(ノ)*´꒳`*(ヾ)ムニムニ

ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる


※トップ画像(Frederic Legrand - COMEO/Shutterstock.com)

(奉´ω`祝)ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【令和元年6月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大104,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

About The Author

ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK