左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【ドル高継続】予想外の日経無双!ゴールド上昇で先週とは少し変わった風景?【3月24日のトレード戦略】

【ドル高継続】予想外の日経無双!ゴールド上昇で先週とは少し変わった風景?【3月24日のトレード戦略】
驚きの強さの日経、そしてFRBが無制限緩和を発表しても行って来いで全戻しになったダウ、ゴールド(金)はしっかりと上昇、相変わらずドル高は継続といった流れですね。まぁ概ね想定内ではありますが、少し先週とは違った風景になっている感がありますね(☆_☆)キラーン!!

ゴールド(日足):TradingView

今週はゴールドが非常に力強い伸びです。どうして買われているのかといった質問がありましたが、世界的に超低金利であり、相対的に金投資の魅力が増しているためです。金は持っているだけで利子はつかないどころか、為替や保有コストを考えればマイナスですからね。

しかしながら、超低金利なら現金で持っているよりかは金という考え方になるわけです。これだけ異常な緩和をすれば、将来的なインフレは確定的ですしね。逆に、インフレにならないような大不況がやってくればやってきたで、それはそれで金は強いと、そういった感じですね( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

まぁ超低金利で理論値的にも1,600ドルは優に超えているので、現状の水準はかなり割安です。換金売りが一服したので買いが優勢になっているのだと思います。

てなわけで、昨日から今日にかけての重大ニュースを振り返りつつ、今後の展望とトレード戦略について解説していきたいと思います。

💰FRBが無制限のQE(量的緩和)を実施(23日20:00発表)

臨時のFOMCが開かれ、米国債市場、MBS(住宅ローン担保証券)市場の安定化のため、オープンエンド型の無制限緩和を行うことを決定しました。これまでは合計7,000億ドル規模。この他、新たなプログラムも実施し、最大で3,000億ドルの資金を新たに供給するとしています。

とにかく、今は緩和緩和緩和で資金の小さな目詰まりをなくし、隅々まで資金を行き渡らせるということですね。これを受けてダウ先は急反転、1,000ドル以上も上昇して20,000ドルの大台節目目前まで反発、為替はドル安で反応しましたが、その後は全戻しでした。

🙅‍♀️コロナ対策法案・第3弾が2度目の否決(24日2:00〜)

2度目は賛成49・反対46で否決。投票開始直前には期待感からかダウがジリジリと上値を伸ばしましたが、民主党議員が反対に回っていることが明らかになると反落して全戻し。もっとも、大筋では合意に近づいているといった報道もあり、市場も希望は失っていない模様

ただ、これが長引けば市場も嫌気するでしょうし、どうにか今日明日中には民主党との合意に至って欲しいところですね。なかなか合意に至れないようだと、下値余地を広げることになりそうです。

🦠イタリアやドイツの感染者数が鈍化、光明も?

ロックダウン(都市閉鎖)の効果か、ドイツやイタリアなどで感染者数が鈍化したとのこと。また、イタリア保険当局の発表によると、1日の死者数は19日以降で最小となったとのことで、一筋の光明も見えそう。

イギリスも不要不急の外出は避けるようにとのことで、どうにかコントロールしながら最悪の事態は避けられそうな雰囲気も。今のところは最悪のシナリオが織り込まれていましたが、イタリアが持ち直せは相場の雰囲気は変わるかもしれません。

しかしながら、本格的に落ち着くのはまだまだ先の話。株に関しては短期は弱気という見方は変わりません。


株:日経無双!コロナ対策法案の早期可決前提なら買いもありか?

日銀やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)、その他かんぽなどなどの公的資金が売りを完全に吸収する形で日経ちゃんは異常な底堅さを見せる相場となっています。いやー、完全にチート。まぁ今日明日中にコロナ対策法案可決という前提で相場を見るのであれば、短期で買い勝負もありかなといった雰囲気に。オリンピック延期がほぼ確定しても、この値動きですからね。

日経平均株価CFD(日足):TradingView

流石に週明けは急落したものの、東京市場で売りが吸収されて以降は、ダウがどうなろうと日経先物はビクともしない日経。今日、小緩む場面があるなら、16,000円の大台割れに損切りをおいて、16,500〜17,200円前後では買っても良さそうです。

まぁPBR(株価純資産倍率)を見れば、日本はどの国よりも低い0.8倍台であり、コロナの感染状況においても非常に落ち着いている。さらに、公的資金のクソクソの買い支えという中で、なかなか下がりにくい状況になっていますからね。あとはドル高で円安状態なのもプラス。

ただし、米上院でコロナ対策法案の可決が遠のきそうなら、一旦逃げて様子見を見た方は無難です。再びチャートが壊れないとも限りません。それでも、先週も書いたように、日経は一旦下げ切った感もあり、構造的に徐々に売りにくくなっているようですね。

ダウ平均株価CFD(日足):TradingView

ダウはコロナ対策法案の可決待ち。可決後、どこまで上値が伸ばせるかを確認して、ショート・戻り売りで入っていきたいところ。20,000ドルの大台を超えられるかどうかが目先のポイントです。20,000ドルを楽々抜いて上値を攻略していきそうなら様子見ですが、重たくなるなら軽く売っていきたい。

今週の展望記事でも書いたように、目先高値の21,200〜21,400ドルをあっさり抜けていくなら23,000ドルぐらいまでは上値が広がりやすいので、早めなら21,500ドルぐらいに損切りを置きたい。

\FXだけでなく株、株価指数や金や原油の商品にも使える!ゆきママもトレードに使ってるIG証券/

欧州での危機感が一服すると、相場は一旦底という認識で戻していくことになるかもしれませんから、今後もその辺を見ておきましょう。とはいえ、本格的にダウ、米国株が買われるのはまだ先の話かと思います。

ロックダウンが常態化したままでは、経済が死んでる状況は変わりませんからね。特に米国はOECD加盟国の中でダントツトップの内需国です。米国での混乱、移動制限の解除などの兆候が見られるまでは弱気スタンスで_(:3」∠)_ペタン…

しかしながら、逆に米国でも抑え込みに成功して、徐々に市民生活が平常化してくれば、世界的な超絶金融緩和パワーでV字回復もあり得ますからね。まぁただ、まだ先の話でしょうし、3〜4月は悲惨な指標・企業決算が出てきますから、本格的に買っていくのはこれらに対する反応を確認し、市場が織り込んだと確信できてからで十分でしょう。

為替:予想通りドルの底堅い動きが継続!基本はトレンド重視

ドルが小じっかりの流れは変わらずですね。まぁなんだかんだ、しばらくしつこいドル需要は続くでしょう。マージンコール(追証)による需要が一服したとしても、米ドルが欲しい、手元に置いておきたいという企業は星の数ほどあるでしょうからね。

というわけで、引き続きドル小じっかり、底堅い需要を意識してトレードしていきたいところでしょう。トレード戦略に関しては、昨日とほぼ変わりません。

ドル円(日足)のチャート

ドル円であれば、やはり109円台は買い場でしたね(*`・_・´*)ドヤ♪ 引き続き、110.00円の大台節目、一目均衡表の雲・上限(109.564円)、89日移動平均線(109.029円)のある109.00円の節目を意識して買っていく感じでしょう。

損切りは早めなら109円台割れ、遅くても200日移動平均線(108.296円)を割り込むようなら撤退でしょう。利食いは110円台後半、111円台ならどこでもといった感じです。短期的に年初来高値の112.22円を攻略するには、それなりの材料が必要そうですからね。

ユーロドル(日足)のチャート

ユーロドルもサポートとして機能していた、1.080ドル前後を背に売っていく感じです。1.075〜1.080ドルぐらいを意識して、短期なら目先高値更新、1.085ドルを上回ってきたら、損切り。利食いは1.070ドル前後から下ならどこでも。


為替はこんなところでしょうかね。まぁ引き続きノイズが非常に大きいので、損切り浅めで状況に応じて臨機応変に対応していくしかないでしょうc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

経済指標&イベント:今日は欧州PMIに注目!ユーロ安になるかがポイント

3月24日の重要イベント&経済指標

17:15🇫🇷3月製造業購買担当者景気指数・速報値
17:15🇫🇷3月サービス部門購買担当者景気指数・速報値⭐️
17:30🇩🇪3月製造業購買担当者景気指数・速報値⭐️
17:30🇩🇪3月サービス部門購買担当者景気指数・速報値⭐️
18:00🇪🇺3月製造業購買担当者景気指数・速報値⭐️
18:00🇪🇺3月サービス部門購買担当者景気指数・速報値⭐️
18:30🇬🇧3月製造業購買担当者景気指数・速報値⭐️
18:30🇬🇧3月サービス部門購買担当者景気指数・速報値⭐️
22:45🇺🇸3月製造業購買担当者景気指数・速報値
22:45🇺🇸3月サービス部門購買担当者景気指数・速報値
22:45🇺🇸3月総合購買担当者景気指数・速報値
23:00🇺🇸2月新築住宅販売件数
23:00🇺🇸3月リッチモンド連銀製造業指数
3月の指標、欧州ではPMI(購買担当者景気指数)の発表があります。かなり低い数字が想定されていますから、これを受けてユーロやポンドが売られ、ドル高になるのかなど、相場のアクションを確認しておきましょう|ω'*)ジー

IG証券のノックアウトオプションは株・株価CFDにも使えて資金効率◎

ゆきママが米国株のトレードに使っていることでもお馴染みのIG証券ですが、ここのノックアウト・オプションは為替FXだけでなく、株・株価指数のCFDにも対応していますから、非常に高い資金効率で米株および日本株でトレードすることが可能となっています。詳しくは以下の記事で解説していますので、ぜひお読みいただければと思います↓

解説記事:
ノックアウト・オプションとは?バイナリーとFXの良いとこ取りの新商品
IG証券のノックアウト・オプションを実際に3か月使って分かったこと!
【ガチ推し】1ドル=112円へ…ドル円の暴騰で大損した人にはIG証券のノックアウト・オプションをオススメします!

やはり資金が足りなくてトレードできないという事態を避ける意味でも、こういった取引を活用できるのは良いのかなと。弊社社員のどん太(@dontayamakawa)もハードに活用していますので、検討いただければ幸いです(,,・ω・,,)オナシャス!

アライさん
とにかく相場では死なないこと、生き残ることが重要なのだ…しっかり損切りを置いてリスクコントロールするのだ!苦手な人はノックアウト・オプションがオススメなのだ!!最終的な痛みはストゼロで誤魔化すのだ…
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券(ノックアウト・オプションの登録はコチラ


※トップ画像(Aleksandra Gigowska/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【5月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK