左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【メルケル砲】G7を睨んでポンド乱高下!イタリアは首相辞任→解散総選挙?【8月21〜22日のトレード戦略】

【メルケル砲】G7を睨んでポンド乱高下!イタリアは首相辞任→解散総選挙?【8月21〜22日のトレード戦略】
今週末に開催されるG7首脳会議を前に政治の動きが加速してきましたね。昨日今日はブレグジットの絡みでポンドが乱高下となっており、神経質な値動きとなっています:(´◦ω◦`):アワワ…

昨日、ボリス・ジョンソン英首相が独仏に妥協を要求したものの、あえなくトゥスクEU大統領から否定されたことで、昨日はポンドを売っていた欧州勢の動きがさらに加速という流れでポンドは急落!

からの〜メルケル独首相のバックストップ案(北アイルランドとの国境問題)について解決策を検討していくとの報道から、合意なき離脱回避への期待感から急激な切り返し、ポポポーンドと上昇しました( *˙ω˙*)و グッ!

まぁ期待感というよりは、アルゴ・AI主導の動きっぽいですけどね。状況の変化に応じて激しく出し入れしてるんでしょうね。

んで、イタリアはコンテ首相が辞任、解散総選挙という流れです。もともと五つ星運動と同盟は相入れないところも多かったですからね。結局は、連立解消という流れです(乂∀・)┌┛)`д) ;∴コトワルキック!!

というわけで、今日はイタリアの今後の展望などについて解説しつつ、トレード戦略なんかをまとめておきたいと思います。ベースに関しては、今週の展望記事とあまり変わらないですが。

8月21〜22日の重要イベント&経済指標

・21日
23:00🇺🇸7月中古住宅販売件数
23:30🇺🇸EIA週間原油在庫統計
27:00🇺🇸FOMC議事要旨公表(7月30-31日分)⭐️⭐️
・22日
16:15🇫🇷8月製造業PMI・速報値
16:15🇫🇷8月サービス部門PMI・速報値
16:30🇩🇪8月製造業PMI・速報値
16:30🇩🇪8月サービス部門PMI・速報値
17:00🇪🇺8月製造業PMI・速報値
17:00🇪🇺8月サービス部門PMI・速報値
20:30🇪🇺ECB理事会理事会議事要旨(7月25日分)⭐️
21:30🇺🇸新規失業保険申請件数
22:45🇺🇸8月製造業PMI・速報値
22:45🇺🇸8月サービス部門PMI・速報値
22:45🇺🇸8月総合PMI・速報値
23:00🇺🇸7月景気先行指標総合指数
23:00🇪🇺8月消費者信頼感・速報値
今日のFOMC議事録は注目されますが、明日からジャクソンホールも開催されるので、値動きとしては限定的かもしれません。まぁまずは調整程度の動きを予想するしかないですが、想定を超えたイレギュラーな材料が出てくる可能性もありますから、警戒はしておきましょう|_・)ジーッ


サルビーニ首相爆誕へ!イタリアの今後の展望について解説まとめ

いずれは解散総選挙という流れは確定的ですけどね。で、実はイタリアは解散権を大統領が持つんですよね。概ね象徴的な立場ではありますが、まずは現職のマッタレッラ大統領が解散するかどうかを決めることになります( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

現状では、秋の予算審議を優先、10月15日までに欧州委員会(EC)に2020年度の予算案を提出して、年内(12月31日まで)にイタリア議会で可決しなければならないため、解散の可能性はそこまで高くはないとされています。

もっとも、コンテ首相が辞任したことで、大統領は新たな首相を指名して議会からの承認を得る必要があります(そして、首相が新たな人事を指名、組閣を行なって、それを大統領が承認するという流れ)。

で、議会の承認には当然ですが議席が反映されるため、新たな連立政権によって過半数の賛成を得なければなりませんから、この連立交渉がうまくいかなければ、自ずと解散総選挙ということにはなるんですけどね。

というわけで、当面は新たな連立与党、つまり暫定政権が誕生するかどうかが注目されるでしょう。これがダメっぽそうなら、早期の解散総選挙になるでしょうね。5〜6割方は暫定政権成立の流れかとは思いますが・・・(((;꒪ꈊ꒪;)))ドウナル!

なので、今の所は暫定政権の模索、あわよくば親EU派も巻き込んでの連立政権が誕生して、EUとの対立がやや緩和する可能性もあるので、これも含めてユーロがやや安定していると行った側面もあります。

ちなみに、解散総選挙となれば、支持率を見る限り極右とされるサルビーニ首相爆誕の可能性が極めて高いです。なんせ、フェイスブックのフォロワー数は欧州の政治家の中でNo.1ですしねw こうなると英国に続いて第3のトランプ誕生、EUとの対立激化でユーロ安材料ですね↓sage↓⊂(´ω` )⊃↓sage↓

このパターンだと、イタリアでは議会解散後に50~70日以内に選挙を実施することが法律で定められていますから、最短でもサルビーニ首相が爆誕するのは10月末ぐらい。

まぁ長いと2ヵ月以上連立交渉に費やすこともザラなので、遅ければ年明け総選挙ということも。でも、予算審議を優先するとなると、あまり長引かせても意味はないですからね。早期の解散総選挙の可能性も若干ありそうですねσ(・ω・*)ンー…

今後のイタリア政治の注目ポイント

目先は暫定政権が誕生するかどうか
難航すると解散総選挙からサルビーニ首相爆誕が意識されてユーロ安か
暫定政権の中身、親EU派が組み込まれるか
親EU派も加われば緊張緩和でユーロ買い材料
早期の解散総選挙へ
サルビーニ爆弾で対立激化、ユーロ売材料

ドル円:パウエル待ち!下攻めも厳しそうなので一旦は利食いか…

ドル円は相変わらずの値動きです。ややドル安で下落しましたが、引き続き狭めのレンジでの動きが続きそうです。

まぁ一旦利食いして、上値を伸ばしてくれば、また売っていくといった程度ですね。無理する必要はないでしょう。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は相変わらずです。底堅いですが、上値を追う動きにも乏しいですからね。トレード的には変わらずで、107.20円に損切りを置いて、106.50円や106.90円で売っていく感じです。

106.00円ラインを割り込んでいくことすら厳しいですから、現状のレートから下はもう利食い場の認識。

ユーロドル&ユーロ円:こちらも小動き継続中!パウエルでの倍速落下期待で…

イタリアのここまでの動きは想定の範囲内か、ほとんど動いていません。まぁここからは暫定政権への調整が難航したりすれば、早期解散総選挙があるかどうかも含めて、不安定な動きになっていくかもしれませんけどね。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは、ECBの緩和期待もあって上値が重くなっています。かといって、週末のパウエルFRB議長の講演やG7を意識するとトレードしにくいので、一旦はスルーでしょう。

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロ円は、ジャクソンホールでパウエル議長が市場の行き過ぎた利下げ織り込みを正す、ドル高からのユーロ安、そして株安からの円高での倍速落下を期待して売り場探しですね。

今日、落ち着いてドル円の下落が一巡して反発すれば、ユーロ円もひと伸びしそうなので、118.30〜118.50円ぐらいで売っておきたい。損切りは早めなら119.20円、遅くとも119.70円という今週当初の見方は変わらず。

ポンドドル&ポンド円:神経質過ぎるのでスルー推奨!今週は死ねます…

繰り返しになりますけど、スルー推奨ですね。今週は死ねますから。何気ないメルケル砲でポンドドルは100pipsの切り返しですよ!!↓

ポンドドル(5分足)のチャート:外為どっとコム

はい、死にます。場合によっては1.25ドルまで一気に戻る可能性があります。G7で合意なき離脱回避へ前向きな話があった、みたいな報道が出ただけで、ビンビン間違いなしですよ。ユーロ円も含めてG7が終わるまでは慎重に様子を見ましょう。

まぁ損切り浅めに置いて、週末ギャンブルもありですけどね。なお、その際はIG証券のノースリッページ注文を活用して、窓開けリスクを回避していただければと思います。

こんなところでしょうかね。まぁ当初から言っている通り、ユーロ円、NZドル円の売り場をひたすら狙って頑張ろうと思います。まぁ少し疲れたので、これから安らかに眠ります( ˘ω˘)スヤァ…

絶対に滑らない注文がここにはある!窓開けにも対応しているので安心!

激しく急騰・急落するポンドは約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、140円割れ、139.90円に逆指値として損切りを設定していたとしても、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということが頻繁にあります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります。

なので、基本的にはポンドをトレードするのはオススメできないのですが、IG証券のノースリッページ注文を使えば、こういったスリッページを完全に回避することができますので、ぜひぜひポンドをトレードしようと考えている方は活用していただければ!

窓開けにも対応していますし、信頼できるFX会社の追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできますので、ぜひ検討していただければと思います。

ちなみに、窓開けとは週末クローズドのレートと、週明けスタートのレートの乖離が発生することですね。これに泣かされた経験がある方も多いことでしょう。
これは今週の豪ドル円の窓開けチャートです。ローソク足とローソク足の間にぽっかりと穴が空いたようになっています。大変動でレートが飛んだ時もこのようなチャートになります。通常のFX会社の場合、この空白のあるレート帯では注文が約定しません\(^o^)/オワタ

例えば、このチャートのように週末に75.900円に損切り注文を置いて売りポジションを持ち越したとしましょう。

この場合、通常のFX会社の損切り注文、逆指値をした場合はオープン時のレートである76.025円で約定してしまいます。こうやって持ち越しをして大火傷をしてしまうことがあるため、なるべく持ち越さないことを推奨しています(乂∀・)ダメダメ

しかしながら、IG証券のノースリッページ注文を行なっていれば、週明けにどんな大きな窓が開いたとしても75.900円で損切り注文が約定するんですね。

このようにIG証券のノースリッページ注文を使うことで、ポジションの持ち越しがしやすくなりますし、損失を確定させて窓開けに期待するトレードもしやすくなり、戦略も広がることになります!

当然ですが、窓開けはもちろんのこと、フラッシュクラッシュなど、どんな値動きでも必ず指定レートで約定しますから、追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできます(•̀ᴗ•́)و ̑̑グッ!

ノースリッページ注文がオススメな人

予期せぬ損失を避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
安心してポジションを持ち越したい人
追証なしのゼロカットシステムを探していた人
初心者から上級者まで、リスクを避けたい人にはオススメの注文方法となります。若干の手数料(平時で1万通貨あたり100〜200円)がかかりますが、万が一の時に必ず約定すると考えれば高いとは思いません。むしろ、安いと感じるレベルですね。
ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる

ちなみにIG証券はノックアウト・オプションでも人気です。こちらの記事もお読みいただければと思います↓

※トップ画像(Sangoiri/Shutterstock.com)

-●●●-c(ω`c )ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【月見9月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK