左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【ドル円堅調】中国が9月に訪米検討で…全体的にリスク一服も今後の展望は?【8月30日のトレード戦略】

【ドル円堅調】中国が9月に訪米検討で…全体的にリスク一服も今後の展望は?【8月30日のトレード戦略】
今日はドル円が小高い値動きとなって、クロス円も一段高となりました。背景はタイトルにもあるように中国商務省が9月の訪米を検討しているとの報道ですね\( ˆoˆ )/ワーイ

トランプ大統領が週明けにした、中国が取引したがっているという発言以降、それを容認するような中国の発言がなかったことから、トランプは嘘を言っているとの見方が強かったですが、ここにきてようやく可能性のありそうな話が・・・。

もっとも、昨日も書いたように、いくら閣僚が調整したところで習近平、そしてトランプが納得しない限り、意味がありませんからね。ほんの一歩前進ですが、再び希望が壊される可能性というのは当然織り込んでおくべきかと思います( ; ᴗ ; )カナc

まぁそれでも、決して軽視してはいけない材料ですね。市場は期待感でいくらでも動きますから。そこが難しいのですが、ここは慎重に見ておくことをオススメします。

で、明日の経済指標はこんな感じですね。朝から重要指標が!ニュージーランドの建設許可件数が上振れると、売られ過ぎていたNZドルが買い戻される可能性がありますから、最大限警戒しておきましょう↓

8月30日の重要イベント&経済指標

07:45🇳🇿7月住宅建設許可件数
08:30🇯🇵7月失業率
08:30🇯🇵7月有効求人倍率
08:30🇯🇵8月東京都区部消費者物価指数
08:50🇯🇵7月鉱工業生産・速報値
10:30🇦🇺7月住宅建設許可件数
15:00🇩🇪7月小売売上高指数
18:00🇪🇺7月失業率
18:00🇪🇺8月消費者物価指数・速報値⭐️⭐️
21:30🇺🇸7月個人所得⭐️
21:30🇺🇸7月個人消費支出⭐️
21:30🇺🇸7月PCEコア・デフレーター⭐️⭐️
22:45🇺🇸8月シカゴ購買部協会景気指数
23:00🇺🇸8月ミシガン大学消費者態度指数・確報値
明日は米PCE(個人消費支出)のコア指数を中心に、欧州からも消費者物価指数の速報値などが発表されますから、警戒しておきましょう。週末・月末も重なりますから、ロンドンフィキシングへ向けた動きも注意が必要ですc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ


ドル円の小じっかりの流れは続きそう!NZドル、ポンドは反転に警戒

ダウは26,000ドルを大きく回復し、米長期金利(10年債利回り)も1.5%と株高・金利高・ドル高の久々トリプル高の流れとなっています。典型的なリスクオン(選好)商状なので、この流れは続く可能性がありますね。

まぁトレード的にはツイートで述べたように、まずは様子見か、やるにしても軽めでしょうね。週末も近いですし、無理をする相場ではないですからね。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円に関しては、現在のレートから軽めに売り、106.60円を超えると107円台乗せを試すでしょうが、乗せきれるかどうかは材料次第という部分もあるので、可能性としてはそこまで高くないと思います。

なので、106.80〜106.90円で厚めに売りポジ追加、107.20円で損切りという見方は変わりません。

NZドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

NZドル円は、少し注意が必要。まぁ普通に考えれば67円台半ばぐらいから軽めに売りたいところではありますが、NZドルが売られ過ぎてるんですよね。円売りでも、米ドル高の動きで上値が抑制されていることも踏まえると、跳ねる時は大きいですね。

今日発表のニュージーランド(NZ)の8月企業信頼感指数が予想を大幅に上回る悪化を受けて売られていますが、明日朝(30日07:45)に発表される住宅関連指標の数字次第では、ひっくり返される可能性があります。

特に一方向に見方が傾いている時というのは、ショートカバーの動きも強めに出やすいですから、慎重に戻りを待ってエントリーは軽めがベターでしょう。また、夕方から夜にかけて売って利益が出ている場合は、一旦利食い推奨です。

それでも、売り場探しであることに変わりはありませんから、明日の朝に跳ねれば天井を確認しながら売っていきたい。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドドルも怪しい値動きとなっています。とりあえず、9月3日までは英議会が閉会しているので具体的な材料は出てこないわけですが、最短で9月4日には内閣不信任案をコービン労働党党首が提出するという話も。

ツイートで述べたように英議会は合意なき離脱だけは避けるという意見が多数派ですから、ボリス英首相の下、合意なき離脱の可能性が高まっていることを踏まえると、可決される可能性はなきにしもあらずといった感じですね。

まぁ一見すると合意なき離脱が回避されそうなので、最終的な着地がどうあれ、こういう話が強まるとポンドが買い戻されそうではあるんですよね。しかも、今はドル高でポンドドルの上値が抑制されている状況、でも底堅いと。これは気になります。

というわけで、こっちもドル安が重なると思わぬ反転、急騰相場になるパターンも十分考えられるので、ツッコミ売りは避けましょうということで。

ポジションもなるべくなら持ち越さないようにしましょう。もしどうしても持ち越すという場合は、後ほど解説するIG証券のノースリッページ注文などを利用して、思わぬ損失を避けるようにしたいですね。ほんと、ポンドは急騰・急落があるので、今後も考えるなら持っておいた方が良い口座です。

こんな感じですかね。まぁポンドはEU、ユーロの絡みもあって、少し買い戻されそうですからね。改めて丁寧に天井を確認してから、またしっかり売っていくのが良さそうです。

ちなみに、イタリアは連立協議が成功し、組閣人事に入っています。政治的なリスクが全体的に下がったということで欧州株も買われる流れでしたし、少しドル円の戻し、クロス円の戻しに気をつけながら相場を見ていきましょう|ω'*)ジー

あとはもう週末ですから、短期、軽めのトレードに徹することですね。もう無理をする必要はないですから、また来週のチャンスを待ってトレードしていきましょうということです。

それから、繰り返しになりますが、IG証券を持っているだけで戦略に幅が広がりますから、ぜひぜひ。今後、ブレグジットで大荒れが想定されるポンドをトレードする際にも必須の口座と言えます↓

絶対に滑らない注文がここにはある!窓開けにも対応しているので安心!

激しく急騰・急落するポンドは約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、140円割れ、139.90円に逆指値として損切りを設定していたとしても、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということが頻繁にあります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります。

なので、基本的にはポンドをトレードするのはオススメできないのですが、IG証券のノースリッページ注文を使えば、こういったスリッページを完全に回避することができますので、ぜひぜひポンドをトレードしようと考えている方は活用していただければ!

窓開けにも対応していますし、信頼できるFX会社の追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできますので、ぜひ検討していただければと思います。

ちなみに、窓開けとは週末クローズドのレートと、週明けスタートのレートの乖離が発生することですね。これに泣かされた経験がある方も多いことでしょう。
これは今週の豪ドル円の窓開けチャートです。ローソク足とローソク足の間にぽっかりと穴が空いたようになっています。大変動でレートが飛んだ時もこのようなチャートになります。通常のFX会社の場合、この空白のあるレート帯では注文が約定しません\(^o^)/オワタ

例えば、このチャートのように週末に75.900円に損切り注文を置いて売りポジションを持ち越したとしましょう。

この場合、通常のFX会社の損切り注文、逆指値をした場合はオープン時のレートである76.025円で約定してしまいます。こうやって持ち越しをして大火傷をしてしまうことがあるため、なるべく持ち越さないことを推奨しています(乂∀・)ダメダメ

しかしながら、IG証券のノースリッページ注文を行なっていれば、週明けにどんな大きな窓が開いたとしても75.900円で損切り注文が約定するんですね。

このようにIG証券のノースリッページ注文を使うことで、ポジションの持ち越しがしやすくなりますし、損失を確定させて窓開けに期待するトレードもしやすくなり、戦略も広がることになります!

当然ですが、窓開けはもちろんのこと、フラッシュクラッシュなど、どんな値動きでも必ず指定レートで約定しますから、追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできます(•̀ᴗ•́)و ̑̑グッ!

ノースリッページ注文がオススメな人

予期せぬ損失を避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
安心してポジションを持ち越したい人
追証なしのゼロカットシステムを探していた人
初心者から上級者まで、リスクを避けたい人にはオススメの注文方法となります。若干の手数料(平時で1万通貨あたり100〜200円)がかかりますが、万が一の時に必ず約定すると考えれば高いとは思いません。むしろ、安いと感じるレベルですね。
ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる

ちなみにIG証券はノックアウト・オプションでも人気です。こちらの記事もお読みいただければと思います↓

※トップ画像(Akarat Phasura/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【11月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】FX口座開設&1万通貨取引で5,000円キャッシュバック

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
YKMMホールディングス投資顧問アライさん
ゆきママの転生体。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK