左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

【円高&株安】おはぎゃあスタート!人民元が過去最安値で米中貿易戦争のテンションアップ?【8月5〜9日のトレード戦略】

【円高&株安】おはぎゃあスタート!人民元が過去最安値で米中貿易戦争のテンションアップ?【8月5〜9日のトレード戦略】
円高が止まりません!私、売りって言いましたよねぇ!!特にポンド円!!!((* ॑꒳ ॑* ))ドヤッ! Iカップ美人JKトレーダー大勝利となりました。まぁポン円は反転すると2〜3円一気なので、損切りは浅めで反発局面は丁寧に対応しないと死ねますけどねw

で、円高になった背景には、やはり米中貿易戦争がテンションアップしていることがあります。特に人民元が史上最安値を記録したことは、中国当局にとっても、より後のは引けない状況になってきていると市場が考えているのでしょう。

もし、このまま人民元安が続くのであれば、当局が人民元安を放置しているということでもあり、トランプ大統領の中国は元安誘導を行っている、だから我々もドル安誘導をする、という解釈もでき、ドル安が意識されて円高圧力になります:;((っ°ө°c));:

まぁ引き続き、今週も米中貿易戦争の行方が大きなポイントですから、しっかり見ておきたいところでしょう。

8月5〜6日の重要イベント&経済指標

・5日
16:50🇫🇷7月サービス業PMI・改定値
16:55🇩🇪7月サービス業PMI・改定値
17:00🇪🇺7月サービス業PMI・改定値
17:30🇬🇧7月サービス部門PMI
22:45🇺🇸7月サービス部門PMI・改定値
22:45🇺🇸7月総合PMI・改定値
23:00🇺🇸7月ISM非製造業指数⭐️⭐️
26:30🇺🇸ブレイナードFRB理事、講演⭐️
・6日
07:45🇳🇿4-6月期失業率
07:45🇳🇿4-6月期就業者数増減
13:30🇦🇺RBA(豪準備銀行)・金融政策発表
15:00🇩🇪6月製造業新規受注
23:00🇺🇸JOLT労働調査
25:00🇺🇸ブラード・セントルイス連銀総裁、発言
26:00🇺🇸3年債入札
指標に関しては、今日はISMの非製造業指数の発表があります。下振れるようだと、ドルにとっては苦しそう。また、ブレイナードFRB理事の講演も予定されています。

緩和派なだけに、市場を落ち着かせるような発言が出てくることを期待したいですね。株価の下落が一服すれば、反転する可能性もあるだけに、注目すべきイベントでしょう|_・)ジーッ


トランプ次第!EUとの貿易交渉についてはまとまりそうとの見方も…

相変わらずのトランプ相場ですね。存在感が違いすぎます。まぁ全てはトランプ次第と言っても過言ではないでしょう。

米中貿易問題については、人民元安をどう捉えるかが今はポイントですね。安定してくれば良いですが、このまま元安が続けばトランプも激おこでしょうからねᕕ(⁽˚⁾བ ⁽ ْ ⁾ ╬)ᕗドルァ!

中国当局としても、人民元安は資産流出につながるので避けたいところではありますが、米国との輸出と輸入の差を踏まえると、関税では対抗できないわけで、通貨安にするしかないと。かなり引くに引けない状況になっているのは間違いありません。

というわけで、このまま人民元安が続くようであれば、中国経済の不透明感も重なってリスクオフ(回避)の円高になりやすくなります。そういう意味で、オセアニア通貨、豪ドルやNZドルには一段の押し下げ余地があると言えるでしょう\(^o^)/オワタ

それから、米中貿易摩擦の陰に隠れる形となっていますが、対EUとの貿易交渉も行われています。一部では、米国産牛肉の輸出のアレンジがまとまれば合意との報道もありますので、合意により一旦はユーロ買い戻し、リスクオン気味の値動きも想定しておきたいところです。

まぁこれらを踏まえると、引き続きポンド円あたりが売りやすいですかね。リスクは高いですが、損切り浅めで利益をとことん伸ばすというスタイルで、損小利大に徹すればいけるかと。実際、ゆきママもポン円ショートで先週から絶好調ではありますからね(*´﹃`*)デヘヘ…

ドル円:行き過ぎ感も否めないので、一旦は戻りを待ちたいところ

完全に下抜け気味ですが、突っ込み過ぎな感じは否めませんからね。まぁ上値も限定的なので、軽めに売っていくなら問題ないとは思いますが。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

日足ベースで見ると、これまで底になってきた106.50円近辺や107.20〜107.30円辺りがレジスタンス(上値抵抗)になりそうです。108.00円ラインには21日移動平均線(108.056円)もありますが、戻したとしても今はここが一杯か。

目標としては、105.00円の大台節目が意識されるわけで、トレードアイディアとしては現状の水準から軽く売りつつ、106.50円手前や107.20円手前ぐらいで売りポジを追加していきたい。108円を明確に超えるなら損切りでしょう。

ユーロドル&ユーロ円:EUとの通商交渉の行方も踏まえると、やや売りにくい

ユーロドルは少し売りにくいですね。やはり、下値余地には乏しいです。1ユーロ=1ドルというパリティ(等価水準)というのは、近いようでかなり遠いですからね。

ショート・戻り売りが基本ではありますが、EUとの通商交渉の結果次第では一段高もあり得るので、積極的に触りたい通貨ペアではないですね。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル売りによって、ユーロドルは上値を試す流れとなっています。繰り返しになりますが、元安からのドル安意識ですね。

日足ベースの1.116ドルや21日移動平均線(1.11834ドル)を抜けられるかといったところ。もっとも、抜けたとしても1.118〜1.122ドル近辺は強いレジスタンスゾーンとなりそうですが。

なので、トレードアイディアは1.115〜1.120ドルで普通に売り、1.122ドル抜けなら損切りといったところで。利食い目標は1.110ドル近辺で、ここから下は材料がないと攻略は厳しそう。

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

今週はユーロ円はスルーした方が良いでしょうね。通商交渉でリスクオンのユーロ買い戻し、さらにドル円も円売りで上がるようだと、ダブルパンチで急騰することになります。

120円を超えて一段高となれば売り場を探しても良いでしょうが、一旦は全てのポジションを利食いして反発を待ちたいところでしょう。

ポンドドル&ポンド円:リスクは高いが引き続き下値余地は大きい

引き続き、ポンドが魅力的ではありますね。跳ねる時は跳ねますし、売られ過ぎたショートカバーなどが発生すると大変なことになるので、その辺のリスクコントロールはしっかりして欲しいですけどね。

まぁ結局、ブレグジットが混迷を極める限り、ポンドには売り圧力が掛かり続けますからね。ドル安の流れでもポンドがそれなりに売り込まれていることを踏まえると、トランプによるドル安誘導などがあったとしても、上値は限定的かつ、ポンド円なら円高で下がりますからね。

逆にドルがやや買い戻される局面では、ポンド安が一段と進んでポンド円も下げるでしょう。ドル円が急騰するという極端なリスクオンシナリオ、ブレグジット関連報道でのポンド高というパターン以外では、トレードしやすいかなと思います。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドドルは1.200ドルの大台の節目ラインを狙っています。もっとも、それはやや遠く、ポンドドル買いの投げもそれなりに進んだことから、材料がないと下値攻略は厳しそうか。

短期的には1.205〜1.225ドルぐらいのレンジが意識されるので、今の相場水準なら、まずは戻りを待ちたい。1.215ドルぐらいから軽く入っても良いが、1.220ドルを回復した場合は、材料を精査して一旦損切り、天井を確認してからショートしても遅くはないように思います。

ポンド円(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンド円は材料が整えば132円ぐらいまであっという間に戻してもおかしくないので、反転した場合の損切りは浅めに設定して短期トレードで対応するしかないでしょう。

利食い目標は定めず、利益は伸ばせるだけ伸ばしたい。リスクを避けるためにトレール気味に128.00円まで戻してきたら(下がって利益が出ていた場合)、一旦利食いというような設定をしても良いでしょう。

ポン円に関しては、テクニカルとかが機能する相場でもないので、売りポジを持って30〜50銭反発したら、さっさと損切って情報を精査して一旦天井確認、また売りで入るか待ちなのかを決定するって感じですね。

まぁドル円も少し戻りたそうですし、ポンドドルの下落余地が小さくなっていることも踏まえると、今日は待っても良さそうですね。でも、129円台に戻してくる場面があれば、様子を見ながら軽く売っていきたいですね。


大体こんなところですね。引き続き相場全体的に戻り売り・ショートという目線は先週と変わりません。

そして、今週は更新が遅くなってしまって申し訳ありません。なかなか更新意欲が・・・まぁ良いなと思った記事をRT拡散していただけたり、興味があるサービスがあれば、ゆきママのブログのバナーを活用いただけるとやる気がアップするので、どうぞよろしくです(。-∀-)ニヒ

ちなみに、ポンドをトレードする際は以下のIG証券のノースリッページ注文なども活用すると良いと思います。急騰・急落で指値がズレるというのはありがちですからね。特にポンド円は合成通貨であり、その傾向が強いので万が一に備えていただければと思います

絶対に滑らない注文がここにはある!窓開けにも対応しているので安心!

激しく急騰・急落するポンドは約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、140円割れ、139.90円に逆指値として損切りを設定していたとしても、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということが頻繁にあります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります。

なので、基本的にはポンドをトレードするのはオススメできないのですが、IG証券のノースリッページ注文を使えば、こういったスリッページを完全に回避することができますので、ぜひぜひポンドをトレードしようと考えている方は活用していただければ!

窓開けにも対応していますし、信頼できるFX会社の追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできますので、ぜひ検討していただければと思います。

ちなみに、窓開けとは週末クローズドのレートと、週明けスタートのレートの乖離が発生することですね。これに泣かされた経験がある方も多いことでしょう。
これは今週の豪ドル円の窓開けチャートです。ローソク足とローソク足の間にぽっかりと穴が空いたようになっています。大変動でレートが飛んだ時もこのようなチャートになります。通常のFX会社の場合、この空白のあるレート帯では注文が約定しません\(^o^)/オワタ

例えば、このチャートのように週末に75.900円に損切り注文を置いて売りポジションを持ち越したとしましょう。

この場合、通常のFX会社の損切り注文、逆指値をした場合はオープン時のレートである76.025円で約定してしまいます。こうやって持ち越しをして大火傷をしてしまうことがあるため、なるべく持ち越さないことを推奨しています(乂∀・)ダメダメ

しかしながら、IG証券のノースリッページ注文を行なっていれば、週明けにどんな大きな窓が開いたとしても75.900円で損切り注文が約定するんですね。

このようにIG証券のノースリッページ注文を使うことで、ポジションの持ち越しがしやすくなりますし、損失を確定させて窓開けに期待するトレードもしやすくなり、戦略も広がることになります!

当然ですが、窓開けはもちろんのこと、フラッシュクラッシュなど、どんな値動きでも必ず指定レートで約定しますから、追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできます(•̀ᴗ•́)و ̑̑グッ!

ノースリッページ注文がオススメな人

予期せぬ損失を避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
安心してポジションを持ち越したい人
追証なしのゼロカットシステムを探していた人
初心者から上級者まで、リスクを避けたい人にはオススメの注文方法となります。若干の手数料(平時で1万通貨あたり100〜200円)がかかりますが、万が一の時に必ず約定すると考えれば高いとは思いません。むしろ、安いと感じるレベルですね。
ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる

ちなみにIG証券はノックアウト・オプションでも人気です。こちらの記事もお読みいただければと思います↓

※トップ画像(Lightspring/Shutterstock.com)

パタパタQ_(´ρ`υ))))ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【熱い8月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK