左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【ダウ先強】トランプ大統領の一般教書演説が相場に与える影響を解説!ポンドは土下座謝罪…【2月5日のトレード戦略】

【ダウ先強】トランプ大統領の一般教書演説が相場に与える影響を解説!ポンドは土下座謝罪…【2月5日のトレード戦略】
ダウ先がかなり強めの値動きになっていますね。日本時間5日11時から行われる一般教書演説への期待感もあるかもしれません。まぁコロナウイルスによる新型肺炎のリスクを感じるのであれば、引き続き日本株、日経平均をショートしてヘッジすれば良いでしょう。繰り返しているように日本企業の業績は弱いですし、米国ほど金融緩和余地もないですからね(ヾノ・ω・`)ナイナイ

で、ポンドに関しては本当にごめんなさい(土下座)!もうワンピースの光月おでんみたいに5年間裸踊りします・・・う〜ん、見事に切らされて死にました。まぁ目新しい材料はなかったと思うのですが、今後も引き続き英EU間の通商交渉報道で荒れた値動きになるのでしょう。

ポンドドル(日足)のチャート

結局は1.30〜1.32ドルのレンジなので、買うにせよ売りにせよ、中途半端な位置で持たないことでしょうね。今後は英EUの通商交渉関連報道、ヘッドラインで揺らされるので、明確な材料が出ないとレンジは継続するかもしれません。余裕を持って下限で買い、上限で売りというトレードを続けるしかなさそうです。

まぁ為替は裏を引いてしまいましたし、現状は株の方が楽なので個人的に為替はスルーすることにします。株に関しては、ひたすら米株を押し目押し目で買い続けるだけですからね。ヘッジで日経平均を戻り売り・ショートし、下がれば利食い、短期で稼いで米株を買うお金にすれば良いだけです。米株買いの方を厚めにしておけば問題ないでしょう(`・ω・´+)キリッ

リスクとしては、日本株が米株以上に上がる、あるいは株価が下がり続けることですが、前者に関しては日本の状況を踏まえれば、その可能性は低そうですし、バブルが弾けたような流れで米株が下がり続けるなら、それはそれで仕方ないと割り切ってますからね。

それでは、今日はタイトルにもあるように一般教書演説が相場に与える影響と、トレード戦略について解説していきたいと思いますc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

\ゆきママもトレードに使ってるIG証券/


一般教書演説で減税政策発表ならドル高&株高か?ドル円は一段高に!

ダウ先が非常に強いですし、まずは期待感先行の流れなんでしょうかね。ちな、一般教書演説とはなんぞや?というところから解説していくと、本来的には大統領が過去1年間の状況を議会に報告し、今後1年間取り組むべき課題を明らかにして、必要な法律を議会に作ってもらうようにお願いするための演説です(人∀·)タノム

まぁ安倍ぴょんが私は立法府の長と発言してマスゴミが大騒ぎしましたが、日本では首相も立法府である国会に参加でき、発言機会も相当多いので勘違いしても仕方ないというかw

一方で、米国の場合は大統領はあくまで行政の長ですから、議会には基本的に参加できませんし、投票権も発言機会もありません。テロや戦争といった緊急事態や弾劾裁判での召喚でもあれば別ですけどね。

てなわけで、基本的には年に1度、唯一大統領が議会で延々と自由に演説できる機会でもあるため、ここぞとばかりに国民に功績をアピールしますし、国民も年に1度のイベントとして非常に注目のイベントとなります。特に今年は大統領選挙の年ですから、いつも以上に気合が入るのは言うまでもないでしょう∑o(*'o'*)oウオオォォォォ!!

そして、今回の一般教書演説で注目されるのは、追加減税・財政刺激策などについて言及があるかどうかですね。トランプ大統領は中間層への減税を大統領選の公約に掲げるとしていますし、最近もツイッターで言及していますからね。

この演説で追加減税に言及するか否かはもちろん、どこまで具体的に踏み込んでくるかが注目されます。減税のげの字もなくスルーされるようだと、やや期待感が後退して株安からの円高に作用するかもしれません↓sage↓⊂(´ω` )⊃↓sage↓

もし、追加減税をしっかりアピールするのであれば、とりあえずはリスクオンからの株高からの円安、財源は国債になりますから財政悪化を意識した米長期金利の上昇(価格は下落)でドル高となりそうです。

ドル円(日足)のチャート

株価が強い流れで円売りが加速し、ドル円は一段高ですね。まぁ明日の一般教書演説でどこまで伸ばせるかといった感じです。109円台前半はコロナウイルスへの懸念以後、かなり重たくなっている水準ですが、一般教書演説でリスクオンなら、もう一段はありそうか。

109円台後半も110.00円という大台節目を前になかなか重そうな感じもするので、ごく短期なら明日への期待感で買うにせよ、一般教書演説を終えたら一旦売ってみる方がいいのかなぁという感じはします。結局、ドル円もレンジですからね。

ユーロドル、ポンドドルなどはドル高で上値が重くなる可能性に注意でしょう。

ダウ平均株価CFD(日足):TradingView

ダウ先は強すぎる印象ですが、一般教書演説で29,000ドル台に乗せてくる可能性はありそうですね。そうなったらそうなったで下で拾ったポジションは少し利食いしてしまっても良いかもしれません。

新高値までは少し遠いですし、まだまだコロナウイルスの問題、それに民主党の候補者を選ぶための党員集会がアイオワでスタートし、この結果次第では反落もあり得ますからね。

日経平均株価CFD(日足):TradingView

ゆきママは日経平均を少し厚めに追加売りしました。まぁどうせ日経平均は23,400円ぐらいから上値に限界がきて、ダウとの乖離も広がりそうですからね。米株が上がるにせよ下がるにせよ、どっちに転んでも結局は美味しいですからね。

リスク要因はコロナウイルスの中国とアイオワ州党員集会の結果か?

コロナ・ショックから立ち直り、パニック相場になる可能性はだいぶ下がったように思いますが、引き続きリスク要因であることは明らかです。やはり昨日も書いたように10日まで延長された春節休暇がさらに長引くとなると、中国の経済は元より、中国工場での生産性が低下して世界中に悪影響をもたらす可能性が高まりますからね( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー

また、民主党の大統領後任候補者を選ぶ党員集会がアイオワ州で始まりました。この最初の党員集会は非常に重視され、ここでの勝者が8割方、最終的な候補者になるとされています。やはり初戦を制すことで勢いがつくんでしょうね。

本来であれば今日の昼頃にも勝者が判明する見込みでしたが、集計ソフトのエラーで発表が遅れており、結果は日本時間の明日未明ぐらいにずれ込む模様ですヾ(゚д゚; )ォィォィ

で、バイデン候補とサンダース候補がトップを争っていますが、バイデン候補になればトランプが苦戦する可能性が高く、一方でサンダース候補となればトランプは勝ちやすいかもしれませんが富裕層や企業への増勢を掲げていますので、どっちにしても株価にとってはややネガティブなニュースになる可能性があるということですね。

この辺が目先のリスクかなといった感じですね。まぁ今回は投票結果の発表がずれ込んだおかげで、一般教書で打ち消されそうですが、同時に米国のマーケットが開いている時間に発表なので、そこが少し怖いところかもしれません((((;´・ω・`)))コワー

オセアニア通貨や南アフリカランド、明日の経済指標について簡単解説

まぁ質問があったので簡単に答えていこうかと思います。まず、オセアニア通貨、特に豪ドルそのものについては、目先はやや強そうですね。もちろん、中国のコロナウイルスが問題視されれば売られるので、薄氷の強さって感じではありますけどね。

背景にはRBA(豪準備銀行)が利下げを一旦待ったことがあります。政策金利はもはや0.75%と下げ余地がほとんど残されていないからでしょう。コロナウイルスと進行中の山火事が成長を抑制することを指摘した上で金利を据え置きましたからね( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

なので、今後の指標で大きな下振れを確認しない限り、RBAは軽々に動かない可能性が高そうで、そう考えると短期的には豪ドルそのものはやや強いと。まぁ明日の一般教書演説で米ドルが強くなれば、また豪ドル米ドルは変わってきますけどね。

それから、明日には10:30からロウRBA総裁の会見も予定されており、そこでの発言次第ですね。この会見での方向性について質問がありましたが、それはちょっと難しいですね。

利下げを見送ったことを踏まえれば、まずは待ちたいということ、あとは市場を落ち着かせる意味で影響は限定的として豪ドルが買われるかもしれませんが、流石に楽観できる状況でもないので、豪ドルを買い続けるのはなかなかにリスクがあると感じており、そろそろ買いは一旦終了して様子を見た方が良いかと。

それから、南アフリカランドについて質問がありましたが、やはりリスクがあれば真っ先に売られるのがこういった新興国通貨ですからね。投資するのであれば、もう少し状況落ち着いてからでしょう。少なくともコロナウイルスの問題が一服してからで良いと思います。

もうコロナウイルスの感染者は2万人を超えましたからね。死亡者数は427名と、なかなか致命率も下がっていきません。今は中国国内の問題として、やや楽観視されていますが、欧米で感染者の拡大、死者が出ればパニックは免れませんし、今後も感染が拡大すれば中国を中心にアジア経済の下押し要員としてリスク視される可能性は十分ですから、今後も限警戒しておきましょう| 冫、)ジー

2月4〜5日の重要イベント&経済指標

・4日
24:00🇺🇸12月製造業新規受注
・5日
06:45🇳🇿10-12月期雇用統計
10:30🇦🇺ロウRBA総裁・発言
11:00🇺🇸トランプ大統領・一般教書演説⭐️⭐️⭐️
10:45🇨🇳1月Caixinサービス部門購買担当者景気指数
17:50🇫🇷1月サービス部門購買担当者景気指数・改定値
17:55🇩🇪1月サービス部門購買担当者景気指数・改定値
18:00🇪🇺1月サービス部門購買担当者景気指数・改定値
18:30🇬🇧1月サービス部門購買担当者景気指数・改定値
19:00🇪🇺12月小売売上高⭐️
21:15🇪🇺ラガルドECB総裁・発言
22:15🇺🇸1月ADP雇用報告⭐️
22:30🇺🇸12月貿易収支
23:45🇺🇸1月サービス部門購買担当者景気指数・改定値
23:45🇺🇸1月総合購買担当者景気指数・改定値
24:00🇺🇸1月ISM非製造業景況指数⭐️⭐️
明日はトランプ大統領の一般教書演説の他、ADPやISMの発表があります。数字が良ければ一般教書演説からの流れを引き継いで、さらなるリスクオンもありそうです。まぁ一般教書演説でコケるとまずいですが、とりあえずは小じっかり相場を想定して見ておきます。

FXだけでなく株も株価指数も取引できるIG証券ならチャンスを逃さない!

今回のコロナウイルスなど、分かりやすいチャンスはいつ何時やってくるか分かりません!為替の値動きがそれほどでなくても、株なら、日経平均などの株価指数なら、しっかり稼げることがままありますからね。

そういう意味で株も取引できるIG証券を持っておくメリットは大きいです。しかも、ノックアウト・オプションという独自サービスのおかげで資金効率も非常に良いですからね。他社と違って少ない資金でも幅広い戦略を取ることが可能になっていますΣb( `・ω・´)

アライさん
トレードコスト的にガチ推ししてこなかったけど、ゴミクソ投資信託を買うよりは良いと思ってオススメするのだ!ノースリッページ注文やノックアウト・オプションでも使えるのでFX的な意味では元々オススメしてたのだ!!

▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
株式投資、CFDにも使えるIG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(scoutori/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【5月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK