左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【見た目堅調】米小売売上高が過去最大の伸び幅もパウエルFRB議長の一言で…【6月17〜18日のトレード戦略】

【見た目堅調】米小売売上高が過去最大の伸び幅もパウエルFRB議長の一言で…【6月17〜18日のトレード戦略】
昨日は非常に強い値動きでしたね。日本時間の昼ごろにトランプ大統領が1兆ドル規模のインフラ投資検討と伝わったことで、流れが一気に変わりました。

そして、ある意味で今週のメインディッシュでもあった米5月小売売上高が前月比+17.7%と予想の+8.4%を大幅に上回る数字となり、1992年の統計開始以来、最大の伸びを記録。米国経済へのV字回復期待で一段高となりました(`・ω・´)ノ↑age↑

ツイッターの方で解説させていただいた通りですが、こういった重要指標で予想を大きく上回るような数字が出た場合は、ポンッと流れに乗っかってお小遣いを稼いでも良いでしょう。ただ、昨日のように元々かなり高い水準の場合、賞味期限は極めて短かったりするので、初動の値動きを取ったらさっさと利食いしましょう。


ちょっと10万円ぐらいのお小遣いをいただいてうまうま(*゚∀゚)=3ウマー! このまま上げていくかー?と思った方もいたでしょうが、パウエルFRB議長の半期に一度の議会証言で、それは打ち砕かれることとなります。

まず、証言原稿で「国民がコロナウイルスの収束を確信するまで、完全な回復は見込めない」としたことなどが嫌気されました。さらに、議員との質疑応答の中で「景気が好転すれば債権購入を減らす可能性はある」としたことで瞬間的に急落する場面も。昨日は上下900ドル幅の乱高下となりました。

まぁ米小売が強かったので底堅く反発してますが、パウエルの思わぬ発言で市場はやや動揺しましたね。マーケットはすぐコロナを忘れる記憶障害気味な傾向があるので、時々思い出させて加熱しないようにしてるのかもしれませんヾ(・ε・。)オイオイ…

あんまり株価が上がりすぎると、いざ第2波となった時の落下幅がメチャクチャ大きくなりますからね。そういう意味では、パウエルは株価を極端に上げたくないのかなといった感はありますね。

\FXから株価指数CFD、さらに米国株までどんな相場にも対応できる!ゆきママも使ってるIG証券/

というわけで、いつものように今日の株価、為替の展望、トレード戦略について簡単に解説していきますので、よろしくお願いします。


株:基本的には上方向だがダウは伸ばしきれない可能性も?

指数トレードは少し悩ましいですね。米小売が申し分のない数字だったわけですが、やっぱりコロナが意識される展開で、新規感染者数の増加傾向についても、まだ予断を許さない状況ですからね。とはいっても、基本的には上を見る展開なわけですが。

ダウ平均株価CFD(日足):TradingView

軽く買いつつ、緩んで26,000ドルを割り込む水準では押し目で拾いたい感はありますけどね。ただ、ダウはどうしても航空株などコロナで致命的な銘柄の比率が高いので、やはり新規感染者数が落ち着いてくるまでは27,000ドル台は重そうですからね。

まぁFRBの社債買い入れやトランプの1兆ドル投資ネタで25,000ドルを割り込む危機は去ったといえますが、この辺の状況が変わってくれば急落する可能性はありますから、注意は必要です。特にトランプの1兆ドルの財源は不透明ですし、新たに予算を組むなら議会の承認は必要なわけで、どこまで実現性があるかというと。

それから、日経平均については言わずもがなです。23,000〜24,000円は明らかな天井となりますから、特に慌てて買う必要はないように思います。

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
テーマ株、コロナ銘柄を中心に投資
・緩んでくる場面、26,000ドルを割り込めば少し買いたい
・状況の変化に注意
■日経平均(日本株)
・23,000円から上が見込めないので今は様子見
米小売が非常に良かったので、これが後押しする格好で株価は上値を伸ばしていくことになると思います。この背景は国民へのばら撒きなわけですが、先々週の雇用統計から米国経済は非常に力強い回復を見せているというのがコンセンサスになりつつありますからね。あとは、新規感染者数の増加とか、ネガティブな材料がどれだけ出るかで、この辺は警戒しておきたい。

北朝鮮の南北連絡事務所の爆破、中国とインドの国境付近での衝突といった地政学的リスクも出ていますが、具体的にドンパチしない限りは、そこまで気にすることはないでしょう。なんだかんだいつものことですからね。少なくとも外交筋での全面衝突といった流れにでもならなければ、気にしても必要ないでしょう。

そして、相変わらず個別株、特にズームは強いですね。ちなみに買うタイミングについては多くの方から毎日のように質問をいただきますが、下記の記事などで繰り返し書いている通り、そこまでタイミングを考える意味はないかなと(ヾノ・ω・`)ナイナイな

【コロナ相場】ズーム/モデルナ/ギリアド/バイオンテック/ワクチン個別株の戦略・考え方について解説まとめ【6月14日現在】

相場の流れを完全に読めるなら良いのですが、実際は次にどうなるかなんて分かりませんからね。期待が持てる株は多少は買っておきましょう。買わないと始まらないですし、上がっていけば上がっていくほど新規では入りにくくなります。アップトレンドでは大体の場合、今日が一番入りやすい日です。

具体的には、資金が10あるとしたら、3ぐらいのお金でまずは買っておいて、残りの3で下げたら喜んで拾っていく、残りの4は大暴落した時のために残しておく感じでやれば、大体の相場は取れるでしょう。

為替:予想よりもはるかに強い米国の経済指標で米経済一強のドル高に…

背景はともかくとして、少なくとも経済指標の見かけ上は米国がEUなどを圧倒しており、やや米国一強のドル高気味の流れになっています。

まぁどうせ株高のリスクオンになればドル高の値動きは抑えられると思いますが、1兆ドル投資などの前提条件が変わって株安のリスクオフのドル高とか、あとはEU圏の経済指標が悪いとドルや円がまた買われやすくはなりそうなので、この辺を注意して見ておく必要がありそうです。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は相変わらずどうしようもないですよね。下値固めといえば下値固めですが、これだけの株高、そしてドル高の流れでも反応はかなり薄めで、もうどうやったら爆発的な円売りがくるのかって感じです。トレードアイディアもないので、今は様子見推奨です。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

今はユーロドルが目星をつけやすく、トレードとしては素直でしょうか。1.120ドルを割り込むまでは買いとしていますが、その通りの値動きとなっています。

トレード戦略としては、1.120ドル割れ、1.119ドルレベルに損切りをおいて、1.12ドル台では買っていく感じですね。1.125ドル前後は押し目買いしやすい水準だと思います。利食いは1.13ドル台、1.134〜1.137ドルレベルで重さがあるので、この手前で一旦利食いでしょう。

為替のトレード戦略

■ドル円(クロス円)
・様子見、全く見えない
■ユーロ米ドル
・基本的には押し目狙い、1.120ドルを割り込むまではコツコツ狙う
■ポンド米ドル
・一旦天井といった感じだが、売るなら株価の下落局面を確信してから
■豪ドル米ドル
・株高想定ならロング、押し目買いだが、中国の感染状況などは意識
■NZドル米ドル
・買うなら豪ドル米ドル、売りならこっち、チャイナリスク意識なら
ちょっと米国の指標が強すぎる感があるので、EUの指標が下振れるならユーロドルのロングは少し注意ですね。相場全体の流れとしては悪くないのですが、再び米欧の経済格差が懸念されかねない状況です。ドル高想定で売るならポンドドルですが、そこまでドル高になるかというと、イマイチそういう材料も見えないですね。

豪ドルは中国の感染状況などを意識したほうが良さそう。北京で第2波とかなんとか。もっとも、基本的には押し目の印象です。

IG証券のノックアウトオプションは株・株価CFDにも使えて資金効率◎

ゆきママが米国株のトレードに使っていることでもお馴染みのIG証券ですが、ここのノックアウト・オプションは為替FXだけでなく、株・株価指数のCFDにも対応していますから、非常に高い資金効率で米株および日本株でトレードすることが可能となっています。詳しくは以下の記事で解説していますので、ぜひお読みいただければと思います↓

解説記事:
ノックアウト・オプションとは?バイナリーとFXの良いとこ取りの新商品
IG証券のノックアウト・オプションを実際に3か月使って分かったこと!
【ガチ推し】1ドル=112円へ…ドル円の暴騰で大損した人にはIG証券のノックアウト・オプションをオススメします!

やはり資金が足りなくてトレードできないという事態を避ける意味でも、こういった取引を活用できるのは良いのかなと。弊社社員のどん太(@dontayamakawa)もハードに活用していますので、検討いただければ幸いです(,,・ω・,,)オナシャス!

アライさん
とにかく相場では死なないこと、生き残ることが重要なのだ…しっかり損切りを置いてリスクコントロールするのだ!苦手な人はノックアウト・オプションがオススメなのだ!!最終的な痛みはストゼロで誤魔化すのだ…
▼5分で口座開設可!口座開設手数料など無料▼
IG証券(ノックアウト・オプションの登録はコチラ


※トップ画像(Marian Weyo/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【5月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP)&ゆきママ特製フルオートレポート

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK