左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【株安ドル高】ダウが20,000ドル割れ!超原油安という爆弾を抱える相場の今後は…【3月19日のトレード戦略】

【株安ドル高】ダウが20,000ドル割れ!超原油安という爆弾を抱える相場の今後は…【3月19日のトレード戦略】
株安、そしてドル高と完全に想定通りの展開。問題はこれまでのコロナウイルスに加えて超原油安というショックまで加わりそう、ということですね。昨日も書いた通り、かなりやばいです。WTI原油先物価格は18年ぶりの安値水準を記録しており、瞬間的な下げ率は湾岸戦争クラス/(^q^)\アタマイテー

日本時間の深夜に行われたECB(欧州中央銀行)の緊急理事会の結果として、7,500億ユーロ規模の債券買い入れが発表されると株価や原油が反発して、一瞬相場全体が巻き戻されましたが、その後は反落しています。

うーん、相場は悪材料に満ち満ちています。そもそもダウが20,000ドルの大台維持すらできない時点で終わっているというか。少なくともコロナがヨーロッパ、もしくは米国で終息する見通しが立つか、原油が1バレル=30ドルを超えて上昇するような材料でも出ない限り、株安とドル安という傾向は続きやすいでしょう(´・ω・`))´-ω-`))ウン

WTI原油CFD(1時間足):TradingView

原油は一応、20ドルライン一旦保っていますが、割り込むのは時間の問題でしょう。下げが下げを呼べば最悪の展開もあり得ますからね。原油安の悪影響については昨日も触れた通りで、かなり深刻です。


株:日経が底堅さを見せるが、ダウとともに引き続き戻り売り!

コロナウイルスか原油安という悪材料のどちらかが大きく後退するまではショート・戻り売り戦略継続でしょう。これだけ急激に下げ続けると、マージンコールでポジションを投げないといけないのに投げきれないという事態になりますからね。個人投資家レベルならポジションは一瞬で市場に吸収されますが、大口のヘッジファンドになるとそうは行きませんからね。

まだまだまだまだ捕まったポジションを機械的に投げ続けなければいけない、そして、それを見越してアルゴリズムは淡々と売ってくる、そんな相場が続きそうです。安易に底を想定するよりは、引き続き戻り売りを継続するのが今はベターかと思いますc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

ダウ平均株価(1時間足):TradingView

ダウは20,000ドルに頭を出したかと思えば、叩かれて反落という流れ。ここ最近は安値からの半値戻しぐらいで、確実に叩かれて地獄に真っ逆さまという値動きが続いています。

20,000ドルの大台節目を背に、時間足ベースでレジスタンスとなりそうな21,200ドルを超えてくるまでは売りといった感じですね。19,000ドルの節目ラインでは下げ止まっているので、今日あたり少し反発してくれるとやりやすいですね。

まぁダウは暴力的な暴騰もあるので怖いですが、損切りラインに達したら損切りラインで切って、戻しを確認して再度売れば良いだけでしょう。

日経平均株価(1時間足):TradingView

日本は明日から3連休ということで、どこかで叩き売られる可能性もあるとは考えています。最近はダウよりもかなり底堅く下値が限定的となっており、日銀や公的資金の買い支えを期待して、海外市場でもそれなりに買われている印象です。

この他、下げ渋りの理由はいろいろ考えられ、そもそも日本株が相当割安であること、PBR(純資産)でみても1倍台を大きく割り込んでいますからね。明らかにギャップがあります、また、日本におけるコロナの終息感やドル高による割安感なども考えられるでしょう。

それでも、トレード的にはこれまでと変わらず、17,000円の節目前後で叩いて17,500〜17,800円前後で売りポジ追加、早めなら18,400円で損切りでしょう。


昨日は売り売りギャンブルでデイトレ+900万円。まぁ相当増えている含み損を埋めるきっかけになりましたから、しばらくは余裕です。今後は細かく売ってコツコツ抜いていこうと思います。

\FXだけでなく株価指数などもトレードできる総合口座!ゆきママも使ってるIG証券/

まずは売り売りで対応するしかないですね。短期的には買っても良いことはなさそうですから、そのつもりで。

為替:とにかく米ドル高!資源国通貨は特に悲惨、買うべからず

新興国通貨は買わない方が良いです。まぁ今後も悲惨な値動きは続くでしょう。新興国通貨を買うことを正当化する理由がないですからね。

で、明らかに目立ってきたのは米ドル高。ついに米国債も売られて米長期金利(10年債利回り)も小じっかりですから、米ドル高に疑いの余地はないという流れになっています。

金も原油といった商品も全て売られて、とりあえずは現金、キャッシュを手元に置いておく流れですからね。もっとも信頼されている通貨、流通しているのは米ドルですから、自ずと米ドルにお金が集まると。この緩やかな米ドル高の流れはしばらく変わらないでしょう。

ドル円(日足)のチャート

ドル円は109円台に突入。まぁ株安による円高もありますし、米ドル高でクロス円がロスカットの嵐で円ショートの決済による円高もあるので、上値が抑制される場面もありますが、まずはこの流れについていくしかないでしょう。

よっぽどのことがなければ、目先で107円台に差し込んでくる場面すらなさそう。とりあえず、108円台に差し込んできたら軽めにコツコツ買って様子見で、108円台割れなら材料次第ですが、よっぽどでなければ買いでしょう。

ユーロドルも引きつづ時期ジワジワ下方向、ポンドドルは完全に底を抜けました。結果だけを見れば、ポンドや新興国通貨をショートして米ドルを買っていれば良かったということになりますが、値動きがチョッピーですし、状況も複雑ですからね。

今はまだ、株を見ていた方が楽なので、そうしています。今の為替はノイズ、株はもちろんのこと、金利や中銀の金融政策など変動要因が多いので読みが難しいです。

IG証券のノックアウトオプションなら初心者でもリスクコントロールが可能に

ゆきママが米国株のトレードに使っていることでもお馴染みのIG証券ですが、ここのノックアウト・オプションは為替FXだけでなく、株・株価指数のCFDにも対応していますから、非常に高い資金効率で米株および日本株でトレードすることが可能ですし、損失が見えやすくリスコントロールもしやすいのでオススメしています。詳しくは以下の記事で解説していますので、ぜひお読みいただければと思います↓

解説記事:
ノックアウト・オプションとは?バイナリーとFXの良いとこ取りの新商品
IG証券のノックアウト・オプションを実際に3か月使って分かったこと!
【ガチ推し】1ドル=112円へ…ドル円の暴騰で大損した人にはIG証券のノックアウト・オプションをオススメします!

やはり最悪の事態、退場を避ける意味でも最初に損失を決める、確認できるのは大きいのかなと。弊社社員のどん太(@dontayamakawa)もハードに活用していますので、検討いただければ幸いです(,,・ω・,,)オナシャス!

アライさん
とにかく相場では死なないこと、生き残ることが重要なのだ…しっかり損切りを置いてリスクコントロールするのだ!苦手な人はノックアウト・オプションがオススメなのだ!!最終的な痛みはストゼロで誤魔化すのだ…
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券(ノックアウト・オプションの登録はコチラ


※トップ画像(Lightspring/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【春一番2月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK