左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【大謝罪】為替はロンフィクで荒れ、株は利食いと決算嫌気で下落、そしてズームは…【5月1日のトレード戦略】

【大謝罪】為替はロンフィクで荒れ、株は利食いと決算嫌気で下落、そしてズームは…【5月1日のトレード戦略】
ズームのユーザー数が3億人を突破したというニュースは、ユニークユーザー数ではなく、あくまで参加数という認識だったと思うんですけどねぇ!ロイターも最初(22日付)ではユーザー数と報じていましたが、後に(23日付)参加者数(延べ人数)と訂正していますしね。これ、1週間も前の話なんですけど!!

でも、ズーム側が正式にこれを認めたことで株価は一段と下落。フェイスブックに殴られ、グーグルに殴られ、そして最後はフェイクニュースと責められての三段落ち。流石に昨日の下げは意味分からんけど、相場が常に正しい。煽り過ぎたゆきママ、久々に大焼き土下座謝罪です。。。_:(´`」 ∠):_ユルシテ…

先週末、ナスダック100入りを大喜びして勝ち確モードだと思っていたら、これだよ・・・本当に申し訳ありませんでした(´;ω;`)ブワッ

う〜ん、これで悪材料出尽くしなら、まだまだ押し目で良いとは思うんですけどね。ただ、140ドルも割れましたし、ここから上がっても150〜160ドルで引っかかるのは確実なわけで、そういう意味で、さらに下げるのを待つという選択肢もありかなと。

繰り返し書いているように現段階で既にナンピンする余力が残っていない場合は、一旦損切りしてポジションをリサイズするなど、とにかく余裕を持った運用を心がけていただければと思います。

それでは、昨日今日の相場の動向、重要な出来事などをまとめつつ、今日のトレード戦略について解説していきたいと思います。

🇪🇺煮え切らないECBの対応に失望売り加速!

昨夜の株価下落のきっかけは欧州株からでしたね。やはりECB(欧州中央銀行)の中途半端な対応が失望を招く結果となりました。まぁあまり期待する向きはそもそもなかったわけですが、FRB(米連邦準備制度理事会)と比べると意思決定の遅さ、そして全く大胆さに欠けており、中途半端という印象が拭えません。

とにかく、ECBの政策は分かりにくいですからね。具体的に昨日決定されたのは、TLTRO3(貸出条件付き長期リファイナンス・オペ)の貸し出し金利の引き下げ、PEPP(パンデミック緊急購入プログラム)に関しては今後、拡充や延長を行う可能性について言及。さらに新たにPELTRO(パンデミック緊急長期リファイナンス・オペレーション)を導入し、低金利での貸し出しを促進すると。

FRBが狂ったように緩和策を出したのに比べると、あまりにもお粗末というか、単に低金利での貸し出しを推し進めますよというだけ。PEPPの具体的な拡大・延長には言及せずということで、相変わらず欧州の意思決定の遅さ、まとまらなさが意識されて欧州株を中心に失望売り、利益確定の流れが進みました。

🇺🇸徐々に決算嫌気の流れ、市場も冷静に?

フェイスブックなんかは3月の広告収入は急減も、4月はどうにか持ち堪えて前年と同程度の水準に戻したので、それが好感されて株高でしたね。はい、ワイ逆神でした。グーグル(アルファベット)も同様で買い戻し。ただ、ガイダンスは示されずで、今後は結構厳しいのではという見方も根強くあります。

そして、日本時間の今朝早朝に発表されたアマゾン、アップルがやや嫌気されています。アマゾンの場合は、過去最高値を更新してハードルが上がっていたのもありますが、コロナ需要で売り上げが予想を上回ったものの、配送コストも同時に上がったために利益を吹き飛ばす結果に。

アップルのQ1(1-3月期)の売り上げは予想を上回ったものの、Q2(4-6月期)については予想を達成できないだろうとしたほか、Q3(7-9月期)はガイダンス(見通し)を示せず、視界不良といった感じですね。

まぁ米国企業の決算については、まだQ1の3月28日締めでロックダウンの影響が直撃していないので、Q2が勝負でしょうね。今のところ、最悪は避けたというか、思ったほどは悪くない数字だったので買い戻す動きが出ていましたが、そろそろ上値も限界、今後の動向を見極めといった状況になりつつあるようです。


株:半年先、1年先を見据えた買い戻しも今後は回復ペースが焦点か?

期待感先行で上げてきた分、下げ足もかなり早いのが最近の株価の特徴ですね。今週はとにかく、ロックダウン緩和・解除への期待感で売られ過ぎていた株、コロナ直撃銘柄の買い戻しが目立ちましたが、それが一巡した感じですねc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

まぁFRBの超量的緩和が下支えするので、一気に底無し沼ということはないでしょうが、一段の上値を見込むには、そろそろ回復ペースの計算が立つ、見通し、視界が開けてこないと少し厳しいかもしれませんね。大体、安値で拾える欲しい株は拾って次へはどうなるって話でしょうからね。

ダウ平均株価CFD(日足):TradingView

まだ24,000ドルに絡み付いて保っていますが、明確に割り込んでくると戻りいっぱいという見方が強まってしまいそうで、そういう意味では厳しくなりそうです。引き続きレンジっぽさもあるのですが、ここを保てないと下値余地が広がることになりますし、より状況次第という見方が強まります。

ロックダウンの緩和によって新規感染者数が増える可能性は高いので、その辺も含めると買うにせよ損切り浅めで短期勝負というのは変わらないのかなと。なかなか悩ましい相場だと思います。

日経平均株価CFD(日足):TradingView

日経は結局ダウ次第というか、半値戻しにもさほど意味はなかった感じですね。一旦上抜けたのでダウ次第で以前よりは上がりやすくなっていると思いますが、外国人が買い戻したかどうかなどデータを見ながら改めて考えたいところ。

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
・テーマ株を中心に投資
・一旦様子見、損切り浅めで買うのはアリ

■日経平均(日本株)
・様子見でデータが揃うのを待ちたい
もう少し相場の機微を感じてトレードできれば良かったんですけどね。緩和解除銘柄の瞬間的なシフトとか、その辺全然読めてませんでした。ズームやモデルナもピークで利食いして買い戻していれば・・・結果論なんですけど(*´Д⊂ヽゴミンナサイ

まぁ繰り返し書いている通り、モデルナでギャンブルするのは悪くないと思います。仮にワクチンが失敗したとしても最悪で元通りの半値20〜30ドルぐらいに戻るだけですし、逆に成功すれば上場以来、初の大型薬でバイオ銘柄のトップに躍り出ることは間違い無い、世界中の寵愛を受けるわけですから。

2018年末に上場したてで手垢のそれほどついていない銘柄ですから、今がチャンスだと考えています。ただ、一気に買うと苦しくなるので、35ドルぐらいまでの下げを想定して、45ドル、40ドル、35ドルと5ドル毎で買うなど分散を心がけていただければと思います。

あとはズームもこれだけ下がれば遅れてきた人大勝利なわけで、ゆったり買っていけば悪くは無いと思います(,,・`_´・)ジコセキニンデ!

\ゆきママも使ってる!ズームやモデルナ、ギリアドが1株単位で買えるIG証券/

為替:ドル安が継続!昨夜はロンフィキで大荒れで今日もフワフワと…

最近の為替、難し過ぎワロタw ワロタ。。。こんなクソ相場取れてる人おるの?もう何を見ても最近は後付けにしか見えません。で、昨夜は月末のロンドンフィキシングに向けた動き、調整でドル売り、円売りが強まって乱高下となりました。

今日は株安ですが、なかなかドル高にならずでドル売りのフローが相変わらず出ているのかもしれません。一説には米欧との緩和の格差、欧州の方が遥かに緩和に消極的で引き締まりを感じさせるためユーロ高になっていることや、あとは米国が中国への報復、賠償措置の一環として中国の保有する米国債の償還を拒否、踏み倒すとの報道が影響しているとのこと( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

普通に考えれば、そんなことはあり得ないというか、償還拒否する国の国債を誰が買うんだと、中国じゃあるまいし・・・という話なのですが、確かにそういう影響もあるのかなといったところではあります。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

結局、ドル安なのでドル円は上値が重い状況。依然として、そこまでの方向感はなくモミ合い気味でトレードが難しいですね。レンジ意識だと微妙に逆張りになってしまう感もありますし。

ドル安が続くなら下方向という話ですが、株安が続けばいずれはドルを買い戻す動きも強まりそうなので、悩ましいですね。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ロンフィキに向けた動きとユーロ買い戻しの流れが合わさって強めの値動きとなっています。短期的には1.100ドルラインの大台節目、89日移動平均線(1.09908ドル)ブレイクが意識されており、ショーターもこの上げはビビってるし、達成しそうな流れになっています。

大台を抜けても200日移動平均線(1.10343ドル)がレジスタンスとして意識されなので、一段とドル安の流れが顕著になるなど、上値を伸ばすハードルはそれなりに高いように思います。

考え方としては、ドルインデックスの様子を見ながら、株安でもドル高の兆候が見られないなら様子見、少しドル高になってくるなら、株価の方向性を意識しながらショートするのはアリかと思います。なんだかんだ最終的にドルが買われるという流れはありますからね。

まぁ損切りを目先高値の1.115ドルぐらいに置くのであれば、結構余裕で売れる水準だとは思いますけど、ポジパンパンなら200日線ブレイクで一旦損切りでしょう。

為替のトレード戦略

■ドル円
・107〜109円のレンジを下抜け、基本的には下値を見込む展開が継続
・上値が重いですし、リターンが見込めないのでツッコミ売りは注意

■ユーロドル
・ショート&戻り売り目線は継続、目標は1.075ドルぐらい
・ポジパンパンなら200日線ブレイクで損切り

■ユーロ円
・117円台に乗せてきたので、ようやく売りやすそうな水準
こんな相場取れるわけねぇっていう半分諦めの境地。トランプ大統領も無茶苦茶すぎるし、まだFRBを信じて株に突っ込むのがマシか。まぁいずれにせよ今の相場で無理する必要はないと思います。キャッシュ多めでチャンスを待ちたい(´・ω・`))´-ω-`))ウン

【世界12,000銘柄】Zoomやマイナー銘柄が1株単位で買えるIG証券!

それなりに取引コスト、実質的な手数料が最安ではないということもあってガチ推しはしてきませんでしたが、マイナーな新興株なども買えて幅広い投資に使え、いつでも様々な局面に対応できますから、そういう意味でIG証券をオススメしています!'`ィ(´∀`∩

IG証券では世界12,000銘柄以上の株式トレードをCFDで提供しています。また、主要株60銘柄は時間外取引にも対応しているのが嬉しいですね。アップル株とかプレオープンで220ドル台で買えましたからw あれで随分取得単価が下げられて、どうにかなりました。

もちろん、ダウやS&P500、VIXといった株価指数、金や原油といった商品相場も扱っているので、何が起こってもIG証券を持っておくだけでかなり違うと思います。

ちなみに、弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
トレードコスト的にガチ推ししてこなかったけど、ゴミクソ投資信託を買うよりは良いと思ってオススメするのだ!ノースリッページ注文やノックアウト・オプションでも使えるのでFX的な意味では元々オススメなのだ!!

▼5分で口座開設可!もちろん口座開設手数料などは無料▼
投資したい株が見つかる!IG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(Sergey Nivens/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【5月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK