左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【IMF見通し結果解説】ポンドは今日の雇用統計が鍵?日銀は無風想定で!【1月21日のトレード戦略】

【IMF見通し結果解説】ポンドは今日の雇用統計が鍵?日銀は無風想定で!【1月21日のトレード戦略】
20日はキング牧師の日ということで米国は祝日、NY市場も休場となっており、為替相場は全体的に静かな値動きでした。ちな、ハワイでもちょっとしたパレードが行われるので、ゆきおの教育のために見せておこうかなと思います(ゝω・)vキャピ

で、再び相場に目を向けると今日は静かな1日ではありました。今日はIMF(国際通貨基金)が経済見通しを発表し、前回10月から想定よりも経済成長が下振れしているのですが、相場的にはほぼ無反応です。IMFの発表は以下の通り↓

IMF経済見通し(2020年1月)

・2021年の世界の経済成長見通しは3.4%(前回10月は3.6%)
・2020年の米国の経済成長見通しは2.0%(前回2.1%)
・2020年の中国の経済成長見通しは5.8%(前回6.0%)
・貿易や製造業が底打ちしているという兆候がある
・部分的には米中第1段階合意も影響している
・昨年10月よりも下振れリスクは後退している
レポート全体を見るとトーンとしては楽観だけど、実際の数字、経済成長見通しは低めに見積もっているといった感じですかね。あまり材料視されませんが、経済見通しに関しては強気強気という状況ではなさそうで、やはり米中の通商交渉次第の面があるというのは覚えておきたいところ。

World Economic Outlook, January 2020(外部サイト:IMF)

まぁこれは完全に余談ですが、主要国では唯一日本が上振れ見通しですねw まぁ0.7%と他国とは比べるべくもない低成長状態は相変わらずですけど(´・ω(´・ω・(´・ω・`)・ω・`)ω・`)ショボレンジャー

この他、ポンドがやや売り込まれる場面もありました。今日のポンドはやや下に窓を開けてスタートしましたが、週末に英財務相がEUとの貿易交渉に消極的な姿勢を示し、仮にEUとの通商交渉がうまく行かず英国の一部産業がダメージを受けるとしても、年末にブレグジット(EU離脱)を行うとしたことが影響したようです。

ポンドドル(日足)のチャート

もっとも、ポンドは一旦は売り込まれたものの、その後は反発しています。ありきたりな内容というか、これまでもボリスが再三にわたって通商合意がなくとも年内のブレグジットに言及していましたからね。新味にかける内容だったこともあるでしょう。

また、ポンドの値動きそのものとして、1.29ドル台ではかなり底堅いということも影響しているでしょう。この辺はツイートでも述べた通りで、神材料が出るまではツッコミ売りは避けたいところ。やはり長い目で見れば下値余地よりも上値余地が大きく、売られ過ぎですからね。

まぁ短期的にはタイトルにもあるように18:30に英国の雇用統計が発表されますから、その数字次第ということになります。利下げ派メンバー複数が労働市場の悪化を理由に挙げていますから、重要な意味を持つことになるでしょう。

これまでの英国の経済指標の数字が非常に弱かっただけに、今回の雇用統計でよほど強い数字が出ない限りは利下げへの懸念が燻り続けることになりますから、発表前に1.300ドルより上の水準に位置するなら、ショート(売り)で入ってギャンブルですね(`・ω・´)ノ イクゼ!

1.300ドル未満ならギャンブルしないほうが無難ではあります。なんだかんだ、ある程度は利下げも織り込まれつつあるのが現状ですからね。

あとは、押し目狙いのロング戦略もアリではありますが、なかなか悩ましいですね。最悪、月末に利下げで1.290ドルを割れていくことも考えられるわけですから。まぁ下がった場面で1.290ドル割れにしっかり損切りを置いてロングはアリでしょうけどね。

1月21日の重要イベント&経済指標

??:??🇯🇵日銀金融政策決定会合・政策&声明発表
??:??🇯🇵日銀展望レポート
15:30🇯🇵黒田日銀総裁・定例記者会見
18:30🇬🇧12月雇用統計
19:00🇩🇪1月ZEW景況感調査
19:00🇪🇺1月ZEW景況感調査
今日は英国の雇用統計に注目!日銀イベントもありますが、基本的には無風想定ですね。まぁなんだかんだ円高になってないので、黒田っちが動く理由は皆無。日銀砲、黒田バズーカなどともてはやされていたことが懐かしいですね(´;ω;`)ブワッ

絶対に滑らない注文がここにはある!ポンドの窓開けにも安心!!

今日はポンドが小さな窓開けになりましたが、激しく急騰・急落するポンドは約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、140円割れ、139.90円に逆指値として損切りを設定していたとしても、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということが頻繁にあります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります。

なので、基本的にはポンドをトレードするのはオススメできないのですが、IG証券のノースリッページ注文を使えば、こういったスリッページを完全に回避することができますので、ぜひぜひポンドをトレードしようと考えている方は活用していただければ!

窓開けにも対応していますし、信頼できるFX会社の追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできますので、ぜひ検討していただければと思います。

ちなみに、窓開けとは週末クローズドのレートと、週明けスタートのレートの乖離が発生することですね。これに泣かされた経験がある方も多いことでしょう。
これは今週の豪ドル円の窓開けチャートです。ローソク足とローソク足の間にぽっかりと穴が空いたようになっています。大変動でレートが飛んだ時もこのようなチャートになります。通常のFX会社の場合、この空白のあるレート帯では注文が約定しません\(^o^)/オワタ

例えば、このチャートのように週末に75.900円に損切り注文を置いて売りポジションを持ち越したとしましょう。

この場合、通常のFX会社の損切り注文、逆指値をした場合はオープン時のレートである76.025円で約定してしまいます。こうやって持ち越しをして大火傷をしてしまうことがあるため、なるべく持ち越さないことを推奨しています(乂∀・)ダメダメ

しかしながら、IG証券のノースリッページ注文を行なっていれば、週明けにどんな大きな窓が開いたとしても75.900円で損切り注文が約定するんですね。

このようにIG証券のノースリッページ注文を使うことで、ポジションの持ち越しがしやすくなりますし、損失を確定させて窓開けに期待するトレードもしやすくなり、戦略も広がることになります!

当然ですが、窓開けはもちろんのこと、フラッシュクラッシュなど、どんな値動きでも必ず指定レートで約定しますから、追証なし、ゼロカットシステムを探していた方もオススメできます(•̀ᴗ•́)و ̑̑グッ!

ノースリッページ注文がオススメな人

予期せぬ損失を避けたい人
急変時にも安心して勝負をしたい人
安心してポジションを持ち越したい人
追証なしのゼロカットシステムを探していた人
初心者から上級者まで、リスクを避けたい人にはオススメの注文方法となります。若干の手数料(平時で1万通貨あたり100〜200円)がかかりますが、万が一の時に必ず約定すると考えれば高いとは思いません。むしろ、安いと感じるレベルですね。
ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる

ちなみにIG証券はノックアウト・オプションでも人気です。こちらの記事もお読みいただければと思います↓

※トップ画像(Lightspring/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【春一番2月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK