左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【ダウ3日続落】ウォール街もギブアップ?新型コロナへの警戒感は色濃く…【2月27〜28日のトレード戦略】

【ダウ3日続落】ウォール街もギブアップ?新型コロナへの警戒感は色濃く…【2月27〜28日のトレード戦略】
買いポジでパンパンだぜ!まぁ流石に2日で1,900ドル下げということで、ダウはかなり反発してスタートしましたが、その後は徐々に反落して3日続落となりました。うん、やっぱり底が見えなくなりつつあるね・・・とにかく、買い急がず余力を持って少しずつ買っていきましょう。。。

まぁ最悪のシナリオだと、キャッシュフローのカツカツな会社が倒産を呼び込む連鎖倒産みたいな形で、30%程度、株価が押し下げられるかも〜というレポートもありました。極端な想定ではあるのでしょうが、こういう話が出てくる時点でウォール街も弱気になっているのかなといった印象です(´・ω・`(´・ω・`(´・ω・`)ジェットストリームショボーン

ちなみに、今朝あったトランプ大統領の新型コロナウイルスに関する発言は、混乱を避けるためか抑えたトーンでしたね。経済、GDPに与える影響ははっきりしないとしており、FRBの政策金利には満足していないというリップサービスも忘れませんでしたが、市場の反応は薄め。

てか、日経弱めで22,000円の大台割れとかもうね。。。昨日書いたけど、今日も書いてるけど、短期的にはもう一段の下げ余地が出てきているので、慎重に買い進めましょうということで(´・ω・`))´-ω-`))ウン

それでは、今日明日の展望、トレード戦略について簡単にまとめておきますので、どうぞよろしくお願いします。


株:ダウは厳しい流れ!日経は年金パワーでインチキ下げ渋り…

昨日反発した場面で、下で拾ったポジ利食いして軽くしておけば良かった・・・と、私も思うのですが、そうそう都合の良いトレードをできるはずもなく、割とポジをパンパン気味で抱えて血尿ジョバァーニです。ストレスで胃が痛い0(:3 )~ =͟͟͞͞(’、3)_ヽ)_シヌ…

まぁ米経済は堅調ですよ。昨日発表された1月の新築住宅販売件数は12年6ヵ月ぶりの高水準ですからね。はっきり言って強い。景気の先行指標とも言われる住宅関連指数が強のは心強いです。

じゃあ、なんで下げてるのか〜というと、引き続きコロナです。コロナというより、FRBに対しての利下げ催促相場になっているのかもしれません。ダウ先が26,500ドルに達するなど、最高値から3,000ドル近く調整していますから、そろそろ何らかのアナウンスを期待したい(*˘人˘*)オナシャス!

これも繰り返し書いていることですが、企業業績、景気など二の次です。財政政策、金融緩和が相場をリードし続けてきたわけで、その傾向は今後も変わらないでしょう。だから、パウエル頼むよ!

で、FOMC(米連邦公開市場委員会)は来月3月17〜18日の日程で行われます。市場が待ち望んでいる待望の利下げをするとすれば、利下げ示唆はいつあってもおかしくはないかなと。そうなれば、株価がスルスルと上がっていきやすいでしょうヽ(`Д´)ノボッキアケ!

いつ下げ止まるかって?そんなん誰にも分からねぇよ(逆ギレ)!!まぁでも、紛いなりにも下げ幅は縮小傾向にありますので、徐々に相場が落ち着いてくることを期待しています。

まぁ、いつ、という問題は非常に難しく誰にも分からないように思います。FRBメンバーの利下げ推進発言があれば一気に相場の地合いが変わることも考えられますし、このままコロナウイルスが収束せずにズルズルと言ってしまう可能性も当然あるでしょう。

しかしながら、大統領選挙の年でもありますし、パウエルも株価は非常に重視していますから、まだ楽観しては見ています。結局、米国株のトレンドを踏まえれば、安いところで仕込んで高いところで利食いして儲けていくのがセオリーとなります。

損切りは大事ですし、自身の想定シナリオを離れた場合は切っていくことは必要ですが、一喜一憂して安値でぶん投げるのでは資産は永遠に増えませんからね(震え声)!

ダウ平均株価CFD(日足):TradingView

ダウは27,800ドルを剥がれた時点で、調整が深くなることは想定されたわけですが、その通りの値動きとなっています。すでに26,000ドルラインはターゲットに入っており、今日も下げてしまうと26,000ドルから、さらにもう一段、深堀してもおかしくない下げ余地が生まれてくると思いますので、そのつもりで。

上値に関しては、何もなければ27,500〜27,800ドル前後がレジスタンスとなりそうで、28,000ドルがやや遠くに見えます。ただ、FRBの利下げアナウンス次第で、一気に戻していくことも可能な水準ではあるでしょう。

個人的には、引き続きダウ中心です。S&P500は好みの問題。ナスダックはダウが26,000ドル割れとか、パニック相場気味になった時で良いと思います。

日経平均株価CFD(日足):TradingView

日経平均についても質問があったので解説しておくと、そろそろ底という兆候は出始めています。そもそも年金のインチキ買いが入るので、割と不自然に底堅い相場となっています。

一方で、上値は乏しいですから、あまり買う理由もないとは思うんですけどね。最大限戻しても24,000円前後で打ち止め・・・ならダウでも買った方がマシというもの。

ただ、日本の個人投資家のほとんどが売り越していますが、海外勢は徐々に買いに向かっているというのはポイントかと思います。まぁクレディ・スイスなんかは売りを強めているみたいですが、ゴールドマン・サックスなどは買っています。

各証券会社、日本市場の使い方は違うので、これだけで勝てるとは言いませんが、年金の買い支えもありますし、米国株がここから極端な下げを見せるという展望を描けないのであれば、ある意味で拾うのは自然といえば自然かもしれないなと考えています。

\アップル株が1株単位で買える!ゆきママもトレードに使ってるIG証券/

こんな感じですね。アップル株も300ドル割れからコツコツ拾って2,000株ぐらい握り締めています。コロナショック前の水準に戻すだけで1,000万円近くゲットー!!まぁ去年2倍になったので躊躇していましたが、今年利食いした水準より安値で入れたので血尿流して頑張りますね_:(´`」 ∠):_

ちな、こういう相場では遅れてきた人間、含み損を抱えてない痛みのないトレーダーが有利ですからね。始めるなら今が大チャンス!でしょ!!かも!?!?ということで株の方は簡単にまとめておきます。

為替:ややドル安!ただ、米長期金利が市場最低水準でこれは…

今週の為替相場に目を向けると、ややドル安気味といった感じですね。ただ、利下げが織り込まれて米長期金利(10年債利回り)が過去最低を記録する中で、この程度のドル安というのは本質的には、そこまで弱くないように思います(ヾノ・ω・`)ナイナイ

また、ドルインデックス(主要通貨に対してドルを指数化したもの)について質問がありましたが、基本的にドルの強弱を確認するのに使いやすいので、特段どうこうということはありません。

ただ、やはり大台の節目の100.00ポイントなどはそれなりに意識されるでしょうし、株価がこれだけ下がっていると、高値圏ではドル高けしからん理論でトランプ大統領のけん制発言からドル安になるかもしれない、といった見方はできるので見ておくと良いとは思います|ω'*)ジー

ドルインデックス(日足):TradingView

米国株安によるドル安、さらにリスクオフ(回避)でマイルドな円高もありますし、ややピークアウトした感じのあるドルですが、依然として高い水準にあるというのはお分かりいただけると思います。

あとは、昨日今日の値動きを見るとドル安の流れもあってユーロドルがジリジリ下値を切り上げながら反発しています。この辺はドイツのショルツ財務省が歳出余地を広げる財政政策に言及していることが影響しています。ただ、これに関しても緊縮派議員の多さを考えると依然としてハードルは高いので、いつポシャってもおかしくはないですね。

ユーロドル(日足)のチャート

ユーロに関しては短期的には経済指標次第の部分もあるので難しいですが、チャートを見る限り一旦は上方向といった形にはなっています。21日移動平均線(1.09106ドル)を抜けているので、早めなら一旦損切りしても良いかもしれません。

とはいえ、1.100ドルの大台節目は依然として遠いですし、まだまだレンジ想定ですから売り増して様子を見ても良いかなと。本質的にユーロは弱いというのが今の相場感ですね。

ポンドドル(日足)のチャート

ポンドドルに関しては、ポンドが非常に弱いですね。不安定な値動きとなっています。やはり来月からの英EU交渉を考えると、強気で買えないというのは変わらないでしょう。

引き続き、1.300ドル前後で叩いてショートというのが基本戦略にはなりそうです。ただし、英EU交渉において進展を見せそうという話があれば十分に警戒しましょう。電撃合意なら上値ぶち抜きですからね。もちろん、これから交渉が始まるという段階でそういう可能性は非常に低いと思いますが、観測記事でも相当動くので警戒は必要でしょう。

それから、オセアニア通貨は安定の弱さ。まぁ震源地が中国ですから、どうにもならないでしょう。株価の回復過程で買い戻されてもオーストラリア、ニュージーランド経済は大きなダメージを受けるわけですから、何れにせよドル高もあって弱いままかと。基本、豪ドル米ドル、NZドル米ドルは売り場探し。
【DMM FX】申込
こんなところですかね。為替は最近、あまりやる気がしません。自立的な動きがないというか、ドルも円も株価次第みたいな流れが強過ぎますからね。しかも、かなりレンジ気味で狭い値動きが続くので、トレードしてもジワジワ削られてしまう場面が多いので様子見モードです(=゜ω゜)ボンヤリ…

2月27〜28日の重要イベント&経済指標

・27日
18:45🇪🇺ラガルドECB総裁、講演
19:00🇪🇺2月消費者信頼感指数・確定値
19:30🇬🇧カンリフBOE副総裁、講演
21:15🇪🇺レーンECB専務理事、講演
22:30🇺🇸10-12月期GDP・改定値⭐️
22:30🇺🇸10-12月期個人消費・改定値
22:30🇺🇸1月耐久財受注
22:30🇺🇸新規失業保険申請件数
24:00🇺🇸1月米住宅販売保留指数
25:30🇺🇸エバンズ・シカゴ連銀総裁、講演
27:00🇺🇸7年債入札
28:30🇪🇺レーンECB専務理事、講演
29:30🇺🇸メスター・クリーブランド連銀総裁、講演
・28日
08:30🇯🇵1月雇用統計
08:30🇯🇵2月東京都区部消費者物価指数
08:50🇯🇵1月鉱工業生産・速報値
16:00🇹🇷10-12月期GDP
16:45🇫🇷10-12月期GDP・改定値
17:55🇩🇪2月雇用統計⭐️
22:00🇩🇪2月消費者物価指数・速報値⭐️
22:30🇨🇦10-12月期GDP
22:30🇨🇦12月月次GDP
22:30🇺🇸1月個人所得
22:30🇺🇸1月個人消費支出(PCE)⭐️
22:30🇺🇸1月PCEコア・デフレーター⭐️⭐️
23:15🇺🇸ブラード・セントルイス連銀総裁、講演
23:45🇺🇸2月シカゴ購買部協会景気指数
24:00🇺🇸2月ミシガン大学消費者信頼感指数
今日明日は比較的重要な指標もありますし、そろそろFRBメンバーから利下げ示唆が欲しいことも踏まえると、各連銀総裁の発言には注目が集まります。ないとジワジワ削られそうで辛い流れになりそうですから、買い進める際は慎重に。

株や金、VIXも取引できるIG証券で常に相場のチャンスに備える!

それなりに取引コスト、実質的な手数料が最安ではないということもあってガチ推しはしてきませんでしたが、幅広い投資に使えることで、いつでも様々な局面に対応できますから、そういう意味でIG証券はオススメですね!

去年、約2倍になったアップル株も単元未満の1株単位から、CFDの証拠金取引で1株あたり6,000〜7,000円で買うことができますし、ダウやS&P500、VIXといった株価指数、金や原油といった商品相場も扱っているので、何が起こってもIG証券を持っておくだけでだいぶ違うと思います。

アライさん
トレードコスト的にガチ推ししてこなかったけど、ゴミクソ投資信託を買うよりは良いと思ってオススメするのだ!ノースリッページ注文やノックアウト・オプションでも使えるのでFX的な意味では元々オススメしてたのだ!!

▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
株・金投資のCFDにも使えるIG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(Yuganov Konstantin/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【春一番2月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK