左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【FANGMAN】短絡的な判断で景気の最悪を織り込んだ?短期の指数ならナスダック勝負!【5月22〜23日の株トレード戦略】

【FANGMAN】短絡的な判断で景気の最悪を織り込んだ?短期の指数ならナスダック勝負!【5月22〜23日の株トレード戦略】
「私は何事も最悪の事態を想定することから始める」(ナポレオン・ボナパルト)

流石に昨日今日、21日のNY市場では下げましたが、ナスダック指数は美しい右肩上がりの値動きとなっています。将来的な景気の悪化、米中対立の激化といった材料は今のところ、ほぼ無視されています。


完全なV字!FANGMAN(フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグル、マイクロソフト、アップル、エヌビディア)の7社の時価総額がドイツ+イタリアのGDPに匹敵するとかワロタwww ワロタ。。。この7社の時価総額は最高値更新だし、そりゃナスダック伸びるわ、という話。

ナスダック総合指数(日足):TradingView

短期の指数トレードで勝負するならナスダック一択、全戻しモードの大正義ナス!中長期で投資するならアマゾンとマイクロソフトかなと。やはりこの2社の決算はコロナ禍でも出色でしたからね('-'*)(,_,*)ウンウン

まぁアマゾンは売り上げが伸びても配送コスト、コロナウイルス対策で利益ぶっ飛ばしてたので、今後の実需の衰えなんかでやや不安もありますが、長い目で見ればこの2社がFANGMANの中でも別格でしょうか。実際に過去10年での伸びはアマゾンとマイクロソフトが圧倒していますからね。

それでは、ここまでの値動きを振り返りながら、目先のトレード戦略などについて解説していこうと思います。

\ワクチン銘柄を余さず網羅!ゆきママも使ってるIG証券/

株:最悪は過ぎ去った?見た目ほど悪くないのは給付金の影響が…

今週の株式市場の値動きを見ると、週明け18日はモデルナのワクチン期待で上げ、翌日19日はワクチン期待剥落で下げ、そして20日はロウズの決算好調で最悪を織り込んで上げ、そんで昨日今日の21日は米中関係悪化でジリ下げといった流れですねc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

やはり今後も良い治療薬・ワクチン、そして景気見通しの2点が大きなポイントとなることが示されましたが、いずれにせよ非常に短絡的な判断、完全なリアクションゲーになっています。

モデルナについては言わずもがななので、ロウズの好決算から。ロウズというのは住宅リフォーム・生活家電チェーンの何でも屋ですね。2-4月の決算が好調でコロナ禍にありながらも売り上げ高が予想を大きく上回りました。コロナ禍の最悪な状況でこれなら、徐々に再開していく今後はもう大丈夫じゃね?という話ですね。

ただ、これにはカラクリがあって、1つはロウズが郊外型店舗を多く持ち、大都市圏を直撃したロックダウンを避けたこと。そして、もう1つは給付金、失業手当によって消費活動が支えられたということがあります\(`・ω・´+)コレダイジ

どう考えても、6月、7月になったら消費がキンキンに冷えて死ぬと思うんだけどっていう話ですが、先日、米国の下院で富裕層を除いて再び給付金をばら撒く法案が可決されました。

上院では与党の共和党が反対しているので、恐らくこのままでは決まりませんが、何かしなくてはならなのは明白なので、ほどなくして調整した上で手打ちとなって、また1人1,000ドル規模でばら撒かれることになるでしょう。

つまり、このバラマキでもしかすると6月の消費が見た目的には支えられるわけで、6月も7月も思ったより悪くない、最悪でこれかという見方で相場は底堅い値動きを続ける可能性が出てきた感じですね(-ω-; ムム…

これに治療薬・ワクチンの開発状況、治験の失敗成功、さらに米中関係も加わってきますからね。昨日は中国サイドが米国が制裁を加えるなら対抗措置を取ると発表して、比較的冷静だった中国もギアが入った格好となって上値を押し下げるという実にカオスな展開です。

で、今後の値動きですが、やっぱりさっぱり分からんですね。でも、1つだけ言えることはコロナの感染が拡大、第2波が来て再度ロックダウンなら、指数系はほぼ確実に終わり、終わるというか暴落することになるでしょう↓sage↓⊂(´ω` )⊃↓sage↓

だから、散々言ってる通り今は個別株で、コロナじゃなくても決算が強い、コロナになっても決算が強い、そういう株を買っています。あと、今後も絶対に必要となる治療薬・ワクチン銘柄ですね。

ダウ平均株価指数CFD(日足):TradingView

ダウは上値を伸ばし切れえていません。結局、コロナや消費低迷リスクを踏まえれば、致命的にダメな航空機、銀行系が入ってますからね。だから、ナスダックと違って伸び切れない状況が続いています。

なので、短期的なトレードとしては、割安な株を探すというよりも、コロナ禍にあっても需要が強い、決算が大丈夫そうな買われている株を買う方が良いでしょう。指数なら繰り返しになりますが、ナスダックでしょう。

ただ、ナスダックもナスダックで怖さがありますけどね。アップルとか東南アジア圏は回復してサプライチェーンの乱れもあんまりないですけど、世界的な需要を見たときにどうなのと。欧米を中心に中南米も完全アウトな雰囲気ですからね。生活必需品はともかくとして、買い替えとかしないでしょ的な。

あとは、グーグルとフェイスブックの広告も減るでしょうからね。実際問題、アフィアフィも連日配信停止のお知らせが来ますw 各企業みんな広告予算見直しモードです\(^o^)/オワタ

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
テーマ株・コロナ銘柄を中心に投資
・基本は様子見、買うならナスダック指数
■日経平均(日本株)
・基本は様子見
もうダウが明日どうなってるかとか、全く分からないですからね。1週間、1ヶ月後も全く見えません。もはや誰にも分からないでしょう。まぁ超異次元の金融緩和をFRBがやってるので、それで支えられるというのはあるので、コロナが落ち着くなら買いからで良さそうですけどね。

著名投資家は売りから入ってるのも結構いますけど、ここでダウが上に抜けちゃうとナスダックなんかは全戻し期待でドーンといきそうで、売り増し・損切りのタイミング、資金的な問題が結構出てくるので初心者にはあまりオススメできません。

なので、ざっくりしたトレード戦略としては、大きく下がったときに買える資金を半分ぐらいは残して、残り半分で短期でナスダック追いかけてトレードして行く、テーマ株の個別株に突っ込んでギャンブル風味でゴリゴリ値幅をとっていくというのが、初心者、個人投資家にとって無難な考え方だと思います(`・ω・´+)キリッ

ただ、もうそろそろモデルナ(MRNA)は止めた方が良いと思います。また報道次第で上がっていくパターンもあると思いますが、6月中にも第2相臨床試験のデータ、結果がリークされるでしょうからね。ここでダメという話になれば、一気に20〜30ドルに戻る株です。

したがって、リスクリワードを考えると、新たに希望の持てそうな株、あるいはリアクションゲーが終わって市場から一旦無視されているギリアドなんかを狙えば良いと思います。ギリアド(GILD)はこれから治験ではなく、すでに緊急承認は受けていますからね。そういう意味で治療薬として使われることは確定しています。

今はもっと良いワクチン、もっと良い治療薬への期待感で、そちらに注目が集まって資金が流れて目先は押し下げられていますが、これらがどれもダメだった場合、結局はギリアドしかないという状況になりますからね。

あとは出遅れているけど、広瀬のオジキも押しているバイオンテック(BNTX)とかですかね。マネックス証券でもついに昨日から導入されたらしいですw 遅スギィ!↓
まぁこんな感じですかね。詳しくはまた夕方ごろにでも個別株記事を更新してアップしますので、どうぞよろしくお願いします。ちな、IG証券ならバイオンテックも最初から買えるし、欧州も含めて世界中の個別株が売買できるので、ぜひぜひ持っておくと良いですよ(ニチャアフィ…)。

【世界12,000銘柄】Zoomやマイナー銘柄が1株単位で買えるIG証券!

それなりに取引コスト、実質的な手数料が最安ではないということもあってガチ推しはしてきませんでしたが、マイナーな新興株なども買えて幅広い投資に使え、いつでも様々な局面に対応できますから、そういう意味でIG証券をオススメしています!'`ィ(´∀`∩

IG証券では世界12,000銘柄以上の株式トレードをCFDで提供しています。また、主要株60銘柄は時間外取引にも対応しているのが嬉しいですね。アップル株とかプレオープンで220ドル台で買えましたからw あれで随分取得単価が下げられて、どうにかなりました。

もちろん、ダウやS&P500、VIXといった株価指数、金や原油といった商品相場も扱っているので、何が起こってもIG証券を持っておくだけでかなり違うと思います。

ちなみに、弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
トレードコスト的にガチ推ししてこなかったけど、ゴミクソ投資信託を買うよりは良いと思ってオススメするのだ!ノースリッページ注文やノックアウト・オプションでも使えるのでFX的な意味では元々オススメなのだ!!

▼5分で口座開設可!もちろん口座開設手数料などは無料▼
投資したい株が見つかる!IG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(David Tran Photo/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK