左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【大勝利】昨夜のECB理事会&ドラギ会見を完全まとめ!ユーロ大底の理由とは?【9月13日のトレード戦略】

【大勝利】昨夜のECB理事会&ドラギ会見を完全まとめ!ユーロ大底の理由とは?【9月13日のトレード戦略】
昨夜はユーロドルとポンド円の押し目買いで大勝ち!フォロワーの皆様からも喜びの声が上がっており、本当に何よりでした。今週はユーロドル、ポンド円でダブル100pipsの会を達成しております( ・´ー・`)ドヤッ! っていうか、ポン円とか200pipsの会だし!!!


まぁ繰り返している通り、ユーロは大底の可能性が高いですからね。例のアライさんのツイッターでも開設しましたが、ECB(欧州中央銀行)は、もはや現状で金融緩和限界であり、もはや意味をなさないことを理解しています。だから、これ以上の金融緩和はおそらくないだろうということ。

そして、EU各国が財政出動という景気刺激策を行う方向であるということが安心感を誘って、リスクオンの流れと共にユーロ買い戻しへと動いています。今日はこの辺について、詳しく解説していきたいと思います(`・ω・´+)キリッ

ちな、ここ1週間ぐらいはアカウントが使えないのでアライさん(@pawhara_arai)が相場実況解説を行なっていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

9月13日の重要イベント&経済指標

21:30🇺🇸8月輸入物価指数
21:30🇺🇸8月小売売上高⭐️⭐️⭐️
23:00🇺🇸9月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値⭐️
23:00🇺🇸7月企業在庫
今日は米小売売上高の発表がありますが、よほど弱い数字にでもならない限りは、そこまで大きく影響しないでしょうね。今は米中貿易交渉の進展期待でリスクオンですから、強ければ強いでドル高(ややユーロやポンドは押し下げ材料)でリスクオン継続、弱くてもFRBへの利下げ期待でドル安でも株高で、どっちにしろ円売りの流れは続きそうです\(* ॑꒳ ॑*\ )↑age↑


大サプライズとなったECBの大規模緩和!値動きの鍵はドラギにあり?

ECBの決定は非常に大きなサプライズとなりました。というのも、一部で量的緩和(QE)への期待感はあったものの、ドイツやフランスといったEUの中心国のメンバーが強硬に反対すると予想されていたからです。

もし仮にあったとしても、かなり控え目の期間を限定した形になるのではないか、という見方が大半だったからです。しかしながら、蓋を開けてみれば終了時期を決めないオープンエンド型という結果となり、初動はユーロ売りで反応しました↓sage↓⊂(´ω` )⊃↓sage↓

ECBが発表した今回の金融緩和政策は主に以下の4点となります↓

ECB理事会・政策&声明発表(12日20:45)

■利下げ
・預金金利のみ−0.4%から−0.5%の引き下げ(引き下げ幅は0.1%)
・貸出金利やリファイナンシング・オペ金利(短期市場金利を誘導する金利)は現状維持
預金金利のみの引き下げで銀行の収益悪化を避けた

■階層化
・マイナス金利による銀行収益の悪影響を避けるため、階層的金利を導入
預金全体に一律のマイナス金利を課すのではなく段階的な金利を適用

■量的緩和
・11月から月額200億ユーロの資産買い入れ
・予め終了期限を決めないオープン・エンド型

■TLTRO3(長期資金供給オペ)の条件緩和
・細かい条件は面倒なので割愛、要は制限を緩くして需要を増やそうとしてる
こんな感じですね。やはりオープンエンド型のQE(量的緩和)導入というのがサプライズではありましたね。ECBの緩和策導入によるユーロ安は当然として、来週のFOMCや日銀イベントを意識してのドル安(ECBが緩和したからFRBも緩和するという期待)と円高(日銀の手詰まり感)という流れになりました。

もっとも、これ以上の緩和策は不可能というか、EUは財政規律を厳しく制限しているため、買い入れ資産(債券)の余裕が実は余りないというのもポイントです\(`・ω・´+)コレダイジ

これは以前にQEを実施していた時も指摘されていましたが、条件を緩和しないと市場から買える債券が枯渇しちゃうんじゃないかという話ですね。

今回発表された緩和策が逆に限界を露呈したというか、階層化からも分かるようにマイナス金利のさらなる深堀は銀行収益を悪化させることになるので、もう限界でしょう。

そして、量的緩和もこれ以上の規模は実質不可能ということで、ユーロ安ではあったものの下げは限定的だったのだと思います。これがゆきママのユーロドルのロング(買い)の根拠となりました。

さらに、このユーロ安から円高という流れを完全に止めたのがドラギECB総裁の会見となります↓

ドラギECB総裁・定例記者会見(12日21:30〜)

・7月以降のデータによるとEU圏経済の脆弱性は一段と長期化し、下振れリスクが継続している
・引き続きあらゆる政策手段を調整することができる
・大多数のメンバーが想定よりも悪化していると判断
・景気減速は予想よりも顕著
マイナス金利には明らかに副作用がある
・買い入れ対象資産の議論はせず、概ね前回と同様となる
・あくまで物価の安定を求めており、為替レートは目標にしていない
・かなりの期間にわたり月額200億ユーロの買い入れを維持できる
QEは金利を上げても良いと確信できるまで続ける
財政政策を主要な手段として政府が責任を果たすべきと呼びかけ賛意を得た
・財政的に余裕がある国は効果的に対応する必要がある
マイナス金利の副作用に言及したこと、買い入れ対象の資産をどうするか議論していないということも、限界を感じさせますね。そして、もっとも大きいのは政府に責任があるとして財政刺激策を推奨していることでしょう(๑•̀ㅂ•́)و グッ!

もはやECBがどんなに金融緩和をしたとしても、意味がないというか、とにかく需要がないと緩和しても効果は薄いですからね。この財政刺激策を呼びかけたということが市場心理を大きく改善させましたね。

もはやこれ以上ないということでユーロ安からユーロ高に、そして財政刺激策についてはドイツも影の予算(政府の債務上限に縛られない)を検討していましたから、それも合わせて意識されて円高から円売りになりました。

これによってユーロ円は倍速で急騰と。まぁ市場心理が一気に改善して、売り込まれていたポンド円なども上昇しましたし、非常に良い流れでしたね。

というわけで、繰り返している通りユーロは大底が入って底堅い値動きになるでしょう。もちろん、今後も大幅なドル高が続く、あるいは景気刺激策がイマイチなことに加えてブレグジット等で低迷するのであれば、また話は変わってくると思いますが、まずは堅調な推移を想定しています。

大きく下がる場面があれば買いだが、基本的には今日中に一旦利食いで!

来週はFOMCに日銀イベントもありますからね。今日のNY市場で手仕舞いの動きが出やすくなるでしょうし、そもそも土日に材料が出ても嫌なので、まずは一旦利益確定して来週以降の値動きに備えたいところでしょう。

ポジションを少しずつ利食いしていく、あるいはトレール気味にここまで反落、戻してきたら一旦利食いしてしまう手法でも良いでしょう。

とにかく週末ですからね。特に無理する必要もないのかなと。ドル円なんかは107円半ば、107.50〜107.70円ぐらいにした押してくれば、軽く買って20〜50銭ぐらいの利益を狙うと言った程度のトレードかと。

以下、ユーロドルとユーロ円、ポンドドルとポンド円について簡単に解説しておきます。まぁ特にポンドは土日にフランス側から発言が出て急落する可能性がないわけではないですからね。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルは1.09ドル台ではかなり底堅そうですね。目先は21日移動平均線(1.10555ドル)が支えとなりそうで、下がればこの前後で軽く拾ってみたいところ。割れれば、次は1.100〜1.102ドルで厚めに買い、損切りは1.095ドル割れに置いておきたい。

上値に関しては、分かりやすくシコった1.110〜1.112ドルぐらいがレジスタンス(上値抵抗)となっていますから、まずはここが目標か。ここを軽く抜けるなら、一目均衡表の雲・下限(1.11476ドル)に突入して、トレンド転換から中期線の89日移動平均線(1.11813ドル)ぐらいまで期待したい。

ユーロ円(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロ円は120.00円ラインに到達して伸び悩んでいますが、トレンド転換のサインとされる一目均衡表の雲入り。週末ということもあり、流石にここから突っ込めるかというと、少し悩ましいですね。

まずは119.00円台前半ぐらいまで待って入りたい。損切り早めに118.50円割れぐらいの水準でしょう。目標としては、中期線の89日移動平均線(120.540円)、雲抜けの一目均衡表の雲・上限(120.509円)ぐらいでしょうか。あっさりなら121円台乗せぐらいは見ておいて良いと思います。

ポンドドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンドドルは中期線試し、89日移動平均線(1.24510ドル)を抜けて1.250ドルの大台を目指す流れですね。そこからはちょっと目標が見えないのと、ブレグジットを楽観視していますが、まだまだ先は長いですし合意なき離脱の可能性も考えると、買いも鈍ってきそうな気がします。

トレード的には短期で流れに乗っかるか、ドル高によって1.23ドル台半ばぐらいまで押し戻されるのを待ちたいところ。ここから飛びつく気はあまりしないです。

ポンド円(日足)のチャート:外為どっとコム

ポンド円は135円を目指す流れって言いましたよねええええええ!!場合によっては137円を目指すって言いましたよねえええええええええ!!!というわけで、完全に135円がターゲットですね。

短期なら買い買いでついていく感じでしょうかね。とはいえ、何度も書いているようにポンド円は本当に振れ幅が大きいです。1円ぐらい平気で落ちます。なので、どっちかっていうと1円ぐらい急落してきたタイミングで軽く買い進める感じのトレードの方が良いのかなと。今ならね。

流石にマクロン仏大統領が合意なき離脱を望むような発言といった材料が出てくれば、買うのはやめた方が良いですが、調整、ちょっとしたネガティブ材料程度なら、急落したタイミングで押し目を入れていく感じで。

これも何度も書いていますが、一気に入れず、30〜50銭下がる毎ぐらいに数回に分けてエントリーしましょう。


こんな感じです。まぁ今日は調整大きく下がったら軽くロングで、あるいは日銀イベントで円高になるなら、ユーロ円やポンド円はまた押し目狙いでついていきましょうということで。それでは、今週もありがとうございました!バタバタとツイッターアカウントが制限、凍結されてしまい、ご迷惑をおかけしておりますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします(〃・ω・)ゞ

それから、ポジションを持ち越す際はIG証券のノースリッページ注文が便利です。土日に大きな材料出てで大暴落となった場合でも、必ず指定したレートで損切りが執行されますから、万が一の時も安心です。ぜひ、以下の紹介を読んで興味がある方はご活用いただければと思います。

先週は大きな窓開け!持ち越すならノースリッページ注文でリスク回避

先週は大きな窓開けとなりましたが、ポジションを持ち越す際はIG証券のノースリッページ注文でリスクを完全に回避しましょう(`・ω・´)シャキーン

相場の急変、レート飛びは当然として、週明けの窓開けリスクにも完全対応していますからね!ちなみに、窓開けとは週末クローズドのレートと、週明けスタートのレートの乖離が発生することですね。これに泣かされた経験がある方も多いことでしょう。
これは今週の豪ドル円の窓開けチャートです。ローソク足とローソク足の間にぽっかりと穴が空いたようになっています。大変動でレートが飛んだ時もこのようなチャートになります。通常のFX会社の場合、この空白のあるレート帯では注文が約定しません\(^o^)/オワタ

例えば、このチャートのように週末に75.900円に損切り注文を置いて売りポジションを持ち越したとしましょう。

この場合、通常のFX会社の損切り注文、逆指値をした場合はオープン時のレートである76.025円で約定してしまいます。こうやって持ち越しをして大火傷をしてしまうことがあるため、なるべく持ち越さないことを推奨しています(乂∀・)ダメダメ

しかしながら、IG証券のノースリッページ注文を行なっていれば、週明けにどんな大きな窓が開いたとしても75.900円で損切り注文が約定するんですね。

このようにIG証券のノースリッページ注文を使うことで、ポジションの持ち越しがしやすくなりますし、損失を確定させて窓開けに期待するトレードもしやすくなり、戦略も広がることになります!

当然ですが、窓開けはもちろんのこと、フラッシュクラッシュなど、どんな値動きでも必ず指定レートで約定しますから、追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできます(•̀ᴗ•́)و ̑̑グッ!

ノースリッページ注文がオススメな人

予期せぬ損失を避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
安心してポジションを持ち越したい人
追証なしのゼロカットシステムを探していた人
初心者から上級者まで、リスクを避けたい人にはオススメの注文方法となります。若干の手数料(平時で1万通貨あたり100〜200円)がかかりますが、万が一の時に必ず約定すると考えれば高いとは思いません。むしろ、安いと感じるレベルですね。
ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる

ちなみにIG証券はノックアウト・オプションでも人気です。こちらの記事もお読みいただければと思います↓

※トップ画像(wsf-s/Shutterstock.com)

-●●●-c(ω`c )ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【月見9月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大51,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大11,000円キャッシュバック(+1,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK