左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【リセッション】歴史的な大暴落再び!コロナの混乱による不況、景気後退懸念か…【3月17日のトレード戦略】

【リセッション】歴史的な大暴落再び!コロナの混乱による不況、景気後退懸念か…【3月17日のトレード戦略】
16日のダウ平均株価の下げ幅は−2,997ドルと歴代1位、下げ率は−12.93%と1987年のブラックマンデーに次ぐ歴代2位の記録となりました。まさに記録づくめというか、歴史的な1日に\(^o^)/オワタ


異常と言えば異常だし、行き過ぎと言えばその通りなのですが、まぁそれが相場というものなので仕方ありません。

まぁ値動きの背景について簡単に解説すると、FRB(米連邦準備制度理事会)のゼロ金利政策とQE(量的緩和)が不発に終わったこと、さらにトランプ大統領が米国におけるコロナウイルスの最悪期は7〜8月とし、リセッション(景気後退局面)入りの可能性に言及したことが嫌気されました。

とにかく、市場はコロナウイルスの感染拡大による混乱による不況、景気後退を何よりも嫌気しています。Q1(1-3月期)が悪いのはともかく、早期に収束してQ2(4-6月期)は持ち直すかもしれない、というのが市場の唯一の希望だったんですよね(´・ω・`))´-ω-`))ウン

しかし、昨日のパウエルFRB議長の会見では、Q2もデフレにはならないが、インフレは弱まる、ディスインフレだとしていました。さらに、先ほどトランプ大統領の記者会見でコロナの最悪期は7〜8月の可能性に言及したことで、完全に希望が打ち砕かれることになりました。

こうなってくると、マーケットには中なお金が戻ってこないでしょう。FRBは量的緩和を行って資金をダイレクトに供給していますが、それを受け取った銀行や会社が素直に使うわけがないですからね。まずは不況に備えようと身構える可能性が高いように思います。

どこかで底入れはあるにせよ、引き続き厳しい相場が続くことを覚悟しながら、そしてコロナ不況に備えていただければと思います。


株:ダウは20,000ドルの大台意識!ボラが収まらない限りは…

まぁ繰り返している通り、とにかくボラティリティ(変動)が収まらない限りは今後も下落には警戒するしかありません。上昇よりも下落するスピードの方が早いわけですから、短期はひたすらショート・戻り売りで対応です。

ダウはあまりにもチョッピー過ぎるので、日経平均でツッコミ売りを避けつつ、節目や半値戻しなんかを意識しながら、トレードしていくしかないでしょうc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

ダウ平均株価CFD(日足):TradingView

20,000ドルの大台は見えてるんだろうなーといった感じですね。割れば売りが売りを呼ぶ値動きでオーバーシュートして19,000ドルに一気に走るとか、そういうパターンも十分考えられます。

ただ、ショートカバー、買い戻しの反発も相当キツかったりするので、往復ビンタを避けるなら、まずは戻り待ちですね。半値戻しでも1,500ドルぐらいありますが、とりあえずここから1,000ドルぐらい戻してくるまでは触れないですね。

日経平均CFD(日足):TradingView

日経は半値戻しで節目の17,000円前後ぐらいから叩ければって感じですね。昨日戻してきた時に追加で売ろうかと思ったのですが、迷ってしまって入れませんでした。

まぁとにかく17,000円ラインまで戻してきたら軽く売って、もう一段戻した17,500〜17,800円レベルで売りポジ追加で良いでしょう。損切りは目先高値の18,400円ぐらいで。

また、繰り返しになりますが東京時間帯は日銀やGPIFの買い、政府筋からの情報も活発になりますから、まずは戻り待ちスタンスで。売るタイミングとしては、東京市場はスルーで海外市場の序盤の雰囲気を確認してからがリスクが少ないと思います。

それから、含み損が酷い方は何度も繰り返している通り、損切りなどをしてさらなる下落に備えた方が良いでしょう。何もできず、動けないというのが最悪ですからね。退場も含めて最悪の事態は避けましょうということで。

為替:相変わらず激ムズ!ドルの強さは相変わらずだが、ユーロも…

株安で円高という動きはもちろんのこと、米長期金利(10年債利回り)も低下しているにも関わらず、ドル円は小じっかりですね。なんだかんだ、相変わらずパニック相場におけるドルの強さがありますね\(`・ω・´+)コレダイジ!

でも、これまでとは違って利下げの影響もあったのか、なぜかユーロドルではドルの強さが、そこまで目立ちませんでした。まぁ新興国通貨がクソ弱いのは確定してますけど。

ドル円(日足)のチャート

ドル円は昨日も書いた通り105円割れが想定しにくくなりました。昨日、ダウが一時3,000ドル超の下げとなったわけですが、それでも105円を割り込みませんでしたからね。株価がジリジリ戻せば一段高なわけですから、とりあえずは押し目買いしかないでしょう。

ユーロドル(日足)のチャート

ユーロドルは意外と下げきれず。まぁドルが一定レベルの強さを有していると考えれば、やはり戻り売りといった気はしますが、1.110ドルの節目かつ200日移動平均線(1.10979ドル)や89日移動平均線(1.10648ドル)で下げ止まっているのは、やや気になるところ。

現在の水準から軽くショートしてみて、1.125〜1.130ドルで売りポジ追加、抜けたら一旦損切りといった感じで勝負か。

ポンドドル(日足)のチャート

ポンドドルは流石に下げ過ぎて手が出ない。1.220ドル割れを損切りにおいて押し目買い戦略もありだが、今のところはドル自体が大きく弱まる気配もなく、なかなか悩ましいところ。まずは戻りを待つのがベターか。


為替については、とりあえずこんな感じで。新興国通貨は現在カスですね。不安定な値動きが収まるまで、しばらく投資対象にはなりません(ヾノ・ω・`)ナイナイ

3月17日のイベント&経済指標:米小売には注目だが、過去の数字か…

3月17日の重要イベント&経済指標

09:30🇦🇺10-12月期住宅価格指数
09:30🇦🇺RBA(豪準備銀行)・金融政策会合議事要旨公表
18:30🇬🇧2月雇用統計⭐️
19:00🇩🇪3月ZEW景況感調査⭐️
19:00🇪🇺3月ZEW景況感調査⭐️
21:30🇺🇸2月小売売上高⭐️⭐️
22:15🇺🇸2月鉱工業生産
23:00🇺🇸3月NAHB住宅市場指数⭐️
米小売が悪ければアウト、良くても無視されそう。3月の指標もボチボチでているので、重視されるとしたらそっちのような気はします。何れにせよ、今はコロナコロナコロナでしょう。

株や金、VIXも取引できるIG証券で常に相場のチャンスに備える!

それなりに取引コスト、実質的な手数料が最安ではないということもあってガチ推しはしてきませんでしたが、幅広い投資に使えることで、いつでも様々な局面に対応できますから、そういう意味でIG証券はオススメですね!原油や金などは買っておいても良い水準にはありますからね。

去年、約2倍になったアップル株も単元未満の1株単位から、CFDの証拠金取引で1株あたり6,000〜7,000円で買うことができますし、ダウやS&P500、VIXといった株価指数、金や原油といった商品相場も扱っているので、何が起こってもIG証券を持っておくだけでだいぶ違うと思います。


VIX指数(恐怖指数)はリーマンショックの水準を大きく上回りました。カンカン強気の相場の時に米国株のリスクヘッジに購入しておいたのが役に立ちました。今は高すぎて買えませんが、繰り返しているように、こういったヘッジ戦略も同時にやっておくことが暴落相場を凌ぐコツかと思います(`・ω・´+)キリッ

アライさん
トレードコスト的にガチ推ししてこなかったけど、ゴミクソ投資信託を買うよりは良いと思ってオススメするのだ!ノースリッページ注文やノックアウト・オプションでも使えるのでFX的な意味では元々オススメしてたのだ!!

▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
株・金投資のCFDにも使えるIG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(Roobcio/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【5月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK