左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【株安】コロナ第2波懸念で続落!為替は各国の経済格差を睨む展開へ…【6月15〜19日の週間相場展望】

【株安】コロナ第2波懸念で続落!為替は各国の経済格差を睨む展開へ…【6月15〜19日の週間相場展望】
朝起きたら100万円以上も損をしていたのだ/(^q^)\アタマイテー 短期の指数トレードは25,000ドル割れたら損切り想定で逆指値入れていたので切られてました。まぁスケベ心を出して突っ込んでいくとこうなるので注意してください。

やはり米国の新規感染者数の増加が懸念されているようです。単純な検査数増に加え、日本のように局所的な検査、もちろんBLM(Black Lives Matter)デモの影響もあるんでしょうけど、とにかく早期の経済再開をした州で感染者数が増えているのは確かですからね。

まぁ各国政府も中央銀行も過去最高額の財政出動と金融緩和を行っていますから、そう簡単に20,000ドルを割れるような2番底形成とっいった値動きにはならないでしょうが、ダウなんかは航空株などなど、コロナに弱い株の比率がどうしても高いので結構キツそうな感じです。

これらの株が上値を押さえつけそうですから、目先は少し慎重に見ておいた方が良いでしょう。そして、こういう時はゆきママの持ち株、決算の強いディフェンシブ株や、コロナがテーマということでワクチン・治療薬、巣篭もり銘柄などが伸びそうですね(ΦωΦ)フフフ

【コロナ相場】ズーム/モデルナ/ギリアド/バイオンテック/ワクチン個別株の戦略・考え方について解説まとめ【6月14日現在】

やはりこういった企業の株をしっかり握りながら、短期はチャンスがあれば少し遊んでみる程度で良いと思います。もし、大暴落になったら、今度こそアマゾン買って眠りたいw

\コロナ相場到来?ズームも治療薬・ワクチン株も購入できる!ゆきママも使ってるIG証券/

それでは、いつものように今週の株価と為替の展望について解説していきますので、どうぞよろしくお願いします。


株:極端なシナリオを描く必要はないが、コロナ意識の催促相場も?

繰り返しになりますが、現段階でそんなに極端な下落を想定する必要はないでしょう。ロックダウンのような極端な政策が実施されれば別ですが、それにはもっともっと大幅な感染者の増加が必要なわけで、現状で最悪パターンを考える必要はありません(*´∀`*)ナイナイ

で、目先の問題は2点で、1つはコロナの新規感染者が増加していること、もう1つはコロナ法案の第5弾・第6弾の真偽が遅れていることでしょうね。コロナはともかくとして、共和党などが審議をスローダウンさせているのは気がかりなところ。

そういう意味では、審議を加速させるために株価が下げて催促相場なるというパターンも想定されるわけで、目先は難しくなってくると思います。

いずれにせよ、まずはディフェンシブにコロナでもコロナでなくても強い株を買いつつ、スタンス的には中立で見ておくしかないでしょう。

また、ズルズル下がれば下がるほど、積み立て投資にとってはチャンスです。いつかは必ず上がっていくわけですから、ざっくり調整下落したタイミングで買いを入れていきましょう。つみたてNISA口座の開設には時間を要しますから、なるべく早めに作っておきましょう。

【資産形成しよう】コロナで経済格差の拡大が超絶加速!対策と今後の株価展望について解説【つみたてNISA】

ダウ平均株価CFD(日足):TradingView

25,000ドル割れが定着してしまうと、また23,000〜25,000ドルレベルのレンジ意識で上下することになるかもしれません。この下げでダウントレンドが始まったとは思いませんが、コロナが落ち着いてこないと航空株などの買い戻しが入らず、ダウは上値を伸ばしきれないでしょう。

日経平均株価CFD(日足):TradingView

日銀の買い支えもあって日経平均は底堅さを見せていますが、一方で23,000〜24,000円が明らかな天井で上値余地は小さいので、下げ切るのを待ちたい。米国が完全に落ち着けば買っても良いと思います。

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
テーマ株、コロナ銘柄を中心に投資
・指数は様子見、米国のコロナ懸念が落ち着くのを待ちたい
■日経平均(日本株)
・様子見
今週の指数は様子見でしょうね。上昇のきっかけがあるとすれば、明日16日発表の米5月小売売上高の数字が良くて、経済のダメージは最悪じゃない的な見方が広がって落ち着くパターンですかね。まぁ背景はバラマキ給付金なわけですが、それでも強ければリスクオンにはなりやすいかなと。

あとは全米2位の小売スーパーであるクローガー(KR)の決算が週末に予定されているので、この数字などを意識するかもしれません。以前も生活雑貨・家電のロウズの決算が良かったことを好感して相場が上がった経緯がありますから、やはり注目度は高いかなと|ω'*)ジー

まぁスーパーの売り上げが良いのは当然というか分かり切ってますが、金余りですから、金を突っ込む理由さえできればといったところでしょうか。


モデルナちゃんジワジワ…(ニチャア…)。プレマーケットで小高いのは、ハナクソみたいなニュースに反応していることが多いので、実際に始まれば元通りパターンがほとんですけどね。どっちかって言うと買いたい株を安い時にプレマで仕込んどくと吉ってところがあります。

そろそろワクチン株もポジティブなニュースが聞かれ、少しずつ動いていますから、きっちり仕込んでおいていただければということで(*´艸`)ムフ♪

為替:各国の経済指標を見ながら!リスクオフのドル高もあるが…

これだけ株価が下がると、多少はドル高になりますね。ただ、以前のようにそこまで致命的なドル高ではないですね。極端なドル高、完全なリスクオフになるには、もっと大きな株価の下落、連日−1,000ドルみたいな下げが何度か必要かと思います。で、今のところはそれを想定していません。

なので、あとは各国の経済指標の強弱ですね。先週は英国の指標が大きく下振れしてポンドは下落しました。英国はEUよりも弱そうなので、ユーロポンドなんかはちょっと上を見ておきたい感じはあります。

ドルは指標次第ですが、米国の指標が良ければ良かったで株式市場がリスクオンでドル高は緩和されますから、やはりユーロはEUの、ポンドは英国の指標次第ということになりそうです。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円もう捉え所のない相場といった感じですね。方向感がなさ過ぎて収益機会がどこにあるのか、ちょっとトレードも見えない。明日の米小売売上高が良ければ、軽く買って少しの値幅を抜いていくという考え方はアリですが、指標次第。

ざっくり株価が調整下落したことを踏まえれば、悪い結果よりも良い結果の方が良く反応しそうなので、指標ギャンブルで考えれば発表前にロングして指標を待つ程度でしょうか。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

ユーロドルはドル高に加えて、欧州財務省会合の議長でもあるセンテーノ・ポルトガル財務相が辞任ということで、EU復興基金の合意が遠のいたとの見方で反落しています。今のところ、今週末に予定されているEU首脳会合での合意は厳しいとの見方になっています。

もっとも、これら悪材料が重なってこの程度の下げならロング・押し目買いで攻めて良いでしょう。先週から言っている通り、1.120ドルを割り込まない限りは買いのスタンスです。

EU首脳会合での合意はなさそうとのことですから、逆に根回しが上手くいって合意ならポジティブサプライズで上がる可能性があります。

まずは1.120ドル割れに損切りを置きつつ買い、割れた場合は右肩上がりで迫り上がってくる21日移動平均線(1.11290ドル)手前で押し目買い、ここも割り込んだら、また損切りといった感じで見ています。

為替のトレード戦略

■ドル円(クロス円)
・様子見、全く見えない
■ユーロ米ドル
・基本的には押し目狙い、1.120ドルを割り込むまではコツコツ狙う
■ポンド米ドル
・一旦天井といった感じだが、株価が調整模様になるのを確認してから
■豪ドル米ドル
・やはり下げた、株高想定ならロング、押し目買い
■NZドル米ドル
・買うなら豪ドル米ドル、売りならこっち、チャイナリスク意識なら
目先はドル高の流れが本格化するかどうかでしょうね。今のところ、極端な株安は想定していないので限定的にとどまると考えています。まぁユーロドルなどのドルストレートを売るなら、ドル高を確信してからで良いでしょう。また、売るのであれば、ポンド米ドルの方が有利でしょう。

【ノースリッページ注文】海外FXよりも魅力的!絶対に滑らない注文

激しく急騰・急落する相場では約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、139.90円に逆指値として損切りを設定していたのに、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということがFXの世界では頻繁に起こります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります_:(´`」 ∠):_グハッ!

しかしながら、IG証券のノースリッページ注文を利用すれば、絶対に指定した逆指値で約定します!海外FXで追証のないゼロカットなどを採用していて、それをウリに勧誘してくる人もいますが、ほとんど詐欺なので海外FXの利用は止めましょう。

【完全に詐欺】メリットゼロの海外FXとバイオプの闇を暴く!紹介者は全て巨額の報酬に群がる詐欺師です

しかも、このノースリッページ注文は、仮に取引のできない土日、クリスマス、元日といった休場の時に大きな材料が出て窓開けになったとしても、必ず指定レートで逆指値が約定します。きっちり損切りを置いてリスクコントロールが可能なのは大きいです。IG以外の他社は窓開けはガード不可の損失になりますからねd(´ー`*)ネッ!

ちなみに、窓開けとは週末クローズドのレートと、週明けスタートのレートの乖離が発生することですね。これに泣かされた経験がある方も多いことでしょう。
上記は豪ドル円の窓開けチャートです。ローソク足とローソク足の間にぽっかりと穴が空いたようになっています。大変動でレートが飛んだ時もこのようなチャートになります。通常のFX会社の場合、この空白のあるレート帯では注文が約定しません\(^o^)/オワタ

例えば、このチャートのように週末に75.900円に損切り注文を置いて売りポジションを持ち越したとしましょう。

この場合、通常のFX会社の損切り注文、逆指値をした場合はオープン時のレートである76.025円で約定してしまいます。こうやって持ち越しをして大火傷をしてしまうことがあるため、なるべく持ち越さないことを推奨しています(乂∀・)ダメダメ

しかしながら、IG証券のノースリッページ注文を行なっていれば、週明けにどんな大きな窓が開いたとしても75.900円で損切り注文が約定するんですね。

このようにIG証券のノースリッページ注文を使うことで、ポジションの持ち越しがしやすくなりますし、損失を確定させて窓開けに期待するトレードもしやすくなり、戦略も広がることになります!

\IG証券のノースリッページ注文なら相場の急騰・急落、窓開けも安心!/
ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる

※トップ画像(RavenaJuly/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【5月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK