左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

今夜の米3月雇用統計展望とトレード戦略を徹底解説!原油高がノイズに…【4月3日】

今夜の米3月雇用統計展望とトレード戦略を徹底解説!原油高がノイズに…【4月3日】
相場はリスクオフですが、原油高もあって米国への逃避が続いている状況かと思います。端的には以下のようになります↓

原油高で米国のシェール企業を中心としたダメージ軽減期待が米国株高要因に
EU圏の経済低迷懸念からユーロ売り、逃避で米ドル買いに

これが合わさってドル円を強く支える値動きにつながっています。原油は+30%と大きく動きましたから、影響も大きいです。もっとも、原油高については今朝も書いた通り報道ベース、期待感が先行して本質的な値動きではないことが挙げられます。

また、EU圏からの逃避、ユーロが売られている背景には、そもそもとして欧州と米国の経済格差が再び意識されていることがありますが、きっかけはEU圏の経済指標の悪化であり、米国よりも先立ってコロナウイルスが流行したため、一歩早いタイミングで悪化が懸念されているといったところです。これに加えて、ドイツの反対でEU共同債構想が崩れつつあるのも大きいです。

まぁ原油高による米株高も、EUからの逃避によるユーロ売りからのドル高も、いずれもちょっとしたことで崩れそうなので、そこまでついていく値動きではないように感じています。

もっとも、原油に関しては目先は報道次第のところもありますし、米欧の経済格差については今日の米雇用統計(21:30)やISM非製造業景況指数(23:00)の数字によって動いていくことになるでしょう。

ダウ平均株価CFD(日足):TradingView

原油高でギリギリ支えられているのが今の米国株、ダウということになるでしょう。したがって、目先は原油の値動きに強く影響を受けますし、雇用統計の数字によってはEUに続いて米国経済への懸念が強まるかもしれません。

現段階では、3月の米雇用統計における非農業部門雇用者数は−10万人程度と控えめな数字となっていますが、これは調査週が12日を含む週と定められているためです。3月分は8〜14日が調査対象となり、これはNY州を含む5州がロックダウンとなった22日のはるか前のものです。

したがって、今夜発表される雇用統計の数字はあくまで過去のものですから、良くても悪くても実態を反映しているとは言えません。

ただ、そうは言っても、市場は数字に対してある程度は反応を見せるでしょうから、そのリアクションをうまく活用していくしかないのかなと。

まずは非農業部門雇用者数の数が予想を上回る結果、例えば数字がプラス圏だった場合に株価が上昇するのであれば、引けにかけての売り場探しで週末ギャンブルですねw 目先は21,500ドルを超えられるかどうかがポイントでしょう。

流石に目先の高値圏である22,500ドルを抜けるような動きにはならないでしょうから、早ければ22,000ドル前後ぐらいから売っていって良いのかなと。21,500ドル前後が天井になりそうなら、そこで売ってギャンブルするのもアリでしょう。

結局、雇用統計が良くても意味ないですからね。速報性の高い前週分3月22〜28日分の新規失業保険申請件数は前代未聞の664.8万件だったわけですから、雇用状況が深刻なことには変わりないですからね。

問題は、今日、そして週末はこれに原油相場、関連報道が絡んでくることですね。最終的には原油も下げざるを得ないと思いますが、短期的にはジワジワ押し上げられていますからね。

もっとも、30〜40ドル台を狙えるほどの勢いはないですから、週末を見据えたショートギャンブルにエッジ(優位性)があると考えています。もちろん、慎重にやるなら今日は徹頭徹尾様子見でしょう。

また、ネガティブサプライズ期待なら、今の水準から売って良いと思いますね。非農業部門雇用者数が、まさかの−50万人とか、一足早く衝撃的な数字が出てくるのであれば、相場もそれに反応するでしょうからね。

今日のダウのトレード戦略をまとめると…

予想を大きく上回る
株高なら全戻し期待で売り場探し!原油相場というノイズは残るが…
予想を大きく下回る
これを見越して指標ギャンブルでショートしてしまうのもアリ!

\FXだけでなく株、株価指数や金や原油の商品にも使える!ゆきママもトレードに使ってるIG証券/

ドル円(日足)のチャート

それから、ドル円も同様の理由というか、米株高に支えられていて円高になりにくいのと、ユーロから米ドルへの逃避ですね。EUは組織が大きすぎるというか、どうしても国と国のイデオロギーが対立してしまうので、組織としての意思決定が遅すぎますね。

基本的にドル円のショート・戻り売り戦略は変わりませんが、原油高という大きなノイズも入ってしまい、悩ましくはなっていますね。ユーロからの逃避も含めて本質的な材料ではないように思いますが、それでも短期はなんとも言えない状況になっています。

まぁ89日移動平均線(108.979円)のある109.00円ラインを抜けたら、一旦損切りという見方は変わりません。トレード的には、108円台半ばから上はかなり重たいですから、109.10〜109.20円レベルに損切りをおいてショート、ラストナンピンで対処という感じです。

IG証券のノックアウトオプションは株・株価CFDにも使えて資金効率◎

ゆきママが米国株のトレードに使っていることでもお馴染みのIG証券ですが、ここのノックアウト・オプションは為替FXだけでなく、株・株価指数のCFDにも対応していますから、非常に高い資金効率で米株および日本株でトレードすることが可能となっています。詳しくは以下の記事で解説していますので、ぜひお読みいただければと思います↓

解説記事:
ノックアウト・オプションとは?バイナリーとFXの良いとこ取りの新商品
IG証券のノックアウト・オプションを実際に3か月使って分かったこと!
【ガチ推し】1ドル=112円へ…ドル円の暴騰で大損した人にはIG証券のノックアウト・オプションをオススメします!

やはり資金が足りなくてトレードできないという事態を避ける意味でも、こういった取引を活用できるのは良いのかなと。弊社社員のどん太(@dontayamakawa)もハードに活用していますので、検討いただければ幸いです(,,・ω・,,)オナシャス!

アライさん
とにかく相場では死なないこと、生き残ることが重要なのだ…しっかり損切りを置いてリスクコントロールするのだ!苦手な人はノックアウト・オプションがオススメなのだ!!最終的な痛みはストゼロで誤魔化すのだ…
▼5分で口座開設可!口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券(ノックアウト・オプションの登録はコチラ


※トップ画像(Blue Planet Studio/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【5月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK