左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【循環物色】買い戻しでダウ堅調!バイオ銘柄には試練だがモデルナは押し目か?【5月27〜28日のトレード戦略】

【循環物色】買い戻しでダウ堅調!バイオ銘柄には試練だがモデルナは押し目か?【5月27〜28日のトレード戦略】
「人生とは一直線ではなくて循環するもの」(バーバラ・ブラハム)

相場も同じですねぇ…(´・ω・`)ショボーン 経済再開期待が本格化といった流れになっており、クソクソに売られまくっていた航空株、旅行関連株が買い戻されてダウ堅調の流れです。

あとは、JPモルガン・チュースのジェイミー・ダイモンCEOが年後半の貸倒引当金について、増やす必要はないとしたことで銀行株も買われました。もうダメージは読み切り、悪材料は出尽くしという見方でしょうね。

これらによって、グロース・テック株よサヨウナラ、俺たちはこれまで売られすぎた割安な株を買い戻すでー!!という流れ。ガンガン利食いが入ってこれまで相場の中心だったヘルスケア・セクターが唯一マイナスとなるなど、昨日はゆきママの持ち株全滅でした。含み益が20%近く減りました…ぴえん🥺

この循環相場はある程度は想定していたんですけどね(´・ω・`(´・ω・`(´・ω・`)ジェットストリームショボーン あとは新型コロナウイルスの集団免疫率が当初の想定の50〜60%よりも大幅に低い20〜40%で十分といった見方も後押ししてるかと。米国とか20%に近づいてるし、収束までリーチやろ、みたいなね。

これらが後押しして持ち株は悲惨なことになりました。特にモデルナの下げが酷かったですね。これは米国の医療ジャーナルサイトのSTATにおいて、被験者のインタビューが載せられたことが背景としてあります。2回目の摂取を受けてから高熱を出し、自宅で失神したとのこと。もっとも1日以内に回復しています。

インタビュー記事:
He experienced a severe reaction to Moderna’s Covid-19 vaccine candidate. He’s still a believer(外部サイト:STAT)

もっとも、この話については特段驚くべきことではなく、すでに第1相臨床試験において45人のうち4人の参加者がグレード3の有害事象があったと報告されています。なので、この4人のうち1人の患者の症状が具体的に語られただけというお話\(`・ω・´+)コレダイジ

そもそも、第1相臨床試験というのは、まずは安全性の確認、安全に使用できる量を決める治験ですからね。高濃度のワクチンをグイッと逝ってぶっ倒れる人が出ても、その量はヤバイんだね〜っていう話で終わりです。事実、第1相臨床試験は通過しています。モデルナのワクチンに安全性はありまぁす!!

モデルナ株価(日足):TradingView

となると、この下げはチャンスですねぇ(ニチャア…)。まぁ買いたい人にとっては期待感が完全に剥落したので入りやすい水準だと思います。最悪、現在やってる第2相臨床試験がダメでも20〜30ドルになるだけ。

第2相臨床試験では、どの程度の効果がありそうなのかが焦点となるわけですが、感触としては悪くなさそうとファウチ所長も語ってるわけですから、まぁ期待感は持って良いのかなとΣ(〃゚ω゚pq)ドキドキ

そもそも、ワープスピード作戦でワクチンを作るのであれば、とりあえず、もうそれなりでもGOサインは政治的に出やすいですからね。もっと良さそうなのが後発で出てくれば、そっちを本命にすれば良いだけで、そういう意味でのアドバンテージはモデルナのワクチンにはあると思います。

てなわけで、全く持ってなくてモデルナ(MRNA)を買いたかった人は買い場かなと。高値で掴んでしまった方は少し買い増しつつ、バイオンテック(BNTXなどを買っていくと良いのかなと思います。

【コロナ相場】ズーム/モデルナ/ギリアド/治療薬・ワクチン個別株の戦略・考え方について解説まとめ【5月23日現在】

ゆきママ推奨株については、こんなところで。それでは、いつものように株価と為替の展望について、トレード戦略を解説していきたいと思います。

\バイオンテックなど世界のワクチン銘柄を余さず網羅!ゆきママも使ってるIG証券/

株:米中対立は気になるが目先では大きな障害なしといった感が…

香港版国家安全法の草案が明らかとなり、G7首脳会議で議論される見通しですが、相場に与える影響は限定的です。今後も一時的に上値を抑える、調整下落の要因にはなりそうですが、少なくとも米中双方が報復関税など具体的な行動をエスカレートさせない限りは一過性のものになりそうです⊂(^ω^)⊃ セフセフ!!

そういう意味では、29日まで行われる全人代の動向、トランプ砲には警戒したいところですが、あったらあったで様子を見ながら押し目という戦略でしょう。


まぁこのあとツイートした通り、必殺ナンピンをして+40万円ぐらいまで持ち直してます。ただ、ダウが先行してるわけだから、ナンピンじゃなくて短期は素直にダウを買っても良かったよねっていう…FANG指数ちゃんが相変わらず冴えず、マイ転してます。脳の働きが弱い朝にやるとこれだよ!

いずれは戻ってくると思いますが、目先は割安株の買い戻しが続きそうで、ズーム(ZM)なども少し苦しいかもしれません。そして、秋冬になれば第2波という可能性を踏まえれば、買い場があれば狙っていきたいところではあります。ズームは短期的には6月2日に決算もありますし、一旦利食い推奨ですが、ノーポジなら少しずつ買っていきましょうc⌒っ *・∀・)φ...メモメモ

ナスダック100指数CFD(日足):TradingView

馬鹿な!ナスダックの方が上値が重いだと!!まぁ買われまくってきたFANGが一旦利益確定の流れで、下げまくってるという。まぁダウがクソクソに強いので引っ張られてはいますけどね。押し目の認識ではあります。そのうち戻ってくるかと。

ダウ平均株価指数CFD(日足):TradingView

ダウは堅調そのもの。25,200〜25,300ドルのフィボナッチ61.8%を抜けました。ジリジリ上がっていきそうで、一気に26,000ドルぐらいまでは上昇余地があるでしょう。もっとも、下げた時に戻せるかというと、そこがダウは重そうなのでこれだけ高いとおっかけにくいかなと。

日経平均株価指数CFD(日足):TradingView

日経平均は海外勢の買い戻しもあるのか、かなり力強いですね。22,000円ぐらいまでは十分ありそうです。ダウよりは買い戻しでの上げ易さはありそうですが、いざとなれば売り込まれそうなので静観。

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
・テーマ株・コロナ銘柄を中心に投資、押し目か?
・指数はナスダック、FANGの押し目を狙うのもあり
・ごく短期でダウを攻めるのはアリ
■日経平均(日本株)
・買い戻しで一段高は見えたが下げた時に戻せるか疑問
・マザーズ指数はアンジェスでチャンス?だけど歪み過ぎ
とりあえず、FANG指数は偏りがありすぎるので、ごく短期ならダウ、戻りも考えてナスダックを狙っていく感じでしょうか。ただ、ダウは落ちてきた時のリカバリー力が結構微妙な感じがするので、あまり突っ込み過ぎないようにしたいです。

為替:EU基金を巡る観測報道でユーロ急進!これで堅調さを維持できなければ…

独仏が合意して提案したEU救済基金については、本日詳細が発表される予定となっています。ただ、関係筋の話としてリークがあり、5,000億ユーロ規模の支援金・補助金に加え、融資枠として2,500億ユーロの合計7,500億ユーロになりそうとのことでユーロドルは大きく反発してます。

まぁ独仏の支援金という提案に対し、オーストリアなどが融資とすべきとしていましたから、その折衷案で皆納得パターン。そして、規模は当初の5,000億ユーロに2,500億ユーロが積み増される格好となりました( ´∀`)っ[2500億€]

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

これを受けてユーロは急伸しています。やはりユーロドルを買いたいとしていたのは間違いではなかったかなと。1.100ドルの節目を抜けて200日移動平均線(1.10108ドル)も越えましたから、あとはこれを維持できるかどうかですね。

まぁ株高のドル安が前提ではありますが、これで株高が終わった時にドル高になって抵抗できずにあっさり1.100ドルの節目を割り込むようなら厳しいかと思います。とりあえず、目先は1.100ドルを背に買いですが、割り込んだら損切りでしょう。

為替のトレード戦略

■ドル円(クロス円)
・円相場、ドル円そのものの方向性が見えないので様子見
■ユーロ米ドル
・1.100ドルを背に買い、割れれば損切りして様子見
■ポンド米ドル
・まずは株価の天井、ドル安ピークを確認したい
■豪ドル米ドル
・一見強いが豪ドルそのものはそこまで買われていない
・米中の関係が微妙な時期にあるだけにツッコミ買いは避けたい
■NZドル米ドル
・マイナス金利を否定する流れに
・豪ドルよりさらに買いにくいので米中意識で売りたいなら
買うならユーロドル、売るならポンドドル、米中問題がすっきりするまでは豪ドル米ドルは様子見といった感じですね。

\ゆきママは使ってない!けど、スペックは良さそうなLINE証券、興味があればどぞ〜/
LINE証券 FX口座開設

バイオ株暴落のチャンスを活用!IG証券なら売りから入れるメリット有り

ゆきママも使っているIG証券は世界12,000銘柄も用意されており、日本の証券会社が取り扱ってなかったようなバイオンテックなどのマイナー銘柄がしっかり買える他に、CFDならではのメリットもあrので、ぜひぜひ活用していただければと思います。

ちなみに、CFDはFXの株式版といったところでしょうか。本当はCFDが先なので、FXがCFDの為替版なんですけどね。まぁそんなことはどうでも良くて、最大のメリットは気軽に売りから入れることですね(☆_☆)キラーン!!

まぁGMOなど、個別株のCFDに対応している会社もありますが、アップルとかマイクロソフトとか、超大型株限定ですからね。なので、日本国内でも米国株を扱っている他社でモデルナやズームなどを買うことはできますが、貸株をやってないので売りから入ることはできないんですね。

でも、例えば今回、モデルナが急落したように、治験に失敗するとバイオ株は大きな下落が想定されるわけです。しかしながら、こういう下落相場を他社では売りから入ることができないので全く活用することができません。(※注:モデルナを例に出しましたが、モデルナのような小型株は空売り規制銘柄となって売れない場合があります。すみません;;)

一方、IG証券はCFD方式なので気軽に売りから入れるのが大きなメリット、下落相場も活用できます。CFDなので日々のファンディングコストはかかりますが、これは株を借りて現物を売る形だとしても手数料は同じようにかかりますからね。

ゆきママは合計で40万ドル(4,300万円)ぐらいの買いポジションを建てているのですが、これで大体1日3,000円近いコストになります。1日だと0.007%満たないコストですが、30日で0.2%ぐらいになってしまいますし、1年とかだと2%かかるので長期保有には向いていませんが、言い値で気軽に売りから入れるというのは大きいと考えてます。

CFDのメリット・デメリット

■メリット
・スピーディで簡単にいつでも売れる
・スプレッドが狭く取引コストも減にも
・レバレッジがかけられる
■デメリット
・長期保有には向いていない
配当を狙うために5年、10年先を見据えて買うのであれば、楽天証券やマネックス証券を活用すると良いでしょう。一方で、長くても数ヵ月レベル、2枚程度のレバレッジをかけて瞬発力を高めて値幅を取っていくなら、CFDが良いでしょう( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

ちなみに、弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
今後、治験失敗でバイオ株が全滅するような相場に向いてるのだ!絶対に滑らないノースリッページ注文や購入額以上の損失が発生しないノックアウト・オプションもオススメなのだ!!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設手数料など無料▼
売りから気軽に入れるのも魅力なIG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(AboutLife/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【5月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK