左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【今週の為替展望】雇用統計に日米金融政策、ブレグジットも目が離せない!【10月28日〜11月1日】

【今週の為替展望】雇用統計に日米金融政策、ブレグジットも目が離せない!【10月28日〜11月1日】
今週は非常にイベント豊富な1週間となります。日米の金融政策発表イベントがあるほか、米GDPに米雇用統計、そしてブレグジット(英国のEU離脱)も10月31日の離脱期限を間近に控え、英議会、EUの動向が注目されるでしょう|ω'*)ジー

まぁ日銀の金融政策決定会合は現状維持でしょうし、米国の金融政策イベントであるFOMC(米公開市場委員会)は90%以上の確率で利下げを織り込んでいますから、実際に利下げとなった方が相場への影響は小さいでしょう。あとは今後の政策、経済見通し次第か。

で、言うまでもなくブレグジットは佳境を迎えます。ここにきても英国とEUの双方で何も決まってないというねw なんか離脱期限の延期にEUが前向きになった途端、英議会が停滞し始めた感じがするのって私だけでしょうか?

ちな、離脱期限の延期には全会一致かつ離脱期日の60時間前までに決定される必要があるとのことで、期日は10月31日23:00ですから、この60時間前の10月29日11:00までに決定する必要があります。日本時間だと29日20:00までに決定されると。まぁ明日の英議会前後が山場ですね/^o^\フッジッサーン

こんな感じで、今週も各通貨ペアの相場展望とトレード戦略について解説していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

10月28日〜11月1日のイベント&ポイント

・イベント&経済指標
🇪🇺ドラギECB総裁、発言(28日24:00)
🇺🇸10月消費者信頼感指数(29日23:00)
🇩🇪10月雇用統計(30日17:55)⭐️
🇪🇺10月消費者信頼感(30日19:00)
🇺🇸10月ADP雇用報告(30日21:15)⭐️
🇺🇸7-9月期GDP・速報値(30日21:30)⭐️⭐️⭐️
🇩🇪10月消費者物価指数・速報値(30日22:00)
🇺🇸FOMC・政策&金利&声明発表(30日27:00)⭐️⭐️⭐️
🇺🇸パウエルFRB議長、定例記者会見(30日27:30)⭐️⭐️⭐️
🇯🇵日銀金融政策決定会合・結果発表&展望レポート(31日??:??)⭐️
🇳🇿9月住宅建設許可件数(31日06:45)
🇦🇺9月住宅建設許可件数(31日09:30)
🇨🇳10月製造業購買担当者景気指数(31日10:00)
🇯🇵黒田日銀総裁、定例記者会見(31日15:30)
🇩🇪9月小売売上高指数(31日16:00)
🇪🇺7-9月期GDP・速報値(31日19:00)⭐️⭐️
🇪🇺10月消費者物価指数・速報値(31日19:00)
🇺🇸9月PCEコア・デフレーター(31日21:30)⭐️
🇨🇳10月Caixin製造業購買担当者景気指数(11月1日10:45)
🇺🇸10月雇用統計(1日21:30)⭐️⭐️⭐️
🇺🇸10月ISM製造業景況指(1日23:00)⭐️⭐️
・ポイント
🇺🇸🇨🇳米中貿易・対立問題(要注目)
🇪🇺🇬🇧ブレグジット交渉&英国議会の動向(要警戒
 🇺🇸トランプ大統領のツイート(要注目)
今週は重要指標多すぎ説w 週明けは別として、それ以降は相当ですからね。毎日指標のオンパレードです。数字によって大きく動く可能性は十分ですから、警戒しておきましょう。


ドル円:FOMCは織り込み済み、どちらかといえば指標に注目したい

FOMCに関しては利下げは織り込み済みで、一部Fedウォッチャーによると利下げ停止を発表するとのこと。このパターンだとドルは買われやすそう。ただ、あとは指標次第ですね。やはり週末の雇用統計、ISMなどの数字が下振れするとドルは売られるかなと。

9月のISMは衝撃的な弱さですし、ここ最近の小売売上高も冴えない数字が続いていますからね。それが企業の好決算と米中部分合意に覆い隠される形で株高、そして円安でしたが、流石に今回も弱い数字だと株価とともに一旦調整を伴う可能性は高いでしょう。

というわけで、個人的にはコンセンサスが出来上がっているFOMCよりも週末の米指標に注目してドル円はトレードしていきたいと考えています。まぁドル円そのもののトレードはそんなに推奨しているわけではなく、するならって感じですけどね。値幅狭過ぎるので(´・ω・`)ショボーン

ドル円(日足)のチャート

現状は108.25〜108.75円の狭いレンジでのモミ合いといった感じ。目先は200日移動平均線(109.063円)がターゲットとなりそうで、下がれば押し目買い意識でしょう。ただ、これだけ上値が重いことを考えると、上抜けたからといって軽々には買いにくい。

とりあえず、30日のFOMCまでは押し目買い意識でしょうか。これを過ぎると週末の経済指標次第になってくるので、ノーポジ、トレードしないほうが無難です。大きな調整になる可能性があります。

トレード戦略としては先週とほぼ変わらずで、108.00〜108.20円で買い、早めなら108.00円割れの107.90円で損切り、遅くとも89日移動平均線(107.504円)割れの107.40円では一旦切って様子を見たい

ユーロドル&ユーロ円:主体性に欠ける、ポンドやドルの動向次第

ユーロは主体性に欠ける値動きが続いています。ポンド、つまりはブレグジット動向次第の部分もありますし、ドル次第といったところもあります。今週も基本的にはスルーですが、週明けはやや売りかなという気はします。

FOMCはサプライズがなければドル高かなと思います。利下げかつ、緩和に非常に前向きといった話にでもならない限り、週明けからのドルはそこそこ強いように思います。あとは指標次第ですね。

ブレグジットはポンドの項目で詳しく書きますが、明日が山場です。明日の欧州時間帯前には必ずノーポジにするように。もしかすると合意なき離脱懸念で大きく売られる可能性があります。まぁメインシナリオとしては、なぁなぁで終わってその後はやや小じっかりでしょうか( ˆωˆ )オッスオッス!

ユーロドル(日足)のチャート

ポンド上昇の勢いがなくなるにつれ、当然ですがユーロもジワジワ下がっています。まぁ今週はFOMCでややドル高、あとは指標次第、ポンドは明日が山場ですから、とりあえずは戻り売りということになるんでしょう。

とりあえず目先は一目均衡表の雲・上限(1.11058ドル)や89日移動平均線(1.11121ドル)を背に売っていけば良いのかなと。抜ければ損切りですね。あんまり確たるトレード戦略は持てませんから、基本はスルー推奨ですけどね。

ユーロ円(日足)のチャート

ユーロ円も同様ですね。121円台前半から上は条件が揃わないと攻めキレなさそうですから、120円台後半ぐらいから軽く売っていく感じで。ただ、ドル円がしっかり伸びていく流れになったら、さっさと切って様子見ですね。121円台半ばを超えてきた場合、121.60円ぐらいで一旦損切りで。

ポンドドル&ポンド円:明日が山田!ボリスの解散総選挙動議が否決なら…

冒頭でも書きましたが、何も決まってないんだな、これが!!で、EUが離脱期限の延期を英議会前に決定するかどうかが1つのポイントでしょうね。

もし、日本時間で明日の夕方から夜にかけて早めに離脱期限の延期が認められれば、ボリス英首相の動議は2/3の賛成を持って通過し、晴れて総選挙となる可能性はかなり高くなります。これならポンドは小じっかりで、一旦は底を見る形になるでしょう。

逆に夜遅くになってもEUが離脱期限の延期を認めない、英議会での動向を見極めてからという話になると、ボリスの動議は2/3以上の賛成を得られない可能性が極めて高くなります。なぜなら、労働党のコービン党首は合意なき離脱の可能性の排除、つまり離脱期限の延期の確定を求めているからですね。

というわけで、明日も議会動向で大きく相場が揺さぶられることになるでしょう。英議会で何も決められず、EUも厳しい意見が飛び交うなら、合意なき離脱懸念が高まってポンドが売られる可能性は十分ですヾ(´༎ຶ╻༎ຶ)ノ゙

ポンドドル(日足)のチャート

ポンドのトレードは全てが確定してからで十分、まずは様子見でしょうね。もちろん、大きく下がる場面があれば買いたくなりますが、最低でも1.260〜1.275ドルぐらいまで差し込んでくれば少しずつ買っていく程度ですね。この場合、1.250ドル割れの1.249ドルで一旦損切り。

あとはもう、全てが確定してからで十分ですね。合意なき離脱の可能性はまずないという見方でマーケットは一致しているので、それほど下げなさそうですが、その分、もし合意なき離脱という流れになると大きな下落につながるので、トレードするなら損切りはしっかりと入れておきましょう。

後述するIG証券のノースリッページ注文などを活用すると良いですよ(ニチャア…)。

ポンド円(日足)のチャート

ポンド円はドル円がノイジーなので、特段どうこうということはないですね。あまりトレードしたい通貨ではありません。指標次第で株価が大きく調整して円高になるパターンが考えられるので、今週もスルーです。

まぁ目先は200日移動平均線(138.724円)がサポートとして機能していますが、円とポンドが崩れれば大して意味ないですからね。安易なトレードは怪我の元かなと。


こんな感じですかね。まぁ今週はイベントが豊富すぎて、なかなかドル円でトレードするのは厳しそうです。FOMC前に押し目があれば拾う程度。あとはブレグジット問題に一定の結論が出たら、ポンドを買ってみる感じでしょうか。詳しくは今週もアライ垢(@pawhara_arai)で実況していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

それから、以下のIG証券のノースリッページ注文は絶対に逆指値が指定レートで約定しますから、ポンドのトレードの際には便利。特に今週のポンドは殺傷力がマシマシなので、こういった注文法などを活用して死なないようにしていただければと思います(`・ω・´)ゞビシッ!!

絶対に滑らない注文がここにはある!窓開けにも対応しているので安心!

激しく急騰・急落するポンドは約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、140円割れ、139.90円に逆指値として損切りを設定していたとしても、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということが頻繁にあります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります。

なので、基本的にはポンドをトレードするのはオススメできないのですが、IG証券のノースリッページ注文を使えば、こういったスリッページを完全に回避することができますので、ぜひぜひポンドをトレードしようと考えている方は活用していただければ!

窓開けにも対応していますし、信頼できるFX会社の追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできますので、ぜひ検討していただければと思います。

ちなみに、窓開けとは週末クローズドのレートと、週明けスタートのレートの乖離が発生することですね。これに泣かされた経験がある方も多いことでしょう。
これは今週の豪ドル円の窓開けチャートです。ローソク足とローソク足の間にぽっかりと穴が空いたようになっています。大変動でレートが飛んだ時もこのようなチャートになります。通常のFX会社の場合、この空白のあるレート帯では注文が約定しません\(^o^)/オワタ

例えば、このチャートのように週末に75.900円に損切り注文を置いて売りポジションを持ち越したとしましょう。

この場合、通常のFX会社の損切り注文、逆指値をした場合はオープン時のレートである76.025円で約定してしまいます。こうやって持ち越しをして大火傷をしてしまうことがあるため、なるべく持ち越さないことを推奨しています(乂∀・)ダメダメ

しかしながら、IG証券のノースリッページ注文を行なっていれば、週明けにどんな大きな窓が開いたとしても75.900円で損切り注文が約定するんですね。

このようにIG証券のノースリッページ注文を使うことで、ポジションの持ち越しがしやすくなりますし、損失を確定させて窓開けに期待するトレードもしやすくなり、戦略も広がることになります!

当然ですが、窓開けはもちろんのこと、フラッシュクラッシュなど、どんな値動きでも必ず指定レートで約定しますから、追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできます(•̀ᴗ•́)و ̑̑グッ!

ノースリッページ注文がオススメな人

予期せぬ損失を避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
安心してポジションを持ち越したい人
追証なしのゼロカットシステムを探していた人
初心者から上級者まで、リスクを避けたい人にはオススメの注文方法となります。若干の手数料(平時で1万通貨あたり100〜200円)がかかりますが、万が一の時に必ず約定すると考えれば高いとは思いません。むしろ、安いと感じるレベルですね。
ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる

ちなみにIG証券はノックアウト・オプションでも人気です。こちらの記事もお読みいただければと思います↓

※トップ画像(2jenn/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【8月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK