左:インヴァスト証券/右:アイネット証券のシストレ運用は昨年(2017年)どちらもプラス!ゆきママ書き下ろしのシストレ解説レポートプレゼント中(*っ´∀`)っ[lll]

インヴァスト証券「トライオートFX」

【決算にも注目】調整か下落の始まりか…ワクチン株は絶好調も再ロックダウンを嫌気して反落!【7月14〜15日のトレード戦略】

【決算にも注目】調整か下落の始まりか…ワクチン株は絶好調も再ロックダウンを嫌気して反落!【7月14〜15日のトレード戦略】
モデルナ(MRNA)が久々に+15%の大暴騰!バイオンテック(BNTX)、ノヴァヴァックス(NVAX)も+10%を超える大きな上昇となりました。ワクチン株が絶好調ですが、やはり必ず必要になるワクチン・治療薬といった相場のど真ん中銘柄は必ず押さえておきたいところでしょう( +・`ー・´)ドヤァ!

一方で、タイトルにもあるように米国では50州のうち35州で新規感染者が増加し、カリフォルニア州ではレストランの屋内営業禁止やジム・美容院を閉鎖措置が取られるなど、再度ロックダウン(都市閉鎖)に近い状況となったことを嫌気して株価は反落という流れでした。

まぁダウに関しては上昇分を吐き出しただけでしたが、ナスダックは急騰を続けていたハイテク銘柄を中心に一気に利食いに傾いて−2%を超える大きな下落、高低差では−4%という荒い値動きとなりました↓sage↓⊂(´ω` )⊃↓sage↓

果たして一時的な調整なのか、それとも下落の始まりなのか、ということを中心に今日明日の値動き、トレード戦略について解説していきたいと思います。

\モデルナもバイオンテックなどのワクチン株が購入できる!ゆきママも使ってるIG証券/

ででで、少し話は変わりますが、先週もいろいろと投資に関する質問をいただきました。まず何から始めるかについては、“つみたてNISA”が一番ですね。iDeCoも良いんですけど、会社から書類をもらったりするのが手間なので、まずはつみたてNISAからです。

証券会社はどこでも良いですが、ポイント1%のバックがある楽天証券が最もお得と言えます。とりあえず、そこで現物のETF、S&P500連動型を書い続ければ良いでしょう。月5,000円を20年積み立てるだけで、過去のデータから300〜400万円は期待できますからね。20歳から始めれば40歳になる頃にはひと財産です。

【資産形成しよう】コロナで経済格差の拡大が超絶加速!対策と今後の株価展望について解説【つみたてNISA】

上記の記事を参考に。ピケティの論証からも分かるとおり、もはや格差というのは働き方云々の問題ではなく、投資をするかしないか、如何にお金を有効に活用するかが重要です。少しだけ我慢して、雨の日も風の日も毎月コツコツ数千円から数万円投資するというのが重要です。

まぁ少しまとまった余剰資金があって、短期で2倍、3倍にしたいというなら、ゆきママとコロナ銘柄に投資しましょう。推奨銘柄のモデルナは4ヵ月で28ドルから77ドルになりました!IG証券ならレバがかけられますからね(ニチャア…)


株:異常な偏重があったのは事実!余裕がないなら逃げるだけ!!

結論から言えば、ここから上がるか下がるかは誰にも分からないと思います。まぁ指数トレードを手掛けているのであれば、余裕があれば押し目の認識で、余裕がないならさっさと逃げるのが吉でしょう。

何度も繰り返しているように、今は絶対に必要になる治療薬・ワクチン銘柄や、コロナ禍であってもなくても決算の強い企業に投資するのが王道ですからね。昨日は大型化していたズーム(ZM)やマイクロソフト(MSFT)が巻き込まれて下げましたが、これらは押し目の認識。特に持ってない場合は少しずつ買い下がっていけばOKでしょう(`・ω・´+)キリッ

【大勝利】ズーム/モデルナ/バイオンテック/エマージェント/治療薬とワクチン個別株の戦略・考え方について解説まとめ【7月5日現在】

昨日はハイテク株が売られてしまいましたが、コロナの感染拡大が続いている現状を踏まえれば、やはり最終的には買われることになると思います。ただ、GAFAを中心に異常な楽観、そして偏重があったのは事実なので、余裕を残しつつ慎重に買い下がっていくのがベターでしょう。

これまでの値動きを踏まえれば、特にナスダックなどは明らかに高すぎました。中でも思惑ベースでテスラ(TSLA)は異常なレベルまで上昇していました。昨日も一時+16%を超える上昇を記録し、最終的には−3%の下落で取引を終えています。

まぁテスラに関しては、史上最大レベルに売りポジションが積み上がっているので、これらが全て踏み上げられて売り豚が全員死ぬまでは上げ余地がありますが、ここからどうなるか。1つだけ確実に言えるのは、高すぎるからと値頃感で安易に売ると死んでしまうということですがw

目先は悪材料ばかりが目につくが、それでも株価は上げ続けてきた現実も…

んで、目先の材料に関してはバイアスがかかっているかもしれませんが、良い材料はあまり見えてきません。例えば、米国では週600ドルの失業給付金、週当たりで2兆円のバラマキを行なってきたわけですが、これが7月で終了します。8月以降は失業前の給与を上限として給付するようですが( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

年4〜5万ドル未満の低所得者層は、仕事をするよりもずっと多くの給付金を受け取ってきた現実があるわけで、これらがストップするとすれば、小売などへの悪影響は避けられないでしょう。

そもそも、これらの給付金で投資を始めたイナゴが株を買ってきたのも上昇の背景にありますからねw テスラやGAFAといったメジャーな銘柄は特に買われてるかと思います。

ちなみに、来週から審議予定とされている追加対策法案、コロナ支援の第5弾は共和党と民主党の対立点が多いとされており、スンナリ決まらないのであれば市場が嫌気する可能性は十分です。

この他、FRB(米連邦準備制度理事会)が社債買い入れペースを1日当たり3億ドルから2億ドルに若干引き下げており、このまま市場の改善が続けば完全に停止される見込み。量的緩和パワーも上昇には使えない感じがありますからね。

逆に好材料を探すとすれば、先週の上昇相場の大きな原動力となったのが中国の国策による株高でしょう。そろそろ米国市場から締め出しをくらいそうなこともあり、資金調達の場として中国株式市場を盛り上げようとしています。

9日に上海証券取引所でIPO(新規上場)した会社が当日に約10倍というバブル相場ですからねw 流石にこれには当局も冷やし玉を投入、政府系基金が株式の保有を減らすと発表して抑えましたが、基本的に株高を演出しようとしているのは明らかです。

中国を厳しく非難しているように見えて、実はビジネス優先で厳しい措置を取ってこなかったトランプ大統領ですが、いよいよトランプが破れて米国が民主党に支配されるとなれば、ポリコレ棒を全力でぶん回して中国を叩いてくる可能性があるわけですからね。

まぁとにかく、この中国市場の動きそのものはポジティブ材料。世界的な金余りとともに相場を支えそうです┗(; -`д-)┛オモー

今日から本格化する決算に注目!銀行株が堅調ならダウは支えられそうですが…

今週からボチボチ決算が本格化し、今日14日はJPモルガン・チェース、ウェルズ・ファーゴ、シティグループ、デルタ航空、15日はゴールドマン・サックス、バンク・オブ・ニューヨークメロン、16日はバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、モルガン・スタンレー、ネットフリックス、ジョンソン&ジョンソン他、17日は投資会社ブラックロックなどが発表を予定しています。

昨日のペプシコはまずまず問題がなかったと思います。今日の決算で銀行株が問題のない値動きなら、まずまずダウは支えられそうですから、現段階で極端な相場を想定する必要はないと考えています。

ちなみに銀行株が買われている理由としては、コロナでも銀行が潰れるような金融不安はないからですね。いつかは絶対にコロナは終わるだろうとの見方です。

一方で、航空株に関しては、そもそも社会のあり方を変えそうな現実があるわけですから、腰を据えては買いにくいですね。超割安だから初心者イナゴが飛びついたりしている銘柄ではありますが、最悪、紙切れなので短期で遊ぶならともかくとして、買う必要は全くないですね(ヾノ・ω・`)ナイナイ

ダウ平均株価指数CFD(日足):TradingView

なんだかんだ、新規感染者の急増、再ロックダウンのような悪材料に対しても限定的な値動きですからね。まぁある程度の決算の弱さは想定内ですし、銀行株が大崩れにでもならなければ、ダウはそこそこ堅調だと思います。

ただ、昨日の暴騰で伸ばしきれずに反落してしまった現実は大きいですし、上値も引き続き重そうなので、あえて買う理由はないと考えています。

ナスダック総合指数(日足):TradingView

ナスダックは急落。これまでの急ピッチの上げを考えれば当然の調整ですが、イナゴの狼狽売りも出てきそうで決め打ちは難しいでしょう。現段階でノーポジ、余裕があるなら軽く買って、下がれば10,000ドルの大台節目手前で追加、そのまま割り込んでくるなら一旦損切りして底を確かめたいところでしょう。

株のトレード戦略

■ダウ平均(米国株)
テーマ株、コロナ銘柄を中心に投資
・反落が一時的なのか見極め、ナスダックはとりあえず押し目の認識
■日経平均(日本株)
・23,000円から上が見込めないので今は様子見
ハイテク株への異常な偏りを考えれば、今回の下落はちょっとした調整の範囲内ですからね。ただ、ポイントとしては何度も繰り返している通り、コロナ禍でも決算がしっかりしている銘柄を買うということです\(`・ω・´+)コレダイジ!

そういう意味で言えば、マイクロソフト(MSFT)はGAFAと比べても上昇力がマイルドなので、引き続き買っていきたい銘柄ですね。アマゾンは如何にも高すぎるので、買うのは暴落まで待ちたい。

こんなところですかね。まぁワクチン銘柄も一部はそろそろ賞味期限が近づいていますので、ここからは他のを買っていきましょう。ワクチンならノヴァヴァックス(NVAX)、治療薬ならヴィア(VIR)をちょっとずつ買っていく感じです。

【株の買い方について】IG証券はレバレッジをかけれるのもメリット

ゆきママは米株のトレードにIG証券を使っていますが、レバレッジをかけられるメリットがあるからですね。まぁメリットとデメリット、買い方のイメージについて簡単に解説しておきたいと思います(`・ω・´+)キリッ

ちなみに、ゆきママはとりあえず3割ぐらいの資金で買って、下がった時に3割の資金で買い増し、残りの4割は暴落用資金として余裕残しの投資法を推奨しています。

具体的には、100万円の資金があるとすれば、とりあえず買うのは30万円までですね。これはレバレッジをかけずにで、30ドルの株なら100株程度までのポジションにとどめるということですね。残り30万円は下がった時にコツコツ買う用の資金、残り40万円は温存です。

まぁこれぐらい慎重にやっていても、本当に暴落が来るとポジがパンパンになるか資金は足りなくなりがちなので、レバレッジをかけられるIGを使っている感じですね。もっとも、株の場合は2倍以上のレバレッジは危険なので、入金しているお金の2倍以上のポジションを立てないように、100万円口座にあるとすれば、200万円以上の株を買うと結構危険です。

ちな、ゆきママは合計で40万ドル(6,000万円)ぐらいの買いポジションを建てているのですが、これで大体1日4,000円以上コストになります。1日だと0.007%満たないコストですが、30日で0.2%ぐらいになってしまいますし、1年とかだと2%かかるので長期保有には向いていませんが、レバレッジがかけられる、言い値で気軽に売買できるのは大きいと考えてます。

CFDのメリット・デメリット

■メリット
・レバレッジがかけられる
・スピーディで簡単に売りからも入れる
・スプレッドが狭く取引コストも減にも
■デメリット
・長期保有には向いていない
配当を狙うために5年、10年先を見据えて買うのであれば、楽天証券やマネックス証券を活用すると良いでしょう。一方で、長くても数ヵ月レベル、2枚程度のレバレッジをかけて瞬発力を高めて値幅を取っていくなら、CFDが良いでしょう( ・∀・)ノシΩ<ヘェー♪ ヘェー♪

ちなみに、弊社の投資初心者・どん太(@dontayamakawa)もトレードに使っていますから、ぜひぜひ以下の記事もお読みいただければと思います↓

関連記事:
どん太、IG証券で米株デビュー!注意点など徹底解説!~手数料で損しないために~
どん太がIG証券で金のトレードをおすすめする理由

アライさん
今後、治験失敗でバイオ株が全滅するような相場にも向いてるのだ!絶対に滑らないノースリッページ注文や購入額以上の損失が発生しないノックアウト・オプションもオススメなのだ!!
▼5分で口座開設可!もちろん口座開設手数料など無料▼
売りから気軽に入れるのも魅力なIG証券(公式サイトへ)


※トップ画像(MIA Studio/Shutterstock.com)

ゆきママのブログ特別タイアップキャンペーン実施中【10月】


ゆきママのブログの専用バナーから口座開設すると特別タイアップキャンペーンに参加できます!他ではもらえない現金(キャッシュバック)やゆきママのオリジナルレポートがもらえるのでこの機会にどうぞ(๑•̀ㅁ•́๑)✧ゲットシテ!(※以下の専用バナーからどうぞ↓)

最大24,000円キャッシュバック(+4,000円UP)&ゆきママ特製FXレポート

最大23,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大50,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ファンダ分析手法解説レポート
みんなのFX

最大30,000円キャッシュバック&ゆきママ特製ループイフダンレポート

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大13,000円キャッシュバック(+3,000円UP

最大22,000円キャッシュバック(+2,000円UP

最大20,000円キャッシュバック&(+3,000円分図書券UP

※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)
ゆきママ・ホールディングス代表無職の専業主婦ゆきママ
自称Iカップ現役JKトレーダー。割と相場をビシバシ当てることもあり、フォロワー数は14万人突破!リピート系シストレ(自動売買)について解説した書籍はAmazon1位を獲得→https://bit.ly/2DXIoPY

雑誌、ウェブ、媒体問わずあっちこっちで連載中です。お仕事の依頼はコチラに→yukimamafx@gmail.com

コメントするc⌒っ *・∀・)φ...オキガルニドウゾ!

*

COMMENT ON FACEBOOK