左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【円安】トランプ大統領の署名と中国の反応に警戒!ジャパンCで(ry【11月25〜29日の為替相場展望】

【円安】トランプ大統領の署名と中国の反応に警戒!ジャパンCで(ry【11月25〜29日の為替相場展望】
まずはトランプ大統領が保留している署名をどうするかに注目でしょうね。観念して署名するのではと見られていましたが、今のところ香港人権法案に署名したという話は伝わっていません(・∀・ )っ/凵⌒☆マダァー?

トランプも追い詰められたというか、日曜日を除いてホワイトハウスに法案が送付された日から10日経過すると法案は自動的に成立してしまいますし、仮に拒否権を発動したところで上下両院でそれぞれ2/3以上の賛成があれば署名なしでも成立してしまいますからね。

上院では全会一致、下院では反対が1票のみですから、拒否権を発動したところで覆される可能性は極めて高いと。しかも、拒否すれば人権を蔑ろにしたという批判は免れません。会期の時間切れを待って握り潰す方法もありますが、現状だと会期は十分足りていますから、どう転んでも詰んでいますね\(^o^)/オワタ

もはや署名は時間の問題でしょう。市場もそれを想定していますから、あとは実際に署名された後の中国の反応次第ですね。報復、そして交渉が完全に決裂するような話になれば、大きく相場が崩れることも考えられますから、最大限警戒しておきましょう。

まぁなんだかんだ完全に交渉決裂、当局から直接終わったという話が出てこない限りは底堅そうではあるんですけどね。現実的なトレードとしては、やはりレジサポを意識して下がれば押し目ぐらいの感覚で見ておくと良いのかなと思います|ω'*)ジー

11月25〜29日のイベント&ポイント

・イベント&経済指標
🇩🇪11月IFO企業景況感指数(25日18:00)
🇺🇸パウエルFRB議長、発言(26日09:00)
🇺🇸10月新築住宅販売件数(26日24:00)⭐️⭐️
🇺🇸10月消費者信頼感指数(26日24:00)
🇺🇸7-9月期GDP・改定値(27日22:30)
🇺🇸10月耐久財受注(27日22:30)
🇺🇸10月個人消費支出(27日24:00)⭐️
🇺🇸10月PCEコア・デフレーター(27日24:00)⭐️⭐️
🇺🇸地区連銀報告書公表(27日28:00)
🇪🇺11月消費者信頼感(28日19:00)
🇩🇪11月消費者物価指数・速報値(28日22:00)⭐️
🇯🇵11月東京都区部消費者物価指数(29日08:30)
🇯🇵10月鉱工業生産・速報値(29日08:50)
🇩🇪10月小売売上高指数(29日16:00)
🇫🇷7-9月期GDP・改定値(29日16:45)
🇩🇪11月雇用統計(29日17:55)
🇪🇺10月失業率(29日19:00)
🇪🇺11月消費者物価指数・速報値(29日19:00)⭐️
・ポイント
🇺🇸🇨🇳米中貿易・対立問題(要警戒
🇺🇸🇭🇰香港人権法案の署名と中国の反応(要注目)
🇪🇺🇬🇧英国総選挙の動向(要警戒
 🇺🇸トランプ大統領のツイート(要注目)
今週の経済指標は小粒ではありますが、PCEコア・デフレーター(個人消費支出のコア指数)など、重要なインフレ指標もありますから、しっかり見ておきましょう。特に米国と欧州の格差がポイントで、それが明らかになるとユーロやポンドは売られやすくなるでしょう。


ドル円:引き続き値幅は限られそう!レジサポ意識でトレード継続

ドル円を中心にクロス円全体が方向性のない上下を続けています。米中通商交渉に進展があれば上抜けもありそうですが、上下共に先週以上の材料がなければ攻略は難しそうな印象です。

ドル円(日足)のチャート

上は109.00円ライン、200日移動平均線(108.959円)がレジスタンスとなりそう。もっとも、ここを抜けても109.50円を抜けて新高値をつけていくためには、やはり米中交渉に関して具体的な材料が必要でしょう。

下値は日足ベースで108.20〜108.30円での異様な堅さが目立っており、まずはここで止まりそう。また、一目均衡表の雲もジリジリ競り上がっており、これも支えとなりそうですね。また、これらを割り込んでも89日移動平均線(107.669円)がラスボスとして立ちはだかりそうです。

今週も特段の材料がなければ108円台で狭めの値動きに終始しそうではありますが、ヘッドライン、観測報道で下げる場面があれば押し目で拾ってみる感じでしょうか。

具体的には108.20〜108.40円で買い、利益確定は20〜50銭レベル、108.60〜108.90円で利食いといった感じですね。損切りは悩ましいですが、108.00円台を割り込んでいくなら一旦損切りして良いでしょう。

107.60円ぐらいまで耐え続けるというのもありですが、この値動きだとそこまで行くと結構ズルズルの流れもありそうで、損切りは浅めの方が良いと考えています。

ユーロドル&ユーロ円:指標には下げ止まり感もあるが格差を意識か

先週発表された欧州の経済指標そのものは下げ止まり感もあり、全体的にそれほど悪くなかったと思うのですが、結局は反落という流れですね。ポンドの下げにも引っ張られましたが、やはり米欧の格差が根底にあるような気がします。

特にリスクオフ(回避)時にはオセアニア通貨の次に売られやすいですから、指標の改善が続かないと本質的に上値の重い状況は続きそうですね。

ユーロドル(日足)のチャート

ユーロドルは下落トレンド継続といった感じがあります。背景はポンドの弱さやドルの上げ下げにあるので、1.100ドルの節目を割ってゴリゴリ下攻めをするイメージはありませんが、かといってそこまでユーロを買う理由も見つからないので、悩ましいですね。

こちらも引き続きレンジ想定で、トレード的には現状の水準から軽く買って戻り高値の1.110ドル手前、1.107〜1.108ドルぐらいで利食いといった感じでしょうか。損切りは1.100ドルの節目割れ、1.099ドルレベルに置いておきたいですね。

また、戻せば戻したで1.110ドルラインを背に売っていく感じでしょう。よほどユーロを買う材料が出れば別ですが、基本的には狭いレンジを意識するしかなさそうです。

ユーロ円(日足)のチャート

ユーロ円も上値が重いですね。もっとも、ドル円が底堅い値動きを続けていることもあり、かなり下値は限定的です。リスクオン(選好)になるとドル安の動きもあって反発しやすいですが、21日移動平均線(120.386円)が上値を抑え続けていることを見ると、無理に買う通貨ペアではないですね。こちらは様子見でしょう。

ポンドドル&ポンド円:保守党優勢!引き続き世論調査の数字に一喜一憂

ボリス英首相とコービン労働党党首の党首討論はコービンがかなり有利に進めていたと思いますが、労働党の支持率には全く結びつきませんでしたね。全方位型お花畑マニフェストにも警戒感が広がりましたが、そこまで国民も馬鹿じゃなかったということでしょう(*´σー`)ヘヘ…

というわけで、週末の世論調査で保守党と労働党の差は横ばいか、僅かに保守党が支持率を伸ばしたことで予想通りポンドは上窓スタートとなりました。まぁ数字を見てからならなんとでも言えるよね!


先週は保守党と労働党の差が詰まって週末、週明けはポンド安になるかも・・・なんて言ってましたけどね(土下座)。まぁ蓋を開けてみればって感じです_:(´'_)⌒):_

保守党磐石という今の状況が続くなら、ポンドは底堅い値動きを続けるでしょう。ただ、問題として最近の英国・経済指標の下振れが目立ちます。BOE(英中銀)による来年以降の利下げが意識されて上値が重くなっていますので、特に指標には警戒しておきましょう。今週は英国発の指標がありませんが、米国の数字が強い上値は伸ばしにくいでしょうね。

ポンドドル(日足)のチャート

ポンドドルは上窓スタートとなりましたが、ツイートでも述べたように欧州時間帯に伸ばしていけるかどうかですね。先週末の下げの割には反発に乏しさも感じられるので、今日は欧州時間帯で伸ばしていけるかどうかに注目でしょう。伸びなければ下値に警戒した方が良さそうです。

トレード的には1.276ドルに損切りをおいて、現状の水準から軽く買いつつ、1.280〜1.282ドルで厚めにポジションを追加していくといった感じですね。

利食いは悩ましいですが、1.290ドルラインをあっさり抜けられる上昇力があるなら、利益を伸ばせるだけ伸ばしたいですね。1.28ドル台後半で伸び悩むなら一旦利食いでしょう。

ポンド円(日足)のチャート

ポンド円は値頃感的には買いですが、ドル円が小じっかりの中でこの程度の上昇であることを踏まえると、押し目も狙いにくいですね。一段と崩れて下に行く可能性があります。リスクオン局面で追っかける際には積極的に活用したいですが、今は様子を見るしかないでしょう。


大体こんなところでしょうか。今週も損切り浅めでドル円やポンドドルの押し目を狙っていくのがベターでしょうかね。とりあえずは、ポンドドルを軽く買って様子を見たいと思います。それでは、今週も1週間どうぞよろしくお願いします。

また、何度も書いていますがポンドのトレードにはIG証券がオススメです!ノースリッページ注文、ノックアウト・オプション共にポジションを持った時点で最大損失を確定できますからね。もちろん、窓開けにも対応しています。外国株のトレードにも使えますよ(∩ˊᵕˋ∩)ムフフン

引き続きポンドは週末の世論調査の発表によって窓開けリスクが非常に高いですし、今後も活躍できる場面はかなりありそうですから、ぜひ以下の記事を読んで活用していただければと思います。

※ノースリッページ注文(逆指値が絶対に滑らない注文)
※ノックアウト・オプション(資金効率が◎)

※トップ画像(Mia Elliott Smith/Shutterstock.com)


ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【5月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえる会社が多数あるので、ぜひこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

IG証券】最大60,000円キャッシュバック&ゆきママ特製の投資レポート

LINE FX】口座開設&1回取引で最大5,000円キャッシュバック
LINE証券 FX口座開設

外為どっとコム】最大103,000円キャッシュバック(口座開設月から翌々月末まで(2021年2月1日(月)午前7時00分より開始))

LIGHT FX】最大53,000円キャッシュバック
LIGHT FX

アイネット証券】最大30,000円CB&ゆきママ特製ループイフダンレポート

マネーパートナーズ】初回取引1,000円キャッシュバック
株式会社マネーパートナーズ パートナーズFX

DMM.com証券】最大204,000円CB&ゆきママ特製のFX攻略レポート
【DMM FX】申込

みんなのFX】最大50,000円CB&ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
トレイダーズ証券 みんなのFX

FXブロードネット】最大20,000円CB&図書カード3,000円
FXブロードネット

FXプライム byGMO】最大508,000円キャッシュバック
FXプライム byGMO

外為ジャパンFX】最大23,000円キャッシュバック
【外為ジャパンFX】申込

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK