左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【感染拡大無視】ダウ先大幅高で週明けリスクオン!悪材料は織り込み済みなのか?【7月6〜10日の週間相場展望】

【感染拡大無視】ダウ先大幅高で週明けリスクオン!悪材料は織り込み済みなのか?【7月6〜10日の週間相場展望】
273…274…は〜い皆さんご一緒に、ズムズムズーム(σ・∀・)σイェアイェアイェア! まぁズーム(ZM)の株高は世界的な感染拡大が買い材料なのか、それとも単に米国株高だからなのかは分かりませんけどね。でも、先週250ドル割れの場面で買い増ししていたゆきママ大勝利ぃいいいい!!


ダウに関しては、流石に経済活動を抑制・停止という流れになれば反落すると思うんですけどね。まぁワクチンに対する期待感もあるんでしょうか。とにかく週明けは強い値動きでダウ先大幅高のリスクオンです。もう少しコロナの新規感染者増を懸念すると考えていたので、ちょっと想定外。

また出遅れていて小安い航空株、レジャー関連株が買われているわけですが、短期はともかくとしてワンショックあれば一気に崩れる株でもありますから、その辺は十分留意した上でトレードしていただければと思います(。-`ω-)ウム!

いずれにせよ、コロナ禍であってもなくても決算が強い株、治療薬・ワクチン銘柄を常に握っておくというのが大事でしょうね。株を持っていないと、この上昇相場には乗っかれないわけですから、くれぐれもノーポジにはしないことでしょう。

\週明け爆上げ!ズームも治療薬・ワクチン株も購入できる!ゆきママも使ってるIG証券/

株:悪材料は織り込み済み?入院率や死亡者数に注意しながら…

強気になれる材料って全くないと思うんですけどね。まぁ確かに先週末の雇用統計は予想を上回って良好でしたけどね。とりあえず、景気は底打ち、あとは回復していくだけという強気シナリオはまだまだ健在ということでしょうか。

コロナはもちろん、大統領選挙でもバイデン有利が伝えられていますから、いずれは崩れる気がしないでもないですが、超絶金融緩和に支えもあるので、やはり極端な相場、短期的に大きな下落を想定する必要はないので買いという判断なのかもしれません⊂(^ω^)⊃セフセフ!!

まぁ医療施設がキャパオーバーして医療崩壊、もっと具体的に経済活動を抑制・停止する動きが広がれば、楽観論は終わると思いますが、経済活動は止めようがないという読みもあるのか、この辺はいろいろパターンが考えられますね。

とりあえず、現段階で分かっていることは、少なくとも感染者数の増加というヘッドラインで株価が下げにくくなったということです。

あとは、入院率や死亡率などが抑制されていることも影響しているかもしれません。もっとも、これらは遅行スパンで1ヵ月ほどのタイムラグがありますから、今月中盤から後半にかけてどの程度伸びていくかは注意しておきたいところでしょう。

この他には、ワクチン次第の面もあ流でしょうね。良いワクチンが完成しそうという話になれば、一気にリスクオンに傾いていくパターンは十分想定されますので、これらの報道も注目でしょう|_・)ジーッ

ダウ平均株価CFD(日足):TradingView

ダウは200日移動平均線を越えようかという値動き。とりあえず、再びロックダウンのような経済活動の停止ぐらいまでないと、大崩れはなさそうです。で、その鍵を握りそうな入院率や死亡率は短期的には比較的低く抑えられそうですから、今週・来週ぐらいは強いかもしれません。

もっとも上値は重いですし、値動きもジワジワなので高値で掴みたくはないかなと。下がれば下がったで、ハイテク株を買った方が良いでしょうから、ダウはひたすら様子見ですね。

ナスダック100指数CFD(日足):TradingView

常にハイテク株先行、優位の状況が続いています。バブルの声もありますが、今はついていくしかないでしょう。10,000ドル前後までの押し下げはあるでしょうが、よっぽどのことがないと9,500ドルを割っていくような値動きもなさそうなので、あえてトレードするなら下がった場面ですかさず拾う感じでしょう。

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
テーマ株、コロナ銘柄を中心に投資
・リスクオンで上昇中、ダウは高値掴みを避けたい、買うなら常にナスダック
■日経平均(日本株)
・23,000円から上が見込めないので今は様子見
指数関係は無理にトレードする必要はないと思います。結局、決算の強いテーマ株さえ握っておけば、指数が下がる場面でも底堅い・上昇しますし、指数が上がる場面なら普通に上がっていくわけですから、ズームなんか好例だと思います(`ー´〃)ドヤッ!

いずれにせよ、現状は単純な感染者増という悪材料はかなり織り込んでいる感がありますので、もっと経済活動を抑制させる兆候、広い範囲での医療施設の逼迫化からの医療崩壊といった動きがない限りは基本的には底堅く、上値を見ていく相場になりそうです。

入院率や死亡率も今日急に上がるということもないでしょうから、目先はまずまず底堅い値動きを想定しています。

為替:リスクオンのドル安!やっぱりユーロドルは上方向を重く見たい

ユーロドルは上抜けしそうな雰囲気ですね。まぁこれは予想通りというか、ユーロドルは上値余地が大きいのでずっと押し目買いとしてきた通りです。

FRB(米連邦準備制度理事会)が過去類を見ない規模の金融緩和を行っていることもあってか、最近はなかなかドル高にならないですからね。株価が地獄を見るような大崩れになれば、またパニック的なドル買い相場が襲ってくるかもしれませんが、目先におけるその可能性は極めて低いでしょう。

ユーロドル(日足)のチャート:外為どっとコム

1.130〜1.132ドルの上値抵抗(レジスタンス)を抜けきったのは評価したいですが、1.13ドル台はボチボチ利食い水準ですね。1.13ドル台半ばはまた重そうですし。

今は1.13ドル台半ばのオプションに引っ張られているので、もう一段の伸びはあるかと思いますが、さらに一段と上昇するには材料が必要かと。

さらなる株高によるドル安、あるいはユーロ買い材料ですね。ちょっと想定しにくいので、トレード的には押し目を待った方が無難でしょう。

短期的には1.130ドルの節目ラインで下げ渋るかもしれませんが、割れれば再びレンジ意識でジリジリでしょうから、1.12ドル台半ばから前半ぐらいに落ちてくるのを待つだけでしょう。

ドル円(日足)のチャート:外為どっとコム

ドル円は極小レンジでの沼相場。入ると抜けられなくなるので、うかつにエントリーしにくい。基本は様子見でしょう。結局、108円台すら維持できずですし、200日移動平均線(108.392円)も遠のいていますから、特にトレードの手がかりなしといった感じ。

あえてトレードするのであれば、107.00〜108.40円のレンジを意識して売買ということになりますが、わざわざドル円をトレードする理由はないでしょう。それだったら、ユーロ円などの押し目をじっくり待つか、ロングでついていくかという感じです。

為替のトレード戦略

■ドル円(クロス円)
・様子見、相変わらず方向が全く見えない
■ユーロ米ドル
・一段高、上方向を意識しながら押し目待ち
■ポンド米ドル
・ユーロドルよりは売りやすいが、最近はブレグジットの交渉進展期待などが大きなノイズ
■豪ドル米ドル
・株高想定ならロング、押し目買い継続だが、チャイナリスクはなお懸念事項
■NZドル米ドル
・オセアニア通貨を買うなら豪ドル米ドル、売りならこっち
今週の為替もユーロドル狙いで、落ちてきたら拾うぐらいの待ち姿勢で良いと思います。本当に全体的に動かないですから、収益を得るなら株の方が今はやりやすい感じがします。


今週の展望記事、遅くなって申し訳ないです。まぁ引き続きコロナ銘柄に投資していきましょうと言うことで。また、良いなと思った記事を拡散RTしていただけたり、興味のあるサービスがあれば、ゆきママのブログのバナーを活用していただけると更新意欲がアップしますので、どうぞよろしくお願いします(´∀`〃)ゝ

【ノースリッページ注文】海外FXよりも魅力的!絶対に滑らない注文

激しく急騰・急落する相場では約定レートが大きくずれることがザラです。例えば、139.90円に逆指値として損切りを設定していたのに、暴落の勢いで137.30円で約定してしまった・・・ということがFXの世界では頻繁に起こります。これがいわゆるスリッページ、滑りなどと呼ばれるもので、想定外の損失を追ってしまうことがままあります_:(´`」 ∠):_グハッ!

しかしながら、IG証券のノースリッページ注文を利用すれば、絶対に指定した逆指値で約定します!海外FXで追証のないゼロカットなどを採用していて、それをウリに勧誘してくる人もいますが、ほとんど詐欺なので海外FXの利用は止めましょう。

【完全に詐欺】メリットゼロの海外FXとバイオプの闇を暴く!紹介者は全て巨額の報酬に群がる詐欺師です

しかも、このノースリッページ注文は、仮に取引のできない土日、クリスマス、元日といった休場の時に大きな材料が出て窓開けになったとしても、必ず指定レートで逆指値が約定します。きっちり損切りを置いてリスクコントロールが可能なのは大きいです。IG以外の他社は窓開けはガード不可の損失になりますからねd(´ー`*)ネッ!

ちなみに、窓開けとは週末クローズドのレートと、週明けスタートのレートの乖離が発生することですね。これに泣かされた経験がある方も多いことでしょう。
上記は豪ドル円の窓開けチャートです。ローソク足とローソク足の間にぽっかりと穴が空いたようになっています。大変動でレートが飛んだ時もこのようなチャートになります。通常のFX会社の場合、この空白のあるレート帯では注文が約定しません\(^o^)/オワタ

例えば、このチャートのように週末に75.900円に損切り注文を置いて売りポジションを持ち越したとしましょう。

この場合、通常のFX会社の損切り注文、逆指値をした場合はオープン時のレートである76.025円で約定してしまいます。こうやって持ち越しをして大火傷をしてしまうことがあるため、なるべく持ち越さないことを推奨しています(乂∀・)ダメダメ

しかしながら、IG証券のノースリッページ注文を行なっていれば、週明けにどんな大きな窓が開いたとしても75.900円で損切り注文が約定するんですね。

このようにIG証券のノースリッページ注文を使うことで、ポジションの持ち越しがしやすくなりますし、損失を確定させて窓開けに期待するトレードもしやすくなり、戦略も広がることになります!

\IG証券のノースリッページ注文なら相場の急騰・急落、窓開けも安心!/
ゆきママ
このようにイベント時の暴騰・暴落といった単純なスリッページだけでなく、窓開けのリスクにも対応しているのがノースリッページ注文ですから、リスクが高そうな時はIG証券を使うということも検討したいですね!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設・維持手数料は無料▼
IG証券でノースリッページ注文を試してみる

※トップ画像(RavenaJuly/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【8月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK