左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【7月5日のトレード戦略】米6月雇用統計の展望・解説!為替市場の利下げ織り込みは足りないか?

【7月5日のトレード戦略】米6月雇用統計の展望・解説!為替市場の利下げ織り込みは足りないか?
明日は月に一度のお祭りイベント、米国の6月雇用統計が発表されます。月末のFOMC(米連邦公開市場委員会)における利下げを占う重要なイベントですから、最大限注目しておきましょう|ω'*)ジー

7月5日の重要イベント&経済指標

15:00🇩🇪5月製造業新規受注
21:30🇺🇸6月雇用統計⭐️⭐️⭐️
今日は独立記念日でNY市場がお休みなので、偶発的な材料でもなければ基本的にはヨコヨコでしょうね。まぁ明日も含めて米国は休暇モードなので、雇用統計で意外と大きな値動きになる可能性に警戒しておきたいところです。


非農業部門雇用者数に注目!為替市場の利下げ織り込みは足りない?

明日の雇用統計はNonfarm Payroll・非農業部門雇用者数を重視したいと考えています。これまでは利上げのタイミング、回数を占う意味で平均時給(賃金上昇率)を注視していましたが、FRB(米連邦公開市場委員会)は利下げスタンスに舵を切りましたからねd(`д´*)ネッ!

なので、利下げのタイミングはいつか、どれだけ米国の経済が停滞しているのかを判断する上で、今後はNFP(非農業部門雇用者数)を重要視するというわけです。

まぁ利下げについては、金利先物市場は100%の確率で7月30-31日のFOMCで行われると織り込んでいますが、為替市場では、ドルの値動きを見る限り、そこまで織り込まれていないように思います(´・ω・ヾノ)ナイナイ

株高の円売りサポートもあってドル円はジワリと上がっていますし、ECB(欧州中銀)の緩和期待、ハト派のラガルド専務理事が次期ECB総裁ということでユーロ売りからユーロドルの上値が抑えられていて、まだそこまでドル安が進んでいないんですよね。

したがって、非農業部門雇用者数が大きく下振れた場合、ドル安が強めに出る可能性を重く見ておきたいと考えています\(`・ω・´+)ココダイジ!

パターン1:NFPが予想を上回った場合はユーロドルのショートで対応したい!

NFPは前月比で+16.3万人となっています。前回が+7.5万人と大きく下振れしていたことから、反動増が期待されています。まぁ前月比なので悪かった月の次というのは、嫌でも伸びやすいですからね。

仮にNFPが+16.3万人をしっかり上回って+20.0万人を超えてきた場合、労働市場の堅調さ意識で7月末の利下げ織り込みが後退し、ドル高になる可能性が高いでしょうヽ(`Д´)ノボッキアゲ!

今現在、ECBの利下げ、新たな金融緩和策はまだそれほど織り込まれていませんが、仮にFRBが利下げを先送りするのであれば、金融政策のスタンスは鮮明となりますから、そういった意味で、このパターンならユーロドルのショート・戻り売りが最も有効になると考えています。

もちろん、前回分のNFPに大きな下方修正があったりした際には、その辺も加味して考える必要があります。例えば、5月分のNFPは+7.5万人ですが、+1.0万人に下方修正されれば、6月のNFPが事前予想の+16.3万人を上回るのは当然ですからね(。・ω-)(-ω・。)ネー

また、平均時給は前月比+0.3%・前年比+3.2%と予想されていますので、こちらも予想並であることが前提です。−0.2%以上の下振れがあった場合はNFPが上振れしても割り引いて考えましょう。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

モミ合い色が強まった理由は、ユーロ安ですね。繰り返している通り、これまで織り込まれていなかったECBの利下げ・緩和材料が出てきたことが大きいでしょう。ドル安が支えですが、ユーロ安で身動きが取れずです。

今は一目均衡表の雲・上限(1.12776ドル)で下げ止まる格好です。引き続き、トレンドライン89日移動平均線(1.12497ドル)は固そうですし、日足ベースで1.120ドル前後も底固そうなポイントなので、まずはこのあたりが利食いポイントでしょう。

仮に1.120ドルを割り込む場合は1.115ドルぐらいまで見ても良いと思いますが、反転に警戒しながら慎重にやりたいですね。

パターン2:NFPが予想並、予想を上回っても前月分が下方修正された場合は様子見

基本的に全戻し想定ですね。仮にNFPが事前予想を上回る数字になったとしても、前月比がそれ以上に下方修正されていれば意味ないですからね(ヾノ・ω・`)ナイナイ

このパターンは平均時給なども含めてトータルで見ていく必要がありますし、難しいですから、まずは様子見・・・というか、方向性が出ない可能性が高いので、次の材料探しですね。戦略練り直しです。

パターン3:NFPが予想を大幅に下回った場合はドル円ショートを狙いたい!

この場合は為替市場でも利下げ織り込みが進むパターンですね。NFPが+10.0万人を割り込むような一桁万人台となれば、ドルが売られるでしょう。米経済ピークアウト観測から株価も下げて円高に寄与しそうなので、それも含めてドル円ショート・戻り売りという戦略です↓sage↓⊂(´ω` )⊃↓sage↓

もちろん、利下げが確定的となったことを好感して、株価が下げ渋る可能性もあるので、その辺は株価の値動きも見ながら利食いのタイミングを探るなど、フレキシブルに対応していきましょう。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

まぁ明日、期待感でドル円が上昇して108円台に乗せてくるなら、売っちゃって良いと思うんですよね。目先は108.00円の節目ちょうどにある21日移動平均線(108.030円)が目標で、ここをブレイクすれば、もう一段あるかなと。

もっとも、日足ベースのレジスタンスになっている108.50〜108.60円は、材料なしにそう簡単に抜けないでしょうから、108円台では厚めに売っておいても良いかなと。

逆に目先の底となっている107.50円を割り込んでくると、107.00円や106.77円といった水準を狙いに行きそうなので、状況に応じて利食いを検討したいところでしょう。


明日の雇用統計に関しては、大体こんな感じで見ています。個人的には悪化しそうな気がするんですけどねw NFPが前月比で+16.3万人と予想されていますが、その根拠のほとんどは、前回分が極端に弱かった反動増ですからね。

というわけで、まずはドル円ショートを狙おうかなと・・・まぁ直前の状況、値動きなどにもよって変わるので、詳しい戦略については、また明日にブログやツイッターでお知らせしますが、パターン別のトレードアイディアはこんな感じですc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

今週は大きな窓開け!持ち越すならノースリッページ注文でリスクを回避

今週は大きな窓開けとなりましたが、ポジションを持ち越す際はIG証券のノースリッページ注文でリスクを完全に回避しましょう(`・ω・´)シャキーン

相場の急変、レート飛びは当然として、週明けの窓開けリスクにも完全対応していますからね!

ちなみに、窓開けとは週末クローズドのレートと、週明けスタートのレートの乖離が発生することですね。これに泣かされた経験がある方も多いことでしょう。
これは今週の豪ドル円の窓開けチャートです。ローソク足とローソク足の間にぽっかりと穴が空いたようになっています。大変動でレートが飛んだ時もこのようなチャートになります。通常のFX会社の場合、この空白のあるレート帯では注文が約定しません\(^o^)/オワタ

例えば、このチャートのように週末に75.900円に損切り注文を置いて売りポジションを持ち越したとしましょう。

この場合、通常のFX会社の損切り注文、逆指値をした場合はオープン時のレートである76.025円で約定してしまいます。こうやって持ち越しをして大火傷をしてしまうことがあるため、なるべく持ち越さないことを推奨しています(乂∀・)ダメダメ

しかしながら、IG証券のノースリッページ注文を行なっていれば、週明けにどんな大きな窓が開いたとしても75.900円で損切り注文が約定するんですね。

このようにIG証券のノースリッページ注文を使うことで、ポジションの持ち越しがしやすくなりますし、損失を確定させて窓開けに期待するトレードもしやすくなり、戦略も広がることになります!

当然ですが、窓開けはもちろんのこと、フラッシュクラッシュなど、どんな値動きでも必ず指定レートで約定しますから、追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできます(•̀ᴗ•́)و ̑̑グッ!

ノースリッページ注文がオススメな人

予期せぬ損失を避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
安心してポジションを持ち越したい人
追証なしのゼロカットシステムを探していた人
初心者から上級者まで、リスクを避けたい人にはオススメの注文方法となります。若干の手数料(平時で1万通貨あたり100〜200円)がかかりますが、万が一の時に必ず約定すると考えれば高いとは思いません。むしろ、安いと感じるレベルですね。
ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる

ちなみにIG証券はノックアウト・オプションでも人気です。こちらの記事もお読みいただければと思います↓

※トップ画像(Aaron Amat/Shutterstock.com)

(人´∀`*)[]ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【七夕7月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大104,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

About The Author

ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK