左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【リスクオフ】ポンドは強い指標でしっかり!新型コロナウイルス肺炎で株価が下がるなら喜んで…【1月22〜23日のトレード戦略】

【リスクオフ】ポンドは強い指標でしっかり!新型コロナウイルス肺炎で株価が下がるなら喜んで…【1月22〜23日のトレード戦略】
昨日の米国株は中国で多発し、米国でも初の感染者が確認されたコロナウイルスによる新型肺炎ネタで6日ぶりに反落。人から人への感染が確認されたこともあり、旅行関連株、航空機大手のボーイングを中心に航空関連銘柄が急落し、ダウを押し下げる結果となりました。

もっとも、IBMの好決算を受けてハイテク株は相変わらず堅調で、引き続き指数ならS&P500などを中心にコツコツ買いを入れていきたい、そんな相場ですね(ΦωΦ)フフフ…

\ゆきママも使ってるIG証券/

新型コロナウイルスに関しては専門家の間でも意見が分かれており、ど素人のゆきママがどうこう言える問題ではないですが、2003年に大流行したSARSコロナウイルスほど致命的ではない(SARSの致死率は10%近かった)ように見えますが、既に医療従事者への感染も確認されており、もしかすると感染範囲が急拡大していく可能性は結構あるのかなと。

で、2003年のSARSと同様に春節の大移動で大流行するとw 今年の連休は24〜30日の1週間となりますが、この前後1ヵ月程度の期間に30億人が大移動するとされています。約20年前とは比べるべくもないほどの民族大移動となりますので、くれぐれもお気をつけください。海外旅行の渡航先、トップは日本で昨前年比+50%増ですw \(^o^)/ジンセイオワタ!

ででで、仮にこの新型肺炎が流行する、あるいは出国制限、入国制限という話に発展し、旅行が停滞して個人消費への影響が出てくることが想定されるわけで、やはり中国経済を中心にマイナスとなるでしょう。

まぁ今のところコロナウイルスの影響は非常に限定的というのがコンセンサスですが、大流行の兆し、出入国制限という話になってくるのであれば、懸念を強めてリスクオフ(回避)に傾き、株安からの円高となっていきますので今後の動向を注視しておきましょう|_・)ジーッ

ただ、タイトルにもあるように、流行して株価が下がったら下がったで喜んで買っていきたいですけどね。米国でバタバタ人が死んでいく状況になるならともかくとして、とにかく中国、アジア圏以上に米国の経済は超堅調ですからね。押し目押し目の意識は忘れずにいきたいところでしょう。


全体的にやや円高!ポンドはしっかりでオセアニア通貨はダメダメw

為替については完全にヨコヨコモードなので、個人的にやる気があまり出ないのですが、まずはしっかり解説していきたいと思います(`・ω・´+)キリッ

まず、ドル円やクロス円に関してはコロナウイルス次第という面がありますし、ドル円の上値も乏しいですから、今は買いにくくなったと思います。リターンが期待しにくいので押し目買いは控えましょう。かと言って、肺炎流行に売れるほどの確信が持てるかというと、これまた微妙でトレードは難しいですね。まぁとにかく、買いポジを持ってる人はさっさと処理した方が利口かと。

また、言うまでもなくオセアニア通貨の豪ドル、NZドルは最悪です。なんといってもコロナウイルスは中国が震源地ですからね。EUが貿易的に中国への依存度を高めていることもあってか、ややユーロも弱めにはなっています。

そんな中で元気に動いているのがポンドですねw クソレンジといえばクソレンジなんですが、私たちトレーダーを魅了してやまないポンドの値動きがここに詰まっているような気がします(ノ∀`)アチャー

ポンドドル(日足)のチャート

昨日は英国の雇用統計ギャンブルをしました。まぁツイートやブログでも再三、裏を引いたら(指標が良かったら)即撤退としていた通りなので、数字を確認、アライさんのツイートを見て即逃げした人は10〜20pips程度のマイナスで済んだと思います。


こういう時は引っ張らないことが大事ですね。特にポンドに関しては上値余地の方が大きいのは明らかですからね。指標の数字が良ければ、なんだかんだ反発してしまうことがままあります。

ちなみに、12月の平均週間賃金は+3.2%と予想の+3.1%を上回ったことでポンドが反発しました。特に買い上げていくほどの数字でもないと思いますが、神経質な値動きが続いていますね。

とりあえず、1.300ドルの大台節目をサポートしたことで反転していますが、ここから重たいのも事実です。もう一段ぐらいは上値を追うかもしれませんが、少なくとも1.315ドルから上へグングンという状況にはないように思います。

むしろ、反発したことで下げる余地が出ましたから、明後日25日に発表される英国の1月PMI(購買担当者景気指数)・速報値で、また売りでギャンブルしようかと思います。

当然ですが、数字が良ければ即撤退。一旦は上を目指すことになりそうですからね。まぁ月末にMPC(英金融政策委員会)がありますから、ドテン買いも悩ましく、多分、1.310ドルを超えている水準では買わないと思います。

とりあえず、まずは指標ギャンブルを目指しつつ、1.300〜1.315ドルぐらいをコアレンジと考えて上下を意識してトレードしていく感じでしょう。レンジ下限に近ければロング・押し目買いが有利ですし、上限に近ければショート・戻り売りが有利ということですね。


為替は全体的にチャンスが薄めなので、今は株などチャンスのわかりやすいものをしっかり攻略していきましょうということで、まとめておきたいと思います(*´д`*)〜зフゥ…

1月22〜23日の重要イベント&経済指標

・22日
22:30🇨🇦12月新築住宅価格指数
22:30🇨🇦12月消費者物価指数
23:00🇺🇸11月住宅価格指数
24:00🇨🇦カナダ中銀政策金利⭐️
24:00🇺🇸12月中古住宅販売件数⭐️
・23日
08:50🇯🇵12月貿易統計
09:30🇦🇺12月雇用統計
21:45🇪🇺ECB理事会・政策&声明発表⭐️⭐️⭐️
22:30🇪🇺ラガルドECB総裁・定例記者会見⭐️⭐️⭐️
22:30🇺🇸新規失業保険申請件数
24:00🇺🇸12月景気先行指標総合指数
明日はECB理事会も予定されています。まぁ前回は比較的強気のラガルドでしたが、ここ最近はEUの経済見通しの悪化、さらにはブレグジットも重なることでトーンダウンしています。市場もまだラガルドの傾向が掴めてないので、もしかするとサプライズでユーロが大きく動く可能性はあるので要注意でしょう。まぁ詳しい展望、見通しについてはまた明日書く予定です。

やっぱり米株買い?トランプ大統領が中流階級の減税について言及!

つい先ほど一報が!90日以内に中流階級の大規模減税を発表するとのことw もうメチャメチャやん、トランプはんwww というわけで、やっぱり米株を買おうねという話にはなると思います。達成できるかどうかは別として、また期待感だけは高まりそうですからね+(0゚・∀・) + ワクテカ +

NYダウ平均株価(日足):TradingView

何度も繰り返していますが、振り落とされないで買い続けられれば強いですからね。最低、資金の半分を大暴落用資金としてダウなら1,000〜2,000ドルを超えるような大きな調整があった時に全力で買うお金として取っておけば良いかなと。残り半分で1,000ドル幅ぐらいの上下を想定して、コツコツ買っていく感じです。

まぁ確かに今後調整する可能性は極めて高いように思われますが、押し目買いに押し目なしという状況が続いていることも事実ですからね。これだけ強いと売ることはできないですし、みんな下がったら買おうと待っているわけで、そうすると下がりにくいというわけです。とにかく、少しずつ買っていきましょう。

また、それなりに取引コスト、実質的な手数料が最安ではないということもあってガチ推しはしてきませんでしたが、幅広い投資に使えることで様々な局面に対応できますから、そういう意味でIG証券はオススメですね!

去年、約2倍になったアップル株も単元未満の1株、CFDの証拠金取引で1万円程度から買うことができますし、ダウやS&P500といった株価指数、金や原油といった商品相場も扱っているので、何が起こってもIG証券を持っておくだけでだいぶ違うと思います。

アライさん
トレードコスト的にガチ推ししてこなかったけど、ゴミクソ投資信託を買うよりは良いと思ってオススメするのだ!ノースリッページ注文やノックアウト・オプションでも使えるのでFX的な意味では元々オススメしてたのだ!!

▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
株式投資、CFDにも使えるIG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(kornnphoto/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【春一番2月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK